人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

砂田米 れんげとみつばち

FLC日記 2012年4月17日(火) 晴れ
昨日に続き、熊本県菊池市七城町砂田の『砂田米』農家、野中さんの取材日記です。

砂田米 れんげとみつばち_a0254656_9242241.jpg江戸時代から旨いお米の代名詞と言われた熊本県七城町砂田のお米、『砂田米』!
“天下第一の米”と称されて将軍家や皇室への献上米としての歴史があります。
この地で育つ七城米は、東京で行われた料理新聞社のコンテストにおいて、“おいしいお米日本一”に輝きました。
その地に田んぼを持つ野中さんが「自分が食べるのに安全で旨い米を作りたい!」とれんげを使った肥料で『れんげ米』としてこだわりぬいて育てています。
このれんげは、花が咲き終えると耕かされ、田んぼに肥料として巻き込まれます。今は、専属の養蜂農家さんがたくさんのミツバチを連れてきて、れんげの蜜でハチミツを採取しています。
砂田米 れんげとみつばち_a0254656_9284919.jpg
見てくださいこのミツバチの群れ!!!
写真に写る白い一つ一つの点が全てミツバチです。
野中さんが作る『砂田米』の田んぼには今、れんげが咲き誇っています。そこから直線距離にして約2kmの野中さんの所有する地に、養蜂農家さんが持ってきたミツバチの巣があります。

砂田米 れんげとみつばち_a0254656_9324971.jpg全部で50個ほどでしょうか、その一つ一つがミツバチの巣で、それはそれはおびただしい数のミツバチたちがいました!
最初は近寄るのが怖くて遠くから恐る恐る写真を撮っていました。

砂田米 れんげとみつばち_a0254656_9362115.jpg意を決し、そぉ~っと近づき「パチリ!」何とか撮影に成功しました。
かなり警戒されています。もう一枚採ろうとしましたが、ハチ達の羽音が変わり明らかに警戒(敵対)している様子・・・。すぐさま退却し、後は遠くから見ていました。

本当はもっと観察してみたかったのですが、あれだけの数のミツバチを見たのは私も生まれて初めてで、何の防御対策もしていなかったので、やはり怖かったですね・・・。
少し風向きが変わり、風下になるとなんだか甘い香りがしました。ミツバチたちのハチミツの香りかと思います。少しだけでも味見程度に食べてみたかったのですが、この日は私一人で立ち寄ったので、専門の養蜂業者さんもいませんし、何より怖かったので、あきらめることにしました。


砂田米 れんげとみつばち_a0254656_957524.jpg野中さんの『砂田米』はれんげを肥料にすることにこだわった特別のお米です。 
秋に『砂田米』を収穫したあとの田んぼは見事に整備され、12月にれんげの種を蒔きます。年が明けると少しずつれんげが芽吹きだし3月にはその一面がれんげ畑です。4月にはこのようにれんげの花が咲き、ハチ達が蜜を集め、その使命を終えたれんげたちは、肥料として田んぼに巻き込まれていきます。

この砂田の地で、れんげを肥料に使ったお米を育てている農家さんはとても少なくなりました。
お米の裏作ができないことと、コストもかかることがその要因です。
野中さんは、やはり自分が安全で上手い米を食べたいからと、れんげにこだわり『砂田米』を育てています。
「FLCパートナーズストア」で独占予約販売中です。
“わが家の専用農家さん”の野中さんが育てる、こだわりれんげの『砂田米』!ご飯が「ごちそう」になるお米です。
ぜひホームページからチェックしてみてください。

ホームページはこちら

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2012-04-17 10:16 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/15064288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< たらの芽は今が最旬!!! 砂田米 れんげの花が咲きました >>