ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

肥後グリーン 再入荷決定!!この時期ならではの“匠の技”!本日より予約受付スタートしました!!

FLC日記 2014年8月1日(金) 雨
「笠さん!いきましょう!!納得できる『肥後グリーン』ができそうです!待望のお盆の時期の『肥後グリーン』と『アールスメロン』販売スタートOKです!!」
本日、「おかやま農園」の岡山祐大さんから、再入荷、販売スタートの“GO!サイン”を頂きました!!
a0254656_18113869.jpg
本日より、「FLCパートナーズストア」では、熊本限定栽培品種の高級メロン『肥後グリーン』と、高級マスクメロン『アールスメロン』の予約受付をスタートしました!!

ただし、
発送日は2回のみです!!
8月8日(金)→8月6日(水)17:00締切 ※30箱限定!!
8月12日(火)→8月10日(日)17:00締切 ※30箱限定!!
数量限定!完全予約制での販売です!!

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はこちら! ↓
「FLCパートナーズストア 熊本メロン『肥後グリーン』」


a0254656_18182163.jpg「FLCパートナーズストア」では、「おかやま農園」さんの熊本限定栽培品種の高級メロン『肥後グリーン』(写真)と、高級マスクメロン『アールスメロン』をネット独占販売しています。
通常、『肥後グリーン』は6月上旬から7月下旬にかけて、『アールスメロン』は、12月の販売でした。
いずれも大変人気が高く、「お盆の時期に食べたい!!」と言うお客様の声にお応えして、「おかやま農園」さんにこの時期に合わせ栽培して頂きました。

a0254656_1834496.jpg暑いこの時期は、果実の成長が早いため、糖度を上げるのが難しいとされていますが、メロンの匠「おかやま農園」さんの“匠の技”によって、至高のメロンが育て上げられます。

a0254656_18382196.jpgこれは、5月末の写真です。
今回収穫を迎える『肥後グリーン』を定植(苗床からハウスに植え替えること)間もないころの写真です。
「今回、8月のお盆に向けて収穫できるように栽培してみようと思います。ただし、販売はギリギリまで待ってください。私たちも本当に納得できるものができた時にだけ出荷したいので!!」
祐大さんがお話しいただきました。

a0254656_18434061.jpg同日の写真です。
3月中旬に定植して、1週間後に収穫を迎える『肥後グリーン』を手に、文句なしの出来栄えに満足の笑みがこぼれます。
この時期は、「ハイブリッド栽培」と名付けた、“地這え”+“玉吊り”で、育てます。

詳しく知りたい方は、ご知らをご覧ください!
FLC日記 2014年4月19日
「肥後グリーン ハイブリッド栽培と果実を実らせる場所のお話し 」


a0254656_1941476.jpg作物を育てるには、時期が最も重要です。
温度と日照時間に合わせて本来育てるのです。
これは、7月下旬に収穫を迎える『肥後グリーン』で、5月末のこの時期には果実ができ始めています。
これより遅く定植しても、気温が高く、日照時間が長いため、果実の成長スピードが速すぎて糖度が上がらないのです。

a0254656_19103015.jpg「祐大さん!あえて寒い時期に育てる時には、ハウスだったり、極端な話ボイラーを炊いて温度を上げればいいでしょうが、これからの暑い時期の温度や日照時間の調整はどうするんですか?」と尋ねると、

a0254656_19223735.jpg「そうなんですよ!エアコンを入れて冷やすわけにもいかないですしね!これは、”天葉”と言って、芯(成長点)を止めた後の、一番光を浴びる大事な葉っぱです。芯を止めることで、脇芽が伸びるんですが、その脇芽を”遊びつる”としてコントロールしようともってるんですよ。とりわけ、日照時間が問題ですね!!でも、きちんと考えがあって、今回お盆の時期に出荷できるように育てようと思ってるんですよ!!」

a0254656_19311452.jpgその、“匠の技”を、間もなく収穫を迎える、現在のハウスで見ることができました。
8月8日に収穫を迎える『肥後グリーン』の栽培ハウスの現在の様子です。
「まるで、ジャングルのようですね?」と言うと、
「ホントそうですよね!でも、これが以前お話した“遊びつる”です。こう見えて、1本1本の株を見極めながらきちんとコントロールしてるんです。」と祐大さん。

a0254656_19345218.jpg「うちでは、以前もお話ししたように、1本の株に1玉だけしか実らせません。果樹の樹勢を見極めて、果実の成長が早すぎるようなら、“遊びつる”をどんどん伸ばして、「栄養成長」させるんです。」

a0254656_1938431.jpg「逆に果実の成長が遅いようなら、“遊びつる”を切って、「生殖成長」、つまり果実の成長を促すんです。手をかけて無いように見えますが、毎日チェックして実は徹底管理してるんですよ!(笑)」
これぞ!匠の技!!1本1本の株に対して“遊びつる”でコントロールしながら、果実の成長を一定に保っているんです。

a0254656_19414165.jpg「笠さん!ちょっとこれを見て下さい!ハウスのビニールがくもっているでしょ?一番厄介な日照時間の問題を解消するために、ビニールに石灰をかけてあえて透明度を落としてるんです。」

a0254656_19474256.jpg「これらは、他の農家さんのハウスですが、手前はもうこの時期『肥後グリーン』を栽培するのをやめてるし、むこうは寒冷紗(黒い幕)を張ってますね!寒冷紗で光を遮ると、どうしても糖度がのらないので、私たちは石灰をかけて光を調節する方法をとったんです。」

a0254656_19504100.jpg「そんな“匠の技”私に話して良いんですか?ブログに書いちゃいますよ!!」と言うと、
「ハハハッ!全く問題ないですよ!石灰のことはマネできても、1本1本の株を“遊びつる”でコントロールすることは、そう簡単にはできませんからね!それに、さらにもう1工夫して、甘くなるように育ててるんです。それは、ある食材を薄めて、葉面散布と言って、葉っぱに直接かけてあげることなんです。」

a0254656_19563491.jpg「さすがに、何をかけたかは言えませんが、もちろんそのまま口にしても大丈夫な食材です。笠さんにはこっそりお教えしますが、内緒にしててくださいね!(笑)」

a0254656_1959130.jpg「これがそれをかけた後ですか?」と尋ねると、
「それは、“絵描き虫”と言うある種の害虫の後ですね!うちでは安全な食品をつくるため、最小限の農薬で育ててます。それくらいなら果実の成長には全く問題ないですね!」

a0254656_2023930.jpg「おかやま農園」さんでは、冬には『チンゲン菜』を育てています。
無農薬・無化学肥料にこだわり、害虫や病気が発生しにくいような時期に定植して、年明けの1月に収穫します。
本来なら、農薬を使ってでも、価格の高い年末に出荷する方がいいのですが、仮に価格は安くとも、無農薬・無化学肥料へのこだわりです。
今回の8月中旬出荷の『肥後グリーン』、『アールスメロン』も、美味しいはもとより、なにより安全な食品作りへの取り組みが徹底しています。

a0254656_2085629.jpg「FLCパートナーズストア」では、「おかやま農園」さんの熊本限定栽培品種の高級メロン『肥後グリーン』と、高級マスクメロン『アールスメロン』をネット独占販売しています。
そして、今年、お客様の「お盆の時期にあのメロンが食べたい!!」と多くのお声にこたえて、8月中旬に食べごろを迎えるよう、育てて頂きました。

a0254656_20134983.jpgシャキシャキの食感でありながら、驚異の糖度17度を誇る『肥後グリーン』。
最もマスクメロンらしい、トロトロのとろける食感の『アールスメロン』。
いずれも、期間限定、数量限定、完全予約販売の商品です。
売り切れ必至です!!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
とにかく、お急ぎください!!
早い者勝ちですよ!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2014-08-01 20:17 | 熊本メロン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/20055282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 太秋柿 古川果樹園 果実の成長... 熊本梨 本藤果樹園 こだわりの... >>