人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

完熟紅ほっぺ 定植作業、そして徹底管理で育てていきます

FLC日記 2015年9月27日(日) 晴れ

完熟紅ほっぺ 定植作業、そして徹底管理で育てていきます_a0254656_16221561.jpg「今日、こうして『紅ほっぺ』の苗を定植ばするでしょ?これからは、しっかり温度と水を管理して、育てていかにゃんたいね。マルチビニールをはるのはまだ先たいね。この時期にあまり温めすぎると、2番花が追い付いてくるけん、まずは1番花をしっかり咲かせにゃんけんね。そのタイミングは、長年培った経験で判断するとたい。」
「牛島農園」の牛島武文さんがそう話しながら、1株1株丁寧に熊本産こだわりイチゴ『完熟紅ほっぺ』の苗を定植しています。

完熟紅ほっぺ 定植作業、そして徹底管理で育てていきます_a0254656_16243434.jpg9月21日、熊本県菊池市にある「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』の栽培ハウスに伺いました。
「牛島農園」さんは、毎年9月20日前後にイチゴの苗をハウスに定植します。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「牛島農園」さんのこだわりイチゴ『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売いたします。
完熟紅ほっぺ 定植作業、そして徹底管理で育てていきます_a0254656_16264892.jpg

完熟紅ほっぺ 定植作業、そして徹底管理で育てていきます_a0254656_1631179.jpg『紅ほっぺ』は、その1粒1粒の大きさと、紅色の果実の美しさ、イチゴ本来の酸味と糖度13度の甘さで、普通のイチゴとは一線を画す特別なイチゴと言われ、全国的にも大変人気の品種です。

完熟紅ほっぺ 定植作業、そして徹底管理で育てていきます_a0254656_16325453.jpg「牛島農園」さんでは、その『紅ほっぺ』を、こだわりの減農薬栽培で育て、こだわりの“完熟”朝採りで収穫し出荷しています。
今年も、12月上旬からの発送予定です。

完熟紅ほっぺ 定植作業、そして徹底管理で育てていきます_a0254656_16373769.jpg定植作業は、牛島武文さんと息子さんの修さんとで行われていました。
夏の間に、有機肥料をふんだんに与えた元気な土に畝(うね)を立てそこに定植しこれから育てていきます。
畝の中央には、潅水(植物に水を与えること)用のチューブが通されていました。
本来、様々な作物を育てる際には、マルチビニールをはり、そこに定植しますが、イチゴは定植後にマルチビニールをはるのだそうです。

完熟紅ほっぺ 定植作業、そして徹底管理で育てていきます_a0254656_164571.jpg「イチゴは本来、春先に果実を実らせる植物たいね。それをこうしてハウスで育てることで、12月から春先まで収穫できるようにするとたい。でも、この時期にマルチをはると、2番花が成長して、1番花の栄養を取るとたい。」

完熟紅ほっぺ 定植作業、そして徹底管理で育てていきます_a0254656_16471594.jpg「そうならんように、きちんと管理してやらにゃんとたいね。これから花芽が芽吹いて最初の収穫(1番花)を咲かせるでしょ?収穫の間があかないように、そこからうまく2番花に移行させることも技術の一つじゃないかな・・・。」

完熟紅ほっぺ 定植作業、そして徹底管理で育てていきます_a0254656_16504252.jpg「うち(牛島農園)では、ボイラーを炊いて加温しして育てる訳じゃないとたい。ハウスの開閉だけで温度調整をして育てるとたいね。来月の中旬になったら、マルチをはるでしょ?すると地温が保てるたい。もちろんハウスの中の温度には細心の注意を払うよ。しっかり手ばかけてやると、必ずこの子たちは答えてくれるけん、逆を言ったら、手ばかけんと良か作物は育たんていうことたい。」

完熟紅ほっぺ 定植作業、そして徹底管理で育てていきます_a0254656_16561554.jpg「私も何株かイチゴを路地で育てていますが、冬の間は変化なく、収穫できたのは春先でしたものね。」というと、
「そう!本来はそうなるとたい。でも、冬の時期にイチゴを出荷するのは、もちろんクリスマスシーズンのニーズもあるけど、イチゴは傷みやすかけん、冬の流通が良いとたい。特に、うちでは完熟にこだわって出荷しよるけんなおさらたいね。」と牛島さん。

完熟紅ほっぺ 定植作業、そして徹底管理で育てていきます_a0254656_16592946.jpg弊社に出荷頂く『完熟紅ほっぺ』も、3月頃からはこの平積みの商品だけになります。
こだわりの“完熟”で発送するため、暖かくなったその頃からは、2段重ねにすると輸送中に傷む可能性があるからです。
それほどまでに、自分が出荷する『紅ほっぺ』に、自信と責任を持っているのです。

完熟紅ほっぺ 定植作業、そして徹底管理で育てていきます_a0254656_1722910.jpg自信と責任と言えば、「牛島農園」さんでは『完熟紅ほっぺ』の他にも、キャベツ、白菜、水田ゴボウなども栽培していて、それらは完全無農薬・無化学肥料の“有機栽培”の作物です。

完熟紅ほっぺ 定植作業、そして徹底管理で育てていきます_a0254656_174820.jpgこれは、イチゴの苗床の様子です。
イチゴだけは、どうしても夏の苗床の時期に、害虫や病気が出る恐れがあるので、最小限(慣行栽培の半分だけ)の農薬を使用します。
しかし、農薬を使用することは間違いないので、
「キャベツや白菜、ゴボウは無農薬無化学肥料の“有機栽培”。イチゴは“減農薬栽培”。そこは、必ずわかるようにお客様に伝えにゃんばい!!」」
牛島さんは常々そう話されます。
自分が育てた作物への自信と責任の表れです。

完熟紅ほっぺ 定植作業、そして徹底管理で育てていきます_a0254656_17112329.jpg「笠さん!帰りにキャベツと白菜の苗床ものぞいてみたらどうですか?もう、ずいぶんと大きくなってますよ!」と修さん。
「それらもまもなく定植なんですか?」と尋ねると、

完熟紅ほっぺ 定植作業、そして徹底管理で育てていきます_a0254656_17133645.jpg「そうなんですよねぇ・・・。ぴしゃり、計画的にしてあるけん、休む暇なんかなかとですよ(笑)。まぁ、昨年もこのイチゴたちを直接購入いただいた、笠さんとこのお客さんに、ずいぶんとお褒めの言葉をいただいたけん、頑張りますよ!」
修さんはそう冗談交じりにお話しされましたが、一切の妥協を許さない匠のお二人なのです。

完熟紅ほっぺ 定植作業、そして徹底管理で育てていきます_a0254656_17182677.jpg実際、「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』は、とてもリピート率が高い大人気商品です。
取材の最後に、お二人のツーショットを撮影!
「今年もその期待に応えるようにしっかりと良かイチゴば育てるけんね!」
お二人とも、自信に満ちたこの笑顔でそうお約束頂きました。

完熟紅ほっぺ 定植作業、そして徹底管理で育てていきます_a0254656_17233154.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売いたします。
減農薬のこだわり!完熟のこだわり!で育てられた、安心・安全な『完熟紅ほっぺ』にご期待ください!!
12月中旬よりの発送予定です。
これからも、現地取材にて成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技などをご紹介します。
次回は、マルチビニールをはる様子を取材予定です。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-09-27 17:25 | イチゴ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/21684812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< きらり水源村の「お月見会201... 菊池水源棚田米 まもなく稲刈り... >>