人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

夢スイカ 大玉スイカ『春のだんらん』先行予約受付スタート!!

FLC日記 2016年4月12日(火) くもりのち晴れ
本日より、匠が育てた「夢スイカ」の第2段!
熊本産、大玉スイカ『春のだんらん』の先行予約受付をスタートしました!!
平成28年度の、大玉スイカ『春のだんらん』の初回発送は、4月26日(火)の予定です!
a0254656_17495797.jpg
「FLCパートナーズストア」では、今年もスイカの匠「大山ファーム」さんが育てた、大玉スイカ『春のだんらん』をネット独占販売いたします。

a0254656_17533946.jpg日本一のスイカの産地、熊本産のスイカの“旬”は、4月~6月です!!
寒さに耐えてゆっくりと育ったスイカは、しっかりと糖度がのった最高級のスイカなんです!
「大山ファーム」さんの『春のだんらん』は、スイカ本来の、あのシャリシャリッとした食感で、糖度13度前後とバツグンの甘さ!
朝採りの新鮮でみずみずしいスイカを即日発送、翌日もしくは翌々日にお届け致します。
ぜひご賞味ください!!
※数量限定、完全予約制での販売です。
a0254656_17574045.jpg

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産スイカ』


a0254656_1814137.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「大山ファーム」さんの大玉スイカ『春のだんらん』の栽培ハウスです。
連棟建ての広い広いハウスで、徹底管理で育てられたスイカたちが、通路をはさんだハウスの中央に並んでいます。
ハウスの中で、しっかりと太陽の光が当たり、温度も安定するベストポジションで育っています。

a0254656_1816363.jpg「大山ファーム」代表の大山陽一さんに、現在の大玉スイカ『春のだんらん』の育つ様子を見せて頂きました。
ハウスに入ると、一瞬にしてカメラのレンズが曇るほど、外気温との差がありました。
私は、「大山ファーム」さんのスイカ栽培を、年間を通してもう何年も現地取材して、このブログでご紹介しています。

a0254656_18215630.jpg時には、取材するだけではなく、こうしてお手伝いもさせていただいています。
これは、12月下旬の定植直後の様子で、苗に“キャップ”をかぶせている私の姿です!

a0254656_18353448.jpg2月中旬のスイカの交配(受粉)作業の様子です。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
自然界では、昆虫たちが雄花と雌花の間を飛び回り、受粉するのですが、美味しいスイカを育てるためには、手作業で受粉させる必要があります。
私は、弊社で販売する商品のすべての作付地に伺い、その育つ様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技を取材しています。

a0254656_1839015.jpgこれは、交配作業を終えたというしるしの毛糸のひもと、スイカの花、そしてスイカの赤ちゃんです。
毛糸のひもの色は、2日ごとに変えています。
交配をした日をめどに出荷しますが、3日もそれが違えば出荷の時期や果実の味が大きく異なるからです。

a0254656_18435161.jpgスイカの果実がきちんと着果したのを確認すると、毛糸と同じ色の“着果棒”をたてて、収穫日の目印とするのです。
「大山ファーム」さんでは、2日ごとに色を変えるので、着果棒は10色以上ありました。

a0254656_18505720.jpg「大事なのは、スイカの花が一番元気な午前10時~11時に交配作業を行うことたいね。もちろん、その日の天気や気温と、花の様子を判断して、その時間は変えていかにゃんとばってんね!」
大山さんはそう言いながら黙々と交配作業を続けていました。

a0254656_18535554.jpg「大山ファーム」さんでは、小玉スイカなら、18節目の雌花に、大玉スイカならば20節目の雌花に交配を行います。
それらが、スイカが最もおいしく育つ花だからです。

a0254656_185726.jpg小玉スイカは1本の苗から、3本ツルを伸ばし2玉を収穫、大玉スイカは1本の苗から2本のツルを伸ばし1玉を収穫するように育てていきます。
これは大玉スイカの苗で、2本のツルが伸びています。

a0254656_1924032.jpgスイカは放っておけばたくさんの脇芽を芽吹かせます。
しかし、それらは至高のスイカを育てるためには不要です。
スイカの苗が、実らせる果実に全精力を注げるように、こうして全て手作業で摘んでいきます。

a0254656_1973621.jpg収穫前の様子を取材に行った際は、私をハウスに招き入れた後、黙々と作業を続けていました。
これは、スイカの果実の向きを変える、“玉返し”と呼ばれる作業です。

a0254656_1911223.jpg下にあったスイカの表皮は、太陽が当たらず色がついてきません。
それを満遍なく日を当て、表皮の色をそろえると同時に、果実の味も均等にしていくのです。
天気が良ければ1週間、悪くとも10日ほどで同じ色になっていきます。
収穫前に行われるスイカ栽培の最後の作業です。

a0254656_19155591.jpg「今年はスイカの出荷が少し遅れたとたいね。それは、1月下旬の大寒波のせいたい。うちはちょっと遅れたくらいで済んだばってん、中には上手く着果せんで、その頃育てていたスイカの苗を全部抜いて、新しく植えなおした農家さんもあったとばい。だけん、今収穫を迎えうるスイカは、今年はとにかく高いとたい!」

a0254656_1920164.jpg「笠くんとも長い付き合いだし、全国の俺のスイカを待ってくれてるお客さんもいてくれることだけん、今年ももちろん同じ価格でいくばい。もちろん、収穫した中からしっかり選んで、俺が納得できたものしか出さんけん、自信もって販売しなっせ!」
大山さんはその日の取材の最後にそう話してくれました。

a0254656_192871.jpg本日より、「FLCパートナーズストア」では、「大山ファーム」さんの夢スイカ第2段、大玉スイカ『春のだんらん』の先行予約の受付をスタートしました。
1玉入り、もしくはお買い得な2玉入りでの販売です。

a0254656_1933727.jpg「大山ファーム」さんは、スイカにかける熱い情熱が自らの行動となり、今年も変わらぬ至高のスイカを育て上げました。
大変ありがたいことに、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』は、毎年毎年購入者が増え続け、初回から数回の発送分は、前年に続くリピート購入のお客様で、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。

a0254656_19353126.jpg「大山ファーム」さんの夢スイカは、小玉スイカ『ひとりじめHM』に続き、まもなく大玉スイカ『春のだんらん』も出荷いたします。
数量限定の完全予約制での販売で、毎回の出荷予定数の定数になり次第、予告なしで締め切らせて頂きます。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、お進みください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-04-12 19:40 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/22709255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 砂田米 れんげを肥料に使った「... 熊本梨 岩永果樹園 梨の花とこ... >>