人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

幻の白い「長生たけのこ」 平成27年度予約受付スタート!!

FLC日記 2015年3月14日(土) 雨のち晴れ
幻の白い『長生たけのこ』の、平成27年度の予約受付をスタートしました。
特別な粘土質の赤土の土壌にのみ育つたけのこで、驚くほどに真っ白で、とってもやわらかい、まさに幻の逸品です。
しかも、完全無農薬栽培で、除草剤なども一切使用せずに育てた、安心・安全なたけのこです。
さぁ!ご覧下さい!!
これが、幻の白い『長生たけのこ』です!!
a0254656_14491270.jpg
「FLCパートナーズストア」では、この幻の白い『長生たけのこ』を、今年もネット独占販売いたします。
平成27年度の初出荷は、3月31日(火)です!!
先行予約受付をスタートしました。
a0254656_14532879.jpg
↓ 今すぐ注文(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
幻の白い『長生たけのこ』


a0254656_14574440.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町、長生(ながそ)地区にある、秘密の竹林です。
生産者の「小春農園」さんは、年間を通してしっかり手をかけ管理しているこの竹林を、「たけのこ畑」と称しています。
自らが作り、育てた竹林なので、たけのこを生産する「たけのこ畑」と呼んでいるのです。
この地は、粘土質の赤土の特別な土壌です。

a0254656_153572.jpgその「たけのこ畑」には、杉の木立の細い道をぬけて、登って行くのですが、詳しい情報をお教えすることはできません。
なにせ、そこだけは、「小春農園」さんが持つ、その他4か所の「たけのこ畑」とは、明らかに土壌が異なります。

a0254656_1573463.jpg「小春農園」のスタッフのみなさんと、私しかその場所は知らない、それ以外の方には教えていない秘密の場所です。
幻の白い『長生たけのこ』の「たけのこ畑」までの、杉が立ち並ぶ場所の土は、この様に何の変哲もない普通の土です。

a0254656_15113620.jpgしかし、ご覧ください!
幻の白い『長生たけのこ』の「たけのこ畑」を育てる土は、この様に先ほどとは全く異なる赤土です。
その地だけが特別土壌なのです。

a0254656_1517177.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんにお話をうかがいました。
「この「たけのこ畑」で収穫したたけのこは、昔から「出荷の際に別にして下さい!!」って言われよったとたい。」

a0254656_15275463.jpg「真っ白で、シャキッとした食感がありながら、たいぎゃ(熊本弁:とても)柔らかかけん、すごく評判よくてね・・・。だけん、あえて赤土を付けたまま、わかるようにして別に出荷しよったとたいね。」

a0254656_15315480.jpg「ここで採れたたけのこの中から、さらに選び抜いて「FLCパートナーズストア」さんには出しよるけん、まさに“幻”って言っても過言じゃないとじゃなかろうかね!」
では、「小春農園」さんでは、どのような基準でたけのこを選んでいるのでしょう?

a0254656_16301042.jpgまず、注目すべきはたけのこの穂先(先端の葉っぱ)は、黄色いものを選びます。
そして、形は「ずんぐりむっくり」しているものです。
穂先が黄色いものは、まだ一切太陽の光を帯びてなく、ずんぐりむっくりしているものは、ギュッとしまっていてやわらかいのです。

a0254656_16374479.jpg昨年のたけのこ掘りの様子を取材した時の写真です。
取材にご協力いただいたのは、「小春農園」代表の小原正宏さんの息子さんで、専務の小原将輝さんです。
たけのこ掘りの道具「トウガ」を使って、赤土の中から、幻の白い『長生たけのこ』を掘り上げています。
「穂先も地上に出ていないたけのこをどうやって探し出すんですか?」と尋ねると、

a0254656_16405034.jpg「普通はわからないですよね(笑)。微妙な地割れや、土や落ちている笹の盛り上がりを見て探し出すんです。ちなみに、そのあたりの写真を撮ってください。そこには明らかにたけのこが出ていますよ。」と将輝さん。

a0254656_16433433.jpg「とりあえずとりましたが、全くわかりません。」と言うと、
「ここです。この土と葉っぱの盛り上がりは、明らかにここにたけのこが出てきている証拠ですね。」
「え?それですか?そう示して頂いてもまだわからないんですけど・・・」と言うと、

a0254656_1646368.jpg「ではちょっと、まわりを掘ってみましょうか!」
そう言って、土や葉っぱをよけると・・・。
お見事です!!
本当にたけのこの黄色い穂先が見えてきました。
たけのこは、この時初めて太陽の光を浴びました。

a0254656_16495775.jpg掘り上げてみると、
「あれだけはっきりとした土の盛り上がりだったので、もっと大きいかと思いましが意外に小さかったですね。形的には、及第点ですが、おそらく笠さんところには出さないと思います。」と将輝さん。

a0254656_1659168.jpg「そこに掘り上げたたけのこを置いているでしょ?一番手前は、穂先がすでに地表に出ていて緑色になっているからダメですね!その次のは小さすぎますし、真ん中の大きいのは形も良くて、幻の白い『長生たけのこ』として出せそうですね。」とお話しいただきました。

a0254656_175342.jpg「小春農園」さんの「たけのこ畑」で掘り上げられ、収穫されたたけのこ達は、出荷場に運ばれ、そこで根元の部分をきれいに包丁で切りそろえられます。
さらに、大きさ、形、もちろん穂先の色で判断され、選びに選び抜かれた“極選”のたけのこだけが、幻の白い『長生たけのこ』として、即日発送されていくのです。

a0254656_17154396.jpg「小春農園」さんでは、年間を通して「たけのこ畑」を管理しています。
これは、毎年1月に行われる伐採作業の様子です。
毎年たくさんの親竹を立てて、たくさんの古い親竹を伐採し、「たけのこ畑」を常に活性化しています。

a0254656_17253194.jpgこの地の独特な粘土質の赤土だけに頼ることなく、有機肥料や、不足するミネラルも与え、元気な土でたけのこを育てるのです。
農薬や除草剤などは一切使用しません。

a0254656_1734223.jpg美味しいへのこだわり以上に、安全へのこだわりをもって栽培しているのです。
「小春農園」代表の小原正宏さんと、奥様の美子さん。そして息子さんで専務の小原将輝さんの、昨年の収穫時の笑顔の3ショットです。

a0254656_17301037.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの、幻の白い『長生たけのこ』を、ネット独占販売いたします。
現在、「FLCパートナーズストア」のホームページにて、ご注文(ご予約)を承り中です。
数に限りがございますゆえ、ご注文が多数の場合は、ご注文順に随時発送とさせて頂きます。
ちなみに昨年は、最長2週間待ちの大人気商品です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!

幻の白い『長生たけのこ』が育つ過程、匠の技をもっと知りたい方はこちらをクリック!!
FLCパートナーズストアブログ FLC日記
幻の白い『長生たけのこ』

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-03-14 17:36 | 幻の白い長生たけのこ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/21000041
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ダリアは実は、6月から11月ま... 甘熟イチジク 匠の剪定作業20... >>