人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

肥後グリーン ハイブリッド栽培と果実を実らせる場所のお話し

FLC日記 2014年4月19日(土) 晴れのちくもり
「ちょうど今の成長点位に咲く花に着果させます。下に8枚、上にも8枚の葉っぱになるように実らせるのがベストです!!1株からたった1玉のメロンしか作らないので、1本1本が真剣勝負です!!」
「岡山農園」の岡山祐大さんが、元気に成長中の熊本産高級メロン『肥後グリーン』の苗を見てお話しいただきました。
肥後グリーン ハイブリッド栽培と果実を実らせる場所のお話し_a0254656_17594356.jpg
熊本産高級メロン『肥後グリーン』は、シャキシャキした食感にも関わらず、糖度が17度を超える甘さで、人気急上昇中のマスクメロンです。

肥後グリーン ハイブリッド栽培と果実を実らせる場所のお話し_a0254656_1835217.jpg熊本県山鹿市鹿央町の「岡山農園」さんの熊本産高級メロン『肥後グリーン』の栽培ハウスに伺いました。
「岡山農園」さんは、高級メロン『肥後グリーン』、熊本スイカ『黒小玉ひとりじめbonbon』や、『熊本産有機栽培チンゲン菜』、マスクメロン『アールスメロン』などを生産する匠の農家さんです。
この『肥後グリーン』の苗たちは、3月中旬に定植し、5月下旬に出荷を迎えます。

肥後グリーン ハイブリッド栽培と果実を実らせる場所のお話し_a0254656_18151366.jpg「岡山農園」の岡山祐大さんです。
「この時期は、樹勢が強いので、あえて2本に仕立てて、1玉を実らせます。今ちょうど、下の葉が8枚ですね!この成長点位に咲いた花に着果させて、『肥後グリーン』を実らせるんですよ。最初に定植したこのハウスだけは、まだ寒さが残っているので、地温を活かした“地這え”で育てて、果実はもちろん1玉づつ宙に浮かせて育てます。」

肥後グリーン ハイブリッド栽培と果実を実らせる場所のお話し_a0254656_1822967.jpg「このあたりに、支柱を立てて番線(針金)を伸ばして、そこからひもで吊って果実を育てるんです。そのために、伸びたつるをいったん手前に引く“つる引き”作業をしていたわけですね!」

肥後グリーン ハイブリッド栽培と果実を実らせる場所のお話し_a0254656_18224914.jpg「5月下旬には、このあたりに、『肥後グリーン』がずらっと並んでいますよ!まだまだこれからしっかりと手をかけて育てますが、今のところかなり順調です!」

肥後グリーン ハイブリッド栽培と果実を実らせる場所のお話し_a0254656_18304986.jpgこちらは、昨年5月中旬の『肥後グリーン』の様子です。
“地這え”で元気に育った苗から、至高の1玉を育て上げるために、宙に吊るして『肥後グリーン』を育てています。

肥後グリーン ハイブリッド栽培と果実を実らせる場所のお話し_a0254656_18342839.jpgちなみにこちらも、昨年5月中旬の写真ですが、6月の出荷の2番目に収穫する苗からは、こうして苗をひもにまきつけながら、上に伸ばして育てるんです。

肥後グリーン ハイブリッド栽培と果実を実らせる場所のお話し_a0254656_18371078.jpgですから、収穫前にはこのように、まるでジャングルのような中に、『肥後グリーン』が育つんです。
どちらも、下に8枚の葉っぱ、上にも8枚の葉っぱになるよう、惜しまぬ手間ひまで育て上げます。
このころになると、気温も上がり、ひもを使ってまきつけながら上に育てるのですが、最初の『肥後グリーン』は、地熱を活かす“地這え”でなければ、元気に育たたないのです。

肥後グリーン ハイブリッド栽培と果実を実らせる場所のお話し_a0254656_1842521.jpg「たとえば、スイカやカボチャなど、“地這え”で育てる作物は、そのまま果実を地面で実らせます。でも、『肥後グリーン』は、そこでひと手間かけて、果実を宙に吊るし、浮かせて実らせるんです。本当に美味しいと思っていただける1玉を育てるために、手間ひまは惜しみません。この時期ならではの、地熱を活かした“地這え”と、果実を大切に育てる、“ひも吊り”の良いとこどりをした、“ハイブリッド栽培”ってとこでしょうかね!(笑)」

肥後グリーン ハイブリッド栽培と果実を実らせる場所のお話し_a0254656_18501759.jpg「今はどんな作業をしているのですか?」と尋ねると、
「昨日、伸びたつるを手前に引く“つる引き”と、“芽カギ”“摘果”作業をしたんですよ!とにかく今は、不要な脇芽や花、つるなどを伸ばさないように、1にも2にも“芽カギ”が大事ですね。」

肥後グリーン ハイブリッド栽培と果実を実らせる場所のお話し_a0254656_18553114.jpg「摘み取った不要な芽が通路に落ちてるでしょ?笠さんが取材に来られるのなら、きれいに片づけとけばよかったのですね!」
「私が来るからって、いえいえそれはやめて下さい!その作業の手間ひまをきちんと取材したいので、そのままが良いんです!!」

肥後グリーン ハイブリッド栽培と果実を実らせる場所のお話し_a0254656_18583772.jpg「そういえば、先日、昨年岡山さんの『肥後グリーン』を購入頂いたお客様から、「まだホームページでは予約できないみたいですが、電話で予約ができますか?」って、お電話いただきましたよ!」と言うと、
「ホントですか?嬉しいですね!!」と身を乗り出してのこの笑顔です!!

肥後グリーン ハイブリッド栽培と果実を実らせる場所のお話し_a0254656_193325.jpg「そのお客様がおっしゃるには、2つ入りなので、1つは「食べごろ」とされている時期に、シャキシャキの食感の甘さを頂き、もう1つは「食べごろ」からさらに1週間ほど待って、スプーンで食べるほどのトロトロの食感で食べるのだそうです。」
「笠さん、そのお客様はかなりの“通”ですよ!『肥後グリーン』は、ある意味メロンらしからぬシャキッとした食感でいて、しっかり甘いのが特徴なんです。もちろん1週間ほど待って、メロンのおへそを押してへこむくらいになれば、トロトロの食感で味わえます!今年も、ご期待に添える『肥後グリーン』を育てなきゃですね!!!」と岡山さん。

肥後グリーン ハイブリッド栽培と果実を実らせる場所のお話し_a0254656_1994370.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』を、ネット独占販売いたします。
5月下旬より発送予定です。

肥後グリーン ハイブリッド栽培と果実を実らせる場所のお話し_a0254656_19131461.jpgもちろん今年も、「岡山農園」さんが育てた黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』とのセットも販売いたします。
メロンとスイカのいずれの美味しさも楽しめる、大人気商品です。
「岡山農園」さんにお願いして、選び抜かれた“極選”の『肥後グリーン』、『ひとりじめbonbon』をお届けします。
これからも、成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技などなど、現地取材でご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2014-04-19 19:22 | 熊本メロン(肥後グリーン) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/19696854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊本の最旬「美味かもん」をご紹... 熊本梨 本藤果樹園 匠の摘果作業 >>