人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

天然『ふきのとう』販売スタート(2016) 雪の中から元気に芽吹いています

FLC日記 2016年2月17日(水) 雪のちくもり時々雪
「FLCパートナーズストア」では、天然の『ふきのとう』の販売をスタートしました。
数量限定・完全予約制での販売です。
熊本県菊池市、菊池水源産の天然の『ふきのとう』をぜひご賞味ください。
天然『ふきのとう』販売スタート(2016) 雪の中から元気に芽吹いています_a0254656_1757222.jpg


↓ 今すぐ購入(予約)したい方はコチラ! ↓
「FLCパートナーズストア」
菊池水源『天然ふきのとう』



天然『ふきのとう』販売スタート(2016) 雪の中から元気に芽吹いています_a0254656_19142110.jpg山菜の中で最も早くから収穫できるのがふきのとうです。
独特な苦味が味覚を刺激して気分を引き締めてくれます。
冬眠から目覚めたクマは最初にふきのとうを食べると言われています。
新陳代謝を活性化して目覚めさせてくれるのです。

天然『ふきのとう』販売スタート(2016) 雪の中から元気に芽吹いています_a0254656_191759100.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している、菊池水源産の天然の『ふきのとう』は、株式会社旬援隊の敷地内に自生しているものです。
こちらは、今朝の様子です。

天然『ふきのとう』販売スタート(2016) 雪の中から元気に芽吹いています_a0254656_19202918.jpg株式会社旬援隊は、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営している会社です。
昨夜から降り続いた雪が、今朝にはうっすらと積もりました。
ここは九州、熊本と言えども標高の高い山奥で、毎年雪が積もります。

天然『ふきのとう』販売スタート(2016) 雪の中から元気に芽吹いています_a0254656_19252052.jpgこちらが同じ敷地内にある、株式会社旬援隊の本社社屋です。
ここは山奥の高冷地で、私が経験した最低気温は、-16℃。
積雪が最も多かったのは、積雪量が45cmにもなったことがあるほど寒い山奥です。

天然『ふきのとう』販売スタート(2016) 雪の中から元気に芽吹いています_a0254656_19322132.jpgその様子がこちらです。
2014年2月14日の朝の様子です。
まぁ、こうなっちゃうと、3日ほどは山を下りれません。
完全に、陸の孤島です。
ここは本当に熊本?って言いたくなるでしょ?
ここまで積もることは、めったにありませんが、それくらいの山奥なのです。
ここで私は、自然と共に生き、自ら畑を耕し、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。

天然『ふきのとう』販売スタート(2016) 雪の中から元気に芽吹いています_a0254656_19355785.jpgそして、この地に株式会社旬援隊を立ち上げ、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、契約農家の「わが家の専用農家さん」が育てる、“本物”と呼べる旬の食材を販売しています。
天然『ふきのとう』販売スタート(2016) 雪の中から元気に芽吹いています_a0254656_19405398.jpg

弊社では、「FLCパートナーズストア」で販売する食材を生産する、契約農家さんのことを、「わが家の専用農家さん」と称しています。

天然『ふきのとう』販売スタート(2016) 雪の中から元気に芽吹いています_a0254656_19435879.jpgお客様である消費者のみなさんが、安心して食して頂けるように、「自分のために作ってくれている!」と思っていただけるように、そう呼んでいるのです。
そのために私は、弊社で販売するすべての食材の作付地に伺い取材をして、その成長の様子や農家さんたちの苦労や手間ひま、匠の技を毎日更新するこのブログで紹介しています。

天然『ふきのとう』販売スタート(2016) 雪の中から元気に芽吹いています_a0254656_1945031.jpg上の写真は、現在好評発売中の『完熟紅ほっぺ(いちご)』生産農家の「牛島農園」さんに取材に伺った際の一コマです。
例えば、イチゴであるなら収穫後の苗床の様子や、定植作業、マルチ張り作業、そして収穫の様子も全て、年間を通して現地取材しています。
匠の農家さんが育てた“本物”と呼べる食材を、きちんと取材ご紹介していますので、ぜひホームページをのぞいてみてください。

ホームページはこちら


天然『ふきのとう』販売スタート(2016) 雪の中から元気に芽吹いています_a0254656_1952586.jpgまた、自らも農業を営み、この地で育てた作物を、オリジナルブランド商品として販売しています。
写真は、自然栽培で育てた『利平栗』で、毎年、予定数を完売する大人気商品です。

天然『ふきのとう』販売スタート(2016) 雪の中から元気に芽吹いています_a0254656_19533242.jpg今年も、良い栗を育てるべく、この時期は毎日、栗の剪定作業をしています。
しかし、本日は雪解けで地面がぬかるみ、剪定作業はできませんでした。
この栗林は、敷地の最も奥にある場所です。
ここに、天然『ふきのとう』が育つんです。
もともと、自生していたフキを少しずつ増やし、ふきのとうが出荷できるまで育てたのです。

天然『ふきのとう』販売スタート(2016) 雪の中から元気に芽吹いています_a0254656_19571133.jpg最初に芽吹いたものは、そのまま花開かせ、新葉を芽吹かせます。
来春も、出来るだけ早く『ふきのとう』が芽吹くように、早いものは取っておくのです。
そして、出荷数も制限していて、来年以降もふきのとうが芽吹くように調整しながら出荷しています。

天然『ふきのとう』販売スタート(2016) 雪の中から元気に芽吹いています_a0254656_201314.jpg『ふきのとう』には、冬の間にたまった体内の脂肪を流す効果も期待できるのだそうです。
ふきのとうはずいぶん昔から食されていた食材のようです。
それは、クマと同じように、人間の本能が春を迎えた体の健康維持に必要な食べ物を見出してきたからではないでしょうか。
この時期だけの、まさに最旬食材の菊池水源産の天然の『ふきのとう』をぜひご賞味ください。

天然『ふきのとう』販売スタート(2016) 雪の中から元気に芽吹いています_a0254656_2091180.jpgさて、最旬食材と言えば、現在「FLCパートナーズストア」で、大好評販売中なのが、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』です。
こちらは、弊社が契約する「わが家の専用農家さん」の1つ、「小春農園」さんが育て上げた、まさに“本物”と呼べる逸品です。
果実は見とれるほどに美しく、何より糖度と酸味のベストバランスの美味しさで、弊社のリピート率ナンバー1の商品です。

天然『ふきのとう』販売スタート(2016) 雪の中から元気に芽吹いています_a0254656_20142551.jpgこの他にも、こだわり農家さんが育てた『熊本のお米』、究極の柑橘『せとか』、『熊本産朝採りイチゴ』、『熊本産新鮮野菜』などなどを販売しています。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-02-17 20:16 | FLC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/22482925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 山あいの南高梅 冬の剪定後の様... 熊本スイカ『黒小玉ひとりじめb... >>