人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本ぶどう 社方園 ハウス張りと熊本農業高校からの農業実習(2014)

FLC日記 2014年2月13日(木) 雪(積雪10cm以上)
「今日はハウス張りばしよるとたい。こぎゃんしてしっかり準備ば整えてから、本格的なブドウの栽培になるとたいね!毎年、秋の終わりにハウスのビニールばとって、春の訪れの前に、ピシャッとビニールば張る!この繰り返しもブドウ作りに大切な作業の1つたいね!!」
「社方園」の社方義武さんが、そう話しながら、手際よくハウスのサイドのビニールを張り替えるために撤収しています。
熊本ぶどう 社方園 ハウス張りと熊本農業高校からの農業実習(2014)_a0254656_17551972.jpg
熊本県山鹿市久原の「社方園(しゃかたえん)」さんの『熊本ぶどう』の栽培ハウスに伺いました。
雲ひとつない好天の中、ハウスのビニール張りの作業が行われていました。
見慣れない若い2名の男性が、一生懸命その作業を手伝っていました。

熊本ぶどう 社方園 ハウス張りと熊本農業高校からの農業実習(2014)_a0254656_1814697.jpg「それじゃ、次はこのサイドのビニールを片付けようか!ほらほら、笠さん!!そこはハウスのパイプが飛び出しとるけん、気を付けにゃんばい!!」
そう私にも気遣いをいただきながら、作業は進みます。
寒い冬の空ですが、本当に雲ひとつなく、ハウスの先にはこのあたりで一番標高の高い「ゆるぎ岳」の雄大な姿を望むことができます。

熊本ぶどう 社方園 ハウス張りと熊本農業高校からの農業実習(2014)_a0254656_1855664.jpg若い2人は、熊本農業高校の2年生で、「社方園」さんに1週間泊り込みで、農業研修に来ているとのことでした。
毎年「社方園」さんは、農業研修の高校生や大学生を受け入れています。
「こぎゃんして、2人とも、よくがまだす(一生懸命仕事に励む)けん、とても助かっとるよ!!」社方さんからも、お褒めの言葉があり、その仕事ぶりは合格点のようです。

熊本ぶどう 社方園 ハウス張りと熊本農業高校からの農業実習(2014)_a0254656_18111254.jpg義武さんの息子さんで、「社方園」園主の社方武路さんにお話をうかがいました。
「ちょうど今、上のビニールを張り終わったとこなんですよ!やっと天候に恵まれて、このハウスは無事に外側のビニール張りが終わりました。」

熊本ぶどう 社方園 ハウス張りと熊本農業高校からの農業実習(2014)_a0254656_181494.jpg「外側のビニール張りですか?」とたずねると、
「ほら、内側にパイプがあるでしょ?そこにもう1枚ビニールを張って、2重にするんです。このハウスは、まだ果樹が若いでしょ?だけん、昨年は一切収穫しとらんとですよ!今年からは、美味しい黒ぶどうができますね!品種は「高妻」と言って、1粒1粒が大きくて、味が良いんですよ!これから人気が出る品種になると思います。」と、武路さんが説明していただきました。

熊本ぶどう 社方園 ハウス張りと熊本農業高校からの農業実習(2014)_a0254656_18204775.jpg「あれ?社方さん!これは一文字で育てるんでしょ?この途中に伸ばしている枝はなんですか?」とたずねると、
「ハハハッ!笠さんも随分詳しくなってきましたね!これは、芽返り防止のための枝ですね!」

熊本ぶどう 社方園 ハウス張りと熊本農業高校からの農業実習(2014)_a0254656_18225512.jpg「この枝をまだ残すことによって、これから芽吹く新芽の方向性をきちんと定めるための、いわば舵の役目ですかね・・・。もちろんまもなく切り落としますよ。」とのこと。

熊本ぶどう 社方園 ハウス張りと熊本農業高校からの農業実習(2014)_a0254656_18245643.jpgこれから芽吹く新芽が、この幹の両サイドにきちんと芽吹くよう固定するために、この時期まであえて残していた枝だとのことでした。
この時期、ブドウの果樹はまだまだ冬眠状態です。

熊本ぶどう 社方園 ハウス張りと熊本農業高校からの農業実習(2014)_a0254656_1828148.jpg社方義武さんと、奥様にお話をうかがいました。
「ブドウ作りもそう、農業全般に言えることばってん、今日のようなビニール張りとか、そのビニールを張っていた紐の撤収とか、そぎゃん風な様々な準備があって、作物は育つとたい!せっかくだけん、研修に来とる2人にも、こぎゃんした地道な作業もあって、良か作物が育つと言うことを学んで帰って欲しかねぇ・・・。」

熊本ぶどう 社方園 ハウス張りと熊本農業高校からの農業実習(2014)_a0254656_1833559.jpgそんな話をしていると、ハウスのサイドの古いビニールの撤収作業を終えた2人が戻ってきて、率先して紐の片づけを始めました。
本当に頑張りやさんの2人のようです。
「研修はいつまで?いつから来てるとね?仕事にはもうなれたかな?」なんて話しかけると、少し照れながら爽やかにこたえてくれました。

熊本ぶどう 社方園 ハウス張りと熊本農業高校からの農業実習(2014)_a0254656_18363868.jpg熊本農業高校2年生の、向かって左が松田くん、右が片岡くんです。
「もう5日目になると思います。研修は明後日までです。「社方園」のみなさんに本当に良くして頂いているので、その分しっかり頑張ろうと思っていまが、本当にお役に立てているか、少し心配です。」
とても爽やかな好青年の2人でした。
2人とも大丈夫ですよ!先ほど、社方さんに合格点のコメントを頂いています!!

熊本ぶどう 社方園 ハウス張りと熊本農業高校からの農業実習(2014)_a0254656_18433954.jpg「社方さん!ハウス張りが終わったら、いよいよスプリンクラーで水をあげて、果樹を目覚めさせるんですね?」とたずねると、
「そうですね!でもその前に、“芽キズ”をつける地道な作業があるんですよ!」とのこと!
“芽キズ”とは、ずっと取材をしてきた私も始めて聞く言葉でした。
その様子は、また後日詳しくご紹介いたします。

熊本ぶどう 社方園 ハウス張りと熊本農業高校からの農業実習(2014)_a0254656_18483656.jpg「社方園」さんは、まるで宝石箱のような輝きを放ち、みずみずしく甘い、熊本産『高級種なしぶどう』を育てるまさに“匠”です。
「社方園」さんでは、毎年決まって7月7日に販売をスタートします。
その販売に向け、「社方園」さんは、惜しみない手間ひまをかけ、計画的にぶどうを栽培しています。

熊本ぶどう 社方園 ハウス張りと熊本農業高校からの農業実習(2014)_a0254656_18543265.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「社方園」さんの熊本産『高級種なしぶどう』をネット独占販売いたします。
こちらは、昨年ダントツの1番人気だった、5房の3色詰め合わせです。
1粒1粒の大きさもさることながら、その美味さ!その輝き!
口にほおばると、ぶどうの甘味が口の中で爆発する!と言う表現がぴったりの、まさに最高級のぶどうなんです。
これからも、「社方園」さんの、様々な作業、匠の技を取材しご紹介していきます。お楽しみに!!


余談ですが・・・
会社のある熊本県菊池市菊池水源の山奥は、昨日の好天から打って変わり、大雪に見舞われています。
熊本ぶどう 社方園 ハウス張りと熊本農業高校からの農業実習(2014)_a0254656_191939.jpg
これは、お昼過ぎの弊社の様子です。
それからまだまだ降りつづけ、現在の積雪は約12cm!!
一向にやむ気配がありません。
明日はおそらく路面凍結です。山を降りれるか心配です・・・。
みなさんも、雪道の運転には十分にお気をつけ下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2014-02-13 19:05 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/19460816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ホワイトバレンタイン!どころじ... 七城米 長尾農園 ばらつきのな... >>