ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

紅葉狩りにおすすめ!!菊池渓谷と菊池、阿蘇スカイラインの紅葉の穴場スポットを紹介!その1

FLC日記 2015年11月8日(日) くもり時々晴れのち雨
紅葉狩りのシーズンがやってきました。
菊池渓谷、菊池・阿蘇スカイラインも、美しく色づきました。
地元に住む私が、穴場スポットを含め、本日の紅葉の様子をご紹介します!!
a0254656_17584918.jpg

a0254656_181205.jpg熊本県菊池市から阿蘇方面へ進み、県道45号線沿いに「菊池渓谷」はあります。
菊池市街から約17kmほどです。
夏の避暑地として、またこの時期の紅葉狩りに、県内外から多くの方観光客がが訪れる名所です。
菊池渓谷は、入場料(施設整備料)100円を支払い、大自然の中を散策できる観光名所です。

◆日本森林浴の森百選
◆日本名水百選
◆日本の滝百選
◆水源の森百選
などに選ばれています。

a0254656_18105093.jpg目を疑うほどの透き通った渓流は、一瞬にして心を奪われる美しさです。
渓流を挟んで、遊歩道が整備されていて、「癒しコース」は約30分ほどで見て回ることができます。

a0254656_18183858.jpgこちらは、ビューポイントの一つ「黎明の滝」付近です。
滝をすぐ近くで見ることもでき、この時期は岩肌に積もる、紅葉の落葉がこれまたいいんです。
「癒しコース」の折り返し支店の橋からは、「天狗滝」と「竜ヶ渕」を見ることができますが、本日はあえてその写真は乗せませんので、菊池渓谷に行き、ぜひその目でご覧ください。
さぁ、それでは、菊池渓谷付近の穴場スポットのご紹介をいたしましょう!!

a0254656_1821964.jpg菊池市内から菊池渓谷へ向かう際、その前にぜひお立ち寄りいただきたいところがあるんです。
菊池方面から登ってきて左手に無料駐車場があります。
最近は、かなりメジャーになってきたようで、駐車場はほぼ満杯でした。

a0254656_1824285.jpg駐車場の奥に、このような橋があります。
ちょうど日差しも出てきて、絶好のロケーションでした。
ここは、菊池川第五発電所の敷地です。
毎年、ここの紅葉の色の深さに感動するんです。
ご覧下さい!!
a0254656_182768.jpg

a0254656_18282311.jpg橋を渡り、広場の先には、さらに橋があります。
その橋の左手には、美しすぎる透明な水を抱えた滝つぼが待っています。

a0254656_1830141.jpg
こうして覗き込むと心が洗われた様な気持ちになれるんです。
菊池渓谷に行く前にぜひお立ち寄りいただきたい隠れたスポットです。

a0254656_1832592.jpgそれからは、もちろん菊池渓谷に行きますが、週末となると駐車場はほぼ満車状態で、かなり待つことになります。
最も近い第一駐車場からでも、200mほど歩かねばなりませんので、私はそのまま菊池渓谷を通り過ぎるんです。

a0254656_18362310.jpg菊池渓谷を過ぎ、大きく左に曲がると、この大きな橋が現れます。
橋を渡る際は、左下をご覧下さい。
その様子がこちら!!

a0254656_18404354.jpg左手の谷側は、菊池渓谷の駐車場が見下ろせます。
もちろん駐車禁止のエリアなので、車を止めることはできませんが、秋の紅葉も春の桜も見下ろせる、ドライブする時に見逃せない場所です。

a0254656_18485089.jpg橋を渡り、しばらく進むと菊池渓谷中央駐車場があります。
権藤5号線を挟んで両サイドに広い広いスペースがありますが、そこはなんと無料なのです!!

a0254656_18523664.jpg駐車場の奥には、このような看板があります。
菊池渓谷入口までは、遊歩道を700mほど歩くことにはなりますが、一番近い駐車場で、駐車待ちして、さらに200mほど歩くよりもずいぶんと時間が短縮できますよ。

a0254656_1854365.jpgまた、歩くのはちょっと・・・と言う方には、この菊池渓谷中央駐車場から菊池渓谷までは、シャトルバスがあります。
日曜日はほぼ運行してて、土曜日は、お天気次第です。
ちなみにこれは、昨年利用した際の写真です。

a0254656_1913396.jpg左右いずれの駐車場の周りには、紅葉の果樹たちが配置されていて、いずれも手が届くほどの距離にあります。
日曜日でも、ご覧の通り、がら空きですが、ここからも菊池渓谷に行くことができるので、知る人ぞ知る穴場スポットなのです。
シャトルバスは、5分ほどで菊池渓谷まで連れて行ってくれますし、バスを待つ間も駐車場の周りの紅葉を楽しむことができるんです。

a0254656_1974061.jpg菊池渓谷に紅葉狩りに行く際は、平日は、第一駐車場でもあまり待つことはありませんが、日曜日や祝日に、ぜひ菊池渓谷中央駐車場をご利用ください。
そしてそこでは、この時期には様々なカラーバリエーションを楽しむことができますよ!
それでは、しばしご覧ください。
a0254656_19291413.jpg

a0254656_19295456.jpg

a0254656_19312158.jpg


a0254656_19344816.jpg菊池渓谷中央駐車場を出て、さらに阿蘇方面へと進みたいと思います。
まだまだ穴場の観光スポットは目白押しですが、本日のブログは少々長くなりましたので、この続きはまた後日ご紹介いたします。

a0254656_19382889.jpg私は、「菊池渓谷」から車で10分ほどの菊池水源の山奥で、自然と共に生き、自ら畑を耕し、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。
そしてこの地に、株式会社旬援隊を設立し、自らの農業体験を活かしながら、匠の農家さんが育てる“本物”と呼べる作物を消費者と生産者目線で紹介して、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で販売しています。
上記の写真は、弊社敷地内の東屋(バーベキュー場)の現在の紅葉です。
a0254656_1940409.jpg
“最旬”の熊本の美味かもんをたくさんご紹介しています。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページものぞいて見て下さい。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2015-11-08 19:43 | FLC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/21816844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 紅葉狩りにおすすめ!!菊池渓谷... 平成27年度新米!熊本の美味し... >>