人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

デコポン(肥後ポン) デコポンのこれまでの成長と新芽のお話し

FLC日記 2014年8月3日(日) 雨時々くもり
今年も、匠の農家さん「小春農園」さんの、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』が、順調に成長していました。
熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの、『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウスに伺いました。
デコポン(肥後ポン) デコポンのこれまでの成長と新芽のお話し_a0254656_17354332.jpg

デコポン(肥後ポン) デコポンのこれまでの成長と新芽のお話し_a0254656_17371255.jpg豊かな自然に囲まれたこの地で、澄んだ空気と、清らかな水、太陽の恵みをいっぱいに浴びて、「小春農園」さんの『デコポン)肥後ポン)』は栽培されています。
「小春農園」さんのみかん畑の高台からこの写真は撮影しました。

デコポン(肥後ポン) デコポンのこれまでの成長と新芽のお話し_a0254656_17411531.jpg「小春農園」さんは、匠の農家さんです。
様々な“本物”と呼べる食材を育てています。
本日ご紹介する柑橘王こと『デコポン)肥後ポン)』をはじめ、『山あいの甘熟イチジク』、『原木しいたけ』、幻の柑橘『せとか』、『ザ・みかん』、幻の白い『長生たけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、などなどすべて超一級品!
ネット独占販売する「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。

デコポン(肥後ポン) デコポンのこれまでの成長と新芽のお話し_a0254656_17443371.jpgとりわけ、『デコポン』は、1月上旬から6月にかけて販売し、リピート率ダントツナンバー1の弊社の看板商品で、もちろん売り上げ実績も他を圧倒しています。
流通果実としての「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。

デコポン(肥後ポン) デコポンのこれまでの成長と新芽のお話し_a0254656_175423.jpg『デコポン』は、4月下旬から5月上旬にかけて、このような白い花を咲かせます。
とてもさわやかな香りがして、私は大好きなので、この時期何度も伺いました!(笑)

デコポン(肥後ポン) デコポンのこれまでの成長と新芽のお話し_a0254656_1756049.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんです。
「今、今年のデコポンを大好評発売中なのですが、来年のデコポンの花が咲いてるなんてなんだか変な感じです!」と言うと、

デコポン(肥後ポン) デコポンのこれまでの成長と新芽のお話し_a0254656_17571143.jpg「ホントそうね(笑)!今年も、良か花の咲いとるよぉ~!花びらのきれいに反り返っとるでしょうが!こぎゃんならんといかんとたい!!来年も最高の『デコポン』ができるごつ、しっかり育てていくけんね!」と小原さん。

デコポン(肥後ポン) デコポンのこれまでの成長と新芽のお話し_a0254656_1811396.jpg早く咲いた花は、着果がはじまっていました。
『デコポン』は、開花から最初の収穫を迎える1月上旬まで、8か月以上もの長い時を経て成長していきます。
そしてその間には、たくさんの手間ひまと惜しまぬ労力を要するのです。

デコポン(肥後ポン) デコポンのこれまでの成長と新芽のお話し_a0254656_18103193.jpg6月下旬、『デコポン』は、ゴルフボール大にまで成長していました。
「ここまでなれば、確実に止まって(着果して)いますね。果口の枝にタテにシマシマが入っているでしょ?これが着果の証です。」

デコポン(肥後ポン) デコポンのこれまでの成長と新芽のお話し_a0254656_1814597.jpg「小春農園」専務の小原将輝さんです。
「この時期、生理落下と言って、『デコポン』の果樹が自分で判断して、実るには多すぎる果実を自分で落とすんです。」

デコポン(肥後ポン) デコポンのこれまでの成長と新芽のお話し_a0254656_18162936.jpg「その黄色く変色しているのがそれですね!でも、デコポンは頑張り屋さんなので、自分の力以上の果実を実らせようとするので、私たちが判断して、摘果をしてあげるんです。大きく、美味しく育てるために!!」

デコポン(肥後ポン) デコポンのこれまでの成長と新芽のお話し_a0254656_18242779.jpg『デコポン』の摘果作業は、匠の技が必要です。
その果樹の力に合った果実の数にしなければいけません。
前年よりも仮に1割多くても、少なくても、「小春農園」さんの、あの高品質なデコポンはできないのです。

デコポン(肥後ポン) デコポンのこれまでの成長と新芽のお話し_a0254656_18321286.jpg「小春農園」さんでは、『デコポン』を惜しまぬ手間ひまをかけて育てます。
1玉1玉全ての『デコポン』をひもで吊るして育てるのです。
その“玉吊り作業”は、真夏の中の作業です。

デコポン(肥後ポン) デコポンのこれまでの成長と新芽のお話し_a0254656_18355888.jpg『デコポン』は、長い歳月を経て成長していくので、その間に枝が折れたり、他の果実とぶつかってキズが付かないように、守るための“玉吊り作業”です。
果実の成長と共に、枝が倒れてくるので、こうして余裕をもって玉を吊る絶妙な匠の技で吊られていきます。

デコポン(肥後ポン) デコポンのこれまでの成長と新芽のお話し_a0254656_18375522.jpg“玉吊り作業”は、小原さんの奥様、美子さんが中心となって行われます。
「最も暑い時期のこの作業、大変でしょう?」と言うと、
「ホント大変よね!でも、こうして丁寧に吊ることで、良いものができると思うとなんだか楽しいかな!」と笑顔でお答えいただきました。

デコポン(肥後ポン) デコポンのこれまでの成長と新芽のお話し_a0254656_1845342.jpgそして現在、「小春農園」さんの『デコポン』は、テニスボールほどの大きさにまで成長していました。
もちろんまだまだ成長するので、玉吊りしたひももずいぶんと余裕があります。

デコポン(肥後ポン) デコポンのこれまでの成長と新芽のお話し_a0254656_184959.jpg「小原さん!夏芽がしっかり出てきてますね!元気な証拠ですね!!」と言うと、
「おぉ!笠さんもだいぶわかってきたねぇ!!そうそう!!こうしてこの時期にしっかりと夏芽が芽吹くくらいの樹勢がなかといかんとたい!」

デコポン(肥後ポン) デコポンのこれまでの成長と新芽のお話し_a0254656_18595376.jpg「今年も、順調に育ちよるってことたいねぇ!まだまだ先は長かばってん、しっかりと最高の『デコポン』ば育て上げるけんね!」
小原さんが、順調に育つ『デコポン』を見つめながらそうお話しいただきました。

デコポン(肥後ポン) デコポンのこれまでの成長と新芽のお話し_a0254656_197971.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの“柑橘王”ことデコポン(肥後ポン)をネット独占販売いたします。
まずは、1月上旬より、熊本限定栽培品種の、樹上完熟デコポン『ひのゆたか』です。
続いて、蔵出し完熟デコポン『不知火』と切れることなく1月上旬から6月中旬までの販売です。
これからも、その成長の様子、匠の技などを取材しご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ




by flcps | 2014-08-03 19:12 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/20060991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 烏骨鶏のヒナ 母鳥に守られ、元... 太秋柿 古川果樹園 果実の成長... >>