ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

肥後グリーン 順調に開花!でも、至高の1玉のために摘花します

FLC日記 2013年4月4日(木) 晴れ
「順調に花が咲いていますよ!でも、これらはまだまだ全て摘花しないといけないんです。1つの苗から、至高の1玉の『肥後グリーン』を育てるには、実らせる場所が大切なんです!!」
そうう話いただいたのは、「岡山農園」の岡山祐大さんです。
熊本県山鹿市鹿央町の「岡山農園」さんは、爽やかなグリーンのマスクメロン『肥後グリーン』を栽培しています。
a0254656_17455844.jpg
これが、『肥後グリーン』の花です。
小さくてとてもかわいらしい黄色の花ですね。

a0254656_1852792.jpg「これは、脇芽に咲いた花なんです。ですから脇芽ごとかいでいきます。まだ、実らせる場所の花じゃないからです。実らせる枝の下に8枚、上にも8枚の葉っぱを付けさせることがベストです。せっかく咲いた花ですが、この場所では至高の1玉はできないんですよ!」

a0254656_1810554.jpg「ちょうどこのあたりに実らせたいんです。これから支柱を立てて、『肥後グリーン』の果実は宙に浮かせて実らせます。1本の苗の真ん中あたりの最高の場所の花を受粉させ実らせるんです。だから、まだまだ成長の半ばってとこでしょうか?今は、どんどん本木が伸びるようにしっかり手入れをしているところです。」

a0254656_181754100.jpgこれは、『肥後グリーン』の苗の生長する最前線です。
すごく元気にイキイキとしています。「岡山農園」さんの有機肥料を使った土つくりと、惜しまぬ手間ひまの賜物ですね!

a0254656_18255593.jpg「笠さん、もう1つお話しすると、メロンは「両性花」といって、雌花なのに雄しべがあるんです。だからこの先が風に揺られて触れあっても受精するんですよ。でもここは、ハウスの中なので、その受粉作業はミツバチたちに任せます。もちろん今は、最高の場所の花は咲いていないので、ミツバチたちも入れていませんけどね!」と、お話いただきました。

a0254656_18333264.jpg「うちでは、1本の苗からたった1玉の『肥後グリーン』を育てるのです。もちろん実らせようと思えば、2つでも3つでもそれ以上も実ります。でも、本当に美味しい『肥後グリーン』は、この苗がそのたった1玉に、全精力を注ぐからこそ作ることでできるんです。だから今は、苗が全精力を費やすことができる環境つくりをしています。脇芽を摘み、不要な花も摘み、本木が元気に伸びるように必死に手をかけています。だから、本当に今が一番大切なときじゃないですかね!!」

a0254656_18451279.jpgこれは、昨年6月の様子です。
『肥後グリーン』は、通常このようにツルを縦に伸ばして育てます。
風通しや日当たりを考慮した栽培方法です。
もちろんこの後に育てる『肥後グリーン』はこのように育てますが、今回取材したハウスは例年より1ヶ月ほど早く定植しました。

a0254656_18511063.jpg本来ならこの成長だと、すでに上に伸びるように手をかけているところですが、例年より1ヶ月早く定植したこのハウスは、“地這え”という栽培方法で育てています。地熱を利用し、寒さ対策をしているのです。今年の早い定植を見据えて、昨年、上に伸ばす栽培方法と、一部地這えの栽培方法の2通りを試し、今年の1ヶ月前の定植に向け研究しました。
このハウスは、その2通りから、地這え栽培かつ、果実は中に浮かせて実らせる、この時期のベストの栽培方法を良いとこどりした、“ハイブリッド栽培”で元気に成長中です。

a0254656_1954399.jpg「岡山農園」さんでは、今回お話をうかがった岡山祐大さんのお父さん、お母さんの豊富な経験と、お兄様の和功さん、そして祐大さんの向上心と研究心で最高級のメロンを育てています。
今年の早めの定植のことを見据えて、昨年2パターンの栽培を試したからこそ、このように元気な芽が伸びているのです。

a0254656_199394.jpg「岡山さん!かなり忙しいんでしょ?なんだか3D化してるすごいヘアースタイルですよ!笑」と私が言うと、
「ハハ八ッ!ばれました!笑朝起きたらそのまますぐにハウスに来てるんですよ!髪のことなんか気にしてられないくらい忙しいんですよ。それにまさか今日笠さんが取材に来るとは思わなかったので・・・」と笑顔でお話いただきました。『肥後グリーン』の苗と同様、岡山さんも今は、全精力を『肥後グリーン』に費やしているんですね!

a0254656_19124359.jpg『肥後グリーン』は糖度が17度と最高級でありながら、爽やかな甘さが特徴のメロンです。もう1つの特徴はシャキシャキとした食感です。
昨年も、「FLCパートナーズストア」では、「岡山農園」さんの『肥後グリーン』をネット独占販売させていただきました。
同じく、「岡山農園」さんが育てる、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』のいずれも、大変ご好評いただき今年も「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売いたします。
ただし、いずれも「岡山農園」さんにお願いして、最高級のものだけを“特選”していただくため、数量限定での完全予約販売です。
いずれも5月下旬よりの販売予定です。
これからも、成長の様子や岡山さんの匠の技、さらには素敵なヘアースタイル(違うか!笑)など、取材をしてこのブログでご紹介していきます。
昨年食べた『肥後グリーン』のさわやかな甘味と食感が、この写真を見てよみがえりました!!
私もすごく楽しみです!早く食べたいなぁ・・・。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2013-04-04 19:40 | 熊本メロン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/17566586
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 幻の白い「長生たけのこ」 たけ... 長尾ブランドの「切り干し大根」 >>