人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

水源キウイ 完全無農薬栽培で育てました その2

FLC日記 2012年11月8日(木) 晴れ
昨日に続き、『水源キウイ』のご紹介です。
ここ(株式会社旬援隊)では、完全無農薬で『キウイ』を育てています。
水源キウイ 完全無農薬栽培で育てました その2_a0254656_9541218.jpg
11月になり、追熟は必要ですが、甘酸っぱい味がたまらないキウイたちがたくさん実りました。
キウイは、多くの方々が夏の果実と言うイメージをお持ちでしょうが、収穫時期は11月から12月です。
夏に店頭に並ぶキウイはそのほとんどが海外(95%がニュージーランド)からの輸入商品です。
ですから、国産キウイの“旬”はこの冬の時期と言えます。
ちなみに、生産量が最も多い国は、なんとイタリア(約31%)なんです。
続いて、ニュージーランドの約28%となっています。
3位のチリ(約16%)を合わせると、その3カ国で世界の約3/4を生産しています。
日本は8位ですが、生産量からすると約3万トンの2%ちょっとと言うところです。

水源キウイ 完全無農薬栽培で育てました その2_a0254656_101269.jpgキウイにはオスの木とメスの木があって、タイミングよく両方が咲いて受粉しないと実らないと前回お話しました。ここのキウイはメスの花が先にに咲くので、知り合いからオスの花の枝を分けていただき手作業で受粉させ本当に一苦労でした。これは、やっとここに咲いたオスの花です。

水源キウイ 完全無農薬栽培で育てました その2_a0254656_10175215.jpg5月中旬、キウイの花が満開です!とても甘い香りがして、私も大好きです。
ただ、この時期“摘花”作業をしなければいけません。キウイはこのようにたくさんの花を咲かせます。その数が多すぎると、果実を大きく育てることができません。

水源キウイ 完全無農薬栽培で育てました その2_a0254656_1027292.jpg 本来なら、“摘蕾”といって、このつぼみの時期に摘んであげます。
ですから、オスの花が咲いてからは、それよりも遅いメスの花はつぼみの段階で上手く摘んであげて、大きな果実を実らせるよう作業をしました。

水源キウイ 完全無農薬栽培で育てました その2_a0254656_10331671.jpg5月の下旬。その後も、“摘果”といって、果実を選定する作業が続きます。
枝から、2又、3又に分かれて果実が実るケースがあるので、1つだけに絞る作業です。
また、大きな枝からたくさんなりすぎても、果実が太らないので、ほどよい数(6~8個)にしてあげるのです。

水源キウイ 完全無農薬栽培で育てました その2_a0254656_10395485.jpg6月下旬になると、随分とキウイらしくなってきました。
まだ、青々としてますね。これからは、小さなものや受粉が弱く変形しているものをさらに摘果していかないといけません。

水源キウイ 完全無農薬栽培で育てました その2_a0254656_1044887.jpg7月、8月の真夏の時期は、キウイたちが競い合うように葉っぱを伸ばしていきます。
キウイ棚の下は日陰になりとても気持ちが良いです。太陽に向かって大きく広げた葉っぱで、たくさんの養分を作り果実に送り込んでいきます。日に日に果実が大きくなるのがわかるのもこの時期です。

水源キウイ 完全無農薬栽培で育てました その2_a0254656_10492346.jpg9月中旬には、キウイの大体の大きさが確定します。
ここでは、近くにキウイのを栽培されているところが無いおかげか、ほとんど病気や虫の害がありません。
全く消毒をすることも無く、元気に育っています。

水源キウイ 完全無農薬栽培で育てました その2_a0254656_10532156.jpg10月下旬、葉っぱの色が抜けめ、落葉し始めます。
いよいよ収穫の時期も近づいていきました。
この時期、自然に落果するキウイがありますが、それらはもう食べごろです。樹上完熟の美味さを楽しめるので、おやつとしていただいていました。

水源キウイ 完全無農薬栽培で育てました その2_a0254656_1115367.jpgここで育った3種のキウイを一部収穫しました。
手前の2つ、産毛が生えたようなキウイはグリーン種です。
右の4つは、ゴールド種で少し小ぶりですが、とても甘いキウイです。
左の大きめの2つも同じくゴールド種ですが、先ほどのよりも甘酸っぱい味になります。
いずれも収穫後、追熟させることにより糖度が高くなり美味しくいただけます。
保存方法は、ビニール袋に入れて、氷点下にはならない涼しいところで保管してください。
その際は、封をせずあくまで乾燥を防ぐ程度とお考え下さい。
また、キウイが硬い場合は、リンゴと一緒にビニール袋に入れる(この場合は封をする)と、リンゴから出る「エチレンガス」が、キウイの追熟を促します。
指で押してみてやわらかくなったら食べごろです。
水源キウイ 完全無農薬栽培で育てました その2_a0254656_1115618.jpg
キウイフルーツは、ビタミンCや食物繊維が豊富な食物です。
ビタミンCが多いので風邪予防に効果的です。
また、カリウムも多く含んでいて、高血圧や動脈硬化、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、糖尿病の予防効果が期待できるといわれています。
また、最近の研究結果では、ガンの要因となる変異タンパク質を抑える効果もあり、がん予防にも期待されています。
食物繊維量も多く含むのでお通じにもいいようです。
豊富に含まれるビタミンCとの相乗効果で美容効果も期待できますね!
さらには、「アクチニジン」という、お肉をやわらかくする“タンパク質分解酵素”も多く含まれ、消化を促進する効果があります。

最近、石原さとみさんのテレビCM効果もあり、さらにキウイフルーツがさらに注目されています。
しかし、店頭に並ぶほとんどが、海外からの輸入のものです。

「FLCパートナーズストア」では、オリジナルブランド第4弾として、『水源キウイ』の販売を準備中です。
健康や美容にも効果的だといわれるキウイフルーツぜひご賞味下さい。

『水源キウイ』は、完全無農薬栽培で育てたキウイフルーツです。
その中から、大きさ、形を選びぬき、“厳選キウイ”だけをお届けいたします。
熊本県菊池市菊池水源の、豊かな自然ときれいな水で育つ、安心・安全の『水源キウイ』ご期待下さい。
厳選商品のため、数量限定の販売となります。
近日中に、弊社ホームページで商品アップいたします。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2012-11-08 11:50 | 水源キウイ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/16757774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 原木しいたけ 肉厚生しいたけ『... 水源キウイ 完全無農薬栽培で育... >>