人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本セロリ「清正人参」 まもなく収穫!!最後まで徹底管理を怠らない匠!!

FLC日記 2013年12月27日(金) 雪時々雨・曇り
「見てみなっせ!こぎゃんして根元のふと~かとが、良かセロリになるとたい!あの猛烈な残暑を乗り越えて、ホントよくここまで育ってくれたばい!!」
a0254656_16525632.jpg
セロリの匠、大島忠さんが元気に育つ「清正人参」の根本をそ~っと見せながら、お話いただきました。
熊本県合志市(こうしし)にある、「大島農園」さんのセロリの栽培ハウスに伺いました。

a0254656_16594149.jpg連棟立ての広い広いハウスには、青々しく元気に熊本セロリ「清正人参」が育っていました。
「大島さん!ホントよくここまで育ちましたよね!」と私が言うと、
「ほんなこつなぁ!(ほんとうやね!)もう10年以上、セロリば育てて気ばってん、今年のごたる残暑はなかったもんなぁ・・・。」と大島さん。

a0254656_173169.jpg「でも、大島さん!9月下旬のあの残暑の中、1株1株に水を与えながら、『しっかり手ばかけてあげて、絶対にピシャッと育てるけん、まぁ待ちなっせ!』とお話いただいたのを覚えていますよ!有言実行そのものです!!さすが“匠”ですね!」と言うと、

a0254656_17736.jpg「ハハハッ!そぎゃん冷やかしなすな!徹也(大島さんの息子さん)が、そこのハウスで管理作業ばしよるけん、見てきなっせ!まだまだこれからも気ばぬかれんとばい!!」
少し照れながら、匠の仕事をやってきた自身ある口調で、そうお話いただきました。

a0254656_17112076.jpgこれが、熊本セロリ『清正人参』です。
「セロリ」は、戦国武将の「加藤清正公」が日本に持ち込んだと言われていて、その当時『清正人参(きよまさにんじん)』と呼ばれていたそうです。
加藤清正公は、現在の熊本県(当時の肥後藩)を統治していたので、日本では熊本が発祥の地と言えると思います。
「FLCパートナーズストア」では、「大島農園」さんの熊本セロ『清正人参』を、今年もネット独占販売いたします。

a0254656_17152396.jpgこちらは、2番目に定植したハウスです。
この広い広い連棟立てのハウス一面が全てセロリです。
セロリの匠、「大島農園」さんは、親子2代に渡り、10年以上も熊本セロリ「清正人参」』を生産しています。

a0254656_171929.jpg「こんにちは!徹也さん!!こちらも順調ですね!何だか、このハウスの方が大きく育っているように見えますが・・・。」と言うと、
「あぁ!きっとそれはこっちが7mのハウスで、むこうは8mのハウスだからじゃないですかね!いよいよ収穫も間近になって来ましたが、まだまだこれから気が抜けないんですよ~!!」とのこと。

a0254656_1728256.jpg「ここ最近、天気が悪くて、なかなかハウスを開けてあげられないから、湿度が高すぎて病気が出る恐れがあるんです。だから、今、1株1株チェックしてたとこなんですよ!」

a0254656_17304935.jpg「え?ここまで元気に育ていても、まだそんな心配事があるんですか?」とたずねると、
「そうなんです!ちょっとお見せしましょうか?どこかあるかなぁ・・・。」

a0254656_17325930.jpg「ほら!これですよ!!雨が続いて、ずっとハウスを締め切っていたので、このような病気が付く場合があるんです。これらは、早期発見で小さな葉っぱは摘み取って処分するんです。この小さな変化も絶対に見逃すことはできないんですよ!!」

a0254656_17371150.jpgこの時期、小さな芽以外は“芽カギ”をしないのです。
この通路に落ちているのは、最低限芽カギが必要なものだけで、この時期大きな芽をかぐと、セロリの勢いが止まるのだそうです。

a0254656_17403521.jpg摘み取った芽は、全てきれいに片付けます。
その場に置いたままにしておくと、その摘み取った芽で病気が発生するからです。
その徹底した管理と、惜しまぬ手間ひまが、最高の熊本セロリ『清正人参』を育てるのだと確信しました。

a0254656_17463670.jpg徹也さんは、私に説明いただきながらも、気になった小さな芽をかいですぐに処分するため、手に持っていました。
今手に持っているのは、“芽カギをした、小さな茎ですが、収穫の時は、ビックリするくらいの大きなセロリの株になっているのです!

a0254656_17523351.jpg「ここで気を抜いたら、今までの苦労が台無しだし、収穫まできちんと育ててあげないと、頑張ってきてくれたセロリたちに申し訳ないからですね・・・。しっかり育て上げますよ!!」
最後まで、けっして手を抜かない匠の、自信ある輝いた目がとても印象的でした。

a0254656_17543549.jpg昨年の収穫時の写真です。
この大きなセロリ!これこそが「大島農園」さんの親子の匠が育てた、熊本セロリ『清正人参』です!!
こうして取材を続け、今年も、この満面の笑みで収穫を迎えることを私も確信しました!!

a0254656_17594075.jpg「FLCパートナーズストア」では、「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』を、今年もネット独占販売いたします。
朝採りの新鮮そのもののセロリを、ドンと1株づつ、こうしてビニールに入れて、さらに段ボールで梱包し、発送してお届けいたします。
まもなく、先行予約の受付をスタートいたします。
これからも、このブログ、そして「FLCパートナーズストア」のホームページをお見逃しなく!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2013-12-28 07:54 | 熊本セロリ 清正人参 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/19239163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< デコポン(肥後ポン) 大きく実... チンゲン菜 無農薬・無加温チン... >>