人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

走る豚 「やまあい村」と「走る豚」誕生秘話

FLC日記 2013年5月15日(水) 晴れ
「俺も初めて豚たちを放牧した時、その走る姿を見て感動で涙が出たよ!それまで、約30年間豚を飼ってきたけど、その間1回たりとも走る姿を見たことはなかったけんね!だけん、今、笠くんが豚の走る姿を見て、感動してくれているのよりは、ずっとず~っとはるかに、強い感動をおぼえたねぇ・・・」
走る豚 「やまあい村」と「走る豚」誕生秘話_a0254656_1744313.jpg
そうお話いただいたのは、「やまあい村」代表の武藤計臣さんです。
お話いただいている際にも、広い放牧地で放し飼いにされている豚たちは、こうして元気に駆け回っています。

走る豚 「やまあい村」と「走る豚」誕生秘話_a0254656_1772883.jpg熊本県菊池市原にある「やまあい村」の『走る豚』の放牧地に伺いました。
大自然に囲まれた、約5町(15,000坪)の広大な敷地に、130頭の豚を放牧飼育で、自由に走り回りながら育てています。

走る豚 「やまあい村」と「走る豚」誕生秘話_a0254656_17134443.jpg見てください!この躍動っぷりを!!
まるで、サラブレッドが最終コーナーを駆け抜けるかのような姿で、豚が走っているんです!
豚は、時速30kmほどで走ることができるそうです。でも、この豚たちは、何かに追われてとか、何かにおびえて走っているのではなく、自分の意思で走りたくて走っているんですよ!!
だからみんな、本当にイキイキ!とても楽しそうに暮らしています。

走る豚 「やまあい村」と「走る豚」誕生秘話_a0254656_1730591.jpg先ほどの豚が走っている放牧地を左後ろに置き、「やまあい村」を撮影しました。
麦をオーガニック栽培で育てています。中央の建物は鶏舎です。ちょうど写っていませんが、その手前と、奥のくぬぎ山にも豚たちの放牧地があります。原木しいたけ栽培もしているとお話いただきました。

走る豚 「やまあい村」と「走る豚」誕生秘話_a0254656_17353496.jpg豚の放牧地は全部で24ヶ所あり、それをローテーションで利用しています。
この壮大な敷地は、もともと西日本一の養蚕農家さんの土地でした。時代の流れと共にこの土地を手放さざる負えなくなった時、産廃業者が、産業廃棄物の処分場(埋立地)を作ろうとしました。

走る豚 「やまあい村」と「走る豚」誕生秘話_a0254656_17391963.jpgそれに対し、武藤さんが中心となり反対運動を起こし、最終的には買い取り、この場所に「やまあい村」を作りました。
最初は、完全無農薬の野菜つくりをやっていこうと思ったのです。

走る豚 「やまあい村」と「走る豚」誕生秘話_a0254656_1748784.jpgこの壁画は、外国人の女の子が書いたのだそうです。
この広い敷地を利用して、同じように農業をする人が集まり勉強したり、いろんな人にどうしたらみんなが楽しく仲良く暮らせるかを語り合ったり、そんな場所にしたいという思いと共にスタートしました。

走る豚 「やまあい村」と「走る豚」誕生秘話_a0254656_17572986.jpg敷地内には、この展望所があり、その奥にはなんと、「ピザ釜」もあるんですよ!
「WWOOF」の受け入れも行っています。「WWOOF」とは、お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換するしくみです。その思いも広がり、現在は外国からの研修や旅行者の受け入れもしています。すでにのべ200名の外国人の方がホームステイしたのだとお話いただきました。

走る豚 「やまあい村」と「走る豚」誕生秘話_a0254656_18204755.jpg「最初は無農薬野菜を作ろうとしたとたいね。でも、ほんと苦労の連続よ!まず、やはり良いものができない!できても売れない!豚もゲージで飼ってたけん、『どうせ土地が荒れるくらいなら、狭い中に暮らさせるよりもここに放してやろう!』って、なかばやぶれかぶれの、やけっぱちで豚を放してみたとたい!」

走る豚 「やまあい村」と「走る豚」誕生秘話_a0254656_18254617.jpg「そしたら、最初こそ恐る恐るだったけど、30分もすると豚が走るじゃなかね!!30年間豚を飼ってきて、こうして走る姿をホント初めて見たとたい!」
「では、そのとき『これだ!成功する!!』と思ったのですか?」とたずねると、
「そのときは、これで成功するなんてことは、全く思わんだったよ。とにかく、その豚たちのイキイキとして輝いた目、嬉しそうな表情、元気に走る姿に、とにかく心から感動したとたいね・・・。このほうが絶対に豚のためには良い!と確信したとたいね!」

走る豚 「やまあい村」と「走る豚」誕生秘話_a0254656_18373959.jpg「やまあい村」では、武藤様と奥様、二人の息子さんとで、約130頭の『走る豚』を飼育しています。
エサにかかるコスト、広い敷地で育てる労力、手間ひまなどなどで、広い場所があっても、そうそう簡単にできることではありません。
約15年間『走る豚』を育ててきて、その間に様々な経験を積みスキルを上げ、いろんな失敗も重ね技術を高めて、やっとここまできました。
その、15年間の苦労と失敗、そこでのがんばりと成功についてもお聞かせいただきましたが、そのお話はまた後日・・・。
さらに取材をさせていただき、このブログでご紹介いたします。
「笠くん!すぐ近くにいるとだけん、遠慮せずにいつでも遊びにおいで!!」武藤さんはそう言って、取材を終え帰る私を見送っていただきました。
同じ、熊本県菊池市水源を愛するもの同士、様々なことで協力して力を合わせていければと思います。
「やまあい村」とても素敵なところです!
「やまあい村」も、『走る豚』も、そして代表の武藤計臣さんも、大好きになりました。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

by flcps | 2013-05-15 18:59 | 走る豚 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/17792847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 山あいの南高梅 平成25年度「... 走る豚 「やまあい村」の豚たち... >>