人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

砂田米 田植え取材 その1(れんげ苗床と元気な苗)

FLC日記 2014年6月22日(日) 雨のちくもり
『砂田米』と言うお米をご存知ですか?
熊本県菊池市七城町にある、砂田と言う地区で育つ特別なお米です。
江戸時代から、美味いお米の代名詞と言われた熊本県七城町砂田のお米、『砂田米』!“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。
砂田米 田植え取材 その1(れんげ苗床と元気な苗)_a0254656_17345112.jpg

砂田米 田植え取材 その1(れんげ苗床と元気な苗)_a0254656_1739379.jpgその砂田地区に田んぼを持つ、「砂田米」生産農家の野中逸雄さんは、収穫(稲刈り)を終えた田んぼに、れんげの種を蒔き、花が咲き終わったれんげを、そのまま田んぼに鋤き込み有機肥料として、『砂田のこだわりれんげ米』を育てています。
これは、4月下旬の田んぼの様子です。
野中さんの田んぼには、れんげの花が満開に咲き誇っていました。

砂田米 田植え取材 その1(れんげ苗床と元気な苗)_a0254656_17564823.jpg昨日(6月21日(土))、『砂田もこだわりれんげ米』の田植えが行われました。
本日は、稲刈り後、田植えまでの、野中さんが持つ数ヵ所の田んぼや苗床の様子をご紹介いたします。

砂田米 田植え取材 その1(れんげ苗床と元気な苗)_a0254656_1841310.jpg12月下旬、野中さんの田んぼは耕運後、きれいに整地され、れんげの種を蒔いてありました。
ここには、稲刈り時に小さく切ってまいた稲の茎や葉があり、田んぼの有機肥料としています。

砂田米 田植え取材 その1(れんげ苗床と元気な苗)_a0254656_188391.jpgこれは稲刈り時の様子です。
コンバイン(稲刈り機)で、お米となる籾を収穫すると同時に、稲の葉や茎(稲ワラ)は細かく切りながらそのまま田んぼにまいていきます。
それらは、時間と共に田んぼの大事な有機肥料とするのです。

砂田米 田植え取材 その1(れんげ苗床と元気な苗)_a0254656_18124653.jpg年が明け、1月中旬には、れんげが芽吹いてきました。
このまま、れんげの成長を待ち、約3か月後には、野中さんの田んぼは毎年れんげの花がいっぱいです!!

砂田米 田植え取材 その1(れんげ苗床と元気な苗)_a0254656_18262016.jpgこれは、4月中旬の野中さんの苗床にする田んぼの様子です。
苗床とは、稲の苗を発芽から田植え前まで育てる場所のことです。
もちろん、苗床として使用した後はお米を育てますので、この苗床用の田んぼにもれんげが植えてありました。

砂田米 田植え取材 その1(れんげ苗床と元気な苗)_a0254656_1831168.jpgれんげは、「緑肥」とするために、冬の間に種を蒔いて育てます。
花が咲き終わる頃、花も葉も茎も根も全て田んぼに鋤き込んで、そのまま有機肥料とするためのものです。

砂田米 田植え取材 その1(れんげ苗床と元気な苗)_a0254656_18361399.jpg5月上旬には、トラクターで耕しながら、れんげを鋤き込んでいきます。
ちなみに、他の農家さんの左の田んぼはれんげを蒔いたりはしません。
また、右の田んぼは、牛のエサとなる飼料用の牧草をこの時期育ててありました。

砂田米 田植え取材 その1(れんげ苗床と元気な苗)_a0254656_18391314.jpg「この砂田地区でも、様々な農家さんが自分のやり方でお米ば育てよるたいね!れんげの種を蒔くには、コスト(費用)もかかるし、手間もかかるたい。だけん、みんながみんなはせんとたいね!」

砂田米 田植え取材 その1(れんげ苗床と元気な苗)_a0254656_18444718.jpg「ばってん、俺はやっぱり“うまか米”ば食べたかけん、コストのかかっても手間のかかっても、毎年れんげば蒔いて、こうして鋤き込んで、お米作りの命ともいえる田んぼの土ば育てよるとたい。「稲ワラ」と「れんげ」以外には何も使わんで美味い米ば作りよるとたい!」

砂田米 田植え取材 その1(れんげ苗床と元気な苗)_a0254656_18575096.jpg5月中旬には、稲ワラとれんげの有機肥料で作り上げた土の苗床に、お米の種(籾)を蒔いたトレーが並べられ、今年も本格的なお米作りがはじまりました。
野中さんは、作業率を上げるため、トレーを並べた後に水を入れます。

砂田米 田植え取材 その1(れんげ苗床と元気な苗)_a0254656_1851218.jpg白いシートは、保温と野鳥から籾を守るためです。
発芽後、このシートを押し上げるほどにまで苗が成長するまでは白いシートはかけたままです。

砂田米 田植え取材 その1(れんげ苗床と元気な苗)_a0254656_1911986.jpg約1ヶ月ほど苗床で育てられた苗は、田植え前にはこんなにも青々と元気に成長しました。
「稲ワラ」と「れんげ」の有機肥料の甲斐あって、今年も、まぶしいくらいの青さで、イキイキとした本当に良い苗です。
さぁ、いよいよ田植えですが、少々長くなりましたので、この続きはまた後日・・・。

砂田米 田植え取材 その1(れんげ苗床と元気な苗)_a0254656_19145485.jpg「FLCパートナーズストア」では、野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売しています。
野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』は、基本、自分や家族、親せきや友人のためにお米を育てているので、一般流通はほとんどなく、大変貴重なお米です。
当然、昨年の『砂田のこだわりれんげ米』はすでに完売いたしました。
今年も、その貴重なお米を数量限定の完全予約制で販売いたします。
ご予約の受け付けや、『砂田のこだわりれんげ米』の成長の様子など、これからもこのブログや「FLCパートナーズストア」のホームページでご紹介いたしますので、お見逃しなく!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2014-06-22 19:24 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/19925916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 砂田米 田植え取材 その2(ご... 甘熟イチジク 大切に、じっくり... >>