人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

究極の柑橘「せとか」 今年も元気に成長中!収穫及び販売は2月中旬からです!!

FLC日記 2015年10月7日(水) 晴れ
先日、弊社(ネットショップ:「FLCパートナーズストア」)の始業と同時に1本の電話が・・・
「『せとか』はもう売り切るちゃったの?1箱だけでもどうにかならないかしら?」と、お客様からのお電話でした。

究極の柑橘「せとか」 今年も元気に成長中!収穫及び販売は2月中旬からです!!_a0254656_17242093.jpg「今年の『せとか』は、2月中旬より5月上旬まで販売しまして、現在は販売をしておりません。次回は、来年2月中旬からの販売となっております。」と答えると、
「あら!そうだったわね。最近、みかんが店頭に並んでいるのを見て、小春農園さんの『せとか』を注文しなきゃ!!と思ってホームページを見たら“完売”になってたんで、慌てて電話したのよ。ごめんなさいね。そうそう!2月だったわね!1月の『デコポン』も含め、また必ず注文するのでよろしくね!!」とのことでした。
究極の柑橘「せとか」 今年も元気に成長中!収穫及び販売は2月中旬からです!!_a0254656_17303428.jpg
究極の柑橘『せとか』は、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
本日のブログの冒頭で紹介したお客様とのやり取りが、人気の表れですね!

究極の柑橘「せとか」 今年も元気に成長中!収穫及び販売は2月中旬からです!!_a0254656_17371343.jpgご安心ください!
ご購入いただいたお客様には、販売スタートの前に必ずご案内いたします。
今年も、販売スタートは2月中旬よりの予定です。
本日は、順調に成長している様子を、現地取材してきましたのでご紹介いたします。

究極の柑橘「せとか」 今年も元気に成長中!収穫及び販売は2月中旬からです!!_a0254656_17405971.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
奥の木造のハウスは、柑橘王こと『デコポン』の栽培ハウスで、現在屋根のビニールの張替え作業が行われています。

究極の柑橘「せとか」 今年も元気に成長中!収穫及び販売は2月中旬からです!!_a0254656_17431140.jpg自然豊かなこの地の南側の山の斜面で、太陽の光と澄んだ空気、清らかな水で「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』は育てられます。
ハウスと言えどもこの時期は、ハウスにビニールをはっていません。
天井の青いものは、網目のシートです。
直射日光に弱いせとかの果実を守ることと、害虫が入ることを避けるためのものです。

究極の柑橘「せとか」 今年も元気に成長中!収穫及び販売は2月中旬からです!!_a0254656_17472599.jpg「小春農園」専務の小原将輝さんとともに、ハウスの中にお邪魔しました。
「小春農園」さんでは、“草生栽培”と言って、地面の雑草をあえて伸ばして果樹を育てています。
時期をみて、全て手作業で草刈りをして、それらの草はそのまま有機肥料としています。

究極の柑橘「せとか」 今年も元気に成長中!収穫及び販売は2月中旬からです!!_a0254656_17503825.jpg草を自由に伸ばすことで、仮にハウス内に病気や害虫が侵入しても果樹に影響することなく草にとどまるという効果もあるのです。
もちろん、草だけでは肥料は足りませんので、時期をみて有機肥料の“ぼかし肥料”を与えています。

究極の柑橘「せとか」 今年も元気に成長中!収穫及び販売は2月中旬からです!!_a0254656_1851536.jpg小原正輝さんです。
「将輝さん!なんだかこの子たち(せとかの果樹たち)一回り大きくなってませんか?」と尋ねると、
「おぉ!さすが毎年毎年見続けている笠さんですね。」

究極の柑橘「せとか」 今年も元気に成長中!収穫及び販売は2月中旬からです!!_a0254656_1893356.jpg「奥の方にも入ってみましょうか!今年の収穫後もしっかり樹勢が保たれて、果樹自体が一回り大きくなりましたね。今後もさらに大きく育て、収量も増やす予定なんですよ。」とのこと。
将輝さんは、大学で柑橘類の栽培を専門的に学んだスペシャリスト、匠の農家さんです。
「必要な夏芽だけが、しっかりと伸びていますよ!」と将輝さん。

究極の柑橘「せとか」 今年も元気に成長中!収穫及び販売は2月中旬からです!!_a0254656_18141988.jpg『せとか』の栽培には、かなり高い技術が必要です。
とりわけ、夏の選定作業は、小さな芽も見逃すことのできない究極の剪定です。
将輝さんは、その高い技術を要し、毎年計画的に『せとか』の果樹を大きく育てているのです。

究極の柑橘「せとか」 今年も元気に成長中!収穫及び販売は2月中旬からです!!_a0254656_18231010.jpg来年2月に収穫を迎える『せとか』の果実たちが、元気に成長していました。
「この時期は、水の管理が大切です。まだまだ果実は肥大しますし、『せとか』は色づいてからも肥大は続くんですよ。もう少し寒くなれば、ハウスのビニールをはりますが、この時期は降雨量や気温、果樹の様子や土の様子などを見て、潅水(作物に水を与えること)の判断をしています。」と将輝さん。

究極の柑橘「せとか」 今年も元気に成長中!収穫及び販売は2月中旬からです!!_a0254656_18351051.jpg「ほら!もう色が抜け始めてきましたよ。『せとか』は、開花が4月下旬から5月で、収穫は2月でしょ?とても長い生長期間を経て、じっくりと大きく甘く育つんです。」

究極の柑橘「せとか」 今年も元気に成長中!収穫及び販売は2月中旬からです!!_a0254656_18371018.jpgお話の通り、『せとか』の果実の表皮が変色してきていました。
一旦果皮の色が抜けて、それからあの輝くオレンジ色に変色していくのです。
「小春農園」さんでは、本日紹介している究極の柑橘『せとか』以外にも、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

究極の柑橘「せとか」 今年も元気に成長中!収穫及び販売は2月中旬からです!!_a0254656_18432812.jpgこちらは、2月中旬の収穫の様子です。
将輝さんと将輝さんのお父さんで「小春農園」代表の小原正宏さんです。
長年の経験と豊富な知識を持つ小原さんと、大学で柑橘類を専門に学んだ技術を持つ将輝さんの二人の“匠”が中心となり、まさに“本物”と呼べる様々な作物を育てています。

究極の柑橘「せとか」 今年も元気に成長中!収穫及び販売は2月中旬からです!!_a0254656_1847143.jpg現在は、山あいの『甘熟いちじく』を大好評発売中です。
今年は、10月中旬までの販売予定で、毎回出荷数を限定して、数量限定、完全予約制での販売です。
完熟ならぬ“甘熟”にこだわったいちじくは、とろけるような食感と、優しい甘さが大人気です。

↓ 『甘熟いちじく』のご注文(ご予約)はコチラ!! ↓
FLCパートナーズストア
山あいの『甘熟いちじく』


究極の柑橘「せとか」 今年も元気に成長中!収穫及び販売は2月中旬からです!!_a0254656_19203540.jpg究極の柑橘『せとか』や山あいの『甘熟いちじく』の他にも、『ザ・みかん』、『原木しいたけ』、『原木しいたけ“トリプル1”』、究極の柑橘『せとか』、幻の白い『長生たけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、『乾燥しいたけ』、『干したけのこ』などすべてがネット独占販売する「FLCパートナーズストア」の看板商品となっています。

究極の柑橘「せとか」 今年も元気に成長中!収穫及び販売は2月中旬からです!!_a0254656_19232375.jpg『せとか』は、全ての柑橘類の良いとこどりをした“究極の柑橘”と呼ばれています。
果実が1つ300gほどでとても大きいのですが、ご覧のように皮が薄いため簡単に手で剥けます。
さらに、種がなく、内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられます。
しかも、果肉のつぶつぶがとても柔らかいので、多くの方に大変喜ばれる柑橘です。

究極の柑橘「せとか」 今年も元気に成長中!収穫及び販売は2月中旬からです!!_a0254656_1925587.jpg「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』を、来年もネット独占販売いたします。
来年2月の収穫が待ち遠しくてなりませんが、それまでは「小春農園」さんにしっかりとお任せすることとしましょう!!
これからも、その成長の様子や惜しまぬ手間ひまなど、現地取材にてご紹介していきます。
お見逃しなく!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-10-07 19:26 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/21717368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 無農薬・無化学肥料で育てる「菊... 太秋柿 選び抜かれた匠の「太秋... >>