人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

究極の柑橘「せとか」今年も完売御礼!来年の収穫に向けて花と花芽剪定そして現在の着果の様子

FLC日記 2022年5月23日(月) 晴れ
令和2年も「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』は完売となりました。
今年もたくさんのご注文、誠にありがとうございました。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、令和4年も「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』をネット独占販売しています。

究極の柑橘「せとか」今年も完売御礼!来年の収穫に向けて花と花芽剪定そして現在の着果の様子 _a0254656_16470548.jpg


究極の柑橘「せとか」今年も完売御礼!来年の収穫に向けて花と花芽剪定そして現在の着果の様子 _a0254656_15322664.jpg今期、最後まで出荷したのは「ファミリータイプ」という商品でした。
こちらはかなりお買い得な商品ですが、むしろ化粧箱入りの商品の売れ行きがものすごくよく、少しキズがあったり大きさがバラバラのものが最後まで販売することができました。

究極の柑橘「せとか」今年も完売御礼!来年の収穫に向けて花と花芽剪定そして現在の着果の様子 _a0254656_16482472.jpg次年度(令和4年度)の究極の柑橘『せとか』の栽培はスタートしています。
5月20日(金)、熊本県山鹿市鹿北町にある、匠の農家さん「小春農園」さんの、究極の柑橘『せとか』の栽培ハウスに、現在の様子を現地取材に伺いました。
雄大な自然の中、日の当たる山の斜面に連棟建てのハウスで、究極の柑橘『せとか』は育てられています。

究極の柑橘「せとか」今年も完売御礼!来年の収穫に向けて花と花芽剪定そして現在の着果の様子 _a0254656_16485679.jpgハウスと言えども、ボイラーを焚き、加温をして育てるのではありません。
ハウスはあくまで雨風や病気、害虫から大切な果樹や果実を守るためのものです。
私が伺ったこの日は、潅水が行われていました。

究極の柑橘「せとか」今年も完売御礼!来年の収穫に向けて花と花芽剪定そして現在の着果の様子 _a0254656_16511390.jpg潅水(かんすい)とは作物に水を与えることです。
「小春農園」さんでは、ハウス内に整備されているスプリンクラーを使って計画的に『せとか』に潅水を行っています。

究極の柑橘「せとか」今年も完売御礼!来年の収穫に向けて花と花芽剪定そして現在の着果の様子 _a0254656_16514516.jpgこの時期、『せとか』は花が終わり、着果を始めている頃です。
まだビー玉ほどにも満たない大きさですが、来年の2月にはあの大きな果実になるんです。
着果の前の花咲く頃、大切な作業があります。

究極の柑橘「せとか」今年も完売御礼!来年の収穫に向けて花と花芽剪定そして現在の着果の様子 _a0254656_16550846.jpgそれが“花芽剪定”です。
以前取材した様子を元に紹介します。
「小春農園」専務の小原将輝さんが、“花芽剪定”の作業を行っています。

究極の柑橘「せとか」今年も完売御礼!来年の収穫に向けて花と花芽剪定そして現在の着果の様子 _a0254656_16562429.jpg「花芽に花が来ていることを確認しながら行いま。花が咲いているのを確認してからでも良いんです。いつも父が言うように、この“花芽剪定”で、来年の良し悪しの7割は決まると思いますよ!」と将輝さん。

究極の柑橘「せとか」今年も完売御礼!来年の収穫に向けて花と花芽剪定そして現在の着果の様子 _a0254656_17003470.jpgこちらは、すぐ隣のハウスにある、柑橘王こと『デコポン』の栽培ハウスに、4月中旬、花芽剪定を取材に伺った際の将輝さんのお父さんで「小春農園」代表の小原正宏さんです。

究極の柑橘「せとか」今年も完売御礼!来年の収穫に向けて花と花芽剪定そして現在の着果の様子 _a0254656_17015573.jpg匠の目で判断しながら、必要な枝を残し不要な枝を剪定してきます。
小原さんはこの作業を「命を吹き込む花芽剪定」と称しています。
それくらい、この作業がせとかやデコポンの栽培において大切だと言うことです。

究極の柑橘「せとか」今年も完売御礼!来年の収穫に向けて花と花芽剪定そして現在の着果の様子 _a0254656_17043104.jpgせとかの花芽剪定に話を戻しましょう!
「せとかもデコポンと基本は同じですね!まずは樹形全体のバランスを見ます。それから細かい剪定に入るんです。」

究極の柑橘「せとか」今年も完売御礼!来年の収穫に向けて花と花芽剪定そして現在の着果の様子 _a0254656_17050282.jpg「花芽がきていない枝は、バランスを見ながら落としていきます。また、花芽がきている枝も、その角度や場所で判断します。あまり上向きに伸びている枝は、良い果実が実りませんので落とします。斜めに伸びている枝で、先端に花がきちんと来ている枝に果実を実らせるんです。」

究極の柑橘「せとか」今年も完売御礼!来年の収穫に向けて花と花芽剪定そして現在の着果の様子 _a0254656_17053277.jpg「それから、不要な細かい枝をきちんと落としていくことも、せとかの栽培にとっては大事なんです。」
指さしている枝がそれにあたります。
「この枝にはもちろん花は来ないし、そのまま残していても枯れ枝になるんです。だから、こうしてこの時期にきちんと摘み取る必要があるんです。」と将輝さんが話してくれたことを思い出しました。

究極の柑橘「せとか」今年も完売御礼!来年の収穫に向けて花と花芽剪定そして現在の着果の様子 _a0254656_17075206.jpg今年も、匠の花芽剪定で、良い花を残し、こうして確実に着果しています。このような惜しまぬ手間ひまと匠の技が、あの美味しい『せとか』を作り上げるんです。

究極の柑橘「せとか」今年も完売御礼!来年の収穫に向けて花と花芽剪定そして現在の着果の様子 _a0254656_17122222.jpg惜しまぬ手間ひまはこれからまだまだ続きます。写真は匠の摘果作業を終えた、9月中旬の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売する全ての商品の、生産地に年間を通して伺って、その育つ様子や惜しまぬ手間ひまなどを現地取材しています。
もちろん、「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材を重ねてきました。

究極の柑橘「せとか」今年も完売御礼!来年の収穫に向けて花と花芽剪定そして現在の着果の様子 _a0254656_17130267.jpg「小春農園」さんでは、着果後、摘果作業を終えると、こうして実らせる『せとか』1玉1玉全てをひもで吊るし栽培します。
その様子はもちろん今年もしっかりと現地取材しこのブログで紹介したいと思っています。

究極の柑橘「せとか」今年も完売御礼!来年の収穫に向けて花と花芽剪定そして現在の着果の様子 _a0254656_17152569.jpg収穫の際に撮影した親子の匠の3ショットです。
「小春農園」さんでは、代表の小原正宏さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらには大学で柑橘類の栽培を専門に学んだ息子さんで専務の将輝さんの専門知識が加わり、その3人が中心となり、本日ご紹介した究極の柑橘『せとか』など、まさに“本物”と呼べる様々な作物を育てています。

究極の柑橘「せとか」今年も完売御礼!来年の収穫に向けて花と花芽剪定そして現在の着果の様子 _a0254656_18552194.jpg「FLCパートナーズストア」では、令和4年度も「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』をネット独占販売いたします。
今期に勝る『せとか』を育て上げるべく、惜しまぬ手間ひまと匠の技で2月中旬の出荷へ向け育て上げます。
これからもしっかり現地取材も重ねていきますので、令和3年度も「小春農園」さんの究極の柑橘『せとか』にも大いにご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-05-23 17:16 | 究極の柑橘「せとか」 | Trackback | Comments(0)

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!

FLC日記 2022年5月22日(日) 晴れ
2022年(令和4年度)の「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』の花咲く様子を現地取材してきました!

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_17390499.jpg


種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_17400907.jpg毎年この時期に見ている「かぼす」の花ですが、今年は明らかに様子が違います。
本来、この時期たくさんの花をつけるのですが、こうして1輪1輪を探して回らないといけないほど、花が少ないのです。

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_17321355.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今期(令和4年度)も「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』をネット独占販売いたします。

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_17424337.jpgここは熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木にある、「古川果樹園」さんのカボスの栽培場です。
写真を撮ったのは5日前の5月17日)で、例年なら花盛りとなる頃です。

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_17252109.jpg自然豊かでのどかな山あいにある「古川果樹園」さんのかぼすの栽培場は、いつ伺ってもこうしてきれいに整備されています。
こちらが『種なしかぼす』の果樹たちです。

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_17284526.jpg「古川果樹園」の古川孝さんです。
収穫をまもなく迎える7月下旬に現地取材し撮影した写真です。
「古川果樹園」さんは古川孝人さんと奥様の古川アツ子さんの仲良しご夫婦で、様々な農作物を育てる匠の農家さんです。

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_17312818.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「古川果樹園」さんの『種無しかぼす』の栽培を、もう何年も年間を通し現地取材して、このブログで紹介してきました。

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_17433128.jpg収穫の様子はもちろんのこと、色づいたカボスや収穫後の剪定作業、芽吹きや花など、毎年その全てを現地取材してきました。
かぼすは他の柑橘類と同様に、4月下旬から5月中旬にかけて花が咲きます。

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_17471115.jpg今年も咲き誇る様子を取材しようと伺ったのですが、しっかり探さないと花がありません。br>明らかに花の数が少ないのです。
もう花が終わりかけのもありましたが、例年ならこんなものじゃないんです。

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_17444406.jpgこちらは昨年の花咲く様子です。
1枝にこうしてたくさんの花をつけていました。
本来なら、こういう風に花が咲き誇るんです。

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_17402299.jpgしかし今年は、あちらにポツン!こちらにポツン!とこんな感じの咲き方をしていました。
もちろんこの花も着果し、果実ができますが、そうすると1つの果実がとても大きなものになってしまいます。

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_17520179.jpg今年の異変に気が付いたのは、5月2日のことでした。
花とつぼみの様子を撮ろうと伺いましたが、まず花は全く咲いておらず、つぼみも数えるほどしかありません。

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_17534118.jpgそのことをご自宅に伺い生産者の古川さんに伝えると、
「そうだろ?笠さんもやっぱりそう思うばいね!昨年の夏、極端に雨の少なかったたいね!その影響じゃなかろうかと思うとたい。おそらく今年は柑橘類はいかんばい!」とのこと!

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_17564971.jpgこちらは弊社で同じくネット独占販売している『香り高き柚子』の生産地の同日の様子です。
古川さんの言葉通り、同じく柑橘類の「柚子」も今年は極端に花が少なかったのです。

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_17582371.jpg数少ない柚子の花をマルハナバチが飛び回り蜜や花粉を集めていました。
私も長いことこの柚子畑を取材してきましたが、こんなにも花が少ない年は初めてです。

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_18001142.jpg古川さんの言葉通り、今年はおそらく柑橘類はかなりの不作に見舞われる年だと思います。
『香り高き柚子』の花の様子は、また後日このブログで詳しく紹介します。

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_18045225.jpgさて、『種なしかぼす』に話を戻しましょう!
数年前も花が少ない年がありました。
収穫前の写真ですが、着果数が少ない分1玉1玉は大きく育ち、出荷に値するほどに成長していました。

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_18070789.jpg毎年、「古川果樹園」さんの無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』は、8月中旬より出荷を開始します。
その頃になると、大きなものは果汁がしっかりと搾れるほど充実して来るからです。
果汁がしっかりとれないと、商品としての価値はないから、その時期まで待って出荷します。

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_18120231.jpg早いものは花から着果へと進んでいました。
農薬や除草剤、消毒など一切しないので、たくさんの虫たちが飛び回り毎年交配(受粉)をさせてくれるので、着果率は割と良いようです。
今年も、数少ない花ですがしっかり着果してくれれば収穫につながっていくと思われます。

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_18151143.jpg例年に比べ、とにかく今年は、毎年見てきた私が見ても、明らかに花の数が少ないようです。
そうなると、もちろん『種なしかぼす』の全体の収量も減少します。

種なしかぼす 花咲く様子(2022) 今年も無農薬・無化学肥料で育てますが、なんだか花が少ないようです!_a0254656_18161949.jpg毎年決まって完売する大人気商品の『種なしかぼす』は、今年は完売の時期がかなり早まりそうです。
農薬を一切使用しない「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』は、種が無い使い勝手の良さに加え、その安全性で大人気の商品です。
収穫は今年も例年通りの8月中旬からとなると思います。
花の時期を終え、その後の果実の成長の様子も、これからもきちんと現地取材を重ね紹介していきます。
お見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-05-22 18:19 | 種なしかぼす | Trackback | Comments(0)

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼!

FLC日記 2022年5月21日(土) 晴れ
『菊池水源棚田米』は、一般流通のない大変貴重なお米です。
熊本県菊池市、菊池水源の清らかな水と、安全・安心にこだわった元気な土、さらには生産者の後藤武臣さんの惜しまぬ手間ひまとたくさんの愛情によって育てられました。
ネット独産販売する、「FLCパートナーズストア」の大人気商品の1つです!!

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_16561335.jpg
現在販売中の令和3年の『菊池水源棚田米』も、大変好評いただき、定期購入のお客様分を除くと完売しました。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_17583222.jpgそして令和4年度の『菊池水源棚田米』の栽培が本格的に始まっています。
栽培地はこちら!
熊本県菊池市原(はる)にある、棚田郡です。
こちらは現在の様子です。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_18001032.jpgこの写真は9月下旬、稲刈り前の様子です。
1級河川「菊池川」の水の源(みなもと)にあるこの田んぼは、清らかな水の恵みで美味しいお米が育ちます。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_17083259.jpg「FLCパートナーズストア」で契約している“わが家の専用農家さん”である後藤武臣さんの田んぼは、この棚田郡の、最も南の斜面に位置しています。
私が立っているところも含め、計5枚です。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_18043801.jpg一番上にある田んぼ越しには、阿蘇外輪山の一角を占める「鞍岳」の雄大な姿を望むことができます。
後藤さんの田んぼは、どれも、曲がりくねった棚田です。
もともとは、19枚もの小さな三日月型の田んぼを区画整備で、5枚にしたのです。
「こぎゃん曲がりくねった田んぼばってん、前に比べたら随分と作業のしやすくなったばい!」と後藤さんがいつもお話いただいたことを思い出しました。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_18095737.jpgこちらは現在の様子です。令和4年度の米作りに向け、一番上の棚田に苗床が作られていました
ここ数年は、この一番上の棚田に苗床を作っています。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_18103093.jpg苗床とは、田植えまでの間、お米の苗を集中して管理し育てる場所のことです。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_18121935.jpgもちろん、後藤さんの『菊池水源棚田米』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
稲刈りのみならず、稲刈り後の冬の様子や苗床作り、苗床での苗の成長(写真)、田植え、稲の成長の段階や、花咲く様子、黄金色に輝く稲穂などその全てです。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_18142620.jpg棚田でのお米作りは、平地の田んぼより、5倍とも10倍とも言われるほど手がかかります。
ご覧ください!
この急な土手の草刈りだけを考えても、かなりの重労働です。
田植えだって、まるでパズルを埋めるかのように曲がりながら植えていかねばなりません。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_18151154.jpg後藤さんはいつもこう話します。
「ここには、菊池川の最初に流れ込む良か水のあるとたいね。他にも田んぼはいっぱいあろうけど、この水はここにしかなかとたい。米作りに水は欠かせんものでしょ?やっぱ、良か水が良いわけたいね。だけん俺はその水にこだわって、どぎゃん手のかかろうがこの棚田で米ば作りよっとたい。」

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_17384327.jpg菊池水源はその名の通り、水の源の地区です。
1級河川の菊池川の支流にある地区で、菊池川に流れ込む前の水をこの田んぼに使用しています。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_17422684.jpg菊池川の支流の水の源(みなもと)の水は、通称「原(はる)井出」と呼ばれる用水路を通り、本日のブログの最初に棚田全体を撮影しした高台まで来ています。
そこからは、さらに細い用水路を通り、こうして各田んぼへと流れ込んでいます。
この水は、手足を洗うのはもちろん、収穫した作物を洗ったり、飲むことだってできるほどの、とても新鮮で清らかな水です。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_17493803.jpg後藤さんは、清らかな水に負けない土作りをするために、れんげの種を蒔き、冬から春にかけてこれらの棚田で育てています。
れんげは収穫を目的として栽培したものではありません。
あくまで、美味しいお米を育てるための土つくりをするための“緑肥”として育てたものです。
花が終わる頃、花も葉も茎も根もすべえこの後田んぼに鋤き込み、そのまま有機肥料とするのです。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_17571748.jpg後藤さんは、昨年も清らかな水に負けない位の元気な土を作り、惜しまぬ手間ひまをかけ、熊本地震の困難に打ち勝ち、『菊池水源棚田米』を育て上げました。
そして今年も後藤さんは、惜しまぬ手間ひまとたくさんの愛情で、10月上旬には黄金色の稲穂を育て上げることでしょう!
「FLCパートナーズストア」では、今年も後藤さんの『菊池水源棚田米』をネット独占販売いたします。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_17580687.jpg『菊池水源棚田米』は一般流通のない大変貴重なお米です。
おかげさまで今期も大好評いただき、定期のお客様分を除くと完売となってしまいました。
白米も玄米もいずれも完売です。
菊池水源の清らかな水と手のかかる棚田で、たっぷりの愛情と惜しまぬ手間ひまで育てた、安全・安心な美味しいお米『菊池水源棚田米』。
これからも、しっかりと現地取材して、その栽培の様子や惜しまぬ手間ひま、匠の技を紹介していきます。

菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_18431290.jpg


菊池水源棚田米 令和4年度の米作りがスタート(苗床の様子)令和3年度の「菊池水源棚田米」は完売御礼! _a0254656_18213943.jpg熊本の旬の食材を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本の美味しいお米以外にも、旬のフルーツや採れたて新鮮野菜などを販売中です。
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ぜひホームページもご覧ください!
ご来店お待ちしております。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-05-21 18:24 | 菊池水源棚田米 | Trackback | Comments(0)

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!

FLC日記 2022年5月20日(金) くもり一時雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、今年もネット独占販売いたします。
昨日より、先行予約の受付をスタートしました。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_16544311.jpg


熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_16574534.jpg黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の最大の特徴は、スイカ特有の果皮のシマシマがわからないほど黒い果皮です。
赤果肉の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、小玉スイカならではの高い糖度と、大玉スイカのようなシャリッとした食感で、小玉スイカと大玉スイカの良いとこどりをしたようなスイカです。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_17032481.jpg昨年も大好評いただいた、黄色い果肉の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』も販売いたします。
赤果肉に比べ若干ソフトな食感ですが、こちらも高い糖度が人気のスイカです。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_17063242.jpg今年も、赤果肉2玉入り、黄色果肉2玉入り、そして赤果肉1玉と黄色果肉1玉の2色入り(写真)の商品を販売しています。
ただし、いずれも毎回の出荷数限定で、完全予約制での販売です。
5月31日(火)より出荷をスタートし、その後は毎週火曜日と金曜日に出荷いたします。

詳細を知りたい方、注文(ご予約)したい方はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』



熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_17355161.jpg生産地と生産者の紹介をします。
ここは熊本県山鹿市鹿央町にある、まず最初に黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を収穫する単棟建てのハウスです。
温度管理をしやすい単棟のハウスで、まずは最初に出荷する分を栽培しています。
収穫を待つ黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』が元気に成長しています。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_17413357.jpg生産者の「岡山農園」さんは、岡山和功さんと祐大さんのご兄弟と、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)で、最高級のスイカやメロン、様々な野菜を育てる、まさに“匠”の農家さんです。
お父様、お母様の豊富な経験と、若いお二人の研究心、新しい技術を取り入れる向上心とが大きな力となり、“本物”と呼べる農作物を育てています。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_17465922.jpg今年の2月上旬の苗床の様子です。
「岡山農園」さんでは栽培する作物を種を撒き苗から育てています。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_17491775.jpgもちろん「岡山農園」さんの、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培の様子も、もう何年も年間を通してこうして現地取材してきました。
この日は和功さんが、苗の脇芽を摘み取る作業をしていました。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_17562624.jpg4月上旬の定植直後のハウスです。
苗床で育てた苗を栽培するハウスに定植しています。
この時期まだ気温が低いため、キャップと呼ばれる白いピラミッド状の紙でできた農業資材で温度と湿度を保っています。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_17593653.jpg特別に許可を頂いたので、キャップを外し苗の様子を見てみました。
早いものは、キャップからはみ出すほどに成長しています。
実はこのスイカの苗、2つの植物からできています。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_18014728.jpg「岡山農園」さんではスイカを“接木”と言う栽培方法を使って育てます。
根を張る力が強い冬瓜やかんぴょうの苗にスイカの苗を接いで育てるのです。
小玉スイカは冬瓜に次ぐので、この写真の双葉から下は冬瓜です。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_18125025.jpg4月上旬の花咲く頃の様子です。
定植後、芽かぎやつる引きと言った様々な作業を経て、花の時期を迎えています。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_18525061.jpgこちらは雌花の写真です。
自然界では、昆虫たちが雄花と雌花の間を飛び回り、受粉するのですが、美味しいスイカを育てるためには、手作業で受粉させる必要があります。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_18552488.jpg至高の1玉を作り上げるために、元気な雄花の花粉を雌花に着けていきます。
「岡山農園」さんでは、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の場合、20節目に咲いた雌花に交配させます。
その作業は、最も花が元気な午前10~11時の間にのみ行われます。
交配を1つ1つ手作業で行うのには、理由があります。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_19011231.jpg以前取材した収穫前の様子です。
スイカの前に色の違う棒が立っていますよね。
その棒を“着果棒”と言います。
同じように育てても、それぞれの成長も異なり、もちろん交配も時期も変わってきます。
スイカは、交配した日から数えた日数により収穫の時期を迎えるため、色の違う着果棒で収穫時期を管理しているのです。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_19040617.jpg収穫前にはフルーツパットと呼ばれるいわば座布団のようなものに乗せ育てます。
そして、何度も何度も満遍なく日が当たるように玉返しをします。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_19071501.jpg特に、黒小玉スイカの場合、通常のスイカより多くの玉返し作業が必要です。
せっかくの真っ黒な果皮が、玉返しを怠るとムラになってしまうからです。
惜しまぬ手間ひまをかけ育てるからこそ、黒小玉スイカが育つのです。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_18191969.jpg本日のブログでは、栽培の流れをざっくりと紹介しましたが、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を育て上げるためには「岡山農園」さんの惜しまぬ手間ひまたたくさんの匠の技があるのです。
それも含めた成長の様子を毎年こうして見てきたからこそ、私は自信をもってお勧めしています。

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_18254581.jpg「FLCパートナーズストア」にご提供いる「岡山農園」さんのスイカもメロンも、出荷日の朝に収穫したものです。
しかも、一般流通用に出荷するのよりも、数日間長く実らせたものを出していただいています。
実は、その数日間でスイカやメロンの糖度はグッと上がるんです。
一般流通だと、店頭に並ぶまで1週間ほどかかるので、少し早めに収穫しますが、弊社では出荷後、翌日もしくは翌々日にお客様のところに届くので、しっかり完熟したものを出せるんです!

熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon)』令和4年の予約受付スタートしました!_a0254656_18265645.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』をネット独占販売いたします。
同じく「岡山農園」さんが育てた大人気商品の熊本限定栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』とのセットもございます。
朝採り、即日発送のため、数量限定の完全予約制販売です。
定数になり次第、予告なしで締め切らせて頂く場合がございます。
ご注文(ご予約)は、お急ぎください!!
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-05-20 18:30 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です!

FLC日記 2022年5月19日(木) 晴れ時々くもり
熊本の旬を販売する「FLCパートナーズストア」では、令和4年度も匠の農家さん「岡山農園」さんの熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』をネット独占販売いたします。
本日より先行予約受付をスタートしました!

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_16420465.jpg
熊本限定栽培品種のマスクメロン『肥後グリーン』は、はなまる人気急上昇中の高級フルーツです。
毎年楽しみにしていただいているお客様も多く、すでにたくさんのご注文(ご予約)を頂戴しています。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_16361961.jpg『肥後グリーン』の人気の秘密は、なんと言ってもそのバツグンの甘さです!!
糖度17度にもなるさわやかな果汁が、口いっぱいに広がると至福の喜びを感じます。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_16374726.jpg最大の特徴は、シャキシャキの食感でそのさわやかな甘さを味わうことができる新感覚のマスクメロンです。
収穫後、約4~5日程度でまず1回目の食べごろを迎えます。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_16383073.jpgもちろん、さらに追熟させると、トロトロの食感で味わえる、皆さんが良くご存じのマスクメロンの食感でも美味しくいただけます。
翡翠(ひすい)色の美しい果肉は、厚い肉質、豊富な果汁、上品な甘さが人気です!

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_16523580.jpg2玉入りでの販売ですので、ぜひ、1玉はシャキシャキの食感で、そしてもう1玉はトロトロの食感でご賞味ください!
ただし、毎回の出荷数を限定しての、数量限定、完全予約制での販売とさせて頂いておりますので、ご注文はお早めに!!

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産メロン』



肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_16410042.jpg生産地と生産者の紹介をします。
こちらは以前取材した、まもなく収穫を迎える、熊本県山鹿市鹿央町にある、「岡山農園」さんの、『肥後グリーン』の栽培ハウスです。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_16534529.jpg「岡山農園」の岡山佑大さんです。
単棟建てのハウスや広い連棟建てのハウスで、収穫時期をずらして『肥後グリーン』の栽培を行っています。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_17431663.jpg「岡山農園」さんは、岡山忠和さん、岡山文代さんご夫妻とその息子さんたちとで、毎年高品質の様々な作物を育てる匠の農家さんです。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_17451004.jpg岡山さんご夫妻の豊富な経験を活かし、さらに、2人の息子さん(右:兄の岡山和功さん、左:弟の岡山祐大さん)の兄弟の惜しまぬ手間ひまと向上心で、今年も“本物”と呼べる『肥後グリーン』を育てあげます。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_16424804.jpgこちらは、3月下旬の定植間もない頃の様子です。
白いピラミッド型の紙の農業資材の中に、『肥後グリーン』の苗があります。
この頃はまだ気温が低いので、温度管理をしやすい単棟のハウスであえて栽培します。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_16435839.jpgキャップの中の様子も見せて頂きました。
『肥後グリーン』の苗がイキイキと成長していました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_17024480.jpgもちろん「岡山農園」さんの『肥後グリーン』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
写真は、5月上旬の連棟建ての栽培ハウスで、芯を止め実らせる場所の花に交配し着果が始まった頃の様子です。
通路に落ちているツルと葉は、芽カギと言って不要な芽を摘んだものです。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_17090674.jpg以前取材した、収穫直前の6月中旬ごろの様子です。
「岡山農園」さんでは肥後グリーンをたてに伸ばしながら、収穫する果実はこうしてひもで吊って育てます。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_17115056.jpgそして収穫は、交配(受粉)から何日目と言うのを目安にして、最後は匠の判断で行います。
実らせる果実のすぐ上の葉っぱの色の変化や、果実の茎(アンテナ)の部分の黄色いリンクなどを見て判断します。
そこは全て匠の目と判断に100%の信頼をよせ任せています。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_18050165.jpg収穫された朝採りの『肥後グリーン』は、ご出荷場に持ち帰り、大きさ、形、マスクの入り方などなどの厳しいチェックをして、選び抜かれたものだけを「FLCパートナーズストア」の商品として出荷いただいています。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_18061451.jpg「FLCパートナーズストア」では、大きさによって2商品の『肥後グリーン』を販売してます。
右が約2.5~2.8kgの通常サイズ。
そして左が、「大玉」とさせていただいている、約3.0~3.5kgのサイズの『肥後グリーン』です。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_17203157.jpg糖度はいずれも17度以上の最高級です。
定植の時期、着果の時期、収穫日は同日発送の商品は全て同じです。
全てを同様に育てていても、1本1本の株の違いが出てきます。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_17235157.jpg植物それぞれの個体差によって果実のサイズが異なってくるのです。
最初の栽培地ではまだ寒さが残っているため、大玉は実りません。
大玉の肥後グリーンは、6月中旬よりの出荷予定です。

肥後グリーン 令和4年度の先行予約受付スタート!初回出荷は5月31日(火)よりの予定です! _a0254656_16484090.jpg「FLCパートナーズストア」では、「おかやま農園」さんの匠の判断に100%の信頼をよせ、商品の選果をお任せしています。
収穫された中から選びに選び抜いた“極選”の『肥後グリーン』です。
本日より、先行予約の受付をスタートしました。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページよりお買い求めください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」の
ランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、
ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ
にほんブログ村

# by flcps | 2022-05-19 16:56 | 熊本メロン(肥後グリーン) | Trackback | Comments(0)