人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本ぶどう 社方園 剪定作業

FLC日記 2014年1月23日(木) 晴れ(快晴)
「秋の終わりに有機肥料ばしっかりまいて、ぶどうの果樹は貯蔵養分をその幹にしっかりため込んでるんです。この時期、冬の間はゆっくりと眠っている感じですね。来月からは、早いハウスでは水を与え目を覚まさせるので、その前にこの剪定作業とハウス張りをするんです!」
「社方園」園主の社方武路さんが、剪定作業をしながらそうお話いただきました。
熊本ぶどう 社方園 剪定作業_a0254656_17564684.jpg
熊本県山鹿市の「社方園」さんのブドウ畑に伺いました。
「社方園」さんは、『熊本産高級種なしぶどう』を作る、匠の農家さんです!

熊本ぶどう 社方園 剪定作業_a0254656_17522783.jpg抜けるような青空です!
天気は快晴と言え、凍えるような寒さの中、剪定作業は行われています。
中央にあるのは、潅水(農作物に水を与えること)用のスプリンクラーです。加温するハウス栽培のブドウ畑は、来月あたりから潅水を始め、ぶどうの果樹の目を覚ますのです。
剪定で切り落とされた枝が、あちこちに山積みにされています。

熊本ぶどう 社方園 剪定作業_a0254656_1841125.jpg「枝は全て剪定するんですか?」とたずねると、
「基本はそうですね!幹のこの切った部分から、今年の新芽が出て、その枝を誘引して実らせるんですよ。」

熊本ぶどう 社方園 剪定作業_a0254656_18924100.jpg「ほら、切り口を見てください!この時期、ぶどうの果樹達はゆっくり眠ってはいますが、この切り落とした枝は、枯れたように見えるかもしれませんが、しっかりと生きてるんですよ!」

熊本ぶどう 社方園 剪定作業_a0254656_18121468.jpg「社方さん!ところどころ枝を残してありますが、何か意味があるんですよね?」と言うと、
「残した枝は、幹として扱い、そこから枝を伸ばしてぶどうを実らせるんです。」とのこと。

熊本ぶどう 社方園 剪定作業_a0254656_18151582.jpg「この真ん中のとこ・・・、わかりますかね?私たちは芽が飛ぶって言うんですけど、本来芽吹くべきところが出ないんです。だから、残した枝を幹として活かして、そこから出た枝に実らせるんです。」

熊本ぶどう 社方園 剪定作業_a0254656_1821519.jpgこれは、昨年5月末のぶどうが色付き始めたころの写真です。
「社方園」さんでは、ぶどうの果樹の幹から、左右交互に枝を伸ばし、その枝に1房ずつのぶどうを実らせます。
しかし、まれに交互に伸びるべき枝が、芽吹かない場所があり、そのような幹には剪定すべき枝を残し、それを幹として利用するんですね。

熊本ぶどう 社方園 剪定作業_a0254656_18371244.jpg選定前のぶどうの枝です。
これら1本1本全てをこれから剪定していきます。
もちろん、残すべき枝を見極めながら、スピーディーにかつ丁寧な作業が行われていました。
ん?
よく見ると、何だかぶどうらしきものが見えます。
近づいて見てみると・・・。

熊本ぶどう 社方園 剪定作業_a0254656_18423221.jpgぶどうです!!
これは、2番成りと言って、ぶどうの果樹の樹勢が強いので、自然と実ったぶどうです。
手をかけて育てたぶどうではないので商品にはせず、そのまま残されていたものです。
干しぶどうのようになっていますが、食べてみると美味しいんです!!!

熊本ぶどう 社方園 剪定作業_a0254656_18503279.jpg10月中旬に取材に伺ったときの写真です。
社方さんのお父様で、初代園主の社方義武さんに、2番成りのぶどうをいただきました。
糖度はなんと20度以上あり、甘くてとても美味しかったのをおぼえています。
その様子は、下記にアクセスいただくと詳しくご紹介していますので、興味のある方はぜひご覧下さい。
熊本ぶどう 社方園 樹勢が強いから出来ること!2番成りのぶどう!!


熊本ぶどう 社方園 剪定作業_a0254656_1903780.jpg「社方さん!今年も、キラッキラに輝く、最高級の、私が惚れこんだぶどうをお願いします!」と言うと、
「ありがとうございます。でもこれからがたくさんの手間ひまがいるんですよ!ハウスを張って、温度管理をして、それから、摘蕾、花もぎ、敵粒、ジベレリンの処理、摘房、袋かけ、収穫っと、次々にやるべきことが待ってますね!それらをきちんとベストな時期にしてあげることが大事です。だから、もちろんまだまだこれからですよ!」
「ホントそうですよね・・・。1房のぶどうを収穫するまで、6回以上は手をかけないといけないとお話されていましたもんね・・・。」と言うと、

熊本ぶどう 社方園 剪定作業_a0254656_18573949.jpg「昨年、笠さんところで販売していただいたお客様から、たくさんのお褒めの言葉や感想をいただいたので、今年はさらに美味しいぶどうを育てようと、がぜんやる気が出ています(笑)。昨年以上のぶどうを育てますので待っててください!!」と、自信の笑顔でお話いただきました。

熊本ぶどう 社方園 剪定作業_a0254656_19125586.jpg親子2代によるぶどうの匠によって、けっして妥協を許さず、惜しまぬ手間ひまで育て上げられた、「社方園」さんの『熊本産高級種なしぶどう』は、まるで宝石をちりばめたかのようです。

熊本ぶどう 社方園 剪定作業_a0254656_19161089.jpg1番人気は、3色の詰め合わせセット!!
昨年ご購入頂いたお客様からは、もうすでに今年のご予約を頂戴しているほどの大人気商品です!!
「FLCパートナーズストア」では、今年も「社方園」さんの『熊本産高級種なしぶどう』をネット独占販売いたします。
「社方園」さんは、毎年決まって、7月7日にぶどうの販売をスタートします。
夏が始まったばかりのなんと7月7日ですよ!!!
その日が待ち遠しくてなりません。
これからも成長の様子や、惜しまぬ手間ひま、匠の技を取材しご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2014-01-23 19:23 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/19377871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊本梨 本藤果樹園 「待ち枝」... 大玉スイカ「春のだんらん」 苗... >>