人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

原木しいたけ 3つの“1”を備え持つ特別な原木ジャンボ生しいたけ「トリプル1」

FLC日記 2013年12月3日(火) 晴れ
原木ジャンボ生しいたけ『トリプル1』の初回発送日が決定しました。
平成25年12月20日(金)です(予定)!!
原木しいたけ 3つの“1”を備え持つ特別な原木ジャンボ生しいたけ「トリプル1」_a0254656_1821254.jpg
『トリプル1』とは、
“1番”最初(1年目)の原木から育ち・・・
“1割”しか採れない貴重な大きさ・・・
“1級品”の旨み、食感、味わい・・・
3つの“1”を備え持つ、特別な「原木生ジャンボしいたけ」です!!

原木しいたけ 3つの“1”を備え持つ特別な原木ジャンボ生しいたけ「トリプル1」_a0254656_187185.jpg原木ジャンボ生しいたけ『トリプル1』は、熊本県山鹿市鹿北町の、「小春農園」と言う“匠”によって育て上げられます。
奥深い自然豊かなこの地で、清らかな水と澄んだ空気で、完全無農薬・完全無化学肥料で「清流の里の原木しいたけ」は育てられます。
日本の生産量のわずか2割にまで落ち込んだ「原木しいたけ」。
「原木“生”しいたけ」となると、一般流通量のなんと1割しかありません。
おそらく、みなさんがスーパーなどで目にする生しいたけは、ほとんどが「菌庄しいたけ」だと思われます。

原木しいたけ 3つの“1”を備え持つ特別な原木ジャンボ生しいたけ「トリプル1」_a0254656_18285595.jpg「菌庄しいたけ」は、おがくず等と肥料を使い“菌庄”として栽培する方法です。
ハウスや建物の中で栽培され、温度や湿度管理をすることで、1年を通して収穫が可能です。
『原木しいたけ』とは、主にクヌギやナラノ木を原木とし、そこにしいたけの菌(コマ)を打ち込み、最も自然に近い形で栽培する方法です。
しかし、収穫するまでには、原木の伐採から、2約年もの長きにわたる歳月を要し、多くの労力、手間ひま、経験、技術が必要です。

原木しいたけ 3つの“1”を備え持つ特別な原木ジャンボ生しいたけ「トリプル1」_a0254656_18415774.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんです。
安心・安全で美味しい食材作りにこだわりぬく“匠”です。
小原さんの言葉を借りるなら、
「安心して食わるっ、うまかもんば作る!!」
(安心して食べることができる、美味しい食材を育てる!!)
「小春農園」さんのこだわりは、この熊本弁に込められていると思います。

原木しいたけ 3つの“1”を備え持つ特別な原木ジャンボ生しいたけ「トリプル1」_a0254656_18473372.jpg「小春農園」さんは、本日ご紹介する原木ジャンボ生しいたけ『トリプル1』の他にも、様々な作物を育てる匠の農家さんです。
『ザ・みかん』、柑橘王『デコポン(肥後ポン)』、『究極の柑橘「せとか」』、幻の白い『長生たけのこ』、『山あいの南高梅』、『山あいの甘熟イチジク』などなどを育てています。
いずれも「FLCパートナーズストア」の人気商品です。
「小春農園」さんから、「今年、『トリプル1』が育つ、1年目の原木を積み出しに行くので、見に(取材に)おいで!!」とご連絡頂き、先日取材に伺いました。

原木しいたけ 3つの“1”を備え持つ特別な原木ジャンボ生しいたけ「トリプル1」_a0254656_19101391.jpg「原木しいたけ」の栽培地です。
ここで栽培するまでには、原木となるクヌギやナラの木の伐採から約2年もの年月を要します。
伐採後は、しいたけ菌を打つコマ打ちという作業をして、仮伏せ、本伏せを経て今年初めて収穫を迎えるのです。

原木しいたけ 3つの“1”を備え持つ特別な原木ジャンボ生しいたけ「トリプル1」_a0254656_19145399.jpg小原さんが、原木を運ぶキャタピラ付の「運搬機」をトラックから降ろしています。
しいたけ菌が原木にしっかりと伸びるまで、原木はじっくりとその時を待っていたのです。

原木しいたけ 3つの“1”を備え持つ特別な原木ジャンボ生しいたけ「トリプル1」_a0254656_19252668.jpgここが今年、原木を運び出す場所です。
2年前まではクヌギの森でした。伐採した地でそのまま伏せ込むことが、よい原木しいたけを育てる1つ目のポイントですが、2年もの月日がすっかりとその地を、このような草木の繁る地に変えていました。

原木しいたけ 3つの“1”を備え持つ特別な原木ジャンボ生しいたけ「トリプル1」_a0254656_19281326.jpg小原さんの息子さんで、「小春農園」専務の小原将輝さんが、草刈り機を手に進んでいきます。
まるで、開拓者のようですね!
草をはらい、原木をこの日まで守ってきた「シバ」をよけて、原木を取り出すのです。

原木しいたけ 3つの“1”を備え持つ特別な原木ジャンボ生しいたけ「トリプル1」_a0254656_19351114.jpg「それにしても、大変な作業ですね!」と声をかけると、
「そうだろ?でも、この手間ひまが美味しいしいたけを育てるとたい!ちょっと待ちなっせ!!今日は、この原木がとても良い状態になっとるところをみせようと思って、来てもらったとだけん・・・。」と小原さん。

原木しいたけ 3つの“1”を備え持つ特別な原木ジャンボ生しいたけ「トリプル1」_a0254656_19425517.jpg「ほら、見てみなっせ!しいたけのこんなにも大きく育っとるばい!ここまでしいたけが開くと、しっかりとしいたけの胞子を出して、原木にさらにしいたけ菌が回るとたいね!」

原木しいたけ 3つの“1”を備え持つ特別な原木ジャンボ生しいたけ「トリプル1」_a0254656_19451354.jpgその様子がこの写真です。
大きく開いたしいたけから、たくさんの胞子が落ちていました。
「笠さん!この写真を撮っといて下さい!!」と将輝さん!!

原木しいたけ 3つの“1”を備え持つ特別な原木ジャンボ生しいたけ「トリプル1」_a0254656_19475067.jpg「これは、原木を伏せ込んだ時に、原木と原木が接していたところです。その原木にしいたけ菌がしっかりまわっているので、接していた次の原木にも伸びようとしていたのです。それほど満遍なく良い感じでしいたけ菌が伸びているんです。」

原木しいたけ 3つの“1”を備え持つ特別な原木ジャンボ生しいたけ「トリプル1」_a0254656_19495311.jpg「この状態!この色!最高に仕上がっているね!」と小原さんがお話を続けます。
「こうして原木の端まで、しっかりとしいたけ菌が伸びとるけん、このきれいなオレンジがかった色になるとたい!今年もホント良か原木のできたね!」と、満面の笑みでした。
原木の積み出し作業については、また後日ゆっくりとご紹介するとして、本日は最高の原木が育った様子をご紹介しました。

原木しいたけ 3つの“1”を備え持つ特別な原木ジャンボ生しいたけ「トリプル1」_a0254656_19534729.jpg原木ジャンボ生しいたけ『トリプル1』は、1年目の原木からのみ育つ特別なしいたけです。
今年も、最高の原木ができました。
しかし、ここまで大きなしいたけは、ほんの1割程度です。
もちろん、味、風味、食感、旨み、味わいはいずれも1級品です。

原木しいたけ 3つの“1”を備え持つ特別な原木ジャンボ生しいたけ「トリプル1」_a0254656_1957136.jpg「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんの、原木ジャンボ生しいたけ『トリプル1』を今年もネット独占販売いたします。
ただし、数量限定の完全予約販売です。
昨年は、3週間待ち状態が続いた、大変人気の高い希少な商品です。
今年の初出荷は12月20日の予定です。
本日、先行予約の受付をスタートしました。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
お急ぎ下さい!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2013-12-03 20:06 | しいたけ 原木しいたけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/19090597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊本梨 岩永農園 来年も美味し... デコポン(肥後ポン) 樹上完熟... >>