人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

原木しいたけへのこだわり 小春農園

FLC日記 2012年4月22日(日) 雨
小春農園さんのしいたけの取材日記です。
原木しいたけを栽培していて、収穫したその日に乾燥させ、香り、旨み、味をぎゅっと閉じ込めています。
原木しいたけへのこだわり 小春農園_a0254656_1229178.jpg
出荷前の乾燥しいたけを特別に見せてもらいました。
開けた瞬間の香りのいいこと・・・
大きさによりきちんと箱に分けられたしいたけは、空けた瞬間輝きを放っていました。
東京へ出荷を待つ、極上乾燥しいたけです。

原木しいたけへのこだわり 小春農園_a0254656_1234528.jpg小春農園さんでは、「原木(げんぼく)しいたけ」によるしいたけ栽培を行っています。天然のしいたけに最も近い状態での栽培です。原木しいたけのシェアは今では約20%ほどしかありません。しいたけの栽培は現在では菌床栽培が主流になってきていて毎年その割合が増えています。
その理由としては、原木しいたけの栽培には農家さんの苦労と手間ひまが必要だからです。クヌギ等の森林資源を活用した原木しいたけ生産は、生産者の高齢化等により減少傾向にあり、菌床栽培が増加してきています。
菌床栽培とは、しいたけの場合、広葉樹のオガ屑(ノコ屑)と少量のフスマ、糖類など、栄養源を混合して固めたブロック状ないし円筒状の培地にてしいたけを育てるものです。

原木しいたけへのこだわり 小春農園_a0254656_1251893.jpg見てくださいこの広さ!野球ができるほどの敷地に、原木しいたけが栽培されています。携帯電話も届かないような神秘の森です!!
小春農園さんでは、「240」と「115」と言う品種のしいたけを栽培しています。いずれも「味と香りがバツグンで歯ごたえがよく、乾燥したときの縮みも少ない」と、小春農園の小原正宏さんがお話いただきました。

原木しいたけへのこだわり 小春農園_a0254656_1313857.jpg先日お客様より、「有機しいたけを販売していますか?」とのご質問を頂きました。「有機しいたけとは言いませんが、原木で育てたしいたけで、もっとも自然に近い状態のしいたけですよ」と答えました。よくよくお話を聞いてみると、無農薬・無科学肥料で育てたしいたけが欲しいとのことでした。
小春農園さんで育てている原木しいたけは、もちろん農薬や化学肥料を一切使いません。クヌギの木の原木も、熊本県山鹿市鹿北町と、お隣の福岡県八女郡黒木町で育ったものです。
原木しいたけの栽培が減少しているのは、原木の確保と、何よりその手間ひまが大変だと言うことに起因しています。
それでも小春農園さんが原木しいたけにこだわるのは、天然に近い状態で作ることにより、味・香り・旨み・そして、しいたけの肉厚が全く違うからです!!!
さらには、食の安全を問われるこの時代!小春農園さんのしいたけは、近隣の学校給食にも採用されています。

原木しいたけへのこだわり 小春農園_a0254656_13304615.jpg春の生しいたけの旬な時期はもう終わりに来ています。
これからは乾燥しいたけがメインです。小春農園さんの乾燥しいたけは、収穫したその日に自家工場で乾燥させています。新鮮なままの状態をぎゅっと閉じ込めた絶品です。
乾燥の過程も取材させていただきました。また後日ブログでご紹介します。

FLCパートナーズストアでは、熊本県山鹿市鹿北町、小春農園さんの特選山の幸『熊本しいたけ』を販売中です。「冬菇(どんこ)」、「香菇(こうこ)」を中心に最も使いやすいサイズにそろえた乾燥しいたけをぜひご賞味下さい。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2012-04-22 13:34 | しいたけ 原木しいたけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/15107495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 原木しいたけ 匠の乾燥作業 小春農園 長生たけのこ これぞ幻の一品! >>