人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

熊本スイカ 肥後漫遊 徹底管理と受粉

FLC日記 2012年4月11日(水) 雨
熊本スイカ『肥後漫遊』を先日、取材させていただきましたのでそのご報告です。熊本県山鹿市の『肥後漫遊』農家、石貫農園さんに伺いました。
熊本スイカ 肥後漫遊 徹底管理と受粉_a0254656_91049100.jpg
生育中のスイカです。
手前に白い棒が立っているのがわかりますか?
これは大事な目印です。

熊本スイカ 肥後漫遊 徹底管理と受粉_a0254656_9125421.jpgこのように緑色の目印の棒を立ててあるところもあります。
これは、スイカが受粉してスイカの果実として成長している過程を一目でわかるように立てられたものです。全部で6色の目印棒を使って管理していきます。最初の写真の白い目印棒のスイカは受粉が早かっため成長が早いです。受粉後約45日前後が出荷の目安です。

熊本スイカ 肥後漫遊 徹底管理と受粉_a0254656_917567.jpg同じように手をかけ時間をかけて丁寧に育てていっても、やはり生き物です。その成長の過程や受粉の時期によってスイカの果実のできる時期は微妙に異なります。それを全てきちんと管理し、最旬のタイミングで出荷できるように徹底管理をしていくのです。自分が納得できるスイカしか出さないという、石貫さんのこだわり、匠の技ですね。

熊本スイカ 肥後漫遊 徹底管理と受粉_a0254656_9221170.jpg受粉作業の様子を撮らせていただきました。奥様もとてもお忙しそうに作業されている中、手を止め私の撮影にご協力いただきました。
このように、1つ1つ受粉させていきます。とても気の遠くなるような手作業です。しかし、この作業をすることで確実な受粉ができ、1本1本にスイカを実らせることができるのです。

現在は、初出荷の『肥後漫遊』の受粉作業はおおむね終わっています。
1本の苗から“たった1個”の最高のスイカを作り上げるために、摘心、摘果作業が行われています。
・摘心・・・新梢の先を早くに摘むこと
・摘果・・・1個を残し果実を摘み取ること
摘心・摘果作業については、また後日ご報告させていただきます。

今年は春先の天候不良で、なかなか思うようにスイカたちが成長できていないとのことです。
スイカ一筋20年の石貫さんにも経験のないような天候不良とのこと・・・。だからこそ、この目印棒をフルに活用することで、徹底管理した“本物”のスイカをご提供できると思います。
石貫さんが本当に納得できたこだわりスイカの中から、さらに選びぬいた極選のスイカだけを、今回「FLCパートナーズストア」で販売いたします。
「あの子達がまっているから・・・」石貫さんはそう言って、話もそこそこで、またハウスの中に戻っていきました。
今は毎日毎日が待ったなしの真剣勝負です。これほどの愛情を注がれたこだわり極選スイカを、ぜひご賞味いただきたいと思います。
しかしながら、数量限定の完全予約販売です。残りわずかとなってまいりました。大変恐縮ですが、定数になり次第締め切らせていただきますので、ご予約はお早めにお願いいたします。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2012-04-11 10:22 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://flcps.exblog.jp/tb/15021171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 薪割り 薪之介は“大食漢” しいたけ 清流の里の原木しいたけ >>