ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘引作業!3年先を見据えながら今年も最高のステージを作ります(後編)

FLC日記 2016年2月8日(月) 晴れのちくもり

a0254656_16431040.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「岩永農園」さんの『樹上完熟梨』をネット独占販売いたします。
今年も、「幸水(こうすい)」の8月上旬からの発送スタートで、次いで「豊水(ほうすい)」、「秋月(あきつき)」(写真)、そして、ジャンボ梨「新高(にいたか)」と続きます。

a0254656_16473943.jpg昨日に続き、「岩永農園」さんの匠の剪定及び誘引作業について、現地取材に様子をご紹介いたします。
熊本県菊池市野瀬にある「岩永農園」さんの梨園に伺いました。
この時期は、1日も休むことなく、選定作業の真っ最中です。
手前が、剪定→誘引を終えた枝で、奥にはまだまだこれから作業をする果樹たちが待っています。

a0254656_1654558.jpg今日は、昨日のブログで話が途中だった、“待ち枝”についてお話します。
こちらが“待ち枝”です。
今年、この枝を伸ばし来年実らせる枝に育てるのです。
1年待つ枝→“待ち枝”なのです。

a0254656_175463.jpgこれは、昨年“待ち枝”として残しておいたものです。
剪定された跡がはっきりとわかりますよね。
先端から伸びた枝とともに、今年は果実を実らせる結果枝として、しっかりと誘引作業をしています。

a0254656_17193419.jpg「岩永農園」代表の岩永敏行さんにお話をうかがいました。
「これを待ち枝にするとたい。まだ細かけん、今年実らせても良か梨はできんけん、1年待って実らせるとたいね。」

a0254656_17215781.jpg「こっちに枝ば伸ばしたけん、この目を残して・・・。」
岩永さんは、迷うことなくその枝を剪定しました。
「真上にビャンビャン伸びた強か枝も実らんとたい。」

a0254656_1726069.jpg「そぎゃん枝は、こうして、斜め45度くらいに誘引して、枝の勢いを止めるとたいね。そうすることで、来年は良か梨を実らせる枝になるとたい。こうして、3年先くらいまでを見据えながら選定作業ばしよるとばい。」

a0254656_17334595.jpg今年、梨の果実を実らせる結果枝は、梨園内に張り巡らせてあるワイヤーを使って、真横に誘引してあります。
また、細い待ち枝は、芽吹かせる芽を残して絶妙な長さで切ってあります。
それらを来年以降の結果枝として使うため、あえて残してあるのです。

a0254656_1738812.jpg残すと言えば、誘引した結果枝の先端には、その枝のポンプとなる部分を残しています。
ここから芽吹く枝がこの枝にしっかりと栄養を引っ張り上げ、良い果実を実らせるようにするためです。

a0254656_17405917.jpg残す枝より、剪定して切り落とす枝の方がはるかに多く、それらはすべて処分します。
そのまま残しておくと、その後の様々な作業で邪魔になるし、何より枯れ枝は病気になる恐れがあるからです。

a0254656_17434922.jpgおやおや!
剪定した枝や、収穫した梨の果実を運ぶための運搬機には、とてもかわいいドライバーさんがいましたよ!
岩永さんのお孫さんのようですね!
「お名前は?」と尋ねると、

a0254656_17473827.jpg「愛斗(あいと)」と元気に答えてくれました。
岩永さんの奥様の哲代さんによると、「保育園いかない!おばあちゃんと一緒にいる!」と言って、今日は梨園についてきたのだそうです。

a0254656_17525324.jpgついてきただけではなさそうですよ!
焼却処分する枝を、運搬機から降ろすお手伝いをしているようです。
その様子を、哲代さんはデレデレの優しいおばあちゃんの笑顔で見つめていました。

a0254656_17562729.jpgそんなやり取りをしていると、
「笠くんとこには、シカやイノシシのおるかい?」と岩永さん。
「うちはここよりもっと田舎なので、シカもイノシシも、タヌキもキツネもいますよ!」と答えると、

a0254656_18024.jpg「なら、だいぶ被害のでとるど?うちも見てみなっせ!せっかく育ちよった梨の若木がほら!皮ばかじってからこぎゃんなってしまっとるとたい。」
「これは、シカがかじった跡なんですか?」と尋ねると、

a0254656_1825964.jpg「シカは皮ばかじるし、イノシシはこうして寄りかかって枝ば折って、梨の果実ば食べるとたい。だけん、本来なら3本に仕立てとった主枝が2本しかなかとたいね。だけん、今ここに伸びよる枝を3本目の主枝に育てようと思いよるとたい。」

a0254656_1815465.jpg「昨年の台風15号のような天災も困ったもんばってん、鳥獣の被害もやおいかん(大変)たいね。鳥は、梨園全体ばネットで覆っとるけん、シカとイノシシ対策で、明日からはこの辺の農家さんと協力して電柵ば張り巡らすことにしたとたいね。」

a0254656_18207100.jpg「それは良かった!もうすでに岩永さんの梨のご予約をたくさん頂戴していますから!」と言うと、
「うわぁ!それは嬉しかね!なら、しっかり鳥獣対策ばして、俺もピシャと手ばかけて、今年も良か梨ば育てにゃんね!」
そう話して、この日の取材を終えました。
a0254656_18222080.jpg
「FLCパートナーズストア」では、今年も「岩永農園」さんの、こだわりの『樹上完熟梨』をネット独占販売いたします。

a0254656_18242439.jpg8月上旬の『幸水』(写真)からスタートし、8月中旬からの『豊水』、そして、昨年より新しく販売をスタートした『秋月(あきつき)』、さらに、9月中旬からは、いよいよジャンボ梨『新高』と続きます。
今年もすでに、「岩永さんの梨は、全種類を発送初日に送ってちょうだいね!」と、ご予約を頂戴しているほど大人気の商品です。

a0254656_18303235.jpg3月下旬から4月上旬には、梨の花が咲き誇ります。
剪定と誘引作業を終えても、1日も休むことなく、摘蕾、摘花、摘果作業などなど、惜しまぬ手間ひまをかけて、今年も“本物”と呼べる至高の梨を育て上げます。
その様子は、もちろん今年もきちんと現地取材をしてこのブログでご紹介いたします。
これからの「FLC日記」もお見逃しなく!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-02-08 18:34 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/22395858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊本ぶどう 社方園 剪定作業と... 熊本梨 岩永農園 匠の剪定と誘... >>