人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

お待たせしました!長尾ブランドの新鮮野菜!朝採り大根(葉付、葉切り)の販売を再スタートしました!!

FLC日記 2022年12月3日(土) くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「長尾農園」さんが育てた、“長尾ブランドの野菜たち”をネット独占販売しています。
その中でも大人気の長尾さんちの朝採り『ダイコン(葉付き、葉切り)』の販売を、再スタートしました!

お待たせしました!長尾ブランドの新鮮野菜!朝採り大根(葉付、葉切り)の販売を再スタートしました!!_a0254656_17021250.jpg


お待たせしました!長尾ブランドの新鮮野菜!朝採り大根(葉付、葉切り)の販売を再スタートしました!!_a0254656_16432436.jpg熊本県菊池市七城町にある、「長尾農園」さんのダイコン畑の1つでここはハウス栽培です。
見事に育ち、収穫を待つばかりです。

お待たせしました!長尾ブランドの新鮮野菜!朝採り大根(葉付、葉切り)の販売を再スタートしました!!_a0254656_17091741.jpg畑の中に入り、収穫を迎えたダイコンを撮影しました。
阿蘇山の火山灰の黒土と、有機肥料をふんだんな与えた元気な土壌で育つダイコンたちです。
人気の秘密はなんと言ってもその美しさです!

お待たせしました!長尾ブランドの新鮮野菜!朝採り大根(葉付、葉切り)の販売を再スタートしました!!_a0254656_17124797.jpg朝採りのダイコンを洗浄すると、なんだかキラキラとしていました。
「長尾農園」さんが作りだす野菜たちは、道の駅でも販売されていて、お客様は納品されるのを待って買い求めるほどの大人気商品です。
それらは、“長尾ブランドの野菜たち”と呼ばれています。
FLCパートナーズストア」では、「長尾農園」さんが育てた、朝採り『ダイコン(葉付き、葉切り)』を完全予約制で販売しています。
新鮮さにこだわるゆえの“完全予約制”とご理解ください!

「FLCパートナーズストア」の熊本新鮮野菜
長尾さんちの葉付き大根(1.5kg前後) 1本¥300(税込)~
長尾さんちの葉切り大根(1.5kg前後) 1本¥300(税込)~
生産者/熊本県菊池市七城町「長尾農園」さん

↓ 長尾さんちのダイコンのご注文はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」 
『長尾さんちのダイコン』


お待たせしました!長尾ブランドの新鮮野菜!朝採り大根(葉付、葉切り)の販売を再スタートしました!!_a0254656_17222703.jpg「長尾農園」さんのダイコンが育つ環境、生産者を紹介しましょう!
まずは、肥沃な土です。
ここは熊本県菊池市七城町にある、「長尾農園」さんの野菜の栽培ハウスです。
こちらのハウスは、次の作付のため、畑をきれいに整備しています。

お待たせしました!長尾ブランドの新鮮野菜!朝採り大根(葉付、葉切り)の販売を再スタートしました!!_a0254656_16471516.jpgこちらは11月上旬の様子です。
本日のブログの冒頭で紹介したダイコン畑の、すぐ隣にある露地栽培の畑です。
先日まではこの畑でとれたダイコンを出荷していました。
ちなみにビニールハウスは、加温をするためのものではなく、温度管理はハウスの開閉のみで、ハウスは、あくまで大切なダイコンを雨風から守るためのものです。

お待たせしました!長尾ブランドの新鮮野菜!朝採り大根(葉付、葉切り)の販売を再スタートしました!!_a0254656_16493608.jpgこの地は、菊池平野の南にある高台です。
太古の昔、阿蘇山の大噴火による、肥沃な黒土で様々な農作物を育ってています。
「長尾農園」さんの畑でも、次に収穫を迎えるダイコンたちが元気に育てられていました。

お待たせしました!長尾ブランドの新鮮野菜!朝採り大根(葉付、葉切り)の販売を再スタートしました!!_a0254656_16505124.jpgこちらは、菊池平野の10月上旬の様子です。
ここは、「長尾農園」さんの『七城米 長尾さんこだわりのお米(ひのひかり)』の田んぼです。
遠くには、阿蘇五岳の1つ“鞍岳”の雄大な姿を望むことができます。
1級河川の菊池川と、迫川(はざまがわ)の間にあり、菊池市七城町は日本有数のお米の産地です。

お待たせしました!長尾ブランドの新鮮野菜!朝採り大根(葉付、葉切り)の販売を再スタートしました!!_a0254656_16530726.jpgこちらは、10月上旬の稲刈りの様子です。
この地で育つ「七城のお米」は、“おいしいお米日本一”に輝いた実績を持っています。
「七城の米」は、日本穀物検定協会食味ランキングで、2001年産から10回以上の最高位の「特A」獲得!!

お待たせしました!長尾ブランドの新鮮野菜!朝採り大根(葉付、葉切り)の販売を再スタートしました!!_a0254656_16533330.png「FLCパートナーズストア」では、その七城町で育つ「長尾農園」さんの『七城米 長尾さんこだわりのお米(ひのひかり)』を店長一押しのお米!として販売しています。
数量限定、売り切れごめん!の大人気商品です。
お米の艶、風味、そして独特の甘さを、ぜひ一度ご賞味ください!

↓ 今すぐ購入したい方、詳細を知りたい方はコチラ!! ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しい米』


お待たせしました!長尾ブランドの新鮮野菜!朝採り大根(葉付、葉切り)の販売を再スタートしました!!_a0254656_16541140.jpg生産者の「長尾農園」長尾千行さん、長尾とも子さんご夫妻です。
笑顔の絶えない仲良し夫婦の二人三脚で、様々な“本物”と呼べる農作物を育てています。

お待たせしました!長尾ブランドの新鮮野菜!朝採り大根(葉付、葉切り)の販売を再スタートしました!!_a0254656_16551093.jpg上の写真とこちらの写真はジャガイモの種まきの様子を取材した際のものです。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん、「長尾農園」さんのお米や様々な野菜たちを作る様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

お待たせしました!長尾ブランドの新鮮野菜!朝採り大根(葉付、葉切り)の販売を再スタートしました!!_a0254656_17590779.jpgさて、ダイコンに話を戻しましょう!
朝一番で収穫したダイコンは、すぐに出荷場に運び、専用の洗浄機で洗います。
土をきれいに落とすだけで、あの輝くダイコンが現れるのです。

お待たせしました!長尾ブランドの新鮮野菜!朝採り大根(葉付、葉切り)の販売を再スタートしました!!_a0254656_18012737.jpg「それにしてもホントキレイですね!」と私が言うと、
「ハハハッ!ありがとう!今年も、農薬ば使わんでば育てたけん、その葉っぱも安心して食べてもらって良かけん、『葉付きダイコン』も出荷OKばい。」
「長尾農園」代表の長尾千行さんが、手際よく作業しながらも、笑顔でそうお話しいただきました。

お待たせしました!長尾ブランドの新鮮野菜!朝採り大根(葉付、葉切り)の販売を再スタートしました!!_a0254656_18083215.jpgダイコンの葉っぱは栄養の宝庫です!
緑黄色野菜に分類され、βカロテン、ビタミンC、ビタミンK、葉酸などのビタミン、カリウム、カルシウムなどのミネラルといった多くの栄養素が含まれています。
血行を促し、体全体をあたためることから冷え症にも効果的とも言われています。
でも、無農薬で育てられた「長尾農園」さんのダイコンの葉だからこそ、美味しくいただけるのです。

お待たせしました!長尾ブランドの新鮮野菜!朝採り大根(葉付、葉切り)の販売を再スタートしました!!_a0254656_18071775.jpg「FLCパートナーズストア」では、「長尾農園」さんの『長尾さんちのダイコン(葉付きダイコン、葉きりダイコン)』をネット独占販売しています。
ちなみに、葉っぱがついていても付いてなくても同じ価格での販売です。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「熊本新鮮野菜」のページにお進みください。
この時期、本日紹介したダイコン以外にも新鮮野菜が目白押しです!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-12-03 16:59 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!

FLC日記 2022年12月2日(金) 晴れ

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_17335106.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県産のA5ランクの黒毛和牛を100%使用した「中野畜産」さんの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』をネット独占販売しています。
『黒毛和牛ハンバーグステーキ』の令和4年最終出荷は12月14日(水)です!

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_17035766.jpg

上記写真は化粧箱の6個入です。
化粧箱の商品は10個入りもあり、さらにはファミリータイプとして簡易包装で4個からの販売も行ています。
毎月1回、数量限定、完全予約制での販売商品です。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_17582839.jpgなぜなら、年間たったの10頭ほどしか生産しない、熊本県産A5ランクの黒毛和牛を100%使用したハンバーグステーキだからです。
ですからどうしても数量限定で、さらに、できたてそのものをすぐに冷凍し、即日発送でお届けするために、完全予約制販売です。
お届けは、翌日もしくは翌々日です!

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_17083156.jpgお歳暮やギフトにも大変喜ばれる商品です。ファミリータイプの商品もハンバーグ自体や個別の包装は化粧箱入りと変わりないものになります。
いずれも、冷凍でのお届けですので、今回の出荷分はクリスマスはもとより、年末年始にも美味しく召し上がって頂けます。
数量限定の商品です。
ご注文はお急ぎ下さい!

詳細を知りたい方、購入(予約)したい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『黒毛和牛ハンバーグ』


熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_17125260.jpg現在は、月1回ペースで、数量限定で販売し、毎回、出荷予定数は完売しています。
今月もお歳暮やクリスマス用、年末年始様にとたくさんのご予約を頂戴していて、出荷予定数は残りわずかです。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_17121112.jpg「ハンバーグなんだし、月1回の数量限定販売なんてしなくて、もっとたくさん作ればいいじゃん!」と思われる方もあることでしょう!
しかしそれはなかなか難しんです。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_17382425.jpgこの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』は、年間たったの10頭ほどしか生産しない、熊本県産A5ランクの黒毛和牛を100%使用したものなので、これでもかなり無理を言って生産していただいています。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_17493157.jpgこのハンバーグと出会ったのは、今から約3年前。「株式会社中野畜産」代表取締役の中野保明社長を含む異業種懇親会でのことでした。
私は「中野畜産」さんの牛肉、そしてこのハンバーグの美味しさに惚れ込み、どうしても弊社で販売させてほしいとお願いしました。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_17174829.jpgそれから、何度も何度も生産地や製造場所を現地取材し、1年の取材機器案を経てやっと販売をスタートすることができた、いわば私の“悲願の商品”と言っても過言ではないものです。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_17184322.jpg生産地と生産者の紹介をします!
熊本県菊池郡大津町にある「株式会社中野畜産」さんの牧場です。
特別に許可をいただき、牧場内に入り写真撮影をさせていただきました。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_17200599.jpgそれにしても、いつ伺ってもきれいに整備されている、とても清潔感のある牧場です。
基本的には、ケージに1頭飼いして、黒毛和牛たちにストレスを与えないように育てています。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_19353470.jpgこちらが生産者の「株式会社中野畜産」社長の中野保明さんです。
「中野畜産」さんでは、年間出荷する“黒毛和牛”は、手塩にかけた10頭ほど!
その他に、赤牛やホルスタインも飼育しています。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_17213135.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、自らも農業を営みながら、弊社で販売する商品の全ての生産地に年間を通して伺い、その育つ様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまを紹介しています。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_17240828.jpg「中野畜産」さんの『黒毛和牛ハンバーグステーキ』を販売するにあたり、もちろんその生産地に伺い、生産者の声を聞き、育つ様子をきちんと取材してきましたし、現在も取材を続けています。
だからこそ自信をもってお勧めできるのです。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_17272101.jpg以前は年間100頭を超える“黒毛和牛”を育てていました。
出荷数をピーク時の10分の1にまで減らし、現在は年間たったの10頭ほどの黒毛和牛を生産しています。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_17270518.jpgとことん手をかけ、本当に良い牛を育て、本当に美味しいお肉を提供したいと言う、中野社長の強い思いから一念発起したのです。
家計を支える奥様とは大げんかとなっても、その思いを貫き通しました。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_17590198.jpg中野社長は、生産数を10分の1にすることと同時に直売店を作りました。
それが「精肉問屋 焼肉本舗 なかの・畜産」さんです。
安定した高品質の牛肉を、お店で販売したり食事の提供も行っています。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_19494349.jpg中野社長が育て上げた『黒毛和牛』は余すことなく全て店舗で販売及びお食事用のお肉となります。
そうして安定した価格で出荷ができることで、生産量を10分の1にまで減らしても、なんとかやっていけるのだとお話しいただきました。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_18045484.jpg店舗運営は中野社長の姉の中野明実店長(写真左)が行っています。
「弟夫婦が大事に育て上げた黒毛和牛は、焼き肉やステーキならそのまま提供することが一番ですが、ハンバーグはとことんこだわったんです。」と話しいただきました。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_18064584.jpg赤身と脂身のバランスにまずはとことんこだわりました。
調味料やつなぎは、かなり控えめです。
熊本県産のA5ランクの黒毛和牛のお肉の美味しさを、最大限に活かすために、何度も何度も試行錯誤を繰り返し、中野店長が作り出した黄金比です。
作り上げるまでの時間や温度にも細心の注意を払います。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_19574596.jpgそして最後に、美味しさをそのまま閉じ込めるハンバーグの大きさにもこだわりぬきました。
もちろんすべて手作りの、手ごね、手成形のハンバーグですから、多少のばらつきはありますが、理想とするハンバーグになりました。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_18094089.jpgご家庭でも手軽に美味しく焼きあがることも人気の秘密です!
私は、その美味さに惚れ込み、どうしても販売をさせて欲しいと頼み込み込んで、その美味しさや安全性を伝えるべく、牧場や店舗を何度も現地取材し、このブログで紹介してきました。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_20123351.jpg弊社が自信をもって販売する『黒毛和牛ハンバーグステーキ』の商品のラインナップを紹介します!
まずは化粧箱に入った120g×6個入りです。
3900円(税込み)

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_20123945.jpgこちらも化粧箱に入った120g×10個入りです。
6200円(税込み)
上記の化粧箱に入った商品は、ギフト用の梱包も承ります。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_20263023.jpg熨斗や包装紙はもちろんのこと、この様に風呂敷に包んで、弊社の配送用の箱に入れてお届けいたします。
お中元、お歳暮、ギフトにも大変喜ばれる商品となています。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_20124515.jpgご家庭でこの美味しさを味わいたいのなら、ファミリータイプがおすすめです。
化粧箱用と同じ商品を1個580円で、4個以上の販売となっています。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_17320993.jpg「FLCパートナーズストア」では、「中野畜産」さんの熊本産黒毛和牛A5ランクのお肉を100%使って作られたハンバーグステーキをネット独占販売しています!
年間10頭ほどの生産数の黒毛和牛から作られた、大変貴重な商品で、もちろん毎回の出荷数限定となっています。

熊本県産A5ランク黒毛和牛100%のハンバーグステーキ!令和4年12月出荷は12月14日!残りわずかです!_a0254656_17302035.jpgお歳暮にも大変喜ばれる商品です!
ご注文は、下記下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「黒毛和牛ハンバーグ」のページまたは「プレゼント、ギフト」のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-12-02 17:33 | 黒毛和牛 | Trackback | Comments(0)

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!

FLC日記 2022年12月1日(木) くもりのち晴れ
熊本県山鹿市鹿北町にある、匠の農家さん「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスに、現地取材にってきました。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_16390177.jpg

今年も順調に色づきいてきていますが、まだまだしっかりとしたオレンジ色に色づいていきます。
収穫及び出荷はこれから美味しさを閉じ込めるように仕上げ、例年同様2月上旬からの予定です!

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_16552413.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(令和4年度)も、「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_16435535.jpg今年も徹底管理された栽培ハウスの中で、『せとか』の果実は大事に育てられています。
『せとか』は、全ての柑橘類の良いとこどりをしたようなまさに究極の柑橘です。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_17005139.jpg果実がこのように大きいにもかかわらず、皮が薄いため簡単に手で剥け、種はなく、内皮(じょうのう膜)がとても薄くそのまま食べられます。
しかも、果肉のつぶつぶがとても柔らかいので、とろける食感がたまりません。
トロトロの食感と、このみずみずしさ!そこで、「究極の柑橘」を筆頭に、「柑橘の大トロ」、「柑橘の女王」、「幻のみかん」、「大人の柑橘」、「柑橘のダイヤモンド」などなど、『せとか』を讃える表現は数知れません!!

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_16462471.jpgさらに「FLCパートナーズストア」で販売するのは、大切に大切に育て上げた『せとか』から選びに選び抜いた、究極の柑橘『プリンセスせとか』です。
「FLCパートナーズストア」の大人気商品で、もう何年も出荷予定数は、毎年完売する大人気商品です。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_16534632.jpgこちらが「小春農園」さんの『せとか』の栽培ハウスです(写真左)。「小春農園」さんのみかん畑から撮影しました。
右にあるのは同じく弊社社の大人気商品の柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウスです。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_16554491.jpgいずれのハウスも、ハウスと言えども、ボイラーを焚き加温して育てているのではありません。
ビニールの開閉で温度調節を行っています。
ハウスはあくまで雨風や害虫、病気から大切な『せとか』を守るためのものです。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_16571252.jpg『せとか』は“究極”とまで呼ばれるがゆえに、その栽培には、専門知識と高度な技術、惜しまぬ手間ひまが必要不可欠です。
この様に果皮も美しい『せとか』が実っているのは、樹勢に見合った数に摘果してきたからです。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_17015867.jpgその様子がコチラです。
7月中旬ごろに行う、摘果作業です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_17023249.jpg「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子も、こうしてもう何年もこうして現地取材してきました。
5月上旬に花が咲き、6月には着果し、その中から7月になり樹勢に応じた適正な場所に実る『せとか』のみを残すのです。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_16331705.jpgそうして匠の判断により残された果実だけを、こうして1玉1玉ひもで吊るしながら収穫まで栽培していきます。
その作業は、真夏の最中何度も何度も脚立を上り下りしながら行う、過酷な手作業です。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_16355087.jpg9月中旬の様子です。
1玉が300gにもなる『せとか』の果実が、成長の過程で枝が折れたり、風で揺れて果実に傷がつかないように、1玉1玉ひもで吊るして育てるのです。
ただし今年はあえて摘果作業もひも吊り作業も遅らせました。
着果後の気温が高かったせいもあり、せとかに「デコ」が多く見られたからです。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_17043481.jpgその様子がこちら!
7月上旬の着果間もないころの様子ですが、これも『せとか』なのですが、デコポンのような「デコ」がありますよね?
それについて「小春農園」の小原将輝専務に尋ねました。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_17200100.jpg「例年通りの栽培の仕方だとおそらく「デコ」が残ります。ですから今年は摘果の時期をかなり遅らせて、そこをうまく育てていこうと思っています。」とのこと。
「え?そんなことができるんですか?」と尋ねると、

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_17215625.jpg「絶対とは言い切れませんが、そうですね~、9月になるとおそらく笠さんの心配の「デコ」はほぼ解消されると思いますよ!」将輝さんは自信の笑顔でそう話しました。
その様子がこちらです。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_17244569.jpg着果直後にあれだけ飛び出していた「デコ」はほとんど見ることができませんでした。
あのタイミングで摘果をしていたら、養分がそのまま残したせとかに行くので、「デコ」も残ったままだったのだそうです。
そこをあえて摘果時期を遅らせ、養分をうまく分配させて美しい形のせとかを作り上げています。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_17273525.jpg将輝さんのお父さんで「小春農園」代表の小原正宏さんです。
「笠さんがデコば気にしよったせとかはおそらく着果数が少なかった分とたい。そこは将輝の判断で着果数が多い果樹はきちんと摘果して、少なくデコが多い果樹はできる限り摘果を引っ張ってうまく作ってきたたいね。」

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_17330978.jpg「ほら!この辺りはまだ摘果せずにひっぱとるばい。長年取材してきた笠さんならわかると思うけど、ここまで密集して実らせとることはなかったろ?しっかり仕上げるけん、安心しなっせ!」とのこと。
「正直、今年はデコポンのような形状のせとかになったらどうしよう!と思っていました。」

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_17313491.jpg「だって、あの美しい形状も「小春農園」さんの『せとか』の人気の秘密だったから写真と届いた商品が違う!なんて言われかねないと心配してましたよ。」と言うと、
「ハハハっ!心配かけたね。でも着果直後に将輝が言いよったようにちゃんとなったろ?安心して良かばい。」
二人の匠はそう言って笑っていました。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_17255799.jpg2月上旬の初収穫の取材の際に撮影した、親子の匠の3ショットです。
「小春農園」さんでは、長年の経験と豊富な知識、卓越した技術を持つ小原正宏さんと、惜しまぬ手間ひまをかける奥様の小原美子さん、そして、大学で柑橘類を専門に学んだ技術を持つ小原将輝さんが中心となり、本日ご紹介した究極の柑橘『せとか』など、まさに“本物”と呼べる様々な作物を育てています。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_17401425.jpg「FLCパートナーズストア」で販売するのは、普通の『せとか』ではありません。
大切に大切に育て上げた『せとか』から、「小春農園」さんの“匠の目”で選び抜かれた“極選”の旨さと美しさを兼ねそろえた『プリンセスせとか』です。

究極の柑橘『せとか』は今年も順調に色づいてきています!2月上旬の収穫へ向け美味しさを閉じ込めます!_a0254656_17085426.jpgその実績は高く評価され、毎年決まって出荷予定数は完売する大人気商品です。
大変ありがたいことに、気の早いお客様からは、来年2月上旬からの出荷予定分で、今期もすでにたくさんのご予約を頂戴しています。
収穫までの様子は、また現地取材にてこのブログで紹介していきます。
「FLCパートナーズストア」のホームページには、ここでしか買えない「熊本の旬」が目白押しです。
ぜひホームページものぞいてみてください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-12-01 17:45 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします

FLC日記 2022年11月30日(水) くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県合志市(こうしし)の「大島農園」さんの親子の匠の惜しまぬ手間ひま、匠の技によって育てられた、熊本セロリ『清正人参』を今年(令和4年度)もネット独占販売いたします。
本日より、先行予約の受付をスタートしました!

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_17332888.jpg


熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_16312606.jpg初回出荷は、令和4年12月2日(金)です。
以降、毎週金曜日に、数量限定、完全予約制で販売いたします。※写真は、以前、収穫の様子を取材した際に撮ったものです!

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_17375270.jpg朝採りの新鮮セロリを即日発送でお届けいたします。
しかも、この大きなセロリの株を、丸々1株でのお届けですよ。
収穫してすぐにビニールに入れ、新鮮そのままでお送りいたします!!
セロリの茎はもちろんのこと、葉っぱも全て食べちゃってください。
特に、中心部にある若い茎のセロリは、一味違いますよ!!
なんと、甘いんです!!
通常販売では味わえないその甘さは、1株丸々購入でなければ、なかなか味わうことはできません。
ぜひご堪能ください!

今すぐ注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!! ↓
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
熊本セロリ『清正人参』



熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_17361857.jpg生産地と生産者の紹介をします!
ここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』の栽培ハウスの1つです。
ここは、今シーズン、最初に収穫を迎えるハウスです。
毎年4棟ある単棟のハウスから収穫を行います。実は、ここ2週間ほどのこの時期とは思えない温かさで、来週からの収穫予定を急遽早め、昨日から収穫は始まっていました。

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_17392455.jpg「大島農園」さんでは、数ヵ所のこのような連棟建てのハウスや単棟ハウスで、収穫時期をずらしながら、『清正人参』を育てています。
本日、現地取材に伺いました。
「おはようございます!」と声をかけると、
「笠さん!おはようございます。隣のハウスにいます!」と声がしました。

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_17420869.jpgいつも取材協力いただく「大島農園」の大島徹也さん(左)が、出荷作業を行っていました。
「連絡が遅くなってすみません。急に収穫を始めることになって、叔父や叔母に手伝ってもらいながらやってるとこです。」と徹也さん。

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_17531385.jpg「大島農園」さんは、熊本セロリ『清正人参』を育て続けて23年!
セロリの匠、大島忠さんと奥様、そして、その匠の技を受け継ぎつつ、研究心と分析による徹底管理で、さらに高みを目指す息子さんの大島徹也さんと奥様で、惜しまぬ手間ひまと匠の技で、日本一のセロリ作りを目指す匠の農家さんです。

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_17452396.jpg「昨日と今日とで、最初に収穫を迎える単棟ハウスの収穫及び出荷を終わらせることにしたんです。もう、大きくなりすぎてきているので!笠さんとこのお客様の分は、隣の連棟建てのハウスの分からしたいと思っています。笠さんは毎年見てるから良くお分かりと思いますが、見てみてください!すごくいい感じですよ!」とのこと。

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_17500196.jpgさっそく隣の連棟建てのハウスを見てみました。
株の背の高さ、葉の茂りと色、そして茎の太さ。
徹也さんのお言葉通りすごくいい感じです。
それにしても苗床や定植直後にはあんなに小さかったセロリたちが、匠の技と惜しまぬ手間ひまでこうも見事に育つんですね!

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_17551089.jpgこちらは9月上旬の、セロリの苗を栽培ハウスに定植した直後の様子です
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_17564105.jpgもちろん「大島農園」さんの熊本セロリ『清正人参』の栽培の様子も、苗床から定植、脇芽カギ(写真)、成長の様子、もちろん収穫にいたるまで、その全てを現地取材してきまし。

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_18050197.jpgこちらは本日の取材の様子です。
「この担当のハウスも良いんですけど、この10日間くらいの温かさでちょっと大きくなりすぎてて、若干、葉の色も落ちてきてるんですよ。」と徹也さん。「え?そうですか?私にはわかりませんよ。」と言うと、

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_18130728.jpg「毎日見てきた私にはわかるんですよね!だから、笠さんとこのお客様にはベストな状態の次の連棟建てのハウスから出荷しようと思ってます。」とのこと。

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_18085000.jpg「ありがとうございます。やはりそのこだわりが、日本一のセロリを目指す匠なんですね!」と言うと、
「日本一!ですか?良い響きですよね!まだまだそこまでとは言えませんが、ここ熊本県はセロリ栽培発祥の地ですから、日本一を目指して頑張っているということで良いですか?」
徹也さんは、いっぱいの笑顔でそう答えました。

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_193433.jpgこちらは以前取材した収穫の際のワンシーンです。
セロリの匠、大島忠さんが、きびしい目でセロリの出来をチェックしています。
そして収穫では、匠たちの美味さを追求するこだわりを見ることができました。

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_1965775.jpgその様子を紹介します。
収穫は、包丁を使って1株1株を丁寧に行っていきます。
まずは、セロリの根元に包丁を入れ、根っこと茎の部分を切り離すのです。

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_199255.jpg切り離したセロリの周りの茎を、惜しげもなくどんどんとそぎ落としていきます。
「徹也さん!そこは食べられないのですか?」と尋ねると、
「いやいや、もちろん食べられますよ。でも、食べられることと、美味しいことは違いますからね!」

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_1912277.jpg「半年以上も大切に育ててきたセロリたちです。やっぱり美味しいところを食べてもらいたいので、そこを育てるために頑張ってきてくれた周りの葉っぱは、全部そぎ落としちゃうんです。そうして初めて、私たちが育てた熊本セロリ『清正人参』として出荷するんです。」
徹也さんが、嬉しそうにそう話してくれたことを思い出しました。

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_19183334.jpg「FLCパートナーズストア」では、「大島農園」さんの熊本セロリを『清正人参』と称して販売しています。
『清正人参』は、セロリの古称です。
現在は、「セロリ」と称されていますが、戦国時代後から近年までは、『清正人参』と呼ばれていました。

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_17173631.jpg「セロリ」は、戦国武将の「加藤清正公」が、朝鮮出兵から帰国する際に、日本にその種を持ち込んだと言われています。
しかし、それがセロリだとわかっていてその種を持ち帰ったのではないようなく、「これはニンジンの種だ!」と騙されていたようなのです。

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_18151585.jpg育ててみると、明らかにニンジンとは異なるこの植物を、「清正公が持ってきたニンジン」、つまり『清正人参』として栽培したようです。
そこで、この熊本県が、日本におけるセロリ栽培発祥の地と言われています。

熊本セロリ『清正人参』 お待たせしました!令和4年度の予約販売受付開始!朝採り即日発送でお届けします_a0254656_18154262.jpg「FLCパートナーズストア」では、日本におけるセロリ栽培発祥の地と言われている、この熊本県で匠の親子によって育てられた、熊本セロリ『清正人参』を、今年もネット独占販売いたします。
セロリの1株そのままをお届けいたします。
朝採りの新鮮セロリをお送りするため、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「新鮮野菜」のコーナーへお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-11-30 18:17 | 熊本セロリ 清正人参 | Trackback | Comments(0)

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!

FLC日記 2022年11月29日(火) 雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(令和4年度)も、匠の農家さん「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子(ゆず)『あっぱれ』、『キズあり柚子』、『冬至用柚子』をネット独占販売いたしました。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_14422849.jpg


令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_16553471.jpg本日の受注分を持ちまして令和4年度の『香り高き柚子』は完売いたしました。
今年も、たくさんのご注文、誠にありがとうございました。
写真は今年の収穫作業の様子です。
11月中での完売は異例中の異例です!

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_15134852.jpg「柚子はキズがあって当たり前!」と言われる中、収穫した中から1割にも満たないほとんどキズのない香り高き柚子『あっぱれ』は、大玉、中玉、小玉とも今年は販売を行いませんでした。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_15185581.jpg毎年楽しみにしていただき、ご注文をいただくお客様には大変申し訳なく思っています。
今年はとにかく柚子の収量が極端に減少したからです。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_16221308.jpg何度も申しますが、「柚子はキズがあって当たり前!」と言われる果実です。
写真は弊社ではあえて『キズあり柚子』と言う名称で販売している商品の写真です。
一般的に店頭で販売されている柚子と変わりないものだとお考えください。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_16244262.jpgしかし、先ほど紹介しましたほとんどキズがない『あっぱれ』と明確に区別するために、あえて『キズあり柚子』と言う商品名にしています。
その香り、果汁、新鮮さなどは全く変わりません。
表皮に当たり前のキズがあるだけの柚子です。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_16274696.jpg年間を通して、柚子の消費が最も置い日が“冬至”の日です。今年は、12月22日(木)です。
毎年ご購入いただくお客様も含め、今年も全国にたくさんの『冬至用柚子』の商品をお送りいたします。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_16292691.jpg『冬至用柚子』は弊社で言う、『キズあり柚子』と同じ商品です。
冬至の日に合わせ発送するので『冬至用柚子』と商品名をつけています。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_17060286.jpg北は北海道から、南は沖縄まで、旅館やホテル、スーパー銭湯、介護施設、病院、ゴルフ場など、もちろん個人の客様にも、大変ご好評いただいています。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_17094190.jpgさて、今期の『香り高き柚子』は、収穫を終え現在ご注文(ご予約)を頂戴しているお客様分をきちんと補完しお届け日前に出荷いたします。
『冬至用柚子』の出荷も含め、12月にも発送いたしますが、11月中にこの『香り高き柚子』が完売いたのは初めてのことです。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_16381217.jpgこちらは、11月上旬、柚子の収穫が始まったばかりの、熊本県山鹿市鹿北町多久にある「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培場(柚子畑)の様子です。
中央を走る道の両サイドに約7反(2100坪)もの柚子畑があります。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_16415239.jpg以前、11月上旬に撮影した柚子の匠「鬼塚農園」代表の鬼塚啓治さんと奥様の鬼塚紀美代さんのツーショットです。
仲良しご夫婦の二人三脚で、惜しまぬ手間ひまと匠の技で柚子を作り上げる匠の農家さんです。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_17215325.jpg「鬼塚農園」さんはもう25年以上も柚子を栽培しています。
私はそんな「鬼塚農園」さんの栽培の様子をもう10年以上現地取材してきました。
写真は今年の収穫前の様子です。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_17240316.jpgアングルが異なりますがこちらは昨年の収穫前の様子。明らかにゆずの果実の数が異なりますよね!
今年は「鬼塚農園」さんをもってしても、かつてないほどの不作の年となりました。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_17271049.jpg今年の収穫の様子を取材したした際の写真です。
「笠さんは毎年見てるから、今年がホント少ないのがよくわかるでしょ?」鬼塚紀美代さんが、そういいながら大事に大事に収穫を行っていました。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_17312409.jpg鬼塚敬冶さんが、今年ここまで収量が減少した訳を話してくれました。
「今年はなんさま(とにかく)花の数が少なかったとたい。前に、花の時期に雨ばかりで着果が少なくて実った数も少なかった年のあったばってん、それじゃないとたい。昨年の極端な雨不足で花自体がなかったけんね!」と敬冶さん。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_17364589.jpgこちらは今年の花咲く様子です。
このようにところどころにポツン、ポツンと咲いていました。
本来柚子はたくさんの花を咲かせます。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_17382242.jpg昨年の花の様子です。
こうも違ったわけは、昨年の花芽を形成する時期の極端な雨不足が原因のようです。
花が少なければ当然果実も少なくなります。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_17430259.jpg着果間もない6月下旬の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_17441334.jpg「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』の栽培の様子も、年間を通してもう何年も現地取材してきました。
草刈りや、果実の成長などその全てです。
そんな私がこれほどまでに着果数が少ないゆず畑を見たことはありませんでした。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_20281601.jpgですから毎年大好評いただいている『香り高き柚子 青柚子』の販売も今年は早々にご予約いただいていたお客さん分だけで、例年の5分の1ほどにさせていただきました。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_17483479.jpg現在、色づいたゆずの収穫をすべて終え、こうしてコンテナに入れて保管してあります。
今年は例年の4分の1ほどの収量でした。
ですから、収穫した中から選び抜くキズがほとんどない『あっぱれ』を販売することができませんでした。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_18045469.jpg令和4年度の「鬼塚農園」さんの『香り高き柚子』は、完売いたしました。
商品販売をスタートして以来、毎年完売が続いていますが、11月中に完売したのは今年が初めてです。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_20301588.jpg現在、収穫した柚子の選果及び出荷作業を行っていますが、収穫後の果樹へのお礼肥え、収穫時に剪定し落とした枝の片づけ作業を含め、来年への栽培はすでにスターとしています。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_18091818.jpg「今年は予想できないほどの収量の少なさで、『あっぱれ』の販売はできずに、全体の出荷数も極端に少なくなりお客様には本当に申し訳なく思っています。来年はご期待にそえるようしっかりと育てていきますので、またよろしくお願いします。」とのコメントを「鬼塚農園」さんから頂戴しています。

令和4度の『香り高き柚子』本日の受注分を持ちまして完売御礼!冬至用柚子も含めご注文順に発送します!_a0254656_20315776.jpg今年度もたくさんのご注文誠にありがとうございました。
「FLCパートナーズストア」では来年度も「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子『青柚子』、『あっぱれ』、『訳あり柚子』、『冬至用ゆず』をネット独占販売いたします。
自信をもってお勧めできるように、これからも現地取材を重ね、このブログで紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-11-29 18:15 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)