人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

フレッシュブルーベリー 剪定作業と手作業のカイガラムシ駆除作業

FLC日記 2014年12月24日(水) 雨のちくもり
「今年たくさんのブルーベリーを実らせてくれた果樹を、この時期にきちんと剪定してあげるの!果樹全体のバランスを見てね!来年もお日様の光をたくさん浴びて、美味しいブルーベリーが育つようにね!!」
「安藤農園」の安藤則子さんがそう言いながら、手際よくブルーベリーの果樹の剪定作業をしています。
フレッシュブルーベリー 剪定作業と手作業のカイガラムシ駆除作業_a0254656_17191184.jpg

フレッシュブルーベリー 剪定作業と手作業のカイガラムシ駆除作業_a0254656_17195347.jpg「安藤農園」さんは、自分たちが「安全で美味しいブルーベリーを食べたいから!」と、棚田の田んぼをブルーベリー栽培場に改良して、無農薬でフレッシュブルーベリーを育てています。
その安全性と美味しさが口コミで評判となり、販売を始めました。
安藤則子さんが、全体で最も美味しくご賞味いただけるように数種類のブルーベリーをミックスしてパック詰めして販売しているのです。

フレッシュブルーベリー 剪定作業と手作業のカイガラムシ駆除作業_a0254656_17255637.jpg私は、その美味しさと、栽培の取り組み姿勢に惚れ込み、何とかお願いして、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。
商品名は、『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』です。

フレッシュブルーベリー 剪定作業と手作業のカイガラムシ駆除作業_a0254656_17293132.jpgここは、熊本県菊池市大平にある「安藤農園」さんのブルーベリー畑です。
収穫を終え、お礼肥えを与えたブルーベリーの果樹たちは、すっかり紅葉し葉っぱが色づいていました。

フレッシュブルーベリー 剪定作業と手作業のカイガラムシ駆除作業_a0254656_17373259.jpg「安藤農園」の安藤博人さん則子さんご夫妻は、とっても仲良しのまさにおしどり夫婦!
2人仲良く、様々な作業を時には分担し、時には協力し、『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』を育てています。

フレッシュブルーベリー 剪定作業と手作業のカイガラムシ駆除作業_a0254656_17362163.jpgブルーベリーの果樹は、落葉樹です。
収穫を迎えた6月中旬ころには、こんなにも葉っぱも青々としていましたが、秋が過ぎ、冬の訪れのころには、すっかりと色付き、その後落葉していきます。
毎年、この落葉の時期から、ブルーベリーの剪定作業を行います。

フレッシュブルーベリー 剪定作業と手作業のカイガラムシ駆除作業_a0254656_17422343.jpg「則子さん!今日はおしどり夫婦の愛しのダーリンとご一緒じゃないんですか?(笑)」と尋ねると、
「ハハハッ!今日は私一人なのよ。主人は家で缶詰にしてるの!」

フレッシュブルーベリー 剪定作業と手作業のカイガラムシ駆除作業_a0254656_17473844.jpg「缶詰ですか?ブルーベリージャムを作ってるってことですか?」と尋ねると、
「違う違う(笑)!本当に缶詰にして、原稿を書かせてるのよ。熊本日日新聞のネット配信のコラムを引き受けて、野鳥の記事を連載することになってね・・・。」

フレッシュブルーベリー 剪定作業と手作業のカイガラムシ駆除作業_a0254656_17525045.jpg「もうすぐ締め切りだから、お家に缶詰にして、その原稿書きと写真のチェックをしてるのよ。」
安藤さんご夫妻には、それぞれにプロ並みの趣味をお持ちです。
ご主人の博人さんは、野鳥の写真、奥様の則子さんは絵を描かれます。
この絵葉書は、お二人の作品の個展を開いた時の記念葉書です。
「野鳥」に関しての連載記事を頼まれ、その執筆活動をしているので、今日は則子さんお一人で剪定作業をしていたのです。

フレッシュブルーベリー 剪定作業と手作業のカイガラムシ駆除作業_a0254656_17565494.jpg「あれ?則子さん!その右手のものは剪定バサミじゃなくて、もしかして歯ブラシですか?」と尋ねると、
「そうなのよ!歯ブラシでカイガラムシを駆除してるのよ!」

フレッシュブルーベリー 剪定作業と手作業のカイガラムシ駆除作業_a0254656_184670.jpg「ほら!これがカイガラムシ!!この時期に出る害虫なんだけど、私たちは農薬を使わずにブルーベリーを育ててるでしょ、だからカイガラムシの駆除もこうして手作業なのよ!」

フレッシュブルーベリー 剪定作業と手作業のカイガラムシ駆除作業_a0254656_1819314.jpg「剪定バサミで剪定をしながら、こうしてカイガラムシを見つけたらハサミから歯ブラシに持ち替えて落としていくの。ひどい時は、その枝ごと切り落とすけどね。」と則子さん。

フレッシュブルーベリー 剪定作業と手作業のカイガラムシ駆除作業_a0254656_1834280.jpg「切り落としたり、歯ブラシで落としたカイガラムシはもう大丈夫なのですか?」と尋ねると、
「本当はね・・・、私が剪定をして、主人がそれを集めて焼却処分するの。でも今日は缶詰でしょ(笑)。だからその処理は明日以降になるかな。でも、落としてしまえばもう大丈夫よ。」

フレッシュブルーベリー 剪定作業と手作業のカイガラムシ駆除作業_a0254656_18573637.jpg「この時期なら、農薬を使って駆除しても、来年6月以降に実るブルーベリーの果実には全く影響はない!って話もあるんだけど、私たちが、「安全で美味しいものを食べたい!」って始めたブルーベリーだから、手間がかかってもこうして育てていきたいのよねぇ・・・。」
「安藤農園」さんの強いこだわりをお話しいただきました。

フレッシュブルーベリー 剪定作業と手作業のカイガラムシ駆除作業_a0254656_1973179.jpg「さぁ!主人も缶詰で頑張ってる事だし、私も剪定作業をしっかりやっていかなきゃ!古い枝や弱い枝を全て落として、枝が重ならないように配置を考えて剪定するのよ。」

フレッシュブルーベリー 剪定作業と手作業のカイガラムシ駆除作業_a0254656_193361.jpg「丸一日頑張っても、せいぜい5~6本の剪定しかできないの。剪定はやり直しがきかない真剣勝負だから、しっかり考えながらも効率よくやっていかなきゃいけないのよ。でもこの作業で、また来年、美味しいブルーベリーができると思うと、頑張ろう!って思うのよ!!(笑)」
「安藤農園」さんでは、安全・安心にこだわった、無農薬栽培の美味しいブルーベリーを作り続けています。

フレッシュブルーベリー 剪定作業と手作業のカイガラムシ駆除作業_a0254656_19172142.jpg「FLCパートナーズストア」では、「安藤農園」さんの無農薬で育てた『菊池 おしどり夫婦のブルーベリー』を来年もネット独占販売いたします。
平成27年度は、6月上旬の極早生のブルーベリーから販売予定です。
これからも、その育つ様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技など、現地取材にてブルーベリーができるまでをご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2014-12-24 19:22 | 無農薬フレッシュブルーベリー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/20577250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 烏骨鶏のタマゴ 聖なる夜にヒナ... 甘熟イチジク イチジクの落葉2014 >>