人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

太秋柿 満遍なく日が差し込むように誘引し匠は選定作業を行っていました

FLC日記 2016年2月20日(土) 雨のちくもり

太秋柿 満遍なく日が差し込むように誘引し匠は選定作業を行っていました_a0254656_17444021.jpg「誘引する枝の下に脚立ば持って行って登って、枝ば結んで、脚立から降りて結びつける枝や支柱に結びながら引っ張るとたい。ここだけじゃなか、下の段の柿園もあるけんね!」

太秋柿 満遍なく日が差し込むように誘引し匠は選定作業を行っていました_a0254656_17461643.jpgそらぁ、毎年おおごつ(大変)ばってん、こればすることで、満遍なく陽の当たって、美味しか太秋柿を作るベースになるとたいね。手ばかけた分は必ず良か作物になって帰ってくるとだけん、妥協したらそれなりのしかできんとだけん、しっかり手ばかけてやるとたい。」
「古川果樹園」の古川孝人さんがそう言いながら、『太秋柿』の誘引作業をしていました。
太秋柿 満遍なく日が差し込むように誘引し匠は選定作業を行っていました_a0254656_17482647.jpg
ここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木にある「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園です。

太秋柿 満遍なく日が差し込むように誘引し匠は選定作業を行っていました_a0254656_17525314.jpg「古川果樹園」さんは、『太秋柿』を育てて、20年以上にもなる、まさに“太秋柿の匠”です。
毎年決まってこの時期に、誘引と不要な枝の剪定作業を行っています。

太秋柿 満遍なく日が差し込むように誘引し匠は選定作業を行っていました_a0254656_17545481.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
『太秋柿』は、梨のようなサクサクっとした食感!ぶどうのような糖度18度をも超える甘さ!で、秋のフルーツの王様と呼ばれています。

太秋柿 満遍なく日が差し込むように誘引し匠は選定作業を行っていました_a0254656_1863676.jpgその中でも、「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』は、甘さがずば抜けています。
ここまで美味しさが違うのか?と思わせるほどの甘さで、昨年度の「古川果樹園」さんの『太秋柿』は、無袋栽培で育てられ、太陽の光をたくさん浴び育つので、糖度がなんと20度を超えていました!!

太秋柿 満遍なく日が差し込むように誘引し匠は選定作業を行っていました_a0254656_1816818.jpgこちらは11月上旬の収穫を迎えたころの柿園の様子(下の段)です。
「古川果樹園」さんでは、柿園全体をネットで覆って『太秋柿』を育てています。
野生動物や野鳥から『太秋柿』を守るためですが、そのほかにも大きな目的があります。
ネットで柿園全体を覆うことで、台風などの強風からも守るのです。

太秋柿 満遍なく日が差し込むように誘引し匠は選定作業を行っていました_a0254656_18201797.jpgさらに、柿の枝がゆれて『太秋柿』が傷つかないように、そのネットを利用してひもを吊るし、枝を1本1本吊って栽培しています。
その惜しまぬ手間ひまが、太陽の光をいっぱい浴びて甘くて、美しい『太秋柿』を育てるのです。

太秋柿 満遍なく日が差し込むように誘引し匠は選定作業を行っていました_a0254656_18313444.jpg「古川果樹園」さんの柿園は、いつもとてもきれいに整備されています。
きちんと手をかけて育てているのが一目でわかるきれいな柿園です。
この時期、ご覧のように落ち葉が1枚も落ちていません。

太秋柿 満遍なく日が差し込むように誘引し匠は選定作業を行っていました_a0254656_18274121.jpg『太秋柿』は落葉樹です。
毎年たくさんの葉っぱを秋から冬にかけて落としますが、「古川果樹園」さんでは、落葉した葉っぱを全て1月上旬に集め処分しています。
落ち葉をそのままほおっておくと、それが原因で柿の果樹が病気になることがあるのです。
元気な果樹を育てることこそ、美味しい『太秋柿』になるのです。
出来るだけ、農薬を使用したくないので、その分こうして徹底して手間ひまをかけるのです。

太秋柿 満遍なく日が差し込むように誘引し匠は選定作業を行っていました_a0254656_18363218.jpg「誘引しながら、同時に剪定作業も進めていくとたい。剪定ばせんなら(剪定をしないと)、柿は隔年年結果(1年おきに果実が実る)するようになるとたい。それをこうして剪定作業ばして、毎年同じように実らせるわけたい。」

太秋柿 満遍なく日が差し込むように誘引し匠は選定作業を行っていました_a0254656_183911100.jpg実をつけた枝は、次の年には実をつけにくくなります。
そこで、選定作業をおこない、花芽をつける枝を発生させ、毎年変わらぬ収量を得るようにするのです。
実をつけた枝は、先端を切り返し、実をつけた跡のない枝は、今年実をつけるので、切り返さないでそのまま残すのです。

太秋柿 満遍なく日が差し込むように誘引し匠は選定作業を行っていました_a0254656_18414097.jpg「この辺りは誘引と剪定作業が終わっていますよね?」と尋ねると、
「その辺は良かごたるな。バランスよく花が咲いて、良か『太秋柿』のできると思うばい。『太秋柿』の剪定は、とても技術がいるとたいね。」

太秋柿 満遍なく日が差し込むように誘引し匠は選定作業を行っていました_a0254656_184748.jpg「毎年、変わらぬ味、変わらぬ大きさ、変わらぬ収穫量にしていくためには、適切な方法でしっかり手ばかけていく必要があるとたい。まぁ、俺も20年以上もやってきたけん、少しはわかるようになったばい(笑)。」
匠はそんな冗談を言いました。

太秋柿 満遍なく日が差し込むように誘引し匠は選定作業を行っていました_a0254656_1848552.jpg「今日はお母さんは一緒じゃないのですか?」と尋ねると、
「今日は別の用事で出とるとたい。」と古川さん。
私は、お2人にいつもすっかり甘えっぱなしで、奥様のアツ子さんのことはお母さんと呼んでいます。
こちらは、11月上旬に撮影した収穫時の写真です。
私はもう何年も年間を通して「古川果樹園」さんの『太秋柿』栽培の様子を現地取材してきました。

太秋柿 満遍なく日が差し込むように誘引し匠は選定作業を行っていました_a0254656_18574237.jpg「農作物を美味しく育てるためには、様々な作業ば、的確な時期に、正しい方法でせんといかんけんな!」
古川さんはそう言いながら、また次の枝の誘引のため脚立に上り始めました。

太秋柿 満遍なく日が差し込むように誘引し匠は選定作業を行っていました_a0254656_1901476.jpg「FLCパートナーズストア」では、]「古川果樹園」さんの『太秋柿』を、今年もネット独占販売いたします。
収穫した中から、匠の目で選び抜いた『太秋柿プレミアム』です。
今年も『太秋柿プレミアム』、『太秋柿プレミアム“極”』、『太秋柿プレミアム化粧箱入り』(写真)の3商品の販売予定です。
これからも、花咲く様子や枝釣り作業、摘果作業などなど、成長の様子や、匠の技など、現地取材をしてご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-02-20 19:04 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/22501574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊本イチゴ『さがほのか』 朝採... 大人気の2大柑橘類(デコポン+... >>