人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

菊池水源茶 『菊池水源茶』発祥の地

FLC日記 2012年7月4日(水) 雨
『菊池水源茶』ってご存知ですか?
私のブログでは、たびたびご紹介させていただいていますが、とても希少なお茶です。
とりわけ有機抹茶は、京都などの一部地域のみに出荷されるだけの、一般ではほとんど入手できない“幻の一品”と言われています。
今日は『菊池水源茶』発祥の地のお話です。
菊池水源茶 『菊池水源茶』発祥の地_a0254656_17431058.jpg
熊本県菊池市菊池水源・・・
阿蘇外輪山から有明海に流れる菊池川の源流です。

菊池水源茶 『菊池水源茶』発祥の地_a0254656_17452986.jpg菊池水源はその名の通り、水の源であり、上流にある『菊池渓谷』は、日本森林浴の森百選や日本名水百選にも選ばれた、水と緑が美しい観光スポットです。
菊池川の水の源のこの地域に、美しい茶畑が広がります。

菊池水源茶 『菊池水源茶』発祥の地_a0254656_17502489.jpg『菊池水源茶』生産農家の「赤星武利」さんにお話をうかがいました。
この日は、有機栽培で育てている茶畑の選定作業をされていました。
赤星さんによると、昭和7年に「菊池水源茶発祥の地」の記念碑が立つあの茶畑に、お茶の種を蒔き栽培を始めたのが起源とのことです。そのときのお茶の種は、「おそらくこの辺りにたくさんあった自生していたお茶から採取したのではなかろうか?」とのことでした。

菊池水源茶 『菊池水源茶』発祥の地_a0254656_17543939.jpgその1枚の茶畑からスタートした『菊池水源茶』は、この地域の特産品として生産されています。水も大地も空気もきれいな水源村でこそ育つ特別なお茶です。

菊池水源茶 『菊池水源茶』発祥の地_a0254656_1804667.jpg菊池水源は、深い霧の立つ標高500mの山あいです。
昨日の私のブログでも、この地にある弊社の近況の話で、その霧深さはお解かりいただけると思います。
朝夕の寒暖差が非常に激しく、お茶に最も適した自然環境です。

菊池水源茶 『菊池水源茶』発祥の地_a0254656_1885779.jpg上の写真は「川口荘一」さんが育てる最初のご紹介した幻の一品の菊池水源有機抹茶『雲上の白』の専用茶畑です。
独自の栽培方法と菊池水源のお茶の栽培に最も適した環境が、濃い緑色の抹茶を育てます。

菊池水源茶 『菊池水源茶』発祥の地_a0254656_18124291.jpg『菊池水源茶』には、この地域独特の製茶法で作られる『玉緑茶』があります。
荒茶製造工程の途中までは、一般的に飲まれることの多い「煎茶」と変わりませんが、精揉工程(最後にお茶の形を細長く真っ直ぐに整える工程)がなく、回転するドラムに茶葉をいれ熱風を通し乾燥させます。そのためにお茶の葉がよれておらず、丸いぐりっとした形状に仕上がります。その形状から『玉緑茶』のことを『ぐり茶』と呼ばれることもあります。
清涼感がありさっぱりとした味わいに加え、ほどよい渋みもあり人気の高いお茶です。

「FLCパートナーズストア」では、上記にご紹介した幻の一品、菊池水源有機抹茶『雲上の白』、人気ナンバーワンの菊池水源『玉緑茶』も含めた、4種類の『菊池水源茶』を販売中です。
ご興味のある方は、下記ホームページよりよろしくお願いいたします。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2012-07-04 18:29 | 菊池水源茶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/15697409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 肥後グリーン 糖度17度!今回... 霧深い山奥と覚悟はしてましたが・・・ >>