人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

原木しいたけ 玉切り作業(コマ打ちに向けて) 2015

FLC日記 2015年3月19日(木) 雨(雷雨)のちくもり
「しいたけ菌がしっかり伸びるようにするために、他の雑菌が入っとらんようにせにゃんとたいね。そのためには、枯れ枝は、玉切りと同時に、枯れ枝の部分はなるべくそぎ落とすようにカットするとたい。」

a0254656_16424553.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんが、玉切り作業をしています。
チェーンソウがクヌギの原木に入ると、乾いた音と同時に、原木の切りくずが大きく舞い上がりました。
玉切りとは、『原木しいたけ』を栽培するために、しいたけ菌を打ち込むための原木を、同じ長さに切る作業のことです。
a0254656_16494018.jpg
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの『原木しいたけ』の原木とするためのクヌギの伐採現場です。
「小春農園」さんでは、自然に最も近い栽培法と言われる『原木しいたけ』を、完全無農薬、完全無化学肥料で育てています。

a0254656_16515842.jpgこれは、11月中旬の伐採直後の様子です。
伐採したクヌギは、約4ヶ月その場で「葉枯らし」と呼ばれる水分を抜く作業状態にしておきます。
上の写真とは、葉っぱの色が明らかに異なりますよね。

a0254656_16551364.jpg『原木しいたけ』とは、主にクヌギやナラの木を原木とし、そこにしいたけの菌(コマ)を打ち込み栽培する方法です。
11月中旬の伐採作業から数え、約2年もの長い年月を要し、しいたけを育てるのです。
たくさんの手間ひまと、労力、長い栽培期間を要するため、現在、日本のしいたけ生産量の約2割にまで減少している大変貴重なしいたけです。

a0254656_1713749.jpg「こんにちは!今年も玉切り作業の様子を見せて頂きに来ました。こっちは今年も、おじいちゃんとお孫さんの名コンビでやってるんですね!」
「ハハハッ!“迷”コンビじゃないですかね!」
そう笑顔で答えてくれたのは、「小春農園」専務の小原将輝さんです。

a0254656_1771099.jpgおじいちゃんの正法さんが、基準とする竹を原木にあてながら一定の長さ(1m5cm)にチョークでしるしをつけていきます。
それに合わせて、将輝さんがチェーンソウで切っていくのです。

a0254656_1794583.jpg「チェーンソウが修理から戻ってきて、じいちゃんも玉切りしているので、今年はかなり効率よくできていますよ!」と将輝さん。
「原木(ボタ木)は、どれくらいの細さまで使用できるんですか?」と尋ねると、

a0254656_17123869.jpg「うち(小春農園)では、ある程度の細さまでは使用しますね。細いのには、収穫のシーズンになると早めにしいたけが立って、太いのには遅めに立つんで、収穫が長期に割ったってできるんです。今年も、ベストな時期に伐採をして、上手く葉枯らしの期間を経てきたので、良い原木になりそうです。」
と将輝さんが教えてくれました。

a0254656_17244665.jpg「その手に持っているのも原木になるんですか?」と正法さんに尋ねると、
「これはならんね!昔はこれで和傘の芯の部分ば作りよった貴重な木ばい。」と教えてくれました。

a0254656_1730345.jpg「向こうでもチェーンソウの音が聞こえていますね!小原さんと奥様の仲良しご夫婦のコンビですか?」と言うと、
「そうですね!行ってみたらどうですか?」と将輝さんに言っていただき原木をかき分けながら進み近づくと。

a0254656_17324639.jpg奥様の美子さんが原木に切る場所の印をつけ、小原さんが玉切り作業をしていました。
「こんにちは!今年も取材に伺いました!!」
作業の合間を見て、そう声をかけると、

a0254656_17355226.jpg「笠さんは毎年見に来よるけん、もうすっかり『原木しいたけ』作りは覚えたろ?」と小原さん。
「ありがたいことに、お教え頂き伐採からすべてを行った私が育てている『原木しいたけ』が、今年からしっかり立ってますよ。」

a0254656_1739653.jpg「なにせ、私の『原木しいたけ』作りの師匠は、匠の農家の「小春農園」さんですから、良いしいたけができるんですよね!私もまもなく、自分の原木を玉切りしないといけないんですよ!!」そう言うと、
「ならば、これば覚えて帰りなっせ!こうしてある程度の太さの枝は、玉切りの時にチェーンソウで切るたいね!」

a0254656_17424534.jpg「そんな時に、これのごつ、伐採する前から枯れているような枝とか枝の後があるたい。それらは、こうしてちょっと深めに切り落とさにゃんばい。」

a0254656_17444289.jpg「よかね!こぎゃんして幹を少しそぎ取るようにして切り落とすとたいね。もともと枯れとった枝には、すでに雑菌が廃っとる可能性があるとたい。」

a0254656_17463558.jpg「そうすると、しいたけ菌が上手く伸びきらんことがあるとたいね。だけん、ちょっと深めにすでに入っているであろう金も一緒に、こうして切り落としておくと、しいたけ菌だけがしっかり伸びるってわけたい。」

a0254656_1749271.jpg「なるほど!師匠!ありがとうございます。やっぱり今年も来てよかった!!」そう言うと、
「せっかく、こぎゃん山の中まで来たとだけん、何かためになることば覚えて帰らにゃんたい!(笑)」と小原さん。

a0254656_1758254.jpg「コマ打ち、いつ行うんですか?」と尋ねると、
「玉切りが明日くらいまでかかるとたい。その後からすぐするよ。それまでは、ボタ木をよせといて、葉っぱの残った枝を乗せて、雨風や日照りから守るとたい。」

a0254656_1814686.jpg「コマ打ちして仮伏せまでは、クヌギの葉っぱでボタ木を守らにゃんけん、笠さんも枝ばちゃんととっとかにゃんよ!」と小原さん。
本当によく丁寧にお教え頂く大変ありがたい師匠です!!

a0254656_186476.jpgその3日後、「コマ打ち作業」が行われました。
もちろん、現地取材をしてきました。
「コマ打ち作業」の様子は、また後日、このブログで詳しくご紹介いたします。

a0254656_1893211.jpg「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんの『原木しいたけ』をネット独占販売しています。
もちろん大好評いただき、今シーズンの『原木しいたけ』は完売いたしました。
本日「玉切り」した原木から収穫を迎えるのは、来年の秋以降です。
これからも、様々な作業の様子や、匠の技など現地取材でご紹介していきます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-03-19 18:18 | しいたけ 原木しいたけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/21020090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ダリアの分球作業(発芽球根を匠... アスパラ 『なごみの里の朝採り... >>