人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

原木しいたけ 森の旨みを詰め込んで大好評発売中!!

FLC日記 2015年1月30日(金) 雨時々くもり
みなさんが食べている「しいたけ」は、『原木(げんぼく)しいたけ』ですか?
それとも、『菌床しいたけ』ですか?
「FLCパートナーズストア」では、国内しいたけ生産量のわずか2割ほどしかない『原木しいたけ』を、大好評発売中です。
原木しいたけ 森の旨みを詰め込んで大好評発売中!!_a0254656_17303994.jpg

原木しいたけ 森の旨みを詰め込んで大好評発売中!!_a0254656_17572539.jpg生産者は、熊本県山鹿市鹿北町の「小春農園」さんです。
「小春農園」代表の小原正宏さんと、息子さんで専務の小原将輝さんを中心とした、匠の農家さんです。
森の旨みを詰め込んだ、“本物”の味わいをぜひご賞味ください。

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方はコチラ! ↓
「FLCパートナーズストア」
清流の里の『原木しいたけ』


原木しいたけ 森の旨みを詰め込んで大好評発売中!!_a0254656_17401640.jpgここは、「小春農園」さんの『原木しいたけ』の栽培場です。
『原木しいたけ』とは、主にクヌギやナラノ木を原木とし、そこにしいたけ菌を打ち込み育てるやり方で、最も天然に近い栽培方法です。
収穫までには長年の歳月を要し、多くの労力、手間ひま、経験、技術が必要です。

原木しいたけ 森の旨みを詰め込んで大好評発売中!!_a0254656_17331086.jpg『原木しいたけ』の栽培には、多くの手間ひまと、約2年にもわたる栽培までの準備期間を要することで、生産者は年々少なくなり、現在、国内で流通しているしいたけの約2割にまで減少しています。

原木しいたけ 森の旨みを詰め込んで大好評発売中!!_a0254656_1753306.jpg原木“生”しいたけとなると、さらにその割合は減って、約1割程度です。
現在店頭に並んでいる、“生”しいたけのほとんどが、「菌床しいたけ」と呼ばれるもので、おがくず等を肥料として使う栽培方法です。
ハウスや建物の中で栽培され、温度や湿度管理をすることで、1年を通して収穫が可能なので、国内生産量の約7割にも増えています。

原木しいたけ 森の旨みを詰め込んで大好評発売中!!_a0254656_1823322.jpg「ほら!!「春子(はるこ)」が立ち始めよるよ!」小原さんが私にそう言いました。
「春子ってなんですか?」私が尋ねると、
「『原木しいたけ』には収穫する時期で名前があるとたいね。」

原木しいたけ 森の旨みを詰め込んで大好評発売中!!_a0254656_1855298.jpg「1月に採れるものを「寒子(かんこ)」って言うとたい。寒か時期にゆっくり育つけん、美味しさが濃縮されとる訳よ。今、販売しよるとがまさに「寒子」たいね。そして、2月から4月にかけて収穫するのを「春子」って言うとたい。この時期は、香りも際立ってくるわけよ。秋に収穫する「秋子」、藤の花が咲く頃の「藤子」と言うのもあって、『原木しいたけ』は、天然に近い栽培方法だけん、その時期によって少しずつ変わってくるとたい。」

原木しいたけ 森の旨みを詰め込んで大好評発売中!!_a0254656_18134611.jpg「俺は“菌床しいたけ”を否定する気なんか全くなかとたいね。ばってん、『原木しいたけ』は季節による移り変わりもまた魅力の一つじゃないかなぁ・・・。今、笠さんところで販売しているジャンボしいたけ“トリプル1”なんて、この時期ならではのものたいね!」

これが、そのジャンボしいたけ“トリプル1”です!!
原木しいたけ 森の旨みを詰め込んで大好評発売中!!_a0254656_18181162.jpg
『トリプル1』とは、
“1番”最初(1年目)の原木から育ち・・・
“1割”しか採れない貴重な大きさ・・・
“1級品”の旨み、食感、味わい・・・
3つの“1”を備え持つ、特別な「原木生ジャンボしいたけ」です!!

原木しいたけ 森の旨みを詰め込んで大好評発売中!!_a0254656_18322365.jpg手のひらからこぼれ落ちそうなほどの大きさと、この肉厚さは、文句のつけようのない逸品です!!
冷え込みが続き、しいたけがゆっくりとゆっくりと成長することによって、しいたけのカサが開くことなく、これほどまでに大きくなるのです。

原木しいたけ 森の旨みを詰め込んで大好評発売中!!_a0254656_18192730.jpgしかし、収量はわずか1割程度!
収穫を始めた1年目の原木で、しかもある程度大きな幹の原木からでなければ育ちません。
昨シーズンは、3週間待ちでのお届を余儀なくされた、大人気商品です。

原木しいたけ 森の旨みを詰め込んで大好評発売中!!_a0254656_18371113.jpg食感はまるでアワビのようです。
じっくりと育ったことで、森の旨みを詰め込んだアワビのような食感の“トリプル1”は、味、風味、食感、旨み、味わいはいずれも1級品で、わき役になりがちなしいたけが、食卓のメインになること間違いありません。
たくさんの方に召し上がっていただきたいのですが、数量限定の完全予約制での販売であることご理解下さいませ。

原木しいたけ 森の旨みを詰め込んで大好評発売中!!_a0254656_18445578.jpgこれは、11月上旬に行われる“ボタお越し”と言う作業の様子です。
栽培地に移すことで、2年をかけ原木の中で育ててきたしいたけ菌を活性させしいたけを育てるための作業です。

原木しいたけ 森の旨みを詰め込んで大好評発売中!!_a0254656_18471569.jpg私は、年間を通し、秋の原木の伐採の様子も、春先に行う原木にしいたけ菌を打ち込む“コマ打ち”も、その後の“仮伏せ”、“本伏せ”も、伐採から2年後の栽培地に並べられて収穫の時をつ“ボタお越し”の様子もすべて現地で取材していきました。

原木しいたけ 森の旨みを詰め込んで大好評発売中!!_a0254656_18502140.jpg清流の里として知られる鹿北町で、「小春農園」さんは、清らかな水と雄大な自然、さらには惜しまぬ手間ひまをかけ、『原木しいたけ』を育てています。
安心・安全な食材を、美味しさにこだわり育てているのです。

原木しいたけ 森の旨みを詰め込んで大好評発売中!!_a0254656_1857556.jpg「小春農園」さんでは、本日ご紹介した『原木しいたけ』の他にも、『ザ・みかん』、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』(写真)が、現在大好評発売中です。
また、究極の柑橘『せとか』、幻の柑橘『麗紅』、、幻の白い『長生たけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、『乾燥しいたけ』、『干したけのこ』、山あいの『甘熟いちじく』、などを育てていて、それらは全て、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

↓ 『デコポン(肥後ポン)』のご注文(ご予約)はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」 
『熊本産デコポン』


原木しいたけ 森の旨みを詰め込んで大好評発売中!!_a0254656_1903480.jpg“トリプル1”は、有名ホテルのレストランや、高級和食店、料亭などにおいてもご利用いただいている逸品です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてもお進み頂けます。
ご来店、お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-01-30 19:05 | しいたけ 原木しいたけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/20824934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 株式会社旬援隊の冬の様子 剪定... 熊本産パイナップル 『菊池・七... >>