人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

大山ファーム 「夢キュウリ」の剪定

FLC日記 2012年9月11日(火) 晴れ
熊本県合志市の「大山ファーム」さんに取材にうかがいました。
「大山ファーム」さんでは、土壌微生物活性材ハイパワー『夢』を使った夢ブランドのキュウリ、スイカを育てています。
大山ファーム 「夢キュウリ」の剪定_a0254656_16534197.jpg
8月17日に植え付けをしたキュウリの苗に、キュウリの赤ちゃんが出来ていました。まだ、花も残ったままのキュウリの赤ちゃんは、約2センチほどで、それだけ見ても決してキュウリとは分からないほどです。
キュウリの花がこのような鮮やかな黄色をしていたこと、ご存知でしたか?
もうすでにたくさんの花が咲いていましたよ。

大山ファーム 「夢キュウリ」の剪定_a0254656_17304787.jpgここまで成長する前には、1手間も2手間も、匠の技がありました。最初の2~3枚の葉っぱをすでに切り落としてありました。
そうすることで、上への成長が促進されます。風通しが良くなるという利点もあるとのことでした。

大山ファーム 「夢キュウリ」の剪定_a0254656_1735081.jpgまた、キュウリから伸びるつるだけでは、キュウリがたくさん実るとネットから離れてしまいますので、このようなテープで要所要所を止めてありました。
とても優しいタッチの止め方です。けっしてキュウリを傷つけないように包むように止めてありました。

大山ファーム 「夢キュウリ」の剪定_a0254656_17382622.jpgその作業は、この専用の機械で行います。ホッチキスとハサミを合わせたようなその機械は、付属のテープをセットしキュウリとネットを包み込むように止めるものです。
とてもに便利な機械です。作業効率を上げるためにはこの機械は欠かせないとのことでした。

大山ファーム 「夢キュウリ」の剪定_a0254656_16583748.jpg本当に元気に育っています。
準備していたキュウリ用のネットを大きく超えて成長中です。このまま放っておくと、ハウスのビニールまで届くほどに伸びるのだそうです。

大山ファーム 「夢キュウリ」の剪定_a0254656_17221385.jpgそうなる前に、キュウリの頂芽を切り取ります。
縦への成長を止め、枝を出させるための剪定です。「大山ファーム」のスタッフの宮木さんにその様子を教えていただきました。

大山ファーム 「夢キュウリ」の剪定_a0254656_17242890.jpgその作業は、ハサミではなくカッターで行われていました。
ハサミだと芽をつぶすような形になるし、手でかぐと、キュウリの表皮がむけるようになり病気になりやすいからだそうです。見事に真っ直ぐ切られていますよね!

大山ファーム 「夢キュウリ」の剪定_a0254656_17274496.jpg頂芽を選定する作業と共に、主幹から伸びた枝の剪定も行っていきます。
葉っぱを2枚残して写真のカッターを当てているところで切り落とします。そうすると、その葉っぱが出ているところに花が咲き、キュウリが実るです。
大山ファーム 「夢キュウリ」の剪定_a0254656_17435057.jpg
最初の2~3枚の葉を切ってもらい、足元がすっきりしたキュウリ達です。
ネットと優しく包むようにテープで要所を止めてあります。
すでに脇芽も伸びて2枚の葉っぱを残しカットされています。
その枝から花が咲き、赤ちゃんキュウリが元気に育っていました。

朝の光に照らされ、とてもきれいですね!
たくさんの太陽の光と、土壌微生物活性材ハイパワー『夢』で育った力強い大地、「大山ファーム」さんのたくさんの愛情を受けて『夢キュウリ』は元気に成長中です!
収穫まではまだまだたくさんの手間ひまが必要です!今後も取材を続けていきたいと思います。
この中には、お手伝いで私が植え付けをしたキュウリの苗もあります。
その成長も確認しました。たくさんのキュウリを実らせてくれるのが楽しみです。

「FLCパートナーズストア」では、このように作物が育つ過程や農家さんの苦労、匠の技をご紹介しながら、“本物”と呼べる最高の食材を販売しています。
下記よりホームページをぜひご覧下さい。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2012-09-11 17:58 | 夢キュウリ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/16165446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 株式会社 旬援隊 栗の収穫と私の思い 砂田米 夏雲と稲穂 >>