人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本ぶどう 社方園 ぶどうの成長の3段階!蕾、花、着果、摘粒!匠の惜しまぬ手間ひま その1

FLC日記 2015年4月22日(水) 晴れ
「今年も、7月7日の初出荷に向けて、徹底管理で育てていきますよ。早いハウスでは、ぶどうの果実を、1回目の摘粒作業をしています。次の分は今が摘蕾作業で、最後の果樹は、今が花芽が芽吹いてきている状態ですね。」
a0254656_186598.jpg
「社方園」園主、社方武路さんが、いつもの優しい笑顔から一変し、集中した表情でぶどうの摘粒作業をしています。

a0254656_1883325.jpgここは、熊本県山鹿市にある、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』生産農家の、「社方園」さんの栽培ハウスです。
7月7日の初回発送予定のぶどうたちが元気に育っていました。

a0254656_1816141.jpgまだこんなにも小さなぶどうの粒ですが、これから約2か月半で、大粒で輝くような美しさのぶどうに成長していくのです。
その間、「社方園」さんでは1日も休むことなく、惜しまぬ手間ひまと匠の技で、徹底管理し育て上げます。
そうやって育て上げられた至高のぶどうたちがこちらです!!
a0254656_18221085.jpg
まるで、宝石箱を開けたかのような美しさですよね!
「社方園」さんの、『山鹿のぶどう』は、美味しさはもちろんのこと、その美しさで大人気です。

a0254656_18281418.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』を、ネット独占販売いたします。
こちらは人気ナンバー1の「5房 3色詰め 2kg詰め合わせ (400g×5房) 」です。
「社方園」さんでは、毎年決まって7月7日にその年の初出荷をします。

a0254656_18383360.jpg秋の味覚の代名詞と言われるぶどうを、夏が始まったばかりの7月7日に出荷するのです。
しかも、黒、赤、白の3色のぶどうを高品質でそろえることができるのは、日本の多くのぶどう農家さんの中でもほとんどなく、それゆえに“ぶどうの匠”と呼ばれています。

a0254656_18462482.jpgこのハウスは、ボイラーを焚き、加温をして7月7日の販売スタートに向け育てているハウスです。
「社方園」さんでは、収穫の時期をずらすため、数か所の栽培ハウスで、20種類以上の最高級の『種なしぶどう』を育てています。
それにしても、いつ伺っても見事に整備されたきれいなハウスです。

a0254656_18543231.jpgハウス内で作業中の「社方園」園主の社方武路さんを訪ねました。
「こんにちは!お忙しいとこまたおじゃまします!」と声をかけると、
「この時期は、様々な作業があるので、てんてこ舞いですね!(笑)」と社方さん。

a0254656_18575229.jpg「笠さんは、毎年こうして取材に来てくれるのでご存知でしょうが、この時期は、たくさんの作業を同時進行で行わなければいけないので、ホント大変ですね。今は、芽カギ作業をしてたとこです。」

a0254656_1913998.jpg「ぶどうの果実を実らせる枝の芯(成長点)はもう止めたのですが、そうすると脇芽が伸びるんですよ。その脇芽を摘みながら、不要なツルを落とす作業をしてたんですよね。」

a0254656_1942092.jpg「ほら!そっちから見るとわかりやすいでしょ?これが脇芽です。これくらい元気な脇芽が伸びるということは、樹勢が良いということなのですが、美味しいぶどうを育てるためには不要なんです。」

a0254656_196467.jpg社方さんはそう言いながら、その脇芽を引き寄せ、先端を切り落としました。
「あれ?脇芽は不要ならば、もっと根元から切るのかと思いました。」と言うと、

a0254656_1973945.jpg「確かに不要なのですが、あまり強く切り過ぎると、さらに強い脇芽が出てくるんです。だから、先端を切るくらいでいいんですよ。」と社方さん。
枝の根元から脇芽を切る(強く切る)と、反発でさらに強い脇芽を伸ばします。
この、ぶどうを知り尽くした剪定の加減がまさに“匠の技”なのです。

a0254656_19125264.jpg「ぶどうのツルはいらないですね。ツルを伸ばすことに栄養を使わせないように、これは本当にまめに切り落としていかないといけないんです。」
ぶどうは本来ツルを伸ばし巻き付けることで、枝を安定させる植物です。

a0254656_19212524.jpgしかし「社方園」さんでは、ワイヤーにきちんと誘引して、ぶどうの枝が安定できるようにしています。
さらにこのように、それぞれの枝が平行になるようにし、万遍なく日が当たるように配置しているのです。

a0254656_1930219.jpg「このハウスだけでも10種類近いぶどうの種類がありますし、種類や受精によって成長の度合いも違うので、それぞれの果樹に応じた作業をしないといけないんです。確かこのあたりにはまだ花咲いている枝があると思いますよ。確かこのあたりに・・・」
そう言いながら社方さんはハウスの中を案内してくれました。
「ありましたよ!笠さんの目の前です!!」
ご覧下さい!これがぶどうの花です!
a0254656_19335912.jpg
この最も早いハウスでは、さすがに花が咲き終わりかけていますが、この小さな線香花火のような形の、白いのがぶどうの花です!!

a0254656_19401278.jpgそしてこれが、花が咲き終わりぶどうの果実が着果した様子です。
ぶどうは両性花なので、ミツバチや交配作業は必要ないのですが、そのかわり樹勢の強い、元気な花を咲かせる果樹を育てることが大事なんです。
そのために、収穫後のハウスに有機肥料をふんだんに与え、元気な土を作り上げてきました。

a0254656_19504945.jpg「あれ?社方さん!!昨年までこんなファンありました?」と尋ねると、
「そうそう!これは今年から導入したんですよ!この春、とにかく雨が多かったでしょ?」

a0254656_19534017.jpg「だから、空気が滞留して、枝に水分が溜まって、病気の原因になるといけないので、早急に設置したんですよね。もちろんこれで、ハウス全体の温度のムラも解消できてると思いますよ。」

a0254656_19591046.jpg社方さんはいつもこう話します。
「数じゃなくて質のいいものを作りたいんですよ!そのためには、設備投資もしなくちゃいけないし、元気な土を作って、樹勢の良い果樹を育てないといけません。そして何よりしっかり手をかけてあげることが一番大事です。」

a0254656_2055832.jpg「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』は、今年も惜しまぬ手間ひまで育てれていました。
この日の取材の様子は、まだまだ紹介したいことがたくさんありますが、少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで・・・。
a0254656_20171958.jpg
「FLCパートナーズストア」では、今年も「社方園」さんの『熊本産高級種なしぶどう』をネット独占販売いたします。
7月7日の初出荷まで、これからも成長の様子や、惜しまぬ手間ひま、匠の技を取材しご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-04-22 20:13 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/21148662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊本ぶどう 社方園 ぶどうの成... 肥後グリーン 惜しまぬ手間ひま... >>