人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 エゴマの花が咲きました!!

FLC日記 2015年10月7日(木) くもり
エゴマの花が咲きました!!
収穫は、11月上旬で、『エゴマ油』や『焙煎エゴマ粒』の出荷は、12月下旬の予定です!!
無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 エゴマの花が咲きました!!_a0254656_17492764.jpg

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 エゴマの花が咲きました!!_a0254656_17452049.jpg「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市、菊池水源産の無農薬で育てた『エゴマ』の種子(粒)から絞った『エゴマ油』と、種子を焙煎した『焙煎エゴマ粒』をネット独占販売しています。

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
菊池水源産『エゴマ』



無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 エゴマの花が咲きました!!_a0254656_1758454.jpgここは、熊本県菊池市、菊池水源にある、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の敷地内です。
ここ(株式会社旬援隊)では、栗の王様『利平栗』、『菊池水源キウイ』、『烏骨鶏のたまご』、『春の山菜』などをオリジナルブランド商品として生産しています。
これは、敷地内の畑と『利平栗』の栗林です。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 エゴマの花が咲きました!!_a0254656_17561138.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している、菊池水源産『エゴマ油』、『焙煎えごま粒』の生産者は、NPO法人『きらり水源村』の「エゴマ部会」のみなさんです。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 エゴマの花が咲きました!!_a0254656_1823366.jpgこちらは、8月上旬に行った定植作業の様子です。
平成27年度から、「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役笠泰紀(私)も参加し、エゴマの生産者となりました。
エゴマの種を6月28日に種まきし、1週間ほどで発芽しました。
発芽して、7月中旬の本葉が2枚そろった頃を見計らい、仮植しをしました。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 エゴマの花が咲きました!!_a0254656_18133680.jpg1500本のエゴマの苗を作ろうと思いましたが、これが大変なんです。
なにせ、無農薬で育てているので、仮植しても約3分の1ほどは、バッタやアオムシ、根切り虫などにやられ、うまく育ちません。
その度に、また新しく仮植をして補いました。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 エゴマの花が咲きました!!_a0254656_18165954.jpgエゴマは、苗作りでその出来不出来の半分以上が決まります。
育苗で失敗しないことが何より大事なのです。
8月上旬には、しっかりと定植できる大きさまで成長しました。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 エゴマの花が咲きました!!_a0254656_18232678.jpg敷地内の畑に加え、近所の農家さんから、畑を借りて『エゴマ』を定植しました。
ここは、もともと棚田としてお米つくりもしていた田んぼで、現在は私がお借りして、畑として使用しています。
本当はきちんと草刈りをしてかっこよく写真撮りたかったのですが、作物を育てるには、その日程は待ったなしです。
草刈りは後回しにして、定植作業を優先したのです(言い訳してる!(笑))

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 エゴマの花が咲きました!!_a0254656_18321932.jpg定植後、きちんと活着して元気に育っていたエゴマの苗たちでしたが、今年は思いもよらぬ被害が出たのです。
それは、8月25日に熊本県に上陸した台風15号でした。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 エゴマの花が咲きました!!_a0254656_18372489.jpgここは、山に囲まれた地形で、幸いにも何本かの苗がこうして倒れるくらいの被害でしたが、同じ生産者の「エゴマ部会」の方々は、ほぼ全滅したと言われる方もあったほどの大きな被害でした。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 エゴマの花が咲きました!!_a0254656_18412377.jpgここの畑のエゴマたちは、倒れたものを1本1本起こし、土を寄せて見守っていると、ほとんど欠株なく育ちました。
これは、9月中旬のエゴマたち。
エゴマの栽培においては、雑草の草刈りはしますが、追肥は行いません。
徒長や繁茂をもたらし、減収につながるからです。
追肥することなく元気に育つ、とてもありがたい作物ですね。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 エゴマの花が咲きました!!_a0254656_18491353.jpg開花のころには、100cmほどに成長する予定でした。
しかし、ここは九州の熊本県と言えども高冷地で、積載温度が足りなかった様で、若干背丈が低い気がします。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 エゴマの花が咲きました!!_a0254656_1853064.jpgでも、1年目にしては今のところ、かなり順調で十分な成長をしています。
エゴマは自然受粉します。
でもこのころには、たくさんのミツバチが花に集まっていました。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 エゴマの花が咲きました!!_a0254656_21141251.jpgエゴマは、昆虫などの媒体がいなくても、自然受精して開花後、50~60日ごろに収穫期を迎えます。
大変なのはその頃です!
エゴマの実は、鳥たちの大好物!
特に、スズメに食べられないようにせねばなりません。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 エゴマの花が咲きました!!_a0254656_2118918.jpgまた、この時期、エゴマの葉っぱも大変栄養価値が高く、食用として人気ですが、完全無農薬栽培ゆえの虫食いや、今年は台風による傷も多く、販売に関しては現在再検討中です。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 エゴマの花が咲きました!!_a0254656_2122494.jpg「FLCパートナーズストア」では、平成27年度産の菊池水源産、無農薬・無化学肥料で育てた『エゴマ油』、『焙煎エゴマ粒』も、ネット独占販売いたします。
エゴマに含まれる、“α-リノレン酸”は、私たちが生きていくうえで欠かせない必須脂肪酸です。
しかし、体内で生成することができないため、食品として接種する必要があるんです。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 エゴマの花が咲きました!!_a0254656_2126516.jpg“α-リノレン酸”は、脳や血管に良いと言われ、テレビでも「血管の救世主」、「パーキンソン病やアルツハイマーなどの脳疾患の予防に良い」と多くのテレビ番組やメディアで紹介されています。
さらには、癌の予防・制御や、アレルギー体質の改善、ダイエットやメタボ対策にも効果的だと言われています。

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 エゴマの花が咲きました!!_a0254656_21282364.jpg現在、無農薬・無化学肥料栽培のエゴマは、こうして順調に成長しています。
あと、1か月ほどで収穫し、脱穀→洗浄→乾燥を経て、搾油したものを『エゴマ油』、焙煎したものを『焙煎エゴマ粒』として販売いたします。
12月下旬の販売予定ですが、すでにたくさんの予約注文を承っている大人気商品です。
12月上旬より先行う予約の受付をスタートいたします。
これからも、このブログ(FLC日記)及び弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」のホームページをお見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-10-08 21:32 | エゴマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/21720864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 平成27年度新米!熊本の美味し... 究極の柑橘「せとか」 今年も元... >>