人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

原木しいたけ 夏限定原木“生”しいたけ販売スタート!!

FLC日記 2013年5月20日(月) 晴れ
しいたけと言えば、秋の味覚の代名詞ですが、夏収穫を迎える「原木“生”しいたけ」があるんですよ!
今日は、特別なしいたけ菌と、一手間かけた、夏限定しいたけのご案内です!!
a0254656_16525459.jpg
青葉の繁るこの季節に採れたての『原木“生”しいたけ』です!
熊本県山鹿市鹿北町の「小春農園」さんでは、国内生産量のわずか2割程度となった『原木しいたけ』こだわりぬき生産をしています。

a0254656_1714095.jpgクヌギやナラの木の原木から育つ、原木しいたけ・・・
その生産の過程のたくさんの労力と多くの年月を要することで、日本国内のしいたけ生産量のわずか2割にまで落ち込んでいます。
原木“生”しいたけとなると、その割合はさらに減って、なんと約1割程度です。
熊本県山鹿市鹿北町の「小春農園」さんは、その『原木しいたけ』にこだわりぬき、原木の伐採から2年もの月日をかけ、大切に大切に育てていきます。

a0254656_16542917.jpgそしてこれが、この時期に収穫を迎える、夏限定の『原木しいたけ』です。
本来秋から冬と春先にかけて『原木しいたけ』は収穫の時期を迎えるのですが、「夏菌」という特別のしいたけの菌で、この時期に生のしいたけを生産、販売しています。
その生産過程には、実は「夏菌」ならではの、一手間を要します。

a0254656_17113100.jpg5月上旬、この地で伐採したクヌギの木にしいたけ菌のコマを打ち、収穫を向かえる前の、伏せておいたしいたけの原木の様子を見に来ました。
このどこに、原木がるのかわかりませんよね!紫外線や雨風から原木を守るように、伏せた原木には、通称“シバ”と呼ばれる、竹の枝を乗せています。

a0254656_178357.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんがその様子を見ています。
原木しいたけ栽培には、とてつもない労力と時間を要します。
クヌギの木を伐採し、その場で約1ヶ月放置し“葉枯らし”という状態で水分をぬきます。それから、“コマ打ち”をして、“仮伏せ”、さらに“本伏せ”をし収穫までに約2年の歳月を要します。

a0254656_17214595.jpg原木の様子を特別に見せていただきました。
「笠さん見てごらん!この白いのがしいたけの菌たいね。こうしてしっかりと伸びて、最高の状態になっとるばい!!」
2年の歳月を要し育て上げたしいたけの原木に、小原さんも自信あふれる満足の笑みと見せていただきました。

a0254656_17454262.jpgこれは、原木を積み出している様子です。
『原木しいたけ』は、収穫前に、“ボタお越し”と言って、本伏せをしている場所から積み出し、栽培し収穫する場所へ移す作業を要します。その原木を動かす作業が、しいたけ菌に「発生操作」をもたらし、しいたけが出てくるのです。

a0254656_17311156.jpg『夏菌』の場合、さらに浸水操作をしなければいけません。
栽培地に移す“ボタお越し”の前に、1晩水に浸しておくのです。
「小春農園」さんでは、山の湧き水を引いてきて、そのためのプールを作っています。この写真では、わかりづらいかもしれませんが、その水の清らかなこと清らかなこと!!
私も1晩、この水になら、浸かっていてももいいかなぁ~なんて思えるほど澄んだ水でした(笑)。

a0254656_1819395.jpg浸水操作をした原木はトラックに乗せられ、栽培地へ運ばれます。丸くて白い部分が、しいたけ菌のコマを打ったところです。

a0254656_1830852.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんと息子さんで専務の小原将輝さんが、ボタお越し作業をしています。
この栽培地で管理し、育て、収穫するのです。

a0254656_1836439.jpg「小春農園」さんでは、『原木しいたけ』を本来、杉の森で栽培しますが、『夏菌原木しいたけ』の場合は、その杉の森に木造の栽培地を建てて育てます。夏の紫外線対策のためです。

a0254656_18421728.jpgそして、発生操作、ボタお越し後、1週間ほどで、このようにたくさんのしいたけが立ちます。
大きさや形を見極め、収穫し出荷するのです。
a0254656_18481072.jpg
「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの夏収穫の特別な菌で育てた、『原木“生”しいたけ』を期間限定で、ネット独占販売しています。

a0254656_1931774.jpg澄んだ空気と、森の恵、そして、「小春農園」と言う“匠”による惜しまぬ手間ひまと、愛情いっぱいに、2年もの歳月を経て収穫の時を迎えました。
もちろん、化学肥料、消毒や農薬を一切使わずにより自然に近い形で、育て上げた大変貴重な、『原木“生”しいたけ』です。
「どぎゃん苦労しても、どぎゃん大変でも、安全・安心はもちろんのこと、やっぱり『美味かぁ!』って言ってもらえる、食材を育てたかとたい!!今年も、きっと『美味かぁ!』って言ってもらえるとじゃなかかなぁ・・・。」
その言葉には、手間ひまを惜しまず、一切の妥協を許さずに育て上げてきた自信があふれていました。
夏限定の『原木“生”しいたけ』をぜひ一度ご賞味下さい!!
ご注文は下記ホームページよりお待ちしています。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2013-05-20 19:20 | しいたけ 原木しいたけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/17815851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< タネ無しかぼす 今年も良い花が... 大玉スイカの出荷場に初潜入!取... >>