人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2

FLC日記 2015年4月5日(日) 雨
「ほら!解るね?こっちは間隔がヒロかでしょ?シイタケの菌は、原木の繊維に沿って伸びていくとたいね。だけん、タテには広く間隔ば取って打っても良かとたい。逆に、ヨコは、間隔ば狭くしてやらにゃんとたいね!」
「小春農園」代表の小原正宏さんのお父さん、小原正法さんがそうお話しいただきました。
原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2_a0254656_16443877.jpg
昨日に続き、「小春農園」さんの『原木しいたけ』のコマ打ちの現地取材の様子をご紹介いたします。

原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2_a0254656_16451931.jpg指で指示して頂いているように、しいたけのコマは、原木にタテには広く、ヨコには狭く打ち込んでありました。
きちんと、千鳥(交互)になるようにバランスよく配置されています。

原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2_a0254656_16492178.jpg「FLCパートナーズストア」では、熊本県山鹿市鹿北町の「小春農園」さんが育てた、清流の里の『原木しいたけ』をネット独占販売しています。
※今期の『原木しいたけ』の出荷は終了いたしました。

原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2_a0254656_16514177.jpg『原木しいたけ』とは、主にクヌギやナラの木を原木として、しいたけ菌を打ち込み育った、最も自然に近い方法で育てられたしいたけです。
「小春農園」さんでは、完全無農薬・完全無化学肥料で『原木しいたけ』を育てています。
毎年、3月中旬に「小春農園」さんでは、“コマ打ち作業”を行います。
“コマ打ち”とは、しいたけ菌を培養したコマを、しいたけが育つ原木に打ち込む作業です。

原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2_a0254656_171551.jpg『原木しいたけ』を育てるには、多くの労力と長い栽培期間が必要です。
そのため、現在では一般流通しているしいたけの、約2割ほどにまで減少している大変貴重なしいたけです。

原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2_a0254656_17341.jpg昨年、11月上旬、原木とするためのクヌギの伐採作業が行われました。
その後、約4か月間はそのまま放置して“葉枯らし”と言って、原木の水分を抜くのです。

原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2_a0254656_1773567.jpg3月上旬には、“玉切り”と言って、伐採し“葉枯らし”で水分が抜けた原木を、同じ長さに切りそろえていきます。
「小春農園」代表の小原正宏さんが、チェーンソウを使って手際よく“玉切り作業”をしています。
その際には、幹から伸びる枝を切り落とす作業もします。
「小春農園」さんでは、原木を1m5cmに切りそろえていきます。
そこまでの準備をして、この日“コマ打ち作業”は行われていたのです。

原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2_a0254656_17351589.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんにお話をうかがいました。
「うち(小春農園さん)では、10ヶ所のクヌギ林があるとたい。そこを順番に伐採して『原木しいたけ』ば育てよるとたいね。」

原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2_a0254656_1735569.jpg「なんもなかごつ伐採してしまっとるように見えるたい。下の方半分は、来年の伐採用のクヌギたいね。ばってん、10年すると伐採する前の状態に戻るとたい。」

原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2_a0254656_17395170.jpg「これば見て!伐採した切り株からは、もうすぐ新しい芽が芽吹いてくるとたいね。全く新しくクヌギば植えるより、根っこがある分、成長が早かとたいね。だけん、10年後には元のようなクヌギ林になるとたい。」

原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2_a0254656_17442498.jpg「“コマ打ち”の終わった原木は、そのままここに「仮伏せ」と言って、置いとくとたい。その時には、ちゃんと切り株に重ならんようにしてあげにゃんたいね。もちろん、しいたけ菌は紫外線に弱かけん、その上には、“玉切り”の時に切り落としたクヌギの枝葉ば乗せておくとたい。そして、6月の中旬に“本伏せ”と言って、風通しが良いように原木を組みなおして1年半後の秋に収穫を迎えるわけたいね。」

原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2_a0254656_17552169.jpgこの日は、小原さんの二男の京平さんと、奥様の美圭さんもお手伝いに来ていました。
美圭さんはもうすぐママになります。
予定日は、4月24日とのこと。
匠の農家の小原さんはとうとうおじいちゃんになるのです。

原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2_a0254656_1812798.jpg小原さんがドリルで原木に穴をあけ、京平さんがその原木を“コマ打ち”用の台に乗せ、美圭さんが1つ1つコマ打ちをしています。
その様子をきっと、おなかの中の赤ちゃんも聴いていることでしょうね!

原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2_a0254656_18122479.jpgさっきまで、ドリルでの穴あけ作業をしていた小原さんと小原さんの長男で「小春農園」専務の小原将輝さんが、今度は鉈(ナタ)をもっての作業中です。
「それは何をしているのですか?」と尋ねると、

原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2_a0254656_1818498.jpg「エサを切り落としてるんです。特に、枯れ枝はしっかりと切り落とさないといけないですね!」と将輝さん。
「ん?特に枯れ枝は、しっかりと!って何か意味があるのですか?」とまた尋ねると、
「枯れ枝や、枯れ落ちた後の切り株には、すでに雑菌が入っている可能性があるんです。だから、こうしてしっかりと切り落とすんです。」

原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2_a0254656_18212530.jpg「笠さんも自分でも『原木しいたけ』を栽培していて“コマ打ち”するでしょ?その際に、こんな切り株もきちんと切り落としてあげると、しいたけ菌の伸びが全然違いますよ。」

原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2_a0254656_1823586.jpg「それにしても、見事な切れ味の鉈(ナタ)ですね!私の場合、鉈を研ぐところからしないといけない気がします。」と言うと、
「そこからスタートですか(笑)?でも、私も今朝から鉈を研いで今こうして使ってますよ。」とのこと。
この“匠”のひと手間が、しっかりとしいたけ菌が伸びた良い原木を作るのですね!

原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2_a0254656_1831047.jpg「小春農園」さんの“コマ打ち”は、こうして分担で作業を行いながら、とても効率よく進んでいました。
「FLCパートナーズストア」では、今期も「小春農園」さんの『原木しいたけ』をネット独占販売いたしました。
原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2_a0254656_18373347.jpg
おかげ様で大好評!
今期の生の『原木しいたけ』の出荷は終了しました。

原木しいたけ コマ打ち作業2015 その2_a0254656_1841771.jpg惜しまぬ手間ひまで、無農薬・無化学肥料で育てられた『原木しいたけ』から作る、『原木氏しいたけ(乾燥)』は、引き続き大好評発売中です。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページをご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-04-05 18:42 | しいたけ 原木しいたけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/21087917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 4月8日(水)KKTくまもと県... 原木しいたけ コマ打ち作業20... >>