ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

砂田米 秋晴れの中、稲刈りです!!今年も良いお米ができました。

FLC日記 2013年10月8日(火) くもり時々雨(台風)
「台風が来よるけん、稲刈りばするばい!十分に実ったけん、もういつでも良かとばってん今日始めたばい!!」
『砂田のこだわりれんげ米』生産農家の野中逸雄さんからお電話を頂き、取材に伺いました。
熊本県菊池市七城町砂田地区で、「野中逸雄」さんは、れんげにこだわり安全で美味しいお米を作っています。
a0254656_16172516.jpg
江戸時代から、美味いお米の代名詞と言われた熊本県七城町砂田のお米、『砂田米』!“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史がある、日本で有数の美味い米の産地です。
秋晴れのとても気持ちの良いお天気です。
ただ、台風が近づいていて、とても風の強い昨日(10月7日)でした。

a0254656_16235167.jpg野中さんが自らコンバイン(稲刈り機)取り付けたパラソルが、強い風を受けていますね!
「ウンカって言う稲の害虫が大量発生してるって話もあって、台風も来よることだし、急遽稲刈りすることにしたとたい!!」と野中さん。

a0254656_16301895.jpgれんげを緑肥とし、昨年の稲刈り時の稲ワラを有機肥料として育てられた『砂田のこだわりれんげ米』は、まさに黄金色に色付き、こうして大きく頭をたれています。
まさに、収穫(稲刈り)をするには、ベストの状態です。

a0254656_16334857.jpg朝早くからすでに稲刈りを終えた野中さんの田んぼ(左)と、お隣の田んぼです。
稲刈り後の様子がちょっと違うのにお気づきですか?

a0254656_16354230.jpg野中さんの田んぼでは、稲刈りをしながら、稲ワラは、こうして細かく切ってそのまま田んぼに、まいていきます。
稲刈り後、時期を見て田んぼに鋤き込み、そのまま有機肥料として来年のお米作りの良い土を育てるために使うのです。

a0254656_16382790.jpg一方、お隣の田んぼでは、この稲ワラを牛の飼料(エサ)として利用します。
きれいに並んだ稲ワラを、後日専用の機材で丸く集めて、保管して使うのです。

a0254656_16411032.jpgまた、別の田んぼでは、このような形で、牛の飼料としていました。
もちろん、いずれもお米(籾)は全て刈り取ってあり、ここに残っているのは稲ワラだけです。

a0254656_16532645.jpg刈り取られた稲は、お米(籾)と稲ワラにコンバインによって自動的に分けられ、稲ワラはさらに細かく切ってそのまま田んぼにまくのです。
それにしても、稲を刈ったばかりのとても良い香が漂っていて、とても良い気分です。

a0254656_16591752.jpg収穫したコンバインの籾がいっぱいになると、軽トラックに積んだ専用の大きな収集袋に移します。
この籾は、野中さんの自宅にある乾燥機で、即日乾燥させるのです。

a0254656_173226.jpg野中さんはコンバインを起用に操作し、スイッチを入れると、刈り取ったばかりの籾が、滝のように出てきました。
気になるのは、米の出来ばえです。野中さんにお話をうかがいました。

a0254656_176198.jpg「今年は猛暑で、どうなることかと心配したけど、やるべきことはしっかりやってきたけん、おかげで昨年同様の良か米のできたばい!」
とこの慢心の笑みです!!

a0254656_1710670.jpg「野中さん!あの一面れんげの田んぼが、こうして稲刈りをするまでになったんですよね・・・。」と言うと、
「ほんなこつねぇ(ホントね)!天候や気温ばかりは、どぎゃんしようもなかばってん、俺が手をかけてやることは、今年もしっかりしてきたたいね。だけん、こぎゃんして良か米のできると、やっぱ嬉しかねぇ!!」

a0254656_17161391.jpgこの「砂田地区」は、田んぼに砂が混ざった独特な土壌で、水はけがよく肥料が効きすぎない、お米作りに適した土壌です。
他の農家さんの稲刈り後の様子を紹介したように、この地でも様々な方法でお米作りがされています。
コスト面を考え、れんげ米を育てる農家さんは、年々減少しています。
それでも野中さんが、れんげ米にこだわる理由はただ1つ!
「さらに美味い米を作りたいから!!!」

a0254656_17234243.jpg「笠くん!今日中に、稲刈りば終わらせて、籾ば乾燥させにゃんけん稲刈りにもどるばい!」と野中さん。
「最後にコンバインにのっている姿を撮らせてください!」と言うと、おどけてこのポーズ!笑
野中さんはとても気さくな方で、いつも冗談を言って私を笑わせてくれます。
愛情たっぷりに育てられた野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』、平成25年度の新米が楽しみでなりません。

a0254656_17295815.jpg野中さんは、自分や家族が“安全”で“美味いお米”を食べたいと“れんげ”にこだわりお米を作っています。
私は、野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』を、「ご飯がごちそうになるお米!」と呼んでいます。
以前は熊本市のデパートに「野中さんのれんげ米」として出荷もしていたとのことですが、今は生産量を減らし、自分や家族のために作っているお米です。一般流通のほとんどないお米です。

a0254656_1731831.jpg「FLCパートナーズストア」では、平成25年度の、「砂田のこだわりれんげ米」の新米を特別に予約販売させていただいております。
ただし、数量限定です。
定数になり次第、予告無しで締め切らせていただきます。
一般流通のない、野中さんちの『砂田のこだわりれんげ米』のご注文(ご予約)は、下記ホームページより!
お急ぎ下さい。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2013-10-08 17:39 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/18750826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 菊池水源里山ニンジン 完全無農... デコポン(肥後ポン) 今は大き... >>