人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本ぶどう 社方園 芽キズ作業を終えたら、いよいよぶどうの果樹を目覚ませます

FLC日記 2014年2月16日(日) 曇り時々晴れ
「この時期、ぶどうの果樹たちはゆっくり眠っています。これから、枝に“芽キズ”を入れる作業をして、それからスプリンクラーでしっかり水を与えて、果樹たちの目覚めです!いよいよ、1日も休めない日々が続きますね!(笑)」
熊本ぶどう 社方園 芽キズ作業を終えたら、いよいよぶどうの果樹を目覚ませます_a0254656_16274486.jpg
ここは、熊本県山鹿市久原の「社方園(しゃかたえん)」さんの『熊本ぶどう』の栽培ハウスです。
「社方園」園主の社方武路さんが、いよいよ眠りから目を覚ますぶどうの果樹を前にお話しされました。

熊本ぶどう 社方園 芽キズ作業を終えたら、いよいよぶどうの果樹を目覚ませます_a0254656_16413813.jpg「社方園」さんは、『熊本産高級種なしぶどう』を作る、匠の農家さんです!
美しいぶどうでしょ?まるで宝石箱のようですよね!!
口に入れると芳醇な香りと共に、甘くて濃い味の果汁の波が押し寄せてくる!そんな最高級のぶどうです。

熊本ぶどう 社方園 芽キズ作業を終えたら、いよいよぶどうの果樹を目覚ませます_a0254656_1650013.jpg「社方さん!それにしてもここの土、ホントふかふかですね!」と言うと、
「そうでしょ!有機肥料の堆肥とミネラルもしっかり与えて、収穫を終えた後からずっと作り上げてきた土です。これがないと絶対に美味しいぶどうはできないんです。」

熊本ぶどう 社方園 芽キズ作業を終えたら、いよいよぶどうの果樹を目覚ませます_a0254656_16554364.jpg私が取材に伺った日は、熊本農業高校から農業実習に来ていました。
「社方園」初代園主の社方義武さんが、ハウスのビニール張り作業を一緒にしながら指導しています。
手前が松田くんで、奥が片岡くんです。
2人は、とても積極的に頑張っていました。好感のもてる好青年でした。
その様子は、先日のブログで紹介しています。
興味のある方は、下記アドレスにアクセスしてみてください。
熊本ぶどう 社方園 ハウス張りと熊本農業高校からの農業実習(2014)

熊本ぶどう 社方園 芽キズ作業を終えたら、いよいよぶどうの果樹を目覚ませます_a0254656_1742442.jpg「ハウス張りが終わったら、いよいよスプリンクラーで水をあげて、果樹を目覚めさせるんですね?」とたずねると、
「そうですね!でもその前に、“芽キズ”をつける地道な作業があるんですよ!」とのこと!

熊本ぶどう 社方園 芽キズ作業を終えたら、いよいよぶどうの果樹を目覚ませます_a0254656_17101132.jpg「加工したハサミを使って、枝に傷を入れていきます。お見せしましょうか?」と社方さんは、1本のハサミを見せて頂きました。
このハサミは、社方武路さんのお父さんの、初代園主の義武さんが考案し加工したものだそうです。
ハサミの刃の片方を丸く切れなく加工しています。

熊本ぶどう 社方園 芽キズ作業を終えたら、いよいよぶどうの果樹を目覚ませます_a0254656_17141958.jpg「こうして、全ての枝の剪定した芽のすぐ上にはさみを入れていきます。キズはほんのわずかで良いんです。すごく地道な手作業ですが、これをすることで、芽吹きが良くなるんです。」
熊本ぶどう 社方園 芽キズ作業を終えたら、いよいよぶどうの果樹を目覚ませます_a0254656_17174052.jpg
「こうして、キズを入れます。枝の反対側を傷つけないためには、このハサミが不可欠ですね!芽を飛ばさないためにも、全てのハウスの全部の果樹の1本1本の枝、1つ1つの芽の真上にこうして傷を入れていくんです。」
社方さんは、そうサラリとお話しいただきましたが、これはとんでもない時間と労力を要する手作業です。

熊本ぶどう 社方園 芽キズ作業を終えたら、いよいよぶどうの果樹を目覚ませます_a0254656_17225264.jpgわかりますか?
ほんの小さなキズを付けました。
「笠さん!最初に収穫予定のハウスは、芽キズ作業が終わっているので、どんな感じか見に行きましょうか?」と社方さんに行っていただき、ハウスを移動しました。

熊本ぶどう 社方園 芽キズ作業を終えたら、いよいよぶどうの果樹を目覚ませます_a0254656_17293855.jpg車で移動してきました。
ここは、「社方園」さんが、最初に収穫をするぶどうのハウスです。
「社方園」さんでは、毎年7月7日にその年のぶどうを決まって初出荷します!!

熊本ぶどう 社方園 芽キズ作業を終えたら、いよいよぶどうの果樹を目覚ませます_a0254656_173244100.jpgすでに、内側のビニールも張り終わっていました。
ボイラーを焚き、徹底した温度調節を行い、7月7日に向け逆算してぶどうを栽培しているのです。
歩くとすぐにわかります。このハウスの土も、ホントふかふかです。

熊本ぶどう 社方園 芽キズ作業を終えたら、いよいよぶどうの果樹を目覚ませます_a0254656_17384960.jpg「笠さん!ほらありましたよ!もう水が上がってきていますね!」
「うわぁ!!それでは、この果樹はもう目覚めたってことですか?」と尋ねると、

熊本ぶどう 社方園 芽キズ作業を終えたら、いよいよぶどうの果樹を目覚ませます_a0254656_17414823.jpg「う~ん。そうではないですね!まだ、水をきちんと与えたわけではないので、目が覚めた!と言うわけではないのですが、水を与えずともしっかりと水が上がってきているので、元気な果樹だということは良くわかりますね!」真剣な眼差しで、果樹を見つめながらそうお答えいただきました。
しっかりと土を作り、きちんとハウスを張り、地道な芽キズ作業をして、今年もいよいよぶどうの果樹の目覚めです!

熊本ぶどう 社方園 芽キズ作業を終えたら、いよいよぶどうの果樹を目覚ませます_a0254656_17522074.jpgこれは、昨年5月末の袋かけ作業の前に撮った写真です。
これから、袋をかけ果実はもう一回り大きくなり、しっかり色づいて収穫を迎えますが、この1房を育てるためには、これから5回も6回も手をかけてあげねばなりません。

熊本ぶどう 社方園 芽キズ作業を終えたら、いよいよぶどうの果樹を目覚ませます_a0254656_180548.jpg社方さんは、今回の取材の最後にこうお話しいただきました。
「美味しいぶどうを育てるにには、やはりきちんと手をかけてあげることです!ただし、適正な時期に、的確な方法で手をかけねばダメです!美味しいぶどうが育つステージはきちんと準備ができました。これからがいよいよ本番ですね!!」

熊本ぶどう 社方園 芽キズ作業を終えたら、いよいよぶどうの果樹を目覚ませます_a0254656_1851769.jpg「FLCパートナーズストア」では、「社方園」さんの『高級種なしぶどう』を、今年もネット独占販売いたします。
これからも、「社方園」さんの匠の技、惜しまぬ手間ひま、果樹の変化の様子など、“本物”と呼べる『高級種なしぶどう』ができるまでを取材しご紹介いたします。
昨年ご購入いただいたお客様からは、すでに今年のご予約を頂戴しているほどの、大人気のぶどうです。
7月7日が待ち遠しいですね!
今年も、社方園」さんの『熊本産高級種なしぶどう』にご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2014-02-16 18:09 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/19472367
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< デコポン(肥後ポン) 樹上完熟... 大雪から一夜明け、陸の孤島を楽... >>