人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本セロリ「清正人参」 芽カギ作業!惜しまぬ手間ひまで、日本一のセロリを育てる親子の匠!!その2

FLC日記 2013年11月2日(土) くもり
「『清正人参』は、収穫前には、これくらいの大きさまで成長しますよ!もちろんそこまで成長するには、これからたくさんの手間ひまと、まだまだ2ヶ月ほどかかりますけどね・・・。」
そうう話いただいたのは、親子2代で熊本セロリ『清正人参』を育てる、「大島農園」の大島徹也さんです。
a0254656_16415056.jpg
熊本県合志市(こうしし)の「大島農園」さんは、10年以上のセロリを栽培する、“匠”の農家さんです。
親子2代で、日本一のセロリ作りを目指しています。

a0254656_16504169.jpg日本のセロリ生産は、長野県と静岡県でその7割以上を占め、熊本は全体の約1%で第10位です。
「セロリ」は、戦国武将の「加藤清正公」が日本に持ち込んだと言われていて、その当時『清正人参(きよまさにんじん)』と呼ばれていたそうです。
加藤清正公は、現在の熊本県(当時の肥後藩)を統治していたので、日本では熊本が発祥の地と言えると思います。
発祥の地熊本の清らかな水と大地で育つ、親子2代で作り上げた「大島農園」さんの、熊本セロリを「FLCパートナーズストア」では、『清正人参』と称し、ネット独占販売しています。

a0254656_16552166.jpg9月下旬、定植(栽培地に植え替えること)直後のセロリのハウスです。
定植までには、苗床で約3ヶ月もの歳月が必要です。
熊本でのセロリの収穫は、12月下旬~スタートしますので、セロリ栽培は種まきから収穫まで、半年間も大切に育てなければなりません。

a0254656_1753342.jpgそしてこれが、現在のセロリ栽培のハウスです。
「随分と大きくなりましたね!」と言うと、
「9月の残暑で、今年はどうなることかと思いましたが、順調に育っていますよ!もちろん、収穫まではまだまだ長い月日が必要ですけどね!」
「大島農園」の大島徹也さんがお話いただきました。

a0254656_1795372.jpg「この時期は、“芽カギ”と言って、セロリの苗の周りに伸びている余分な葉っぱ(芽)を摘む作業をしなければいけません。その作業には、この1列に約1時間半ほどかかるので、父と母と私とで手分けしながらしていたところです。」
連棟立ての「大島農園」さんのハウスは、この時期ビニールを巻き上げていて、太陽の光が燦燦と差し込んでいました。

a0254656_17171968.jpg「この中央の新芽を成長させ、熊本セロリ『清正人参』の商品にするんですよ。そのために、この時期、回りに伸びている芽をかいであげなければいけないんです。それは、2つの目的のためです。」

a0254656_1723151.jpg“芽カギ”をする前のセロリの苗です。
下の方で横に広がって伸びている芽を全てかいでいきます。
それらを残したままでは、商品とすべきこれから伸びる芽が大きく育ちません。それがまず1つ目の目的です。

a0254656_1727167.jpg芽カギを終えると、セロリの苗の足元は、こんなにもすっきりとします。
周りの割りと大きめな茎と葉っぱで栄養を作り出し、中央の新芽を商品として育て上げます。
病気からセロリの苗を守るために、風通しを良くすることが、二つめの目的です。

a0254656_17332364.jpg「これが芽カギをした葉っぱですね。下の方にあるとどうしてもマルチビニールと葉っぱが触れ、そこに水分がたまり病気になりやすいんです。この葉っぱも先端の色が変わっているのがわかりますか?」と大島さんが教えてくれました。

a0254656_17375085.jpgこうして、1株1株をくまなくチェックしながら、弱っている葉っぱや、余分な葉っぱの芽をかいでいきます。
必要な芽を傷つけないように、とても丁寧にその作業は行われていました。

a0254656_1744711.jpg「もちろん、1株ごとに成長の仕方も、芽の伸び方も違うでしょ?だから、しっかり1株1株見極めながら行うんです。通路においているかいだ芽は、その日のうちに全て集めて処分します。病気を広げないためですね!!」

a0254656_17475759.jpgセロリの苗たちは、「千鳥」と言って、交互になるように植えてあります。
“芽カギ”を終えるととても風通しが良くすっきりとしています。
セロリの苗たちはとても気持ちがよさそうに見えました。

a0254656_17505926.jpg徹也さんのお父さん、大島忠さんです。
「今年は、定植直後の9月の残暑で、どうなることかと心配したけど、こうして元気に育ちよるばい!昨年に負けんセロリに仕上げるけんね!!」と匠ならではの自信のお言葉をいただきました。

a0254656_17552440.jpg今年2月の収穫時の写真です。
これが、熊本セロリ『清正人参』です。驚きの大きさですよね!!
「FLCパートナーズストア」では、セロリの匠、「大島農園」さんが育て熊本セロリ『清正人参』をネット独占販売いたします。
なんと、この大きな1株ごとの販売です!!
朝採りそのままを、直送でお届けいたします!
新鮮でシャキシャキしていてやわらかい、甘味のあるセロリです。
昨年、ご購入頂いたお客様からは、すでに今年のご予約を頂いているほどの人気商品です!!

これからも、熊本セロリ『清正人参』の成長の様子や、「大島農園」さんの匠の技や、惜しまぬ手間ひまを取材し、このブログでご紹介いたします。
お見逃しなく!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2013-11-02 18:07 | 熊本セロリ 清正人参 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/18897922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< イノシシ捕獲大作戦! 熊本セロリ「清正人参」 芽カギ... >>