人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本セロリ「清正人参」 芽カギ作業!惜しまぬ手間ひまで、日本一のセロリを育てる親子の匠!!その1

FLC日記 2013年11月1日(金) 晴れ
「セロリの芽は、どれも自分が一番成長しようとするとたい!だけん、こうして“芽カギ”作業ばしてあげて、必要な芽だけ残して、最終的には今から出てくる新芽を伸ばして商品に仕上げていかにゃんとたいね・・・。」
a0254656_1730188.jpg
熊本県合志市(こううしし)にある、「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』の栽培ハウスに伺いました。
セロリの匠、「大島農園」さんは、親子2代に渡り、10年以上も熊本セロリ「清正人参」』を生産しています。

a0254656_1736252.jpg「『清正人参』って何?」っと思われた方も多いはず!!
この写真でお解かりのように、『清正人参』とは、セロリのことです。
セロリはセリ科の植物で江戸時代に日本で広がった外来の野菜です。
戦国武将の、加藤清正公が日本に持ち帰ったという説から「清正人参(きよまさにんじん)」と呼ばれていたようです。
当時、加藤清正公は肥後藩(現在の熊本県)を統治していましたので、この熊本で、日本のセロリ栽培がスタートしました。
「FLCパートナーズストア」では、このセロリ発祥の地、“熊本”で育つことから、当時の名称の「清正人参」として販売しています。

a0254656_17525153.jpg大島忠さんと奥様が、セロリ栽培には欠かせない“芽カギ”作業をしています。
「今年の猛暑で、定植(苗を栽培地に植え替えること)してすぐの頃は心配しましたが、無事に成長しているみたいですね?」とたずねると、

a0254656_18103698.jpg「う~ん!おかげ様でこうして元気に成長してくれよるたい!このあたりには、最初の苗の小さかとば定植したけん、ちょっと遅れてるとたい。だけん、しっかり手ばかけてあげて、おいつかせにゃんたい!」

a0254656_1759387.jpg「ばってんね、“あの子”だけがどうもいかんみたいね。」と、奥様。
指差した先のセロリは、他とはあきらかに違いました。
同じように手をかけ育てても、どうしても個体差があり、上手く根付くことができなかったようです。
それにしても、セロリを“あの子”と呼ぶなんて、セロリに対する深い愛を感じました。

a0254656_18165910.jpgこれは、9月下旬の定植したてのハウスです。息子さんの大島徹也さんにお話をうかがいました。
「笠さんは、昨年も見てるからわかるでしょうが、苗たちが明らかに元気が無いでしょ?今年この9月に入ってからの暑さは以上です。こんなことは今までなかったんですよ!」

a0254656_182005.jpg「潅水(作物に水を与えること)チューブをしているので、本当はそんなこと必要ないのですが、今日は父が直接苗の根本に水を与えています。有機肥料をたっぷりと入れた元気な土で育てているので、絶対に元気に育ててみせますから見てて下さい!」と、その時“予言”とも言える自信たっぷりなお話をされました。

a0254656_18243537.jpgそしてこれが、その時心配していたハウスの現在の様子です。
セロリたちは、美しく元気に成長しています。
さすがに“匠”ですね!!
枯れるかとも心配された苗たちが、青々としてすごく元気です!!
例年では行わない方法で水も与え、しっかり手をかけ育ててきたのです。
“匠”は、日々苗の様子を見ながら、匠の判断で乗り越えたのです。

a0254656_1834359.jpg「徹也さん!あの心配していたハウスもむちゃくちゃ元気に育っていますね!!」と言うと、このピースサインでこたえてくれました。
「やりましたよ!!あの時、言った通りでしょ?セロリは、定植まで苗床で3ヶ月も育てないといけないので、やり直しは絶対にできないんですよ!今年も、良い『清正人参』を育てますよ!!」と、明るい笑顔で答えていただきました。

a0254656_18415566.jpg「徹也さん、そのピースサインの右手の手袋破れていますよ!!」と言うと、
「ハハハッ!今は、セロリたちにとって大事な時期で、一生懸命この芽カギ作業をしていて気が付きませんでした!」と笑っています。

a0254656_18451656.jpg「父も言ってたと思いますが、この時期徹底的に芽カギ作業をしないと、良いセロリはできないんです。セロリの芽はどれも自分が一番大きくなろうと頑張るけんですね!これを残しておくと、それらが成長して、商品とするための新しい芽が伸びないんですよ!私たちが目指すのは、日本一のセロリです。この『清正人参』を全国に広めたいんです。」そう言いながら、1本1本の苗を丁寧にチェックしながら“芽カギ作業”を続けていました。

a0254656_18543611.jpg昨年の収穫時の写真です!
この『清正人参』の大きさビックリでしょ?
「大島農園」さんは、親子の“匠”で、日本一のセロリつくりに挑んでいます。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』を、ネット独占販売いたします。
今期の初出荷は、12月末か1月上旬の予定です。
それまで、『清正人参』の成長の様子や、匠の技、惜しまぬ手間ひまなど取材しご紹介していきます。
明日も、この続き“芽カギ作業”の取材の様子をご紹介いたします。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2013-11-01 19:06 | 熊本セロリ 清正人参 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/18892952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 熊本セロリ「清正人参」 芽カギ... 平成25年度新米 熊本の豊かな... >>