人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本梨 本藤果樹園 袋かけ&幸水・豊水順調です

FLC日記 2012年6月30日(土) 雨
秋の定番の果物といったらやっぱり“梨”ですよね・・・。
熊本県菊池市戸豊水(とりうず)の「本藤果樹園」さんでは、3種類の梨を育てています。
熊本梨 本藤果樹園 袋かけ&幸水・豊水順調です_a0254656_17492571.jpg
自ら経営する直売所で、全て完売する自慢の梨を生産する匠の農家さんです。
↑これは、最初に出荷される「幸水」という梨です。約300g。
とてもみずみずしく、食感が良い梨です。甘味があり、酸味は少なく多くの方に好まれる、最もポピュラーな梨ですね。

熊本梨 本藤果樹園 袋かけ&幸水・豊水順調です_a0254656_17525062.jpg「豊水」も順調です。
幸水よりちょっと大きめの約380gで、酸味と甘味のバランスが良く、とてもみずみずしいのですが、少しやわらかいので、年配の方やお子様にも大変人気です。
いやぁ、それにしても「本藤果樹園」さんはいつお邪魔してもきれいに整備されていますね!

熊本梨 本藤果樹園 袋かけ&幸水・豊水順調です_a0254656_1756249.jpg「新高」には、袋かけの作業が行われていました。
前の2種より大きめで、重さは約450~500g程度。果肉のキメは少し荒いのですが、これを樹上完熟もぎたてで味わえば、それはそれは格別の美味さです!
「本藤果樹園」さんでは、その中でも約800~1000gのジャンボサイズの「新高」も生産しています。

熊本梨 本藤果樹園 袋かけ&幸水・豊水順調です_a0254656_1832331.jpg作業を止めて本藤さんにお話をうかがいました。
「ジャンボサイズまで育てて樹上完熟させると、それはもう今までの「新高」のイメージがごろっと変わるよ!美味さはもちろんのこと、新高の荒い食味なんて、ここのにはないからね!」
「本藤果樹園」さんでは、直売所で販売しているので、全て樹上完熟の梨のみを生産しています。
ジャンボサイズの新高の樹上完熟!これは匠の技でなしえることです。

熊本梨 本藤果樹園 袋かけ&幸水・豊水順調です_a0254656_18202886.jpg見てください、摘果されたこのおびただしい梨の数を・・・!
上向きに果実を実らせようとしているものや、形の悪いものに加え、枝にバランスよく実をつかせるためにこのように徹底的に摘果していきます。
こだわりの匠の技でなしえるもので、私なんかもったいなくて到底この数の摘果はできません。

来年以降の樹木の体力も考えて・・・
大きく実らせるため・・・
甘く実らせるため・・・
そう!至高の梨を作るためにこの数を摘果していくのです。


熊本梨 本藤果樹園 袋かけ&幸水・豊水順調です_a0254656_1827329.jpg完熟まで樹上にあるためには、梨1個1個が元気でないとできません。一番怖いのは台風!手塩に掛けた梨たちが1番で全てダメになることもあるとか・・・。
これから収穫までは、1日たりとも気が抜けない日々が続きます。

熊本梨 本藤果樹園 袋かけ&幸水・豊水順調です_a0254656_1828387.jpg
「FLCパートナーズストア」では、この「本藤果樹園」さんの樹上完熟梨を販売に向け準備中です。
本来、直売所で全て完売するとっておきの梨です。ですから、「本藤果樹園」さんに無理言って、数量限定での販売をさせていただきます。

販売予定品種は
「幸水(こうすい)」
「豊水(ほうすい)」
「新高(にいたか)」→ジャンボサイズのみ
の3種類です。

樹上完熟で一番美味しく食べていただくことにこだわりの「本藤果樹園」さん・・・
弊社では発送後、翌日もしくは翌々日の配達ができる旨、何度も何度も説明し、何とか販売の許可をいただきました。
「朝採りの梨を、即日発送して、遅くとも翌々日までには届くのであれば・・・」というのが、販売に関してどうしても“こだわり”の条件でした。
絶対の自信と、樹上完熟にこだわる訳は、「お客様に一番美味い状態で食べていただきたい!」ただそれだけです。
「FLCパートナーズストア」では、販売に向け全力準備中です!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2012-06-30 18:44 | 熊本 梨 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/15671147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 原木しいたけ 本伏せ作業 その1 熊本スイカ『黒小玉(ひとりじめ... >>