ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

究極の柑橘「せとか」 強い花芽には実らせない!匠の花芽剪定(2018)後編

FLC日記 2018年4月21日(土) 晴れ
『せとか』は、全ての柑橘類の良いとこどりをした“究極の柑橘”と称されています。
a0254656_16434344.jpg
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(平成30年)も、匠の農家さん「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたしました。

a0254656_17121428.jpg匠が育て上げ、収穫した中から選びに選び抜いた“極選”の『せとか』を、『プリンセスせとか』と称し、化粧箱入り(写真)、くまモン手提げ箱入り(6玉)、お試し4玉、そしてファミリータイプと商品ライナップも充実しています。
おかげさまで今年も大好評いただき、販売可能数は残りわずか(お買い得なファミリータイプのみ)となっています。

a0254656_17170444.jpg『せとか』は、全ての柑橘類の良いとこどりをしたようなまさに究極の柑橘です。
果実がこのように大きいにもかかわらず、皮が薄いため簡単に手で剥け、種はなく、内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられます。
しかも、果肉のつぶつぶがとても柔らかいので、とろける食感がたまりません。

a0254656_17185055.jpgしかし、“究極”とまで呼ばれるがゆえに、『せとか』の栽培には、専門知識と高度な技術が必要です。
その『せとか』を毎年高品質に育て上げる匠が、「小春農園」代表の小原正弘さんと奥様の美子さん、そして息子さんで専務の小原将輝さんです。

a0254656_17244248.jpg本日のブログでは、昨日に続き、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の、“花芽剪定”を現地取材した様子をご紹介いたします。
昨日のブログで、どのような枝を剪定し、どのような枝に着果させ育てていくかをお話していますので、興味のある方はぜひご覧ください!



a0254656_17284479.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材し、このブログで紹介してきました。

a0254656_17323930.jpg収穫の様子はもちろんのこと、収穫後のお礼肥え、花芽剪定や花咲く様子、着果の頃、匠の技の夏芽剪定、摘果作業(写真)、果実の成長の過程の中の温度と水管理などなどその全てです。

a0254656_17361039.jpgこちらは12月上旬のハウスの内張り作業の取材の際に撮った1コマです。
「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの長年の経験による卓越した技術と豊富な知識に加え、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに大学で柑橘類を専門に学んだ、息子の将輝さんの専門的な知識と管理能力で、様々な“本物”と呼べる農作物を育てています。

a0254656_17372946.jpg昨日のブログの最後で、“例のアレ”と言うことをお話ししました。
「これさえなければ、もっと生産者も増えるかもしれんし、剪定した枝の片付けもせんで良かとばってんね!」

a0254656_17394642.jpg小原さんがそう言いながら、せとかの果樹に潜り込み1本の枝を剪定してきました。
「すごかでしょ?上向きに落ちてたら長靴ぐらいは簡単に貫通するばい!」
そう言いながらその枝を見せてくれました。

a0254656_17411841.jpg「小春農園」さんでは、剪定したせとかの枝は、“例のアレ”があるからこそ、こうしてコンテナに詰め込み全て持ち出して処分すると言うひと手間をかけています。
例のアレとは鋭いトゲのことなんです。

a0254656_17453809.jpg長いものは10cmほどもある鋭いトゲです。
「これは笠さんに見せようと特に須吾かとば剪定してきたとばってん、笠さんも取材する時はしっかり気をつけにゃんばい!」と小原さん。

a0254656_17531687.jpg「柑橘類では柚子もトゲが凄いですが、『せとか』もほんと凄いですよね!作業をしてると、ひざや手を地面に着くこともあるので、やはり危険防止のために剪定した枝はすべて取り除いてるんです。」と将輝さん。

a0254656_18154457.jpgこちらは、摘果作業後に行う、せとかの果実のひも吊り作業の様子です。
「小春農園」さんでは、ハウス栽培と言えども、締め切って育てるのではなく、ハウスの開閉で温度調整をします。

a0254656_18175018.jpg『せとか』の果実が、成長の過程で枝が折れたり、風で揺れた際に、鋭いトゲで果実に傷がつかないように、1玉1玉ひもで吊るして育てるのです。
究極の柑橘と呼ばれる『せとか』ですが、きれいに美味しく育てるには、たくさんの手間ひまや匠の技を必要としているのです。

a0254656_18214432.jpg将輝さんはいつもの笑顔から一変して、匠の表情でせとかの花芽剪定を行っていました。
収穫後の管理も徹底できていて、今年も本当に良い花芽がきています。

a0254656_18284226.jpgまもなく開花です。
もちろん、花咲く様子もまた現地取材し、紹介いたします。
せとかは開花後、収穫まで約9ヵ月もの栽培期間を要します。

a0254656_18253291.jpg収穫は2月上旬の予定です。
惜しまぬ手間ひまと匠の技で、きっと来年の収穫の際にはこの笑顔が見れると思います。
それまでの期間、これからもしっかりと現地取材を繰り返し、このブログで紹介していきます。
平成31年の、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』にも、ぜひご期待下さい!!
FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
# by flcps | 2018-04-21 18:30 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘「せとか」 強い花芽には実らせない!匠の花芽剪定(2018)前編

FLC日記 2018年4月20日(金) 晴れ

a0254656_16325884.jpg「せとかは、上に伸びた強い花芽には実らせないように剪定するんです。笠さんがさっき見てきた(取材してきた)、デコポンの剪定作業とは明らかに違うでしょ?この強い芽を今から剪定します。」
「小春農園」専務の小原将輝さんが、そう言いながら“花芽剪定”を行っています。

a0254656_16385884.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスです。
ハウスと言えども、ボイラーを焚き、加温をして育てるのではありません。
ハウスはあくまで雨風や病気、害虫から大切な果樹や果実を守るためのものです。
a0254656_16434344.jpg
「FLCパートナーズストア」では、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』に中から、選び抜かれた“極選”の『プリンセスせとか』をネット独占販売しています。

a0254656_16465665.jpg『プリンセスせとか』は、大好評につき、昨年をはるかに上回るペースでご注文を頂戴しすでにほぼ完売しました。
現在は、若干小ぶりながらその美味しさは変わらないお買い得な「ファミリータイプ」のみを、残りわずか販売中です!

↓今すぐ購入したい方、詳細を知りたい方はコチラ!↓
「FLCパートナーズストア」
究極の柑橘『せとか』


a0254656_17032348.jpgあらためて生産地と生産者の紹介をします。
「小春農園」さんのみかん畑から撮影した、『せとか』の栽培ハウス(左)と『デコポン』の栽培ハウス(右)です。
自然豊かなこの地の、日の当たる山の斜面にその栽培ハウスはあります。

a0254656_17084828.jpg生産者は「小春農園」さんで、おもに代表の小原正宏さんと息子さんで専務の小原将輝さんの親子の匠が中心となって、様々な“本物”と呼ばれる作物を栽培しています。

a0254656_17133080.jpgこの日私は、2つの取材を目的として「小春農園」さんにうかがいました。
1つ目は、柑橘王こと『デコポン』の花芽剪定の様子(写真)です。
その様子は、4月14日と15日のこのブログ「FLC日記」で詳しく紹介していますので、興味のある方はご覧ください!
そして、2つ目が本日紹介している、究極の柑橘『せとか』の花芽剪定作業の現地取材です。

a0254656_17180678.jpg今年も良い花芽が来ています。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17212791.jpg「小春農園」さんの『デコポン』や『せとか』も、もうな年もその全てを現地取材してきました。
この日は親子の匠がデコポンとせとかのハウスに分かれ花芽剪定をを行っていましたが、私の取材に協力いただき、デコポンのハウスの後にせとかのハウスに集まていただきました。

a0254656_17251099.jpg「剪定すると言われたのは、この枝ですよね!」私がそう言いながら指さすと、
「そうです。その真上に伸びた強い枝は不要です。不要と言うより、良い『せとか』が実らないので、剪定して落とすんです。真上に伸びた強い枝では、『せとか』の果実が大きくなりすぎるとともに、果皮がざらざらなものになってしまいます。」

a0254656_17382634.jpg『デコポン』だと、真上とはいかないにしても、強い芽を残します。そこがデコポンの剪定とは明らかに異なるとこですよね!」
将輝さんはそう言うと、真上に伸びた枝をパチンと言う心地よい音と共に剪定しました。

a0254656_18111207.jpg「では、どこに実らせるのですか?」と尋ねると、「それは良い質問です。斜めに伸びた有葉果に実らせます!どんなに良い花でも、葉っぱを伴わない果実はせとかの場合、美味しくなりません。」

a0254656_18023156.jpg「先ほどの上に伸びた芽を切っても、この斜めに伸びた芽が残っています。いずれも花がきちんと来ていて、若い葉っぱが芽吹いていますよね。この2本に実らせるのか、1本にするのか?1本にするならどちらを残すのか?その辺りの究極の選択を繰り返しながら“花芽剪定”をしてるんです。」と将輝さん。

a0254656_18191844.jpgこちらは、2月上旬の『せとか』の収穫前の様子です。
あの若葉が、美味しい『せとか』を育てるべく、こんなにもたくましい葉っぱとなるのです。
しかしそれは、まだまだ10ヶ月も先の話です。

a0254656_18125847.jpg「『デコポン』も『せとか』も、この花芽剪定は美味しく育つかどうかの重要な作業になるとたい。ただ、それぞれの特徴があるけん、俺はデコポン、将輝はせとかって分かれて剪定しよったわけたい。」

a0254656_18252360.jpg「果樹の本数からすると、デコポンの方がうちでははるかに多かとばってん、せとかは剪定しながら枝ば集めていかにゃんけん、花芽剪定が終わるのはちょうど同じくらいになるとじゃないかな。」と小原さん。

a0254656_18280927.jpg「せとかは枝を集めるのは例のアレのせいですか?」と尋ねると、
「そうそう!解り安かとば見せるけん、写真撮ると良かよ!」そう言いながら小原さんはせとかの果樹に潜り込み、1本の枝を剪定しようとしました。
例のアレについてお話ししたいとこですが、本日は少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで!

a0254656_18312624.jpg収穫の際に撮影した親子の匠の3ショットです。
「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらには大学で柑橘類の栽培を専門に学んだ息子さんで専務の将輝さんの専門知識が加わり、その3人が中心となり、本日ご紹介した究極の柑橘『せとか』など、まさに“本物”と呼べる様々な作物を育てています。

a0254656_18350776.jpg現在、大好評発売中なのが、幻の白い『長生たけのこ』と、弊社のリピート率ナンバー1商品の、蔵出し完熟『デコポン(肥後ポン)』(写真)です。
6月からは、山あいの『南高梅(青梅、完熟梅)』、8月には『甘熟いちじく』を出荷いたします。
その他には、『原木しいたけ』、『乾燥しいたけ』、『干したけのこ』、『ザ・みかん』なども生産していて、いずれも「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。

a0254656_18384055.jpg「FLCパートナーズストア」では、来年も「小春農園」さんの究極の柑橘『プリンセスせとか』をネット独占販売いたします。
本日は、花芽剪定の様子をご紹介しましたが、これからの花咲く様子や摘果作業、その後の成長の様子など、もちろん今年も現地取材して、このブログでご紹介していきます。
まずは、明日のブログで「例のアレ」も含め紹介しますので、ぜひご覧ください!
お楽しみに‼

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
# by flcps | 2018-04-20 18:40 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

熊本産!大玉スイカ『祭りばやし』今年もネット独占販売!着果と交配作業を現地取材!初回出荷は5月22日

FLC日記 2018年4月19日(木) 晴れ

a0254656_16402441.jpg「この子は着果ができていますね。まもなく着果棒を立てます。これからどんどん大きくなりますよ。最初の着果分は、5月22日(火)の出荷予定です。交配(受粉)作業をしながら、不要な脇芽をきちんと摘んで、手をかけて育てていきますので、今年の『祭りばやし』にも期待して良いですよ!」

a0254656_16424411.jpg1週間前の4月13日、「岡山農園」さんの大玉スイカ『祭りばやし』の栽培ハウスを現地取材しました。
「岡山農園」の岡山佑大さんが、着果したスイカを手にそう話してくれました。
a0254656_16435569.jpg


a0254656_16442659.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成30年)も、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産大玉スイカ『祭りばやし』をネット独占販売いたします。

a0254656_16463064.jpg熊本県は日本一のスイカの産地です。
「FLCパートナーズストア」では、スイカの匠が育てた、小玉スイカ『ひとりじめHM』、大玉スイカ『春のだんらん』、大玉スイカ『祭りばやし』、そして黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を今年も販売いたします。

a0254656_16495154.jpgここは、熊本県山鹿市にある「岡山農園」さんの大玉スイカ『祭りばやし』の栽培ハウスです。
今回も「岡山農園」の岡山佑大さんに取材協力いただきました。

a0254656_16513455.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「岡山農園」さんのスイカ栽培も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_16533463.jpgハウスの奥付近では、佑大さんのお母さんの文代さんが、芽カギ作業を行ていました。
芽カギとは、脇芽を摘み取る作業のことで、そうすることでスイカの株が、スイカの果実に全力を注げるようにするのです。

a0254656_17182878.jpg「岡山農園」さんでは、大玉スイカの場合、3本のツルを伸ばし、1玉のスイカを栽培します。
至高の1玉を育て上げるのです。
ちなみに、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、3本のつるで2玉の栽培です。

a0254656_17081420.jpgスイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
こちらは雄花です。
本来なら、ミツバチなどがその間を飛び回って、受粉します。

a0254656_17103044.jpgしかし、ここは締め切ったハウスの中です。
交配(受粉)は、手作業で行います。
写真はスイカの雌花です。
花の下には小さなスイカが見れますが、このままでは実りません。

a0254656_17120625.jpg雄花を摘み取り、こうして雄花の花粉を、直接雌花につけ受粉させていくのです。
その作業は、最も花が元気な10時~11時に毎日行います。

a0254656_17210059.jpg「大玉スイカの場合、20節目の雌花に交配して着果させるんです。スイカがハウスの中のベストポジションで育つように、つる引きをしているので、中央の通路とハウスの端の真ん中あたりに、収穫前はずらりとスイカが並びますよ!」
佑大さんが着果したてのスイカを手にそう話してくれました。

a0254656_17263524.jpg収穫前の様子がこちらです!
佑大さんのお話通り、ずらりとスイカが並んでますよね!
スイカの横に立っているのは着果棒と言って、色分けされた棒を目印として立て、収穫日をわかるように管理してあります。

a0254656_17302548.jpgその間には、何度も玉返しを行います。
スイカの果実全体に満遍なく日が当たるように、スイカの向きを変える作業です。
そうすることで、スイカ全体が色づき、果実もどこを食べても美味しくなるのです。

a0254656_17371136.jpg大玉スイカ『祭りばやし』は、果肉はしっかりしていて、大玉スイカならではのシャリシャリした食感が楽しめます。
どちらかと言えば、シャリシャリより、サクサクの方がぴったりではないでしょうか!
また、スイカの形状は豊円型で割った時の空洞がないのも特徴の一つです。

a0254656_17394361.jpg「岡山農園」さんの大玉スイカ『祭りばやし』は、糖度も12度を超え、スイカの糖度としては最高級です。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの熊本産大玉スイカ『祭りばやし』をネット独占販売いたします。
もちろん今年も、出荷する朝に収穫し即日発送でお届けいたします。
ただし、収穫した中から、選びに選びぬかれた“極選”のスイカのみの数量限定、完全予約制の販売です!
これからも、その成長の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技を現地取材でご紹介いたします。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
# by flcps | 2018-04-19 17:46 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

熊本産!匠の『夢スイカ』は今年も大好評!次回は小玉スイカ、大玉スイカとも5月8日(火)からの出荷です!

FLC日記 2018年4月18日(水) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も匠の農家さん「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売しています。
a0254656_17560343.jpg


a0254656_18034476.jpgおかげさまで、今年も大好評いただき、小玉スイカ『ひとりじめHM』も、大玉スイカ『春のだんらん』も、初回出荷分から出荷予定数は常に完売している大人気です。

a0254656_18073725.jpg次回は、次の作付分の収穫及び出荷で、5月8日(火)発送分の予約受付をうけたまわっています。
日本一のスイカの産地、熊本県のスイカの旬は4月~6月!
「FLCパートナーズストア」では、全国のお客様に、極甘の朝採りのスイカをお届けしています!!
※数量限定、完全予約制での販売です。

今すぐ注文(予約)したい方はコチラ!
「FLCパートナーズストア」
「熊本産スイカ」


a0254656_18142537.jpgスイカは、一般的には、糖度が11度を超えると美味しいスイカ!
12度を超えるととても美味しいスイカ!!と言われています。
「大山ファーム」さんの大玉スイカ『春のだんらん』は、スイカ本来の、あのシャリシャリッとした食感で、糖度13度前後とバツグンの甘さです!
1玉入りまたは2玉入りでの大玉スイカ『春のだんらん』を、毎回の出荷数量限定、完全予約制での販売です。

a0254656_18163239.jpgまた、今年の初出荷の小玉スイカ『ひとりじめEX』は、糖度がなんと14.5度もありました!!
驚異的な糖度の、めちゃくちゃ美味しいスイカですから、有名フルーツショップの「千疋屋」さんで、最高級スイカとして販売された実績を持っています。
当然、その際はビックリするくらいのお値段で販売されていたらしいです!

a0254656_18350800.jpgではなぜ、そこまで美味しいスイカを作ることができるのか?
こちらは、3月下旬の交配(受粉)作業の様子です。
それは、匠の農家さん「大山ファーム」さんの、一切の妥協を許さない惜しまぬ手間ひまにあるのです。

a0254656_18390298.jpg「大山ファーム」代表の大山陽一さんです。
この笑顔からもわかるように、いつもは冗談ばかりを言うとても気さくな方ですが、ことスイカになると頑固なまでにこだわりぬく匠なのです。

a0254656_18415859.jpg「大山ファーム」さんでは、小玉スイカなら、18節目の雌花に、大玉スイカならば20節目の雌花に交配を行います。
それらが、スイカが最もおいしく育つ花だからです。
交配作業を終えると、そのしるしに毛糸を置いていきます。

a0254656_18453625.jpg毛糸の色は、2日ごとに変えています。
交配をした日をめどに出荷しますが、3日もそれが違えば出荷の時期や果実の味が大きく異なるからです。
毛糸の色は、10色もありました。

a0254656_18482097.jpgスイカの果実がきちんと着果し成長し始めたことを確認すると、交配作業の時の毛糸と同じ色の着果棒をたて、目印にします。
「大山ファーム」さんでは、小玉スイカは3本に仕立て2玉を育て、大玉スイカは2本に仕立て1玉育て、スイカを収穫します。

a0254656_18495324.jpgこちらは、大玉スイカの先端(生長点)の様子です。
20節目の雌花に交配した後も、スイカのつるを伸ばしています。
そこまではスイカを大きく育てるため、そこから先はスイカを甘く育てるための葉っぱです。

a0254656_18521947.jpg着果棒を立てるころ、ハウスの通路には小さなスイカがゴロゴロしています。
それは、摘果と呼ばれる作業で、大玉スイカの場合、2本に仕立てたツルのより良い方だけを残し、もう1本のツルのスイカはこうして摘んでいくのです。

a0254656_18585603.jpg小玉スイカの場合は、3本の中のより良い2つを残していきます。
選ばれたスイカたちは、中央の通路と端の間のハウスの中で、最も日が当たるベストポジションに1列に並んで育てられます。

a0254656_18591051.jpgそしてその間に、果皮が全体的に色付くように、5回もの玉返し作業を行います。果肉もどこを食べても美味しくなるよう、満遍なく日を当てていくのです。

a0254656_19022419.jpg「俺は、自分が納得できないスイカは絶対に出さん!だけん、『あの時もう少し手をかけてあげればよかった・・・』なんてことは、許されん!それは、俺もうちのスタッフも同じ!しっかり手をかけてきたからこそ、自信をもっておすすめできるスイカになるとたい!」
大山さんが以前そんな話をしたことを思い出しました。

a0254656_19043388.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19083466.jpgもちろん、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
スイカ栽培における、苗床の様子から定植作業(写真)やその後の温度管理、つる引きや芽カギ作業、交配、着果の様子、玉返しや試し割り、そして収穫などなど、その全てを現地で見てきました。

a0254656_19160664.jpgちなみに、こちらは収穫を終えた大玉スイカ『春のだんらん』のハウスでが、見事なスイカがゴロゴロとしていますよね!
でも、これらは大山さんが「納得がいかないから!」と、出荷しないスイカたちです。
収穫をしないという証拠に、“着果棒”が取り外されています。

a0254656_19213736.jpgそんな大山さんだからこそ、私は100%の信頼をよせ、自信をもって弊社で「大山ファーム」さんの「夢スイカ」、小玉スイカ『ひとりじめHM』、大玉スイカ『春のだんらん』を販売しているのです。

a0254656_19255749.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売しています。
次の作付ハウスの収穫を迎えるまで、出荷は少々お待ちください。

a0254656_19274000.jpg小玉スイカ『ひとりじめHM』、大玉スイカ『春のだんらん』ともに、5月8日(火)より再出荷とし、以降毎週金曜日と火曜日の出荷です。
ただし、匠のこだわりゆえの、数量限定、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
ぜひ“本物”と呼べる美味さを、ご堪能ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村
# by flcps | 2018-04-18 19:29 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

幻の白い「長生たけのこ」 平成30年度も残りわずか!お急ぎください!&収穫の様子の番外編

FLC日記 2018年4月17日(火) 雨
今年(平成30年)も「小春農園」さんの、幻の白い『長生たけのこ』は、大好評いただいています。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの、幻の白い『長生たけのこ』をネット独占販売しています。
a0254656_17040720.jpg


a0254656_17054336.jpg「海棠(かいどう)」の花が咲き誇る、今がまさに“最旬”です!
「小春農園」さんでは、完全無農薬で、除草剤も一切使うことなく、安心安全な、幻の白い『長生たけのこ』を生産しています。

a0254656_17065326.jpgこれが、幻の白い『長生たけのこ』です。
熊本県山鹿市鹿北町の「長生(ながそ)地区」にある、粘土質の赤土の特別な土壌でのみ育つたけのこです。
人気の秘密は、その白さもさることながら、とにかくやわらかい食感です!!
まだ、一瞬たりとも太陽の光を浴びていない、完全に地中にあるものを掘りあげています。

a0254656_17154646.jpg今年の初収穫の様子を現地取材に伺った際に撮影した写真です。
こうして、太陽の光を浴びていない穂先(たけのこの先端の葉っぱ)が黄色いたけのこを、特別な土壌の赤土の中から掘り上げています。
太陽の光を一切浴びていないので、エグミがないのはもちろん、たけのこ本来のうま味をギューっと閉じ込めた、朝掘りたけのこを、即日発送でお届けいたします。

a0254656_17303643.jpgしかし、この地で掘り上げたたけのこが全て、幻の白い『長生たけのこ』になるのではありません。
これも丸々と太った良い形状のたけのこですが、すでに穂先が緑色になっていますね。
そうなると、幻の白い『長生たけのこ』としては出荷しません。

a0254656_17353406.jpg掘り上げられ出荷場へと運ぶために集められたたけのこたちです。
この時点で、すでに、幻の白い『長生たけのこ』の、“候補”たちは区別されています。
シダの葉っぱが乗ったコンテナがそうです。

a0254656_17403160.jpg出荷場では、たけのこの根口をきれいに切りそろえ、さらに選びに選び抜いたものだけが、幻の白い『長生たけのこ』として出荷されます。
全体の収穫量のわずか1割程度の、大変貴重なたけのこです。
ですから、数量限定、完全予約制での販売とさせていただいています。
a0254656_17472161.jpg


a0254656_17525398.jpg今期(平成30年度)の出荷は、残すところあと2回!
4月24日(火)、4月27日(金)ですが、24日(火)の発送分はすでに、先行予約にて完売しています。
受注をうけたまわることができるのは、4月27日(金)発送の今期の最終発送分のみです!!

間違いなく出荷予定数を完売する大人気商品です!!
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
とにかくご注文はお急ぎ下さい。

今すぐ注文(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
FLCパートナーズストア
幻の白い『長生たけのこ』


a0254656_18423877.jpgまずは生産地の紹介をします。
幻の白い『長生たけのこ』は、熊本県山鹿市鹿北町の長生(ながそ)地区にある、匠の農家さん「小春農園」さんの特別な「たけのこ畑」で生産されています。
「小春農園」さんでは、年間を通して徹底管理し作り上げた竹林を、「たけのこ畑」と称しています。
たけのこができるのではなく、育てているのです。

a0254656_18445024.jpgこちらは昨年、親竹として残したもの。
毎年、大量の親竹を伐採し、毎年、大量の親竹を立てながら「たけのこ畑」を常に若く維持しています。
また、有機肥料と不足しているミネラルを与え土つくりもして、さらには完全無農薬栽培で育てているのです。

a0254656_18494797.jpgしかし、どんなに年間を通して徹底管理しても、あの真っ白なたけのこは育ちません。
この独特な粘土質の赤土が、真っ白なたけのこを育てます。
他にないこの土壌こそが、“幻”と称されるゆえんなのです。

a0254656_18512088.jpg「小春農園」さんでは、幻の白い『長生たけのこ』を育てるこのたけのこ畑以外にも、4ヵ所のたけのこ畑でたけのこを栽培しています。
もちろんいずれも、同じように年間を通して徹底管理していますが、収穫したたけのこの色合いは全く異なります。
一般的なたけのこに比べると奥のたけのこも白いのですが、手前の幻の白い『長生たけのこ』は、本当に真っ白なんです!

a0254656_19033747.jpg冬の時期に行う、親だけの伐採の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、毎日更新するこのブログで紹介しています。

a0254656_19091384.jpgもちろん「小春農園」さんの幻の白い『長生たけのこ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
「小春農園」代表の小原正宏さんと息子さんで専務の小原将輝さんです。

a0254656_19143425.jpg弊社の契約農家さんの中で、最もお付き合いの長い農家さんで、今では家族同然のお付き合いをさせていただいていて、いつも素敵な笑顔の写真を紹介しています。

a0254656_19330238.jpg笑顔と言えば、今年の初収穫(たけのこ掘り)の際に、こんなに素敵な笑顔の女性にお会いしました。
小原さんの三男の小原寛也(ひろや)さんの奥様のお母さん姉妹とのことでした。
「初めまして!お2人と言う大きな戦力が今日は加わってるんですね!」と言うと、
「戦力だなんてとんでもない。お手伝いに来たのよ。」

a0254656_19204833.jpg「ブログに載せても良いですか?」と尋ねると、
「それならちゃんときれいに写してよ!(笑)」とこの笑顔!
素敵な笑顔をありがとうございました。
その後、お2人は手際よくたけのこを掘り上げていました。

a0254656_19460797.jpg幻の白い『長生たけのこ』は、独特な粘土質の赤土の土壌だけに育つもので、匠の農家さん「小春農園」さんによって、年間を通して徹底管理した“たけのこ畑”で栽培されています。
農薬や除草剤など一切使用せずに育てられた、安心・安全なたけのこです。
地中の中にあるものを、朝掘りで収穫した中から選び抜いた“極選”のものだけをお届けするので、もちろん抜群の美味しさの“本物”と呼べる逸品です。
幻の白い『長生たけのこ』をぜひご賞味ください!!

a0254656_19504892.jpg「FLCパートナーアズストア」では、今年も「小春農園」さんの幻の白い『長生たけのこ』をネット独占販売しています。
ご購入いただいたお客様には全員に、アク抜き用の米ぬか、唐辛子(タカの爪)、山椒の新芽をサービスしています。

a0254656_19532767.jpg熊本の美味しいお米との『たけのこご飯セット』も大人気です。
たくさんの方に食べてもらいたいと今日のブログで紹介しましたが、今期のご注文は最終発送の4月27日分のみとなりました。
早い者勝ちです。
ご希望の方は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、今すぐご注文(ご予約)下さい。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2018-04-17 19:56 | 幻の白い長生たけのこ | Trackback | Comments(0)