人気ブログランキング |
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

スナップエンドウ「シャキ甘“菊光”」 令和2年の出荷は2月中旬より 今年は2回仕立てで元気に成長中!

FLC日記 2020年1月18日(土) くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、令和2年度も、「稲田農園」さんの、スナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』をネット独占販売いたします。
スナップエンドウ「シャキ甘“菊光”」 令和2年の出荷は2月中旬より 今年は2回仕立てで元気に成長中!_a0254656_16515212.jpg

今期は、予定より少し遅れ、令和2年2月中旬よりの出荷予定です!

スナップエンドウ「シャキ甘“菊光”」 令和2年の出荷は2月中旬より 今年は2回仕立てで元気に成長中!_a0254656_16542747.jpg昨日、熊本県菊池市赤星にある、「稲田農園」さんのスナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』の栽培ハウスに、現在の成長の様子を現地取材に伺いました。
ホント、いつ伺ってもきちんと手をかけて育ててあるハウスだと言うことが一目でわかります。
わかると言えば、いつもと異なる栽培方法に、私はすぐに気が付きました。

スナップエンドウ「シャキ甘“菊光”」 令和2年の出荷は2月中旬より 今年は2回仕立てで元気に成長中!_a0254656_16565778.jpg右側の上にしっかりと伸びているスナップエンドウたちは、12月下旬に種を撒いたものです。
その手前に、芽吹いたばかりのスナップエンドウたちが成長しているのです。

スナップエンドウ「シャキ甘“菊光”」 令和2年の出荷は2月中旬より 今年は2回仕立てで元気に成長中!_a0254656_17040039.jpgこちらは、以前取材したこの時期の様子です。
例年通りなら、こうして“芽カギ”と言う作業を施しながら、選んだ脇芽を伸ばす準備をしているのです。

スナップエンドウ「シャキ甘“菊光”」 令和2年の出荷は2月中旬より 今年は2回仕立てで元気に成長中!_a0254656_17060704.jpgこの脇芽を改めて育て、収穫時期を長くできるよう栽培していました。
しかし、今年は新たに種を撒きその全く新しい苗で、長期にわたり収穫しようとしていました。

スナップエンドウ「シャキ甘“菊光”」 令和2年の出荷は2月中旬より 今年は2回仕立てで元気に成長中!_a0254656_17075656.jpgこちらは現在(昨日)の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

スナップエンドウ「シャキ甘“菊光”」 令和2年の出荷は2月中旬より 今年は2回仕立てで元気に成長中!_a0254656_17084357.jpg「稲田農園」さんのスナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
時期をずらしまいた種からは、元気な苗たちが成長していました。

スナップエンドウ「シャキ甘“菊光”」 令和2年の出荷は2月中旬より 今年は2回仕立てで元気に成長中!_a0254656_17105441.jpg例年と異なる栽培方法について、「稲田農園」の稲田光児さんにうかがいました。
「同じ株の脇芽を育てて栽培するのが今までのやり方たいね。」

スナップエンドウ「シャキ甘“菊光”」 令和2年の出荷は2月中旬より 今年は2回仕立てで元気に成長中!_a0254656_17123645.jpg「すると、どうして終盤になると「成り疲れ」とでもいうか、苗が弱ってくるとたい。だけん、今年は別に種ば撒いて同じように長期にわたり収穫できるようしてみようと思ってね。」

スナップエンドウ「シャキ甘“菊光”」 令和2年の出荷は2月中旬より 今年は2回仕立てで元気に成長中!_a0254656_17143736.jpg「もちろんコストも手間ひまもかかるばってん、やっぱり良かスナップエンドウば作りたかけん、毎回工夫しながら新しい試みも入れていきよるとたい。」

スナップエンドウ「シャキ甘“菊光”」 令和2年の出荷は2月中旬より 今年は2回仕立てで元気に成長中!_a0254656_17163323.jpg「なるほど!先に育っているスナップエンドウたちは、ちょうど最初の花を咲かせたくらいですね!順調に育てば2月上旬位から出荷できますか?」と尋ねると、

スナップエンドウ「シャキ甘“菊光”」 令和2年の出荷は2月中旬より 今年は2回仕立てで元気に成長中!_a0254656_17191533.jpg「おそらくそうなると思うけど、笠くんのお客様にはしっかり選んでより良かとば出したかけん、ある程度の収量が見込めるようになる2月中旬からが良いかなぁ~。」と稲田さん。

スナップエンドウ「シャキ甘“菊光”」 令和2年の出荷は2月中旬より 今年は2回仕立てで元気に成長中!_a0254656_17260880.jpg「稲田農園」さんでは、下から10節目までの花は全て摘み取ります。
きちんと大きさがそろう10節目以降の花にスナップエンドウを実らせます。

スナップエンドウ「シャキ甘“菊光”」 令和2年の出荷は2月中旬より 今年は2回仕立てで元気に成長中!_a0254656_17280964.jpgそれより下の花のスナップエンドウは、大きさや形が不ぞろいになることが多いからです。
とにかく、納得いくまで手をかけてこだわりのスナップエンドウを育てているのです。

スナップエンドウ「シャキ甘“菊光”」 令和2年の出荷は2月中旬より 今年は2回仕立てで元気に成長中!_a0254656_17340211.jpg現在花が咲き始めています。スナップエンドウは、開花後、約25日ほどで収穫を迎えますが、この時期はもう少し時間がかかります。
おそらく稲田さんの見立て通りの、2月中旬からの出荷となる予定です。

スナップエンドウ「シャキ甘“菊光”」 令和2年の出荷は2月中旬より 今年は2回仕立てで元気に成長中!_a0254656_17450670.jpg「FLCパートナーズストア」では、令和2年も「稲田農園」さんの、スナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』をネット独占販売いたします。
今年も500gの袋詰めと、お買い得な1kgの箱詰めでの販売です。
2月上旬から先行予約の受付を始める予定です。
これからも、成長の様子やお塩まぬ手間ひまなど、現地取材にてご紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2020-01-18 17:36 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(後編)

FLC日記 2020年1月17日(金) くもり
熊本の旬の食材を販売する、「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(後編)_a0254656_16541139.jpg

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(後編)_a0254656_16524239.jpg今年も10月10日前後からの発送予定です!
『太秋柿』は、梨のようなサクサクっとした食感!ぶどうのような糖度18度をも超える甘さ!で、秋のフルーツの王様と呼ばれています。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(後編)_a0254656_16592597.jpgその中でも、「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』は、甘さがずば抜けています。
平均で17~18度の糖度の太秋柿ですが、昨年の『太秋柿プレミアム』も、糖度がなんと20度大きく超え24度を示した時もありました!!

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(後編)_a0254656_16583822.jpg本日のブログでは、昨日のブログに続き、冬の剪定作業を現地取材した様子をご紹介いたします。
今年はいつもの年とは異なる剪定です。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木にある「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園です。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(後編)_a0254656_17001294.jpg「古川果樹園」の古川孝人さんが、剪定作業を行っています。
ご覧のように、大きな幹をズバズバと切り落としています。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(後編)_a0254656_17030597.jpg「古川果樹園」さんはこのような2ヶ所の柿園で『大衆柿』を栽培しています。
こちらは“上の段”と呼んでいる柿園で、今年はこうして強く剪定して果樹全体を低く仕立てています。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(後編)_a0254656_17023628.jpgこちらは昨年同時期の剪定作業の様子です。
脚立に上り枝の1本1本を匠の目で判断しながら、剪定作業を行いました。
しかし、果樹全体が大きくなりすぎて、徹底管理が難しくなったため、今年は2ヶ所の内の1ヶ所を低く仕立て直す決断をしたのです。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(後編)_a0254656_17074891.jpg毎年行う冬の剪定では、匠の目で判断した必要な枝のみを残しています。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(後編)_a0254656_17095805.jpg「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培の様子も、もう何年も、年間を通して現地取材してきました。
収穫の様子はもちろんのこと、収穫後の落ち葉拾いも、冬の剪定や誘引も、肥料散布も、蕾、花、着果後の摘果の様子も全てです。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(後編)_a0254656_17112112.jpg『大衆柿』を育て続け25年の匠の目で、結果枝の丸くて大きな新芽の蕾を見極めその上で切ります。
枝自体の要不要の判断、残す芽の向き、そして良い芽かどうかを瞬時に判断して作業を続けているのです。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(後編)_a0254656_17153098.jpg剪定した枝は、奥様の古川アツ子さんがこうして全て拾い上げまとめています。
これらを放置すると枯れ枝から病気になる恐れがあるので、それは本当に短い枝も徹底的に排除します。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(後編)_a0254656_17171778.jpgもちろん、こうしたいつもの年同様の剪定作業は、この日取材した“上の段”の柿園ではなく、“下の段”の柿園では今年も施されます。
今年は“上の段”を徹底的に低く仕立てる剪定を行っています。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(後編)_a0254656_17191300.jpg「俺たちも年とってきたけん、無理のなかごつ指定かにゃんと思ってな!この高さまで切りそろえ、そこから芽吹く新芽に来年実らせるように仕立てよるとこたい。」
古川さんはそう話しながらも手を休めることなく、大きな幹をのこぎりで切り落としました。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(後編)_a0254656_17213137.jpg「古川さん!このあたりの残している枝には今年も『大衆柿』が実るのですか?」と尋ねると、
「そう!その子はまだ低かったけん、上に伸びとる幹は切ったばってん、その下にある結果枝は残したとたい。今年もその枝にピシャッと実るばい。」と古川さん。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(後編)_a0254656_17250126.jpg確かに、太くて丸い新芽の蕾を残してきちんと結果枝の先を摘んで(切って)ありました。
「では“上の段”でも、収穫は全く0ではないんですね?」と尋ねると、
「そうね!ばってん、例年に比べると全体の収量はかなり減るたいね。お客さんにもそぎゃん伝えといてよ!」

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(後編)_a0254656_17285580.jpg「笠さんとこの全国のお客様たちに、直接うちの『大衆柿』ば届けるごつなって、美味しいとのたくさんの声ば聞けるでしょうが、だけん俺たちもホントやりがいのあるたいね。今年は収量が減るかもしれんばってん、これからも高品質の『大衆柿』ば作り続けるために今年低く仕立てよるとたい。」
古川さんは笑顔でそう話しました。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(後編)_a0254656_17385598.jpg写真は数年前の収穫の様子を取材に伺った際のツーショットです。
「古川果樹園」の古川孝人さんと古川アツ子さんの仲良しご夫婦は、息ピッタリの二人三脚で、『大衆柿』をはじめ様々な農作物を育てる匠の農家さんです。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(後編)_a0254656_17454627.jpg今年も愛情たっぷりに“本物”と呼べる『太秋柿』を育て上げます。
この1つ1つの『大衆柿』を育て上げるには、これからたくさんの手間ひまと匠の技が必要です。
その様子はまた現地取材してこのブログで紹介いたします。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(後編)_a0254656_17474291.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『太秋柿』を、ネット独占販売いたします。
収穫した中から、匠の目で選び抜いた『太秋柿プレミアム』です。
今年も『太秋柿プレミアム』、『太秋柿プレミアム“極”』、『太秋柿プレミアム化粧箱入り』(写真)の3商品の販売予定です。
今年は、“上の段”を強剪定し低く仕立てたため、出荷量がどれくらいになるのか予想がつきません。
その分、しっかりと現地取材しお知らせするつもりです。
これからも「FLC日記」をお見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2020-01-17 17:50 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(前編)

FLC日記 2020年1月16日(木) くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(令和2年)も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』を、ネット独占販売いたします。
太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(前編)_a0254656_16462825.jpg
『太秋柿』は、熊本県が生産量日本一で、全国生産量の約半分を占めています。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(前編)_a0254656_16482074.jpg『太秋柿』の“本場”と言える大産地の”熊本県”にある、「古川果樹園」さんは、『太秋柿』を育てて25年!
まさに『太秋柿』の匠の農家さんです。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(前編)_a0254656_16512295.jpg惜しまぬ手間ひまと匠の技で、大切に育て上げ収穫し、その中から選びに選び抜いた“極選”の『太秋柿プレミアム』は、すでに今年のご予約を多数頂戴し、毎年決まって完売する弊社の大人気商品です。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(前編)_a0254656_16333029.jpg本日のブログでは、冬の剪定作業を現地取材した様子をご紹介いたします。
ここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木にある「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園です。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(前編)_a0254656_16353122.jpgこちらは以前、同じく冬の剪定作業の様子を取材に伺った際の写真です。
今年は明らかに剪定の仕方が異なっています。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(前編)_a0254656_16405768.jpgもちろん「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培の様子も、もう何年も、年間を通して現地取材してきました。
収穫の様子はもちろんのこと、収穫後の落ち葉拾いも、冬の剪定や誘引も、肥料散布も、蕾、花、着果後の摘果の様子も全てです。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(前編)_a0254656_16423583.jpg「今年の剪定は上の段だけは低く仕立てるもんな!果樹ば若返らせるためと、あまりにも大きくなりすぎとるけん、いろんな作業がちっとばかし無理するとたい。だけん、今までの剪定とは違うばい。」
年末のご挨拶に伺った際に「古川果樹園」の古川孝人さんがそう話しました。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(前編)_a0254656_16454261.jpg「古川果樹園」の古川孝人さんと奥様の古川アツ子さんです。
仲良しご夫婦の二人三脚で、『大衆柿』をはじめ様々な農作物を育てる匠の農家さんです。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(前編)_a0254656_08373389.jpg現在は、無農薬で育てた『高級種なしかぼす』(写真)を販売しています。
さらには6月には『山竹たけのこ』を生産していて、それらの全てが大人気商品です。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(前編)_a0254656_08382217.jpg現在販売中の『種なしかぼす』は、この様に黄色く色づいたものになっています。
『熊本産高級種なしかぼす』のご注文(ご予約)は、「FLCパートナーズストア」のホームページより受付中です!
今期の出荷予定数も残りわずかです。
予告なしで締め切りますので、ご注文はお急ぎ下さい!

今すぐ注文(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本産高級種なしかぼす』



太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(前編)_a0254656_16561208.jpgさて、『太秋柿』に話を戻しましょう!
「笠さん!今年も剪定の取材に来たなぁ!ばってんいつもと違うど?」と古川さん。
古川さんは現地取材に伺うと、いつもこの笑顔で迎えてくれます。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(前編)_a0254656_16574666.jpg「年末に低く仕立てる件は伺っていましたが、想像以上でした。この果樹は今年は全く実らないんじゃないですか?」と尋ねると、
「そうな!それには1個も実らんな。全部じゃなくて、ある程度の高さから良か結果枝の出とるとは残しとるとたい。」

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(前編)_a0254656_17031492.jpg「ほら!それなんかがそうたいね。その残しとる枝には今年も『大衆柿』のちゃんと実るばい。」と古川さん。
結果枝の先端は匠の判断できちんと摘んでありました。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(前編)_a0254656_17053637.jpg「お父さんが剪定作業を進めて、私がその切り取った枝をまとめよるとたいね。日曜日に「どんどや」のあるけん、その会場にもっていって燃やそうと思ってるとよ。」
アツ子さんがそう話しました。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(前編)_a0254656_17092510.jpgこうしてきちんと剪定した枝は全て片付けます。
「古川果樹園」さんの『大衆柿』も、『種なしかぼす』も、『山竹たけのこ』の栽培地は、いつ伺ってもほんときれいに手をかけてあります。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(前編)_a0254656_17222390.jpg古川さんはいつもこう話します。「農作物作りは手ばかけてやるとかけるほど必ず良か作物になって帰ってくるとたい。だけん、しっかり手ばかけてやるとたい。」
太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(前編)_a0254656_19171464.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『太秋柿』を、ネット独占販売いたします。
今年もすでにたくさんのご予約を頂戴している大人気商品です。

太秋柿 剪定作業2020 今年は今までと全く異なり低く仕上げています(前編)_a0254656_19205724.jpg収穫した中から、匠の目で選び抜いた『太秋柿プレミアム』です。
今年も『太秋柿プレミアム』、『太秋柿プレミアム“極”』、『太秋柿プレミアム化粧箱入り』(写真)の3商品の販売予定です。
本日紹介した冬の選定作業は、例年とは異なります。
「上の段」と呼んでいる果樹園だけをこのように仕立てています。
過去に取材した写真やお話をもとに、明日のブログでは通常行う剪定の様子を今回との違いを紹介しながらお話ししたいと思っています。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2020-01-16 17:29 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)

FLC日記 2020年1月15日(水) くもり

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_16490159.jpg昨日に続き、「FLCパートナーズストア」のリピート率ダントツナンバー1の大人気商品、匠の農家さん「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』の2020年の収穫の様子をご紹介いたします。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_16500592.jpg
今回、収穫の様子を取材したのは、一般的に「デコポン」と呼ばれている『不知火(しらぬい)』の栽培ハウスです。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_16524275.jpg匠の農家さん「小春農園」さんは、熊本県山鹿市鹿北町で、様々農作物を育てています。
「デコポン」は、このような木造の栽培ハウスで、ボイラーを焚き加温することなく育てています。
ハウスはあくまで雨風や病気、害虫から果樹や果実を守るためのものです。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_16554722.jpgちなみに、本日のブログの最初の2枚の写真は『不知火』で、次の2枚の写真は熊本限定栽培品種のデコポン『ひのゆたか』です。
見た目でその違いは判りませんが、収穫から出荷までの工程は全く異なります。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_16110599.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』をネット独占販売しています。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_16115931.jpg現在は、熊本限定栽培品種、樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』を大好評発売中です。
収穫後の追熟を必要としない特別な品種で、樹上で完熟し甘さと酸味のベストバランスのみずみずしい果汁が大人気の、弊社のリピート率ナンバーワン商品です。

今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」 
『樹上完熟デコポンひのゆたか』



デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_17224350.jpg今回、収穫の様子を取材してきたのは、一般的に『デコポン』と呼ばれる『不知火(しらぬい)』と言う品種です。
流通果実としての「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_16214470.jpg『不知火』は、収穫後一定期間の追熟が必要です。
昨日のブログでは、「小春農園」さんの収穫前のデータ収集と分析、さらに、収穫後の徹底管理の様子をご紹介いたしました。
「小春農園」さんでは、収穫後すぐに昔ながらの土壁の“蔵”にて追熟させます。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_16240172.jpg酸が糖度に変わり、糖度と酸味のベストバランスになったものを、匠の判断でで見極め、蔵出し完熟デコポン(肥後ポン)『不知火』として出荷するのです。
現在、収穫真っ只中の『不知火』は、追熟後、3月下旬(予定)からの出荷です。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_16282512.jpg熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「小春農園」さんのデコポン(肥後ポン)の栽培の様子を、収穫のみならず、剪定や花が咲く様子、着果から摘果作業、その後の成長の過程などその全てを、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_17293159.jpgこちらは、先日ブログでも紹介した今年の『ひのゆたか』の初収穫時に撮影した「小春農園」代表の小原正宏さんです。
「小春農園」さんは、毎年コンスタントに“本物”と呼べるデコポンを育てる匠の農家さんです。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_17320065.jpg「小春農園」さんは、代表の小原正宏さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の小原美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに果樹栽培を大学で専門的に学んだ小原将輝さんのスペシャリストの知識が重なり、この3名が中心となり、毎年変わらぬ美味さの“本物”と呼べるデコポン(肥後ポン)を作り上げてきました。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_17351885.jpg昨日のブログの後半で、小原さんとのこんなやり取りを紹介しました。
「小原さん!もう、〇(まる)の収穫を始めたのですか?」と尋ねると、
「いや、まだ△(さんかく)ば収穫しよるばい。」と小原さん。
みなさんは何のことかわかりませんよね?

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_17362077.jpg「小春農園」さんでは、デコポンの果樹それぞれに、通し番号をつけています。
収穫前に、必ずそれぞれの果樹からサンプルをとり、糖度と酸味のバランスを調べます。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_17380263.jpgこちらが、そのデータをもとに収穫する順番を一目でわかるようにした早見表(昨年度のもの)です。
収穫は、複数の方々で行うので、全員が同じ認識で作業が行えるようにするのです。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_17431727.jpg「いもの表で×(バツ)としている『不知火』は昨日収穫を終えてすでに蔵の中に入れてるんですよ。今日は△(さんかく)を収穫しているところです。」
小原さんご夫婦の息子さんで「小春農園」専務の小原将輝さんがそう教えてくれました。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_17522049.jpgこの日収穫を行っている、一般的に「デコポン」と呼ばれる『不知火』と言う品種は、こうしてきれいに色づいていても、もぎたてを食べることはできません。
収穫してすぐは酸がきつくて、デコポンの糖度と酸味のベストバランスになっていない(特に×と△のもの)からです。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_13055176.jpg『不知火』は、収穫後一定期間の追熟が必要です。
「小春農園」さんでは、収穫後すぐに昔ながらの土壁の“蔵”にて追熟させます。
蔵の中は、年間を通して温度の変化があまりなく、追熟させるのに最も適した環境です。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_13071278.jpg今年も事前チェックで×となっているものは、この時点ではとても酸が強いものです。
しかしその分、長期保存ができ、その間に酸が糖へと変化し、デコポンのベストバランスになります。
そこで、先に収穫し、蔵の一番奥でじっくりと追熟させるのです。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_18054496.jpgさらに「小春農園」さんは、商品とするデコポン(肥後ポン)に、その美味しさはもちろんのこと、見た目の美しさにもとことんこだわりぬいています。
「納得できないものは絶対に出さん!」と言いながら、選びに選び抜いた“極選”のデコポンのみを弊社のお客様へとご提供いただいているのです。
ですから初めて購入いただいたお客様はそのあまりの美しさに感嘆の声をあげるほどです!

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_18073560.jpg選び抜かれた“極選”のデコポンにのみ、この「柑橘王」のシールが貼られます。
頑固なまでにこだわりぬく、この美しいデコポンが、「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』として届き、多くのお客様を魅了するのです。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_17275517.jpg現在、大好評販売中の熊本限定栽培品種の、樹上完熟デコポン『ひのゆたか』も、収穫の際の厳しいチェック、出荷の際の選び抜くひと手間は同じです。
ご贈答用にも大変喜ばれる、くまモンのデザインボックスに入った商品など、ラインナップも豊富です。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(後編)_a0254656_18063267.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんが育てた柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』をネット独占販売しています。
現在は、熊本限定栽培品種の樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』を大好評発売中です!
樹上完熟の『ひのゆたか』を、朝採り即日出荷でお届けするため、毎回の出荷数を制限した、数量限定、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2020-01-15 18:09 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)

FLC日記 2020年1がつ14日(火) くもり時々雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(令和2年度)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、“柑橘王”ことデコポン(肥後ポン)をネット独占販売しています。
デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17231457.jpg


デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17243109.jpg現在販売中のデコポン(肥後ポン)は、熊本限定栽培品種の『ひのゆたか』です。
『ひのゆたか』は、一般的にデコポンと称される『不知火』とは異なり、収穫後の追熟を必要とせず、樹上で完熟しデコポンの糖度と酸味のベストバランスになる特別なデコポンです。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17275164.jpg見た目で『ひのゆたか』と『不知火』を見分けることはできません。
しかし、収穫から出荷までの工程は全く異なります。
3月下旬まで出荷予定の『ひのゆたか』は、収穫前のデータに基づき、ベストな時期に果樹ごとに収穫し出荷します。
「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』は、その見た目の美しさと、もちろん極上の美味しさで弊社の数ある商品の中で、リピート率がナンバーワンです。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17332806.jpg収穫した中から選び抜いた“極選”のデコポンに「柑橘王」のシールを貼り出荷するため、毎回の出荷予定数を限定しての完全予約制販売とさせていただいています。
ぜひ一度ご賞味ください!

今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」 
『樹上完熟デコポンひのゆたか』



デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17373148.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
こちらは熊本県山鹿市鹿北町にある匠の農家さん「小春農園」さんのデコポンの栽培ハウスです。
こちらのハウスでは、現在収穫真っ最中の『不知火』を生産しています。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17395239.jpgこの美しさはもはや“デコポン色”と表現しても良いのではないでしょうか!
流通果実としての「デコポン」は熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標です。
※「デコポン」は熊本果実連の商標登録のため「FLCパートナーズストア」では、『肥後ポン』での販売となります。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17425092.jpg「不知火」の中で、糖度13度以上で、クエン酸1.0以下と言う基準を満たしたものだけが、名称を「デコポン」として出荷されました。
柑橘類のなかで唯一全国統一された基準「全国統一糖酸品質基準」を満たさなければ「デコポン」とされ、日園連に加盟する全国のJAさんだけがこの『デコポン』という商標を使用できるのです。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17442528.jpgですから、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」では、柑橘王『肥後ポン』として販売しています。
もちろん匠の農家さん「小春農園」さんが育て上げた『肥後ポン』は、『デコポン』のベストバランスの糖度13度以上、クエン酸は1.0以下に仕上げられています。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17460076.jpg毎年コンスタントにその極みの美味しさに作り上げるのが、匠の農家さん「小春農園」さんです。
デコポンの匠「小春農園」さんは、代表の小原正宏さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の小原美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに果樹栽培を大学で専門的に学んだ小原将輝さんのスペシャリストの知識が重なり、この3名が中心となり、毎年変わらぬ美味さの“本物”と呼べるデコポン(肥後ポン)を作り上げてきました。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17505165.jpgこの2枚の写真は、今期の『ひのゆたか』の初収穫の際に撮影しました。
小原さんが、その完熟具合を1つ1つ確かめながら収穫をしています。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17582430.jpg一方こちらは、1月11日より始まった『不知火』の収穫の様子です。
熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「小春農園」さんのデコポン(肥後ポン)の栽培の様子を、収穫のみならず、剪定や花が咲く様子、着果から摘果作業、その後の成長の過程などその全てを、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_18010118.jpg「今年も良い色になりましたね。」と言うと、
「そうですね!でも、笠さんは毎年見てるからご存知ですが、この『不知火』はしばらく追熟させてからの出荷になります。」と将輝さん。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_18065054.jpgこちらは数年前の『ひのゆたか』の初収穫の取材の際の一コマです。
毎年『ひのゆたか』の初収穫の取材の際は、採れたての『ひのゆたか』を試食させていただいています。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_18083828.jpgデコポンは簡単に手で皮がむけるのも良いですよね!
さっそく食べてみると、糖度と酸味のベストバランスの果汁が口いっぱいに広がりました。
一方、『不知火』は、そうはいきません。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_18240311.jpg奥様の美子さんが『不知火』を収穫してコンテナのとこに戻ってきました。
「形の良し悪しや、傷の有無を見極めてコンテナに分けて入れないとね。この子たちはこれからしばらく追熟に入らないといけないからねぇ~。」と美子さん。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_18242469.jpg「小原さん!もう、〇(まる)の収穫を始めたのですか?」と尋ねると、
「いや、まだ△(さんかく)ば収穫しよるばい。」と小原さん。
みなさんは何のことかわかりませんよね?
でも、毎年こうして取材してきた私と生産農家の小原さんとでは成り立つ会話なのです。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_18243854.jpg「小春農園」さんのデコポンの収穫作業は、果樹ごとに徹底して行われます。
それは収穫前に取ったデータに基づいて行われるのです。
その匠の収穫作業や収穫後の追熟についてなどまだまだ紹介したいことは盛りだくさんですが、本日のブログは少々長くなりましたので、この続きはまた明日のブログで紹介することとします。

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_18233106.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんが育てた柑橘王こと『デコポン』をネット独占販売しています。
現在は、樹上完熟デコポン(肥後ポン)『ひのゆたか』を大好評発売中です!

デコポン「不知火」の収穫(2020)&大好評発売中の熊本限定栽培デコポン「ひのゆたか」との違い!(前編)_a0254656_17201183.jpg匠の手により、“柑橘王”の称号にふさわしい至高の美味さに仕上げられたデコポンは、まさに“本物”と呼べる逸品です。
樹上完熟の朝採り即日出荷でお届けするため、毎回の出荷数を制限した、数量限定、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2020-01-14 18:29 | デコポン(肥後ポン) | Trackback | Comments(0)