人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本ぶどう 社方園 剪定作業とハウス張り、熊本農業高校からの農業実習(2016)後編

FLC日記 2016年2月10日(水) 晴れ

熊本ぶどう 社方園 剪定作業とハウス張り、熊本農業高校からの農業実習(2016)後編_a0254656_1701492.jpg昨日に続き、熊本県山鹿市久原にある、ぶどうの匠「社方園」さんの、ハウス張りの様子と選定作業、そして熊本農業高校からきている、2人の実習生の奮闘ぶりをご紹介します。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたします。
熊本ぶどう 社方園 剪定作業とハウス張り、熊本農業高校からの農業実習(2016)後編_a0254656_1751153.jpg

熊本ぶどう 社方園 剪定作業とハウス張り、熊本農業高校からの農業実習(2016)後編_a0254656_177049.jpgこちらは、昨年ダントツの1番人気だった、5房の3色詰め合わせです。
1粒1粒の大きさもさることながら、その美味さ!その輝き!
口にほおばると、ぶどうの甘味が口の中で爆発する!と言う表現がぴったりの、まさに最高級のぶどうなんです。
「社方園」さんでは、毎年7月7日にその年のぶどうを初出荷します。

熊本ぶどう 社方園 剪定作業とハウス張り、熊本農業高校からの農業実習(2016)後編_a0254656_17105761.jpg「社方園」、初代園主の社方義武さんです。
「収穫を終えたら、ハウスのビニールを全部はぐとたいね。ぶどうたちにちゃんと冬を感じさせて、それからこの時期に温度管理をして、ぶどうを実らせていくとたい。」

熊本ぶどう 社方園 剪定作業とハウス張り、熊本農業高校からの農業実習(2016)後編_a0254656_17151973.jpg「今、泊まり込みで熊本農業高校から実習生が来て、こうして手伝ってくれよるとたい。二人ともホントよく頑張ってくれよるけん、大いに助かるばい!(笑)」
私が取材に伺たのは2人が来て4日目で、義武さんの指示なしでも率先して作業を進めていました。

熊本ぶどう 社方園 剪定作業とハウス張り、熊本農業高校からの農業実習(2016)後編_a0254656_17175133.jpg熊本農業高校2年生の、松崎雄斗くんと木村訓淳くんです。
「作業は全て初めてのことばかりで、最初は戸惑いましたが、丁寧にご指導いただくので随分と慣れてきました。」
2人は少し照れながらそう話してくれました。

熊本ぶどう 社方園 剪定作業とハウス張り、熊本農業高校からの農業実習(2016)後編_a0254656_17215936.jpg「農業と言うものは、地道な作業を繰り返して、本当に良いものができるとたい。それを少しでも学んでくれるとそれだけでもここに来た甲斐があると思うばい。もちろん、二人の働きぶりは合格点を出せるばい!」
義武さんはそう言いながらまた作業に戻っていきました。

熊本ぶどう 社方園 剪定作業とハウス張り、熊本農業高校からの農業実習(2016)後編_a0254656_1727611.jpg実習生の松崎くんと木村くんに「最後まで頑張ってね!」とエールを送り別れを告げ、私は別のハウスに伺いました。
「社方園」さんでは、数カ所の連棟建てのハウスと、屋根を付けた路地栽培のぶどう畑などで、収穫時期をずらしながら栽培しています。
こちらのハウスでは、剪定作業が行われていました。

熊本ぶどう 社方園 剪定作業とハウス張り、熊本農業高校からの農業実習(2016)後編_a0254656_17305961.jpg義武さんの息子さんで、「社方園」園主の社方武路さんが、剪定作業を行っていました。
パチン!ととても乾いた良い音がしています。
「とてもいい音で剪定作業が進んでいますね!このハウスもまた樹勢がしっかりしてるんですね!」と言うと、

熊本ぶどう 社方園 剪定作業とハウス張り、熊本農業高校からの農業実習(2016)後編_a0254656_17585644.jpg「このハウスのぶどうの果樹たちも、今年からはしっかり一人前ですね!昨年までは、まだ幼かったので、着果数を調整してあげてましたが、今年からは良いぶどうが、収穫する数もしっかり実りますよ!」

熊本ぶどう 社方園 剪定作業とハウス張り、熊本農業高校からの農業実習(2016)後編_a0254656_1811328.jpg「笠さん!聞いててくださいよ!!」
そう言いながら、社方さんはぶどうの枝をパチン!
「良い音でしょ?でも、その分かなり力はいりますけどね!(笑)」

熊本ぶどう 社方園 剪定作業とハウス張り、熊本農業高校からの農業実習(2016)後編_a0254656_18143752.jpg「このハウスは、“蜜植”と言って、ぶどうの果樹の株間を狭くして栽培してるんです。そうすることで、1本1本の負担を抑えて、良いぶどうを長く作ることができるです。」

熊本ぶどう 社方園 剪定作業とハウス張り、熊本農業高校からの農業実習(2016)後編_a0254656_18183436.jpg「主幹から両サイドに主枝を伸ばす“1文字整枝法”でお育ててますが、ほら!こうして、今年からきちんと隣りの主枝とつながったので、収量も増えると思いますよ。」

熊本ぶどう 社方園 剪定作業とハウス張り、熊本農業高校からの農業実習(2016)後編_a0254656_1822123.jpg「それはありがたいです!社方さんの『山鹿のぶどう』は、うちの大人気商品で、今年もすでにたくさんの予約を頂いていますし、昨年は収穫と出荷が追いつかないで、2週間待ちは当たり前だったですもんね!」
「ホントありがたいですねぇ~。笠さん!今年もしっかりと美味しいぶどうをたくさん作りますんで、昨年以上にじゃんじゃん売っていいですよ!(笑)」

熊本ぶどう 社方園 剪定作業とハウス張り、熊本農業高校からの農業実習(2016)後編_a0254656_1827456.jpg「これも樹勢が良い証拠の1つですよ。そのヒゲみたいなのは、ぶどうの果樹の根っこなんです。しっかり樹勢を保っていると、こうして枝から根っこが出てくるんです。」
「剪定作業とハウスのビニール張りが終わると、いよいよ本格始動ですね!」と言うと、

熊本ぶどう 社方園 剪定作業とハウス張り、熊本農業高校からの農業実習(2016)後編_a0254656_18345190.jpg「そうですね!芽キズを入れて、潅水してぶどうの果樹たちを目覚めさせたら、収穫まではノンストップですからね。ホント休む暇は全くないですが、今年もお客様たちが待ってくれてると思うと、がぜんやる気が出ますね!」

熊本ぶどう 社方園 剪定作業とハウス張り、熊本農業高校からの農業実習(2016)後編_a0254656_1840233.jpg「社方さんのあのぶどうの味を思い出したら、なんだかよだれが出てきましたよ!(笑)」と言うと、
「ハハハっ!7月7日まで待ってください。今年も良かぶどうを作り上げますから!!」
社方さんは自身の笑顔でそう答えてくれました。

熊本ぶどう 社方園 剪定作業とハウス張り、熊本農業高校からの農業実習(2016)後編_a0254656_1848866.jpg「社方園」さんでは、毎年決まって7月7日に販売をスタートします。
その販売に向け、「社方園」さんは、惜しみない手間ひまをかけ、計画的にぶどうを栽培しています。
1粒1粒の大きさもさることながら、その美味さ!その輝き!
口にほおばると、ぶどうのフレッシュな果汁が押し寄せてきます!
まさに最高級!“本物”と呼べるのぶどうなのです。

熊本ぶどう 社方園 剪定作業とハウス張り、熊本農業高校からの農業実習(2016)後編_a0254656_18453479.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたします。
これからも、「社方園」さんの、様々な作業、匠の技を取材しご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-02-10 18:53 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/22414155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 幻の白い「長生たけのこ」 秘密... 熊本ぶどう 社方園 剪定作業と... >>