人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本梨 本藤果樹園 今年も元気な花が咲きました!!2016

FLC日記 2016年4月6日(水) くもり時々晴れ
梨の匠「本藤果樹園」さんの梨の花が、今年も元気に咲き誇っています!
ご覧ください!
これが梨の花ですよ!!
a0254656_17524599.jpg

a0254656_17543671.jpg熊本県菊池市戸豊水(とりうず)で、こだわりの『樹上完熟梨』を生産する匠の農家さん「本藤果樹園」さんの梨園に伺いました。
梨園内に張り巡らされたワイヤーに、梨の枝がきちんと誘引されていて、枝が重なることなく見事に配置されていました。
今年の「本藤果樹園」さんの梨の花の開花は、3月28日で、これは開花より8日後の昨日の写真です。

a0254656_17594863.jpg3月28日、開花当日の梨園の様子です。
私は、この時期の開花直前の膨らんだ梨のつぼみも大好きなんです。
淡いピンクのつぼみがとてもかわいらしいんですよ!

a0254656_189544.jpg梨は、1ヶ所から10個ほどの花を咲かせます。
そして、6個ほどは着果しますが、収穫できるのはせいぜい1個です。
また、着果のための交配(受粉)は、虫たちによって行われます。

a0254656_1815837.jpg開花したばかりの梨の花を見つけました。
さくらの花によく似ていますよね!
梨も桜も同じバラ科の植物で、花の形はホントによく似ています。
主にミツバチが花を飛び回り交配するのですが、単一品種だとそれがうまくいきません。

a0254656_18201126.jpg「本藤果樹園」さんでは、収穫順で、幸水(写真)、秋麗、豊水、ジャンボ梨新高、新興の5種類の梨を生産しています。
「FLCパートナーズストア」では、新興を除く4種類のこだわりの『樹上完熟梨』を販売しています。

a0254656_1828349.jpgこちらは、『秋麗』です。
2003年に、品種登録された梨で、熊本のブランド梨として、県をあげて推し進めている梨です。
『秋麗』は、青梨と呼ばれる品種で、決して見た目は美しくありません。
しかし、食べれば誰もが一瞬にして大好きになる美味さです。
とにかく、酸味のない濃厚な甘さと、芳醇な香りとサクッとした食感が人気です。
香り、味わい、甘さのいずれをとっても、他の梨とは一線を画すなしだと言えると思います。

a0254656_18352758.jpgこちらは、「本藤果樹園」さんの梨園の1ヶ所です。
高台から見下ろすと、この時期梨の花のじゅうたんのようです。
「本藤果樹園」さんは、ここ以外にも2ヶ所の梨園があり、そのいずれも数種類の梨を混植しています。

a0254656_18383073.jpg梨は品種によって、開花の時期が異なります。
面白いのは、収穫は幸水→豊水→秋麗→新高→新興の順番ですが、開花の時期はその全く逆になるのです。
ですから、手前の幸水はまだつぼみが多いですね!

a0254656_18413918.jpg新高の花は、もうこんなにも咲き誇っていました。
私は、この花の時期や収穫の時期のみならず、もう何年もの間、年間を通して「本藤果樹園」さんの梨作りの成長の様子や、様々な作業の惜しまぬ手間ひまを現地取材してきました。

a0254656_18454282.jpgこちらは、4月中旬より行われる摘果作業の様子です。
「本藤果樹園」さんは、本藤賢一さんと奥様の郁代さん、息子さんで園主の本藤猪一郎さんの、親子2代、3人の匠によって、こだわりの『樹上完熟梨』を生産しています。

a0254656_18515199.jpg本藤猪一郎さんです。
「何を育てるにしてもそうだけど、農作業は待ったなしだけんね!特に梨は、花の時期から収穫を終えるまでは、やるべきことが集中しとるけん、1日たりとも休まれんばい。でも、しっかり手をかけるとそれだけいいものになるけん、こうして頑張りよるとたい!」

a0254656_1855830.jpg匠の究極の判断によって、こうして選び抜かれた梨の果実以外を摘果していきます。
もちろん、今年もその様子はまた現地取材して詳しくご紹介いたします。
さて、話を現在の咲き誇る花の話に戻しましょう!

a0254656_18575117.jpg着果枝の先端に注目しました。
梨の花は咲き誇っていませんよね!
これは、摘花作業で花を摘み取っているのです。
個の先端部分は、この枝のポンプのような役目をするところです。

a0254656_190080.jpg他の枝も全て、花は摘み取ってあります。
この部分には梨の果実を実らません。
元気に葉を芽吹かせ、その勢いでこの枝全体に樹液が来るように、ポンプとして引き上げるための大切なところです。

a0254656_1910487.jpg開花間もないころ、着果枝の先端を果実を、果実を実らせるのではなく、しっかり葉や芽を伸ばしていくために、蕾や花を取り除く作業を1本1本に全て行ってきました。

a0254656_1914563.jpg「これは大変ですね!すごい手間ひまですよね!」と言う私に、
「本当に良かもんば作ろうと思ったら、手間ひまば惜しんだらいかん!こうして毎年作業してきたけん、変わらぬ美味さの梨のでくっとたい!」
本藤さんの熊本弁わかりました?(笑)

a0254656_19212360.jpg収穫後のお礼肥え、冬の剪定、摘蕾と摘花をへて、今年も元気な花が咲き誇りました。
これから、1次摘果、2次摘果作業が収穫まで待ったなしで続きます。

a0254656_1925952.jpg「本藤果樹園」さんの出荷する梨は、こだわりの『樹上完熟梨』です。
梨を知り尽くした匠が、最もおいしい時期に収穫し出荷します。
7月下旬より、毎年最初に出荷する『幸水』からの販売スタートです。

a0254656_19275018.jpg「FLCパートナーズストア」では、「本藤果樹園」さんの『樹上完熟梨』を朝採り即日発送で今年も販売いたします。
既に、「全種類を初回出荷で送ってください!」と、「本藤果樹園」さんの『樹上完熟梨』の美味さを知るお客様からはご予約を頂戴しているほどの大人気商品です。
これからも梨たちの成長の姿や、惜しまぬ手間ひまや匠の技を、現地取材にてご紹介します。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-04-06 19:30 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/22689825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 原木しいたけ コマ打ち作業20... 甘熟イチジク 匠の剪定作業2016 >>