人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本梨 岩永農園 来年も美味しい梨を実らせるための堆肥ふり

FLC日記 2013年12月4日(水) 晴れ
「来年も、再来年もうまか梨ば作るために、こうしてしっかり土作りばするとたい!昨日と今日で、梨園全体に堆肥ばふりよるばい!」
「岩永農園」代表の岩永敏行さんがお話頂きました。
「岩永農園」さんは、樹上完熟熊本梨を育てる匠の農家さんです。
a0254656_16305523.jpg
「岩永農園」さんは、熊本産『幸水(こうすい)』、『豊水(ほうすい)』、ジャンボ梨『新高(にいたか)』、『新興(しんこう)』を育てる、匠の農家さんです。
写真は、ジャンボ梨『新高(にいたか)』です。

a0254656_16364813.jpg いつ伺っても、見事に整備されているきれいな梨園です。
堆肥をふる準備のために、梨園全体の草もきれいに刈り込んでありました。
「今日は、堆肥を運搬、散布するための大きな機材が入らんところをこの機材でまくとたいね。昨日は、その機材で終日まきよったとばい。美味しい果実を実らせるためには、やっぱり土は大事たいね!!だけん、毎年契約している農家さんから来る堆肥をこうして散布するとたい。」

a0254656_16402299.jpg昨日は取材に伺えなかったので、奥様がその時の様子を写真に撮ってくれていました。
この機材に堆肥を乗せて、そのまま梨園内を進みながら、散布したのです。

a0254656_16423980.jpg大切な梨の枝が折れないように、注意して梨園内を廻ります。
この機材は、自動的に広範囲に堆肥散布をしてくれるので、とても助かるのだとお話いただきました。

a0254656_1645379.jpgそして今日は、一回り小さな運搬機で、昨日大きな運搬機では入れなかった梨の果樹と果樹の間を散布していきます。
もちろん、小さいと言えども梨の枝に頭をぶつけないように気をつけての運転です。

a0254656_1654127.jpg堆肥(たいひ)とは、有機物を微生物によって完全に分解した肥料のことです。
家畜のフンが主な原料となりますが、完全に分解されていて全くにおいもありません。
さっそく、奥様と二人で堆肥をまく作業のスタートです。

a0254656_1785625.jpg器用ににスコップを使いながら、満遍なく堆肥をまいていきます。
「岩永さん!昨日まいたところより、今日まいているところの方が堆肥に量が多いんじゃないですか?」と言うと、
「ハハハ!そうだろか?手作業だとついつい頑張ってしまうとかもしれんね!」なんて笑っています。

a0254656_17165474.jpg「一般的に堆肥って言うばってん、要は有機肥料たいね!やっぱりこれじゃなかといかんとたい!こうして良か土ば育てることが、美味しい梨につながるとたいね!」と、岩永さん。
「ところで、マスクはやはり粉塵対策ですか?堆肥はぜんぜん臭いはしませんが?」とたずねると、

a0254656_17181530.jpg「な~ん!違う違う!!ちょっと風邪気味だったけん、用心のためにマスクばしとっただけたい!」と、とてもダンディーな岩永さんの笑顔をうかがうことができました。
「堆肥をまく作業を私にもさせて下さい!」と言って、お手伝いをさせて頂きました。、

a0254656_17211713.jpgこれがなかなか難しいのです。
岩永さんがまくようにきれいに満遍なくフワァっとならないのです。
岩永さんから、上手く堆肥をまく、3パターンほどのスコップの使い方を教えていただきながら、お手伝いをしましたが、上手くできたのでしょうか?笑

a0254656_17271077.jpg岩永さんは、こんなこともお話いただきました。
「このネットまでがうちの梨園。そのむこうは別の農家さんの柿園たいね。ここでも、むこうでも最低限の農薬は使うけど、それぞれ収穫する時期が違うけん、とても難しかとよ。ピシャッと管理して、それぞれの果樹に農薬が残らんように徹底せにゃんけんね!」

a0254656_1736138.jpg「俺たち農家は、作った作物に絶対的な責任があるでしょ?だけん、安心・安全があってはじめて、美味しか!っていう評価があるとたい。害虫や病気から守るために最低限の農薬を使って、もちろん収穫までには「残留農薬は一切なし!」ってせにゃんとたい。」
私は、農薬が絶対ダメだとは思っていません。私たち人間が、インフルエンザの予防接種をするのと同じことを、作物にもするのです。
もちろん、それぞれに決まった厳しい基準のもとに!!
きちんと定められた期間に、きちんと決まった農薬を使用することは、美味しくてきれいな作物を育てるためには必要なことだと思っています。

a0254656_17412870.jpg「笠さん!ほら見て!!梨がついとるよ!」奥様が教えてくれました。
「えぇ?ホントだ!この梨は実るのですか?」とたずねると、
「それは無理ねぇ!季節を勘違いして咲いた花が自然と着果したとばってん、この時期からの寒さで大きくなる前に落ちてしまうけんね・・・。」
やはり、季節に応じた花が咲かないと、きちんと実ることはできないのですね!

a0254656_17472627.jpgさて、今月中旬から春先にかけては、この梨の枝の剪定作業が続きます。
とてつもない手作業です。
来年ばかりか、2年後、3年後を見据えてその剪定作業は行われるのです。
その様子は、また後日取材をしてきちんとご紹介したいと思います。

a0254656_17503265.jpg3月下旬~4月にかけて、梨の花は一斉に咲き誇ります。
来年も元気な花を咲かせ、美味しい果実を実らせるための準備の第1段として、堆肥ふりの作業が行われました。

a0254656_17533875.jpg「岩永農園」さんの、こだわりの樹上完熟梨は、今年も大好評をいただきました。
「FLCパートナーズストア」では、来年も「岩永農園」さんの安全・安心に裏付けされた、みずみずしく、甘い樹上完熟梨をネット独占販売いたします。
これからも、剪定作業を始め、摘蕾、摘花、摘果などなど、きちんと取材し、収穫までその成長の様子をご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2013-12-04 18:07 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/19095351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 御願ほどき 今年のご加護に感謝して! 原木しいたけ 3つの“1”を備... >>