人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

水源キウイ 無農薬・無化学肥料の『水源キウイ』で作った『キウイジャム』完成しました!!

FLC日記 2016年3月16日(水) 晴れ時々くもり

a0254656_16393325.jpg「FLCパートナーズストア」では、平成27年度も自社のオリジナルブランド商品、無農薬・無化学肥料栽培の『水源キウイ』を、販売いたしました。
おかげさまで大好評いただき、平成27年度の『水源キウイ』は完売いたしました!!

a0254656_16432623.jpgでも、毎年購入いただいている伊客様は、「今年は完売が早くなかった?」とお思いのことでしょう!!
そうなんです!
今年は生のフルーツとしてのキウイの出荷量を制限し、ジャム作りに挑戦したのです!!
そして、いよいよ『水源キウイジャム』が完成しました!!
a0254656_1645753.jpg
こちらは、ゴールドキウイから作った『水源キウイジャム』です。
弊社では、ゴールドと、グリーンの2種類の『水源キウイ』を生産しています。

a0254656_1651518.jpg皮をむき、細かく切ってすぐは、このゴールドのキウイの色でしたが、ジャム作りの工程で、加熱をしたらなんとも鮮やかなオレンジ色?になったのです。
製造は、NPO法人「きらり水源村」の加工部に委託しました。

a0254656_16542177.jpgNPO法人『きらり水源村』は、廃校となった「菊池東中学校」を利用した、『きくちふるさと水源交流館』で、校区民を中心に構成されたNPO法人です。
販売するジャムは、きちんと加工許可の資格を持つところで製造しなければなりません。

a0254656_16581648.jpgそこで、「イチゴジャム」製造および販売の経験があり、もちろん製造する設備の整った『きらり水源村』に委託したのです。
製造の工程も見せて頂きました。
ご協力いただいたのは、『きらり水源村』加工部の中丸ひとみさんと原憲子さんです。
製造にいたるまでは、納得いくジャムになるよう試行錯誤を繰り返しました。

a0254656_1725412.jpg私が、「甘さ控えめで、きちんとキウイの形状が残ったジャムにしてほしい!」とお願いしたので、最初の試作品は少し全体的に硬い感じがしました。
でも、甘さ控えめの味は、文句なしでしたよ。

a0254656_176272.jpgパンに塗ったとき、上手く広がらない感じでした。
「これ以上柔らかくすると、少し色に変化があるかもしれないけど良い?」と原さんがおっしゃいましたが、
「たとえ色に変化があっても、やっぱり、納得いくものにしたいので、もう一度お願いします!」と、何度も試作を繰り返し作り上げたのです。

a0254656_17114497.jpg原材料は、『水源キウイ(ゴールド種またはグリーン種)』、砂糖、ペクチン、レモン果汁だけです。
もちろんせっかく、無農薬・無化学肥料で栽培したキウイを使用するので、防腐剤や着色料などは一切使用していません。

a0254656_17341882.jpg『水源キウイ』と砂糖をしっかりと混ぜて、鍋に入れ加熱していきます。
「この加熱時間が重要ね!笠さんがキウイの果肉が残っていて、しかもトーストにも塗りやすい硬さで!ってこっだわるから、加熱する時間を決めるのに苦労したわよ!」
原さんがそんなことを話しながらとても手際よく作業をしていました。

a0254656_17402090.jpg「こっちは次の工程に入るわよ!」と中丸さん。
「残りの砂糖と、ペクチンを混ぜて、加熱して水分が出てきたらさっきのお鍋に加えて、さらに過熱するのよ。」

a0254656_17443447.jpgキウイの甘酸っぱいとてもいい香りた漂っています。
この時点ではまだ、キウイの形がしっかりと残っているようです。
今すぐ、スプーンですくって食べてもすごくおいしそうです!

a0254656_17481972.jpg煮詰めている間に、この後のグリーンキウイのジャムを作るために、カット作業に入りました。
「やっぱり、キウイ自体が美味しいから、美味しいジャムになるのよね!」
お二人に、『水源キウイ』のお褒めの言葉を頂きました。

a0254656_17534097.jpgレモン果汁を入れて、さらに過熱すると泡(アク)が出てきました。
これをこまめに取り除くことが、色鮮やかで美味しいキウイジャムになるコツだそうです。

a0254656_1755408.jpgアクをとり、さらに過熱すると、キウイの果肉がくずれ、キウイの黒い種が浮いてきました。
「キウイの種のプチプチ感が美味しいんだけど、多すぎると見た目が悪くなっちゃうから少し取り除くわね!」

a0254656_17584892.jpg先ほどよりもさらに香りが増したような気がします。
とろっとろで、果肉もしっかりと残したままのキウイジャムが出来上がりました。
「さぁ!これから商品とすべくきちんと工程をクリアしていくわよ!」

a0254656_182520.jpg煮沸消毒した瓶に一定量を入れていきます。
「熱いうちに作業をすると、とろみが少なく感じるけど、冷めたら笠さんの理想の硬さになるはずよ!」と、原さん。
きちんと測り、定量になるとすぐにふたをします。

a0254656_1873474.jpg湯せんをして、最後の仕上げです。
「タイマーをお願い!」
きちんと定めた時間湯せんをするのです。
ここは、もともと菊池東中学校の給食室なので、様々な大きな調理器具がそろっています。

a0254656_1810572.jpgタイマーが鳴ると、すぐに湯せんから上げて、一つ一つ取り出し、ふたの締まりをしっかりチェックしたら、『水源キウイジャム』の出来上がりです。
同工程で、グリーンのキウイを使った『水源キウイジャム』も作りました。

a0254656_18132046.jpg今回、『水源キウイジャム』を作って頂いた、中丸ひとみさん(右)と、原憲子さん(左)です。
「今年は初めてだったから、最初の試行錯誤が大変だったけど、その分笠さんの理想とする美味しいジャムになったと思います。みなさんぜひご賞味ください!」
取材の最後のお二人はそう話してくれました。

a0254656_18181410.jpg気になるお味は?ってとこでしょうが、少々長くなりましたので、本日はこれまで!
この続きはまた後日ご紹介いたします。
ちなみにこれは私の今朝の朝食です。
コーヒーにスナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』、新鮮な熊本イチゴ『さがほのか』、そして、『水源キウイジャム(ゴールド)』をたっぷりとのせたトーストです。

a0254656_18224998.jpgめちゃくちゃ美味しそうでしょ!
いえいえ、美味しそうではなくて、美味しいんです!!!
『水源キウイジャム』は、現在ホームページアップに向け全力準備中です。
ナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』、新鮮な熊本イチゴ『さがほのか』は大好評発売中!

a0254656_18251111.pngネットショップ「FLCパートナーズストア」で、ここで育つ食材や、契約農家の“匠の農家さん”が育てる“旬の食材”を販売しています。
最旬フルーツ、新鮮野菜、熊本の美味しいお米などなど、どれも、ここでしか買えない“本物”と呼べる逸品ばかりです。
ぜひホームページもご覧ください!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-03-16 18:27 | 水源キウイ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/22606904
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 幻の白い「長生たけのこ」 平成... 熊本梨 本藤果樹園 つぼみの膨... >>