人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘りの様子 その2

FLC日記 2014年5月19日(月) 晴れ
「しっかり手ばかけて、完全無農薬・無化学肥料で育て上げた、有機栽培の『水田ごぼう』たいね!こぎゃんして、良かごぼうの採れると、やっぱ収穫も楽しかなぁ!」
こだわりの有機栽培で『水田ごぼう』を育てる、「牛島農園」代表の牛島武文さんが、そう言いながら、笑顔でごぼうを収穫しています。
有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘りの様子 その2_a0254656_17422866.jpg
本日は、昨日に続き、「牛島農園」さんの『水田ごぼう』のごぼう掘り(収穫)の様子を、ご紹介いたします。

有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘りの様子 その2_a0254656_17502799.jpgここは、熊本県菊池市にある、「牛島農園」さんの有機栽培の『水田ごぼう』の栽培場です。
菊池市は、『水田ごぼう』発祥の地で、現在も生産量が日本一の名産地です!

有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘りの様子 その2_a0254656_18105178.jpg『水田ごぼう』とは、通常畑で育てられるごぼうを、その名の通り、水田(田んぼ)で育てられるごぼうです。
収穫後に、栽培地一面に水をははることにより、土壌中の病害虫を死滅させるため、農薬などを使わずに育てることができます。
また、水田で育てることにより、白くて香り高い、まっすぐなごぼうになるのです。
さらには、『水田ごぼう』の大きな特徴は、そのやわらかさです。
生でも皮がついたままでも食べられるほどの食べやすさ(やわらかさ)が大人気です!!

有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘りの様子 その2_a0254656_18203010.jpg「牛島農園」さんでは、本日紹介する『水田ごぼう』の他に、減農薬で育てた『完熟紅ほっぺ』や、『有機栽培キャベツ』なども生産しています。
「イチゴは“減農薬”、キャベツやゴボウは“有機栽培”と、きちんとわかるようにお客様に伝えにゃんばい!!」
牛島さんは、いつもそうお話しされます。

有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘りの様子 その2_a0254656_1832344.jpg『水田ごぼう』と『キャベツ』は、完全無農薬・無化学肥料で育てた有機栽培の食材です。
いずれも、「有機JASマーク」を取得して出荷しています。
イチゴは、次の世代を育てる夏の時期に、どうしても最小限の農薬を使わねばならず、あくまでも“減農薬栽培”なので、その違いを分かるようにしてほしい!と、安全・安心にこだわりぬいているのです。

有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘りの様子 その2_a0254656_18363577.jpgさて、今日の主役『水田ごぼう』に話を戻すことにします。
ごぼうの茎や葉の部分は、切り落としてありました。
この下にごぼうが育っているのです。
収穫は、ごぼう掘り専用の機械で行われます。
では、ごぼうの葉や茎はどこに行ったのでしょう?
牛島さんに尋ねてみました。

有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘りの様子 その2_a0254656_18412360.jpg「その様子も見せると良かったねぇ~!ごぼう掘りの前に、葉と茎はこれまた専用の機械で、切りながら全部粉砕して土に返すとたいね!それが、ほらこれたい!!」

有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘りの様子 その2_a0254656_18435133.jpg「この土の中の養分を使ってごぼうは育つとたいね!でも、収穫するのは根っこの部分だけでしょうが!だけん、葉っぱや茎はこうして細かくして、また土に返して、そのまま有機肥料にするとたい。」

有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘りの様子 その2_a0254656_18471527.jpg「もちろん、ごぼうは収穫するわけだけん、そうすると土から栄養ば奪うことになるでしょ?その分はこの後にしっかりと堆肥(有機肥料)を与えて、また元通りの元気な土を育て上げるとたいね!」

有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘りの様子 その2_a0254656_18532398.jpg「なるほど!牛島さん!それにしても、ホント真っ直ぐなごぼうばかりですが、これも何か秘密があるんですか?」と尋ねると、
「そうね!やっぱりこれも『水田ごぼう』の特徴でもあるたいね!畑と違い石も少ないし、何より深くまでしっかりと耕して育てるとたい。それで、こうも真っ直ぐなごぼうが育つってわけたいね!もちろん、途中から2又に分かれたごぼうもそのうちあると思うよ!」と牛島さん。

有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘りの様子 その2_a0254656_185811.jpg牛島さんの息子さんの修さんにも話をうかがいました。
「曲がってたり、2つに分かれたりしているごぼうはどこに行けば見れますか?」そう尋ねると、
「ハハハッ!笠さんはおもしろかことば聞きますね!普通、こうして取材に来たら良かとこばかりにフォーカスするもんばってん、あえて曲がったごぼうを見たいんですか?確か・・・、向こうの方に1つだけあったと思いますよ!」

有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘りの様子 その2_a0254656_1951664.jpg行ってみると、確かにありました!
でも、これだけのごぼうを収穫していて、やっと見つけた1本です!
このごぼうは、2又どころか5つに分かれていますね!

有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘りの様子 その2_a0254656_19165083.jpg「探しよったごぼうはあったね?」と牛島さん。
「ありました!バッチリ写真撮りましたよ。このこともブログに載せても良いですか?」と尋ねると、
「もちろん良かばい!作物を育てるってことは、こういうことたいね!まず天候に左右されるし、環境に左右されるとたい。そのごぼうはちょうど育つところに石があったとかもしれんね!味は全く問題なかとばってん、商品にはできんよね!だけん、自家消費のごぼうになるたいね!(笑)」

有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘りの様子 その2_a0254656_19265828.jpg「今日は中尾さんに手伝いに来てもらっとるばってん、基本俺と息子の修とで、まさに額に汗して大切に育ててきたたいね!ばってん、ちょっとした環境で、商品にできんともでるとたい。」

有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘りの様子 その2_a0254656_19473054.jpg「だけん、そこがホント難しかとこでもあり、ホントおもしろかとこでもあるとたい。工場製品ではない、生きたものを育てるからこそ、しっかり安全で美味しいものを食べてほしいと思うわけたいね!」
牛島さんの、作物を育てる強い思いをお話しいただきました。

有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘りの様子 その2_a0254656_19375831.jpg「笠さんは、写真撮って話ば聞いて、それからどぎゃんすると?」中尾さんが私に話しかけてきました。
「牛島さんの『水田ごぼう』をネットで販売させて頂こうと思っているんですよ!この様子はブログで紹介するんですよ。」と答えると、

有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘りの様子 その2_a0254656_194039100.jpg「そうね!そらぁ良かこつばい!!どんどん紹介していっぱい売りなっせ!とにかく安全面は申しぶんなかわけだし、何よりこのごぼうはうまかとたい!とてもやわらかくて香りのよくてね!1回食べてもらったら絶対わかるけん、そらぁきっと、たいぎゃ(とても)売れるばい!!」と、慢心の笑みでお話しいただきました。

有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘りの様子 その2_a0254656_19514741.jpg「FLCパートナーズストア」では、「牛島農園」さんの、完全無農薬・完全無化学肥料の有機栽培で育てた『水田ごぼう』の販売に向け、全力準備中です!!
惜しまぬ手間ひまと、安全・安心にこだわりぬき、美味しさを追求した究極のごぼうです!!

有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘りの様子 その2_a0254656_19545740.jpgあえて、土つきのままで販売いたします。
香りも味も土つきでお届けするのが、断然良いからです!!
袋入りの300gと、箱詰めの5kgの『水田ごぼう』を販売予定です。
日本一の『水田ごぼう』の生産地熊本県菊池市で、こだわりの有機栽培で育てられた“本物”の逸品です。
ぜひ多くの方にご賞味いただきたいと思います!
準備ができ次第、「FLCパートナーズストア」のホームページにアップいたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2014-05-19 20:05 | 有機栽培の水田ごぼう | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/19812454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊本スイカ『黒小玉(ひとりじめ... 有機栽培の水田ごぼう ごぼう掘... >>