ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:黒小玉 ( 25 ) タグの人気記事

黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』 赤い果肉と黄色い果肉を本日より発送スタート!

FLC日記 2017年6月20日(火) 晴れのち雨
お待たせしました!
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、本日より、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の出荷をスタートしました!
今年も、赤果肉、黄色果肉の2色のスイカをご用意して、大好評販売中です!
a0254656_16232835.jpg


a0254656_16325419.jpg黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、なんといっても“魅惑の黒小玉”と称される、スイカのシマシマの模様がわからないほどの、黒い果皮が最大の特徴です。

a0254656_16304992.jpg赤い果肉の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、スイカの良いとこどりをしたようなスイカで、小玉スイカならではの高い糖度、さらには大玉スイカに似たシャキシャキの食感で、大変人気の高いスイカです。

a0254656_16390113.jpgそして今年も、黄色い果肉もご用意いたしました。
赤果肉に比べ、若干ソフトな食感ですが、スイカらしからぬ黒い果皮で、切ってみると黄色い果肉と言うダブルインパクトで、プレゼントやご贈答にも大好評いただいている商品です。

<商品ラインナップ>
黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』
※2色の果肉の黒小玉スイカをご用意しました!
●赤果肉2玉入り
●黄色果肉2玉入り
●赤果肉1玉+黄色果肉1玉入り
毎回の出荷数を限定した、完全予約制での販売です!

今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!


a0254656_16560839.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿央町にある「岡山農園」さんの、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培ハウスの1つです。

a0254656_16593282.jpgこちらは、昨日の様子で、本日朝一の収穫及び出荷に向け、万全の体制が整えられていました。
収穫するのは、同じ色の“着果棒”を立てられていたスイカです。

a0254656_17015766.jpg着果棒とは、スイカの花の交配(受粉)後、スイカの果実の成長を始める着果を確認した際に、収穫日の目印として立てる色のついた棒のことです。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。

a0254656_17290992.jpgこちらは、雌花に雄花の花粉をつける交配作業の様子です。
自然界では、昆虫たちが雄花と雌花の間を飛び回り、受粉するのですが、ここはハウスの中のため、手作業で受粉させる必要があります。

a0254656_17311178.jpg「岡山農園」さんでは、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の場合、20節目に咲いた雌花に交配させます。
その作業は、最も花が元気な午前10~11時の間にのみ行われます。

a0254656_17371446.jpgスイカの果実が肥大をはじめ、着果が確認できると、その確認できた日で、異なる色の着果棒を立てます。
それから何日後の収穫という目印にするのです。

a0254656_17424406.jpg同じ着果棒のスイカだけを、同じ日に収穫するのです。
果実が一定の大きさになると、フルーツパットと言っていわば座布団のようなものに乗せられ何度も何度も満遍なく日が当たるように玉返しをして育てていきます。

a0254656_17442995.jpg特に、黒小玉スイカの場合、通常のスイカより多くの玉返し作業が必要です。
せっかくの真っ黒な果皮が、玉返しを怠るとムラになってしまうからです。
スイカが実るすぐ上の葉っぱが、収穫前にはマグネシウム不足で枯れてきます。
美味しいスイカが育った証拠でもあるんです。

a0254656_17500336.jpgこちらは、スイカの苗をハウスに定植するまでに育てる苗床の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18031566.jpgもちろん「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
定植直後の黒小玉スイカの苗です。
定植してしばらくは、キャップと呼ばれる白いピラミッド型の農業器材を使って、保温と保湿をします。
特別に外していただいた苗をよく見て下さい!
実は、双葉の下の根っこはかんぴょうの苗なのです。

a0254656_18071673.jpg「笠さんはよくマメに取材に来られますよね!苗床から定植、交配や成長の様子、収穫まで!私たちもこうして手をかけて育てている様子を消費者の皆さんに知っていただいて嬉しいんです!」
「岡山農園」の岡山佑大さんがそう笑顔で話してくれました。

a0254656_18112609.jpg「岡山農園」さんは、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)と、和功さん佑大さんのご兄弟で、最高級のスイカを育てる、まさに“匠”です。
お父様、お母様の豊富な経験と、若いお二人の研究心、新しい技術を取り入れる向上心とが大きな力となり、“本物”と呼べるスイカを育てています。

a0254656_18135039.jpgスイカの他には、熊本限定栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』も栽培しています。
『肥後グリーン』は、抜群の甘さで、はなまる人気急上昇中の高級フルーツです。
糖度17度を超える、メロンの果汁を存分に味わうことがでいます。

a0254656_18174962.jpg最大の特徴は、シャキシャキの食感で味わえる新感覚のマスクメロンと言うことなんです。
昨日、和功さんにお話をうかがいながら、元気に成長する『肥後グリーン』の様子を取材してきましたので、その様子は、また後日あらためて紹介したいと思っています。

a0254656_18205345.jpg平成29年は、6月23日(金)からの出荷です。
黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon(赤果肉)』と『肥後グリーン』のセットでの販売も行っています。
スイカはすぐに食べれますし、メロンは数日間の追熟を要しますので、いずれも最旬を食すことができる大人気の商品です。

a0254656_18332012.jpg「FLCパートナーズストア」にご提供いる「岡山農園」さんのスイカもメロンも、出荷日の朝に収穫したものです。
しかも、一般流通用に出荷するのよりも、数日間長く実らせたものを出していただいています。

a0254656_18344151.jpg実は、その数日間でスイカの糖度はグッと上がるんです。
一般流通だと、店頭に並ぶまで1週間ほどかかるので、少し早めに収穫しますが、「FLCパートナーズストア」だと、翌日もしくは翌々日にお客様のところに届くので、しっかり完熟したものを出せるんです!

a0254656_18391512.jpg「FLCパートナーズストア」の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、出荷日の朝に収穫し即日発送しているので、その新鮮さは言うまでもありません。
そのために発送日を決めての予約制としてるわけですから!スイカのつるを見ると、その新鮮さは一目でお分かりいただけると思います。
ですから、数量限定の完全予約制販売なんです!
誠に勝手ながら、定数になった場合、予告なしで出荷予定日の受注を締め切らせていただきます。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページの「熊本産スイカ」のページへお進みください。
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-20 18:44 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

魅惑の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』、熊本限定栽培高級マスクメロン『肥後グリーン』予約販売受付スタート!

FLC日記 2017年6月7日(水) 雨(昨日より梅雨入り)
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年)も、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』、熊本限定栽培の高級マスクメロン『肥後グリーン』を、ネット独占販売いたします。
いずれも、本日より予約販売の受付をスタートしました!
a0254656_17013096.jpg
<出荷予定>
黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』
※2色の果肉の黒小玉スイカをご用意しました!
●赤果肉2玉入り
●赤果肉1玉+黄色果肉1玉入り
●黄色果肉2玉入り
黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、上記いずれも、6月20日(火)より発送スタート

a0254656_17015246.jpg
<出荷予定>
高級マスクメロン『肥後グリーン』
●1玉 2.5~2.8kg×2個入り 
●特選大玉!1玉3~3.5kg×2個入り
高級マスクメロン『肥後グリーン』は、上記いずれも6月23日(金)より発送スタート!

a0254656_17393572.jpgまた、昨年もこの大人気2商品をセットにした、熊本メロン『肥後グリーン』×1個+熊本黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』×1個のセットの販売も行います。
こちらは、肥後グリーンの出荷と同じ、6月23日(金)よりの発送です。

a0254656_17492146.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!ここは、熊本県山鹿市鹿央町にある「岡山農園」さんの栽培ハウスです。このハウスでは、大玉スイカ『祭りばやし』、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を栽培しています。このような連棟建ての広い広いハウスで、スイカやメロン、キュウリなどを栽培する農家さんです。

a0254656_18023588.jpg「岡山農園」さんでは、岡山忠和さんの長年の経験と高い技術力、奥様の文代さんの惜しまぬ手間ひま、さらに息子の和功さん佑大さんのご兄弟の研究心新しい技術を取り入れる向上心とが大きな力となり、“本物”と呼べるスイカやメロンを育てる匠の農家さんです。

a0254656_18074623.jpg現在大好評販売中の大玉スイカ『祭りばやし』も、毎回の出荷予定数が常に完売する人気で、本日より予約受付をスタートした『ひとりじめbonbon』、『肥後グリーン』も、すでに昨年よりご予約を頂戴しているほど、リピート率の高いスイカやメロンを毎年育て上げます。

a0254656_18205424.jpgこちらは、1週間ほど前の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培ハウスの様子です。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18255399.jpg「岡山農園」さんの各作物の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
これは11月下旬のスイカの接木作業と苗床の様子で、中央に写っているのは私です。
時にはこうして作業のお手伝いも行っています。

a0254656_18272417.jpgこちらも1週間ほど前に取材した『肥後グリーン』の成長の様子で、岡山佑大さんにまもなくネットが入り始める旨を説明頂きました。
高級マスクメロン『肥後グリーン』については、先日のブログで詳しく紹介していますので、そちらをご覧ください!


a0254656_18335165.jpg黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、スイカらしからぬ黒い果皮と、小玉スイカならではの高い糖度、さらには大玉スイカに似たシャキシャキの食感で、大変人気の高いスイカです。

a0254656_18355842.jpgそして今年も、黄色い果肉の黒子様スイカ『ひとりじめbonbon』もご用意いたしました。
赤果肉の『ひとりじめbonbon』に比べ、若干ソフトな食感ですが、スイカらしからぬ黒い果皮で、切ってみると黄色い果肉と言うダブルインパクトで、プレゼントやご贈答にも大好評いただいている商品です。

a0254656_18392899.jpgスイカのシマしま模様がわからないほどの黒い果皮で、果肉は赤と黄色の2色をそろえています。
とりわけ、2色の果肉の商品は大人気で、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。

a0254656_18412957.jpg美味しいスイカを育て上げるには、多くの手間ひまと高い技術力、さらには徹底した管理能力が必要です。
こちらは、接木作業の様子です。
「岡山農園」さんでは、かんぴょうや冬瓜の苗にスイカを接木して栽培しています。

a0254656_18485847.jpg現地取材は主に、岡山佑大さんに協力いただいています。
「基本的には、大玉スイカはかんぴょう、小玉スイカは冬瓜に接木をしてスイカを育てるんです。かんぴょうや冬瓜の根っこは、スイカより根っこが伸びる力が強いので、それを利用して育てています。ですから、この苗は、2つの植物が合体したものなんですよ!」と佑大さん!
こんな話、苗床に伺わないと、なかなか聞けませんよね!

a0254656_18525061.jpgスイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
自然界では、昆虫たちが雄花と雌花の間を飛び回り、受粉するのですが、美味しいスイカを育てるためには、手作業で受粉させる必要があります。

a0254656_18552488.jpg至高の1玉を作り上げるために、元気な雄花の花粉を雌花に着けていきます。
「岡山農園」さんでは、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の場合、20節目に咲いた雌花に交配させます。
その作業は、最も花が元気な午前10~11時の間にのみ行われます。
交配を1つ1つ手作業で行うのには、理由があります。

a0254656_19011231.jpg以前取材した収穫前の様子です。
スイカの前に色の違う棒が立っていますよね。
その棒を“着果棒”と言います。
同じように育てても、それぞれの成長も異なり、もちろん交配も時期も変わってきます。
スイカは、交配した日から数えた日数により収穫の時期を迎えるため、色の違う着果棒で収穫時期を管理しているのです。

a0254656_19040617.jpg収穫前にはフルーツパットと呼ばれるいわば座布団のようなものに乗せ育てます。
そして、何度も何度も満遍なく日が当たるように玉返しをします。

a0254656_19071501.jpg特に、黒小玉スイカの場合、通常のスイカより多くの玉返し作業が必要です。
せっかくの真っ黒な果皮が、玉返しを怠るとムラになってしまうからです。
惜しまぬ手間ひまをかけ育てるからこそ、黒小玉スイカが育つのです。

a0254656_19192039.jpg「FLCパートナーズストア」にご提供いる「岡山農園」さんのスイカもメロンも、出荷日の朝に収穫したものです。
しかも、一般流通用に出荷するのよりも、数日間長く実らせたものを出していただいています。
実は、その数日間でスイカやメロンの糖度はグッと上がるんです。
一般流通だと、店頭に並ぶまで1週間ほどかかるので、少し早めに収穫しますが、弊社では出荷後、翌日もしくは翌々日にお客様のところに届くので、しっかり完熟したものを出せるんです!

a0254656_19293796.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』及び熊本限定栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』をネット独占販売いたします。
朝採り、即日発送のため、数量限定の完全予約制販売です。
定数になり次第、予告なしで締め切らせて頂く場合がございます。
ご注文(ご予約)は、お急ぎください!!
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-07 19:32 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

熊本スイカ『黒小玉(ひとりじめbonbon)』6月中旬からの出荷に向け元気に成長中!今年も赤、黄色の2色!

FLC日記 2017年5月15日(月) 晴れ時々くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年)も、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、ネット独占販売いたします。
a0254656_17065098.jpg
今年は、6月中旬よりの出荷予定です!
昨年も大好評いただきました、赤果肉と黄色果肉の2色のスイカを販売いたします。

a0254656_17102338.jpg黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、スイカらしからぬ黒い果皮と、小玉スイカならではの高い糖度、さらには大玉スイカに似たシャキシャキの食感で、大変人気の高いスイカです。

a0254656_17120799.jpgそして今年も、黄色い果肉の黒子様スイカ『ひとりじめbonbon』もご用意いたしました。
赤果肉の『ひとりじめbonbon』に比べ、若干ソフトな食感ですが、スイカらしからぬ黒い果皮で、切ってみると黄色い果肉と言うダブルインパクトで、プレゼントやご贈答にも大好評いただいている商品です。

a0254656_17082427.jpgスイカのシマしま模様がわからないほどの黒い果皮で、果肉は赤と黄色の2色をそろえています。
とりわけ、2色の果肉の商品は大人気で、すでにたくさんのご予約を頂戴しています。
今年は、6月中旬よりの出荷予定です。

a0254656_17154282.jpg本日は、定植と定植後1ヶ月の様子を、現地取材してきましたので、元気に育つその様子をご紹介いたします。
ここは、熊本県山鹿市鹿央町にある「岡山農園」さんの、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培ハウスの1つです。

a0254656_17192218.jpg現在は、まもなく始まる“交配作業(受粉作業)”に向け、交配を行う20節目の雌花がハウスのベストポジションに来るように、“つる引き”と“芽カギ”の作業が行われていました。

a0254656_17214478.jpgこちらがスイカの花です。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
自然界では、ミツバチなどがその間を飛び回って受粉するのですが、ここはハウスの中なので、手作業で交配を行います。

a0254656_17250568.jpgこちらが以前取材した交配作業の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17310194.jpgもちろん「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
こちらは、ハウスに定植する前の苗床の様子です。

a0254656_17380433.jpg今年の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の定植は、4月中旬に行われました。
例年より約1ヶ月ほど遅い定植です。
それには訳がありました。

a0254656_18335416.jpg「岡山農園」の岡山佑大さんです。「今年は、昨年人気だった熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』とのセットをたくさん出そうと4月上旬にに定植しました。本来、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は寒さに弱いので、ベストな栽培時期になると思います。」

a0254656_18375022.jpgこちらは一昨年の定植直後の様子です。
3月上旬に定植したため、ハウスは2重にして、キャップと呼ばれる温度や湿度を守る白いピラミッド型の農業器材も使用していました。

a0254656_18412606.jpg「岡山農園」さんは、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)と、和功さん佑大さんのご兄弟で、最高級のスイカを育てる、まさに“匠”です。
お父様、お母様の豊富な経験と、若いお二人の研究心、新しい技術を取り入れる向上心とが大きな力となり、“本物”と呼べるスイカを育てています。

a0254656_18445662.jpgさらには、先ほど話に出た熊本限定栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』も栽培しています。
こちらがその現在の元気に成長する『肥後グリーン』で、この取材の様子は、また後日あらためて紹介したいと思っています。

a0254656_18485817.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの熊本スイカ『黒小玉bonbon』をネット独占販売いたします。
ベストサイズ(2.5kg)位に成長したものの中から特別に選りすぐりの一品を厳選していただきお届けいたします。
今年は初回出荷の時期が少し遅くなりますが、現在、惜しまぬ手間ひまと匠の技で元気に成長中です。
「岡山農園」さんの熊本スイカ『黒小玉bonbon』に今年もご期待下さい!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-15 18:55 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

熊本産!黒小玉スイカ「ひとりじめbonbon」まもなく今期最終発送!マスクメロンとのコンビも大好評発売中!

FLC日記 2016年7月1日(金) くもり時々晴れ
「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、今年もネット独占販売中です!
a0254656_17342487.jpg
平成28年度の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の出荷予定日は、残すところわずか3回のみとなりました!

a0254656_17373162.jpgスイカのシマシマ模様がわからないほどの黒い果皮で、現在は、赤い果肉の『ひとりじめbonbon』を販売中です。
糖度は、12度以上とスイカとしては大変甘く、さらにはシャリッとした食感が人気です。
小玉スイカが持つ高い糖度と、大玉スイカのようなスイカならではの食感で、小玉スイカ、大玉スイカの良いトコどりをしたようなスイカなのです。

生産者:おかやま農園さん
生産地:熊本県山鹿市鹿央町
商品名:熊本産 黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』
1玉 2.5~3kg×2個入り  糖度12度以上
4,968円(税込)~
※数量限定!完全予約制での販売です!!

<出荷予定>
※平成28年度の出荷予定も残り3回です!

平成28年7月8日(金)発送→7月6日17時締め切り
平成28年7月12日(火)発送→7月10日17時締め切り
平成28年7月15日(金)発送→7月13日17時締め切り※今期最終発送!
a0254656_1812238.jpg
↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はこちら! ↓
「FLCパートナーズストア」
『黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』


a0254656_1815819.jpg梅雨の晴れ間の先日、「岡山農園」さんの、まもなく収穫を迎える黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培ハウスに伺いました。
私は、苗床から収穫まで、毎年、現地取材を重ねてきました。

a0254656_18205718.jpgこちらは、2月中旬の苗床の様子です。
苗床とは、定植するまでの期間、集中管理して苗を育てる場所です。
よ~く見て下さい!
スイカのタネが、双葉にくっついたままのもありますよ!

a0254656_1833020.jpgスイカは、発芽したものをそのまま育て、定植するのではありません。
そこには、匠のひと手間があるのです。
これがまもなく定植する苗ですが、実は、根っこはかんぴょうの苗なのです。

a0254656_18353278.jpg「岡山農園」の岡山佑大さんにお話をうかがいました。
「基本的には、大玉スイカはかんぴょう、小玉スイカは冬瓜に接木をしてスイカを育てるんです。かんぴょうや冬瓜の根っこは、スイカより根っこが伸びる力が強いので、それを利用して育てています。ですから、この苗は、2つの植物が合体したものなんですよ!」
こんな話、苗床に伺わないと、なかなか聞けませんよね!

a0254656_184588.jpg4月中旬の栽培ハウスです。
「岡山農園」さんでは、最初に出荷する黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、あえて温度管理がしやすい単棟のハウスで育てます。
ここまで成長する間にも、芽カギ、つる引きなどなど多くの手間ひまをかけ育ててきました。

a0254656_1848367.jpgこの日は、交配作業が行われていました。
ちっちゃなスイカが花の下にあるのがお分かりですか?
これが雌花です。
その雌花に、雄花の花粉を1つ1つつけながら受粉していくのが交配作業です。

a0254656_1852134.jpgスイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
自然界では、昆虫たちが雄花と雌花の間を飛び回り、受粉するのですが、美味しいスイカを育てるためには、手作業で受粉させる必要があります。

a0254656_1854843.jpg至高の1玉を作り上げるために、こうして1つ1つの花を手作業で交配(受精)させていくのです。
「岡山農園」さんでは、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の場合、20節目に咲いた雌花に交配させます。
その作業は、最も花が元気な午前10~11時の間にのみ行われます。

a0254656_1901047.jpg交配を1つ1つ手作業で行うのには、理由があります。
こちらはまもなく収穫を迎える黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』ですが、スイカの前に色の違う棒が立っていますよね。
その棒を“着果棒”と言います。

a0254656_194480.jpgこちらは、今期の最後の出荷をするハウスの、収穫直前の様子です。
同じように育てても、それぞれの成長も異なり、もちろん交配も時期も変わってきます。
スイカは、交配した日から数えた日数により収穫の時期を迎えます。

a0254656_1971878.jpg同じ着果棒のスイカだけを、同じ日に収穫するのです。
果実が一定の大きさになると、フルーツパットと言っていわば座布団のようなものに乗せられ何度も何度も満遍なく日が当たるように玉返しをして育てていきます。

a0254656_19125131.jpg特に、黒小玉スイカの場合、通常のスイカより多くの玉返し作業が必要です。
せっかくの真っ黒な果皮が、玉返しを怠るとムラになってしまうからです。
ここで、弊社に出荷いただいている「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の美味しいわけを、佑大さんにうかがっちゃいました。

a0254656_19212193.jpg「FLCパートナーズストア」さんに出している、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、出荷日の朝に収穫し即日発送しているので、その新鮮さは言うまでもありません。そのために発送日を決めての予約制としてるわけですから!スイカのつるを見ると、その新鮮さは一目でお分かりいただけると思いますよ!」

a0254656_1924102.jpg「でも、最も大事なポイントは、一般流通用に出荷するのよりも、数日間長く実らせたものを出しているということなんです。実は、その数日間でスイカの糖度がグッと上がるんです。一般流通だと、店頭に並ぶまで1週間ほどかかるので、少し早めに収穫しますが、「FLCパートナーズストア」だと、翌日もしくは翌々日にお客様のところに届くので、しっかり完熟したものを出せるんです!」
この笑顔が、スイカの匠の自信の表れですね!

a0254656_19312783.jpg「岡山農園」さんでは、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)の豊富な経験と、息子の岡山和功さん、祐大さんのご兄弟の惜しまぬ手間ひまと向上心、父から子へ受け継がれる“匠の技”で、至高の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』、『肥後グリーン』、無農薬で育てた『チンゲン菜』などを育てる匠の農家さんです。

a0254656_19343634.jpg熊本限定栽培品種のマスクメロン『肥後グリーン』は、はなまる人気急上昇中の高級フルーツです。
その人気の秘密は、なんといっても抜群の甘さです。
糖度17度を超える、メロンの果汁を存分に味わうことがでいます。
そして、最大の特徴は、シャキシャキの食感で味わえる新感覚のマスクメロンと言うことなんです。

a0254656_19373347.jpgもちろん、さらに追熟させると、トロトロの食感で味わえる、皆さんが良くご存じのマスクメロンの食感でも美味しくいただけます。
翡翠(ひすい)色の美しい果肉は、厚い肉質、豊富な果汁、上品な甘さが人気です!

a0254656_19422058.jpg「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』、『肥後グリーン』の両方をご堪能いただくため、最強コンビの販売も行っています。
ただし、数量限定での、完全予約制販売です。
今年も、完売間違いなしの大人気商品のため、ご注文はとにかくお急ぎください!

a0254656_19453042.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』をネット独占販売しています。
今期の出荷予定日は、残すところ3回のみです。
誠に勝手ながら、定数になった場合、予告なしで締め切らせていただきます。
早い者勝ちですよ!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページの「熊本産スイカ」のページへお進みください。
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-07-01 19:49 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

熊本スイカ『黒小玉(ひとりじめbonbon)』 赤い果肉好評発売中!&黄色い果肉の受付スタート!

FLC日記 2016年5月27日(金) くもり時々晴れ
魅惑の黒小玉スイカ!
「FLCパートナーズストア」では、「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、今年もネット独占販売中です!
a0254656_186196.jpg
〇赤色果肉→大好評発売中!6月3日(金)より発送開始!
〇黄色果肉→予約受付スタート!6月17日(金)より発送開始!


a0254656_18102245.jpgスイカのシマ模様がわからないほどの黒い果皮が特徴で、果肉は赤と黄色の2色をそろえています。
糖度は、12度以上とスイカとしては大変甘く、さらにはシャリッとした食感が人気です。

生産者:岡山農園さん
生産地:熊本県山鹿市鹿央町
商品名:熊本産 黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』
1玉 2.5~3kg×2個入り  糖度12度以上
4,968円(税込)
※数量限定!完全予約制での販売です!!


a0254656_1822306.jpg夏のイメージが強いスイカですが、日本一のスイカの産地、熊本県産のスイカの旬は、4月~6月なんです。
熊本の旬を販売する「FLCパートナーズストア」では、今年も4月上旬からスイカを販売しました。

a0254656_18293926.jpg毎年決まって最初に販売するのが、こちらの小玉スイカ『ひとりじめHM』です。
なんと、その定植(栽培地に苗を植えること)は、12月の下旬なんですよ!
寒い時期をじっくりと耐えながら育ったスイカは、糖度がとても高いんです!
※今期の小玉スイカ『ひとりじめHM』は大変好評につき完売しました。

a0254656_1836093.jpgその後、大玉スイカ『春のだんらん』、大玉スイカ『祭りばやし』と出荷を迎え、熊本スイカのおおとりを務めるのが、こちらの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』なんです。
品種により、栽培時期が異なり、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の定植は、2月の下旬なので、収穫及び出荷を迎えるのは、6月となるわけですね!

a0254656_1911667.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
こちらは、3月上旬の定植直後の様子を、「岡山農園」の岡山佑大さんに見せて頂いた写真です。

a0254656_1945428.jpgハウスへの定植の様子はおろか、その前のこうして苗床の様子からすべて、今年も現地取材してきました。
ちなみにスイカの苗は、実は2つの植物から成り立ってるんです。

a0254656_198594.jpg根を張る力が強いかんぴょうの苗に、スイカを接木して育てるんです。
これは、接木した直後の写真で、大きく広がっている双葉までがかんぴょうで、その上の部分はスイカなんです。

a0254656_1922611.jpg定植後も、ベストなタイミングで様々な惜しまぬ手間ひまをかけスイカは育てられます。
こちらは、交配(受粉)作業の様子です。
黒小玉スイカの場合、20節目の雌花に雄花を交配してスイカを育てるのです。

a0254656_19261520.jpg自然界では、ミツバチなどの虫が花と花を飛び回り受粉するのですが、ここは締め切ったハウスの中です。
雄花を摘み取り、こうして雄花の花粉を、直接雌花につけ受粉させていくのです。
その作業は、最も花が元気な10時~11時に毎日行います。

a0254656_19341796.jpg収穫まであと1週間となった本日、収穫直前の様子も現地取材してきましたよ。
「今年は、実太りも良く、例年に比べ少し大きめの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』が出荷できそうです。」

a0254656_19371216.jpg岡山佑大さんがそう笑顔で話してくれました。
「岡山農園」さんは、岡山忠和さんと文代さんご夫婦の豊富な経験と高い技術と、和功さん、祐大さんの息子さんたちで、最高級のスイカやメロン、様々な野菜を育てる、まさに“匠”の農家さんです。

a0254656_19384583.jpg7月上旬からは、弊社の大人気商品、熊本源衛知栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』も出荷予定です。
その前に、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の商品ラインナップを紹介しましょう!

a0254656_19403628.jpg今年も、3パターンの『黒小玉スイカ(ひとりじめbonbon』をご用意いただきました。
まずは、6月3日より出荷予定の、スイカの定番の赤い果肉の2玉セット!
「スイカは赤!」との声も多く、やはり根強い人気の商品です。

a0254656_1942269.jpg次に、黄色い果肉の2玉セット!
6月17日より出荷予定です。
昨年、数量限定で黄色の果肉の『黒小玉スイカ(ひとりじめbonbon』を販売したところ、大好評で、今年は出荷数を増やしての販売です。
黒い果皮に黄色の果肉のダブルインパクトが人気です。

a0254656_1943320.jpgそして最後は、赤果肉1玉、黄色果肉1玉の2色セット!!
両方の果肉の色をお楽しみいただけるので、2色セットがやはり一番人気ですね!
ご贈答やギフトとしても大変喜ばれる商品です。

a0254656_19453999.jpg朝採り、新鮮そのもののスイカを、その新鮮さがわかるようにこうしてアンテナ(つる)付きで出荷いたします。
ギリギリまで完熟させた甘さも人気で、皮が薄いので、色の着いたギリギリのところまで美味しくいただけます。

a0254656_1950629.jpg赤果肉に比べ、黄色い果肉の『ひとりじめbonbon』は、食感が少し柔らかい感じですが、それもまた美味しいんです!
「FLCパートナーズストア」では、たくさんの愛情で、大切に育てられた、「おかやま農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、今年もネット独占販売しています。
a0254656_19544266.jpg
朝採り、即日発送のため、数量限定の完全予約制販売です。
定数になり次第、予告なしで締め切らせて頂く場合がございます。
ご注文(ご予約)は、お急ぎください!!
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-05-27 19:53 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

熊本スイカ『黒小玉(ひとりじめbonbon)』 5月下旬の出荷に向け、交配(受粉)作業の様子

FLC日記 2016年4月29日(金) 晴れ

a0254656_17534315.jpg「すでに、交配(受粉)が終わって、着果しているものもありますが、苗自体はとても元気に成長していますが、今年は例年に比べ全体的に成長が1週間ほど遅れているようです。『黒小玉(ひとりじめbonbon)』の初出荷は、5月下旬になりますね・・・。」
「おかやま農園」の岡山祐大さんが、そう話してくれました。
a0254656_1757298.jpg
「FLCパートナーズストア」では、今年も「おかやま農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』をネット独占販売いたします。

a0254656_1834596.jpg当初は、5月中旬からの出荷を予定していましたが、「収量が安定して、その中から選んだ本当に良いものを出したいから!」と言う岡山さんのこだわりで、例年より少し遅い、赤い果肉の『黒小玉(ひとりじめbonbon)』は、5月下旬からの販売予定です。

a0254656_1852865.jpgもちろん今年も、昨年大好評いただいた、黄色い果肉の『黒小玉スイカひとりじめbonbon』の生産数を増やし販売いたします。
ただし、黄色い果肉の『黒小玉スイカひとりじめbonbon』は、赤い果肉よりも遅く、6月中旬よりの発送予定となっています。
その頃には、赤い果肉と黄色い果肉の『黒小玉スイカひとりじめbonbon』のセットでの販売も行います。

a0254656_18102182.jpgここは、熊本県山鹿市鹿央町にある「おかやま農園」さんの、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培ハウスの1つです。
「おかやま農園」の岡山祐大さんに、その中で最も成長の早いハウスを見せて頂きました。

a0254656_18123512.jpg「黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、苗の20節目前後の元気な雌花に交配(受粉)させるのがベストです。
ここに咲いている花たちは、ベストな場所に咲くための、いわば予行練習みたいな花で、それらには交配させません。
今年は全体的な気温が低かったため、成長が少し遅れていますが、こうしてスイカの樹勢も強く、良い花が咲いているので、安心してください。」と佑大さん。

a0254656_18195282.jpg「交配はすべて手作業で行うんですか?」と尋ねると、
「そうですね。ベストな場所の花の、最も元気なこの10時~11時の間に、こうして1つ1つ行うんですよ。」

a0254656_18214196.jpg「ほら、そこに昨日、交配した雌花があるのがわかりますか?花の下にはちっちゃなスイカがあるでしょ?でも今日はすでに花はしぼんでますよね。だから、交配作業はその苗を見極めて、毎日欠かさず行わないといけないんです。」

a0254656_18363920.jpg「交配作業の様子を見せて頂いていいですか?」と言うと、
「えぇ!もちろん!スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。本来なら、ミツバチなどがその間を飛び回って、受粉するのですが・・・、」

a0254656_18391523.jpg「ここは締め切ったハウスの中なので、こうして雄花の花粉を私たちが直接雌花につけるんです。ミツバチが運べるほどの少量でいいのですが、このベストポジションの元気な花に確実に着果させたいので、しっかり花粉をつけてあげます。」

a0254656_18425889.jpg「元気な花かどうかは、見てわかりますが、ベストポジションかはどうやってわかるのですか?まさか、20節目を数えていたのですか?」と尋ねると、
「ハハハっ!さすがに、数えてはいませんが、間違いなくベストポジションだと思いますよ。せっかくなので数えてみましょうかね!1、2、3、・・・。ほら!ちょうど20節目でしたよ。」

a0254656_18505064.jpg「ハウスの中央の通路から両サイドにスイカの苗を伸ばして育てますが、この辺りに実るように、苗を調整するんです。」
「ツル引き作業のことですよね!」と言うと、
「そうです。もう、毎年笠さんはこうして現地取材に来ているので、わかりますよね!」

a0254656_18542175.jpgこれが、4月中旬に行われる“ツル引き作業”の様子です。
成長したつるをいったん中央の通路側に引き戻して、20節前後の雌花が、通路とハウスの端の中央に来るように苗を調整する作業です。

a0254656_18585194.jpg「先ほどは、偶然にもちょうど20節目の雌花でしたが、その前後であれば問題ないですね。大事なのは、元気に咲いているときに、元気な雄花の花粉をつけてあげることですね。」

a0254656_1922183.jpg「ちなみに、今日、使用している雄花は、大玉スイカ『祭りばやし』の雄花なんですよ。うちでは、数種類のスイカを、数カ所に分けて栽培しているので、その日の最も元気な雄花の花粉を使うようにしてるんです。」

a0254656_1951673.jpg「笠さんから見て、右が大玉スイカ『祭りばやし』の雄花で、左がここの『黒小玉スイカひとりじめbonbon』の雄花です。花びらの形状や花の大きさではなく、花粉の量と質が大事なんです。」

a0254656_19112340.jpg「これは、きちんと止まってます(着果してます)。そろそろ着果棒を立てても良いころですね!これからがさらに大事で、しっかりと手をかけて最高のスイカに仕上げますよ!」
佑大さんは、力強くそう話してくれました。

a0254656_1914427.jpg「おかやま農園」さんは、本日取材にお付き合いいただいた岡山祐大さんとお兄さんの和功さんのご兄弟と、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)で、最高級のスイカを育てる、まさに“匠”です。
お父様、お母様の豊富な経験と、若いお二人の研究心、新しい技術を取り入れる向上心とが大きな力となり、“本物”と呼べるスイカを育てています。

a0254656_19171238.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「おかやま山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』をネット独占販売いたします。
スイカとしては、最高級の12度以上の高い糖度と、スイカならではのシャキシャキっとした食感が、多くのスイカ好きをうならせる絶品です!!
まずは、5月下旬の赤い果肉、そして、6月中旬の黄色い果肉の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を販売予定です。
これからも、その成長の様子や匠の技、惜しまぬ手間ひまなど、現地取材にてご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-04-29 19:20 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

熊本スイカ『黒小玉ひとりじめbonbon』 5月中旬からの出荷に向けて苗床の様子(2016)

FLC日記 2016年2月16日(火) 雪
「12月下旬に種まきした、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon(赤果肉)』の苗を接木して、今苗床で順調に成長中です。まもなく、今月(2月)中旬にはハウスに定植します。出荷は5月中旬からの予定です!」
「岡山農園」の岡山佑大さんが、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon(赤果肉)』の苗を見ながらそうお話しいただきました。
a0254656_16373786.jpg
「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』をネット独占販売いたします!!

a0254656_1641571.jpg黒小玉スイカとは、スイカの果皮がこのように黒い小玉スイカのことです。
小玉スイカならではの高い糖度と、大玉スイカのようなシャキッとした食感で、今年もすでにたくさんのご予約を頂戴している大人気商品です。

a0254656_16472045.jpgまずは、5月中旬(予定)から、赤果肉の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を出荷します。
糖度12度を超える甘さ、さらには皮目のギリギリまで美味しくいただけることが、多くのスイカ通をうならせる味わいです。

a0254656_16513727.jpg黄色い果肉の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、6月中旬よりの出荷予定です。
スイカらしからぬ黒い果皮で、切ってみると黄色い果肉と言うダブルインパクトで、プレゼントやご贈答にも大好評でした。
6月中旬からは、赤い果肉と黄色い果肉を1玉ずつ入れた、2色の詰め合わせも出荷いたします。

a0254656_170055.jpgさて、本日は5月中旬より出荷予定の赤果肉の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の苗床の様子を、現地取材してきましたのでご紹介いたします。
苗床のハウスの中は、入ると一瞬にしてカメラのレンズが曇るほど、外気との温度差がありました。

a0254656_1724297.jpgここは、熊本県山鹿市鹿央町にある「岡山農園」さんの苗床です。
苗床とは、定植(栽培地に植え替えること)までの期間、集中管理をして苗を育てる場所です。

a0254656_178333.jpg「おはようございます!」と声をかけ苗床のハウスの中にお邪魔すると、「岡山農園」の岡山佑大さんがいつもの笑顔で迎えてくれました。
「今年も恒例の苗床取材ありがとうございます!」と佑大さん。

a0254656_17151944.jpg「岡山農園」さんは、岡山和功さん、祐大さんのご兄弟と、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)の親子2代の匠で、本日ご紹介する熊本スイカ『黒小玉ひとりじめbonbon』や、大玉スイカ『祭ばやし』、6月中旬より発送予定の高級メロン『肥後グリーン』(写真)、さらには大好評につき惜しまれながら今期の発送を終えた、無農薬で育てた『チンゲン菜』などなどを生産している匠の農家さんです。

a0254656_17175718.jpg私はワクワクが止まりません。
せっかくいただいた取材の機会なので、聞きたいことが盛りだくさんです。
苗床に入るや否や、「最初の黒小玉はかんぴょうでいくんですか?」と尋ねました。

a0254656_17224385.jpg「ハハハっ!さすがに笠さんも毎年こうして取材に来ていると、随分詳しくなりましたね!そうですね。今年も最初のハウスの黒小玉スイカは、かんぴょうにスイカを接いで育てますよ。」と佑大さん。

a0254656_17204436.jpgこれはスイカの苗でが、実は2つの植物から成り立ってるんです。
土から伸びた茎と大きな2枚の双葉はかんぴょうで、そこから上がスイカの苗なんです。
スイカは、かんぴょうや冬瓜に接木をして育てるんです。

a0254656_17293797.jpg「うちでは、スイカを育てるのに自根では育てません。大玉スイカはかんぴょう、小玉スイカは冬瓜に接木をして育てるんです。かんぴょうや冬瓜は根をはる力が強いので、その方が元気な苗が育つからなんです。でも、この寒い時期に育てる最初の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の赤果肉の苗は、よりその力が強いかんぴょうに接木してるんです。」

a0254656_17324764.jpgこれは、かんぴょうの苗です。
「岡山農園」さんでは、黒小玉スイカの種を撒く12月下旬の1週間ほど前に、かんぴょうの種を撒き、先にかんぴょうを発芽させます。

a0254656_17372528.jpgこれは以前取材した接木作業の様子です。
「岡山農園」の皆さんに、匠の技を伝授いただき、微力ながら私もこうしてお手伝いをさせていただきました。
接木の様子を簡単に紹介するとこんな感じです。

a0254656_1742456.jpgまずは、スイカの苗をこうして斜めにカットします。
かんぴょうの苗に刺さりやすくするためです。

a0254656_1743848.jpg次に、台木となるかんぴょうの苗の先端に竹ぐしを使って穴をあけます。

a0254656_17434056.jpgその穴に先ほど斜めにカットしたスイカの苗を刺し入れるのです。

a0254656_17442874.jpg最後に、つないだ部分を安定させるために、クリップを使ってつなぎとめれば完成です。
接木作業は、この地道な手作業を、ずっと繰り返していく、とても手間ひまのかかる作業です。

a0254656_17482182.jpg現在の苗床の様子に話を戻し、苗床のハウスの奥へ進むとお父さんの忠和さんが作業をしていました。
「おはようございます!何の作業をしているんですか?」と尋ねると、

a0254656_17503263.jpg「これは摘芯ばして、定植の準備ばしよるところたい。これは、黒小玉スイカよりも先に定植する大玉スイカの『春のだんらん』たいね。ここまで苗床で育てて、芯を止めていよいよハウスに定植たいね。」

a0254656_175328100.jpg「スイカは苗床で、種まき→発芽→接ぎ木→成長→摘芯まで過ごすとたい。1月の大寒波でちょっと成長が遅れたばってん、今年も良か苗のできたばい!」
なぜ、芯を止めて定植するかなどなど、他にも詳しくお話しいただきましたので、その様子はまた後日ご紹介いたします。

a0254656_17575544.jpg「今年もこの大玉スイカたちは連棟建てのハウスに、最初の黒小玉スイカたちは単棟ハウスに定植ですか?」と尋ねると、
「いやぁ~、ホント笠さんは詳しくなりましたね。黒小玉スイカは、最初はあえて単棟ハウスに定植してしっかりと温度管理をしてあげないといけないんです。その様子も、ぜひまた取材に来てくださいよ!」と佑大さん。

a0254656_1845269.jpg私は弊社で販売するすべての商品の作付地に年間を通して現地取材をしてその育つ様子や惜しまぬ手間ひまを紹介しています。
これは昨年の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の交配(受粉)作業の様子です。
今年も順調にいけば、4月上旬に行われる作業です。

a0254656_1865645.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「岡山農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』をネット独占販売いたします。
5月中旬の出荷までには、まだまだたくさんの作業を要します。
初回発送は、5月中旬の赤果肉『ひとりじめbonbon』からの予定で、次いで黄色果肉さらには高級メロン『肥後グリーン』と続きます。
これからも、「岡山農園」さんの匠の技、惜しまぬ手間ひま、『ひとりじめbonbon』成長の様子など、現地取材してご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-02-16 18:12 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

熊本スイカ『黒小玉(ひとりじめbonbon)』間もなく今期最終発送!ご注文はお急ぎください!!

FLC日記 2015年7月17日(金) くもり
魅惑の黒小玉!
熊本産!黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の今期(平成27年度)の最終出荷が間もなくと迫りました!!
a0254656_1738777.jpg
今期の最終出荷は、平成27年7月21日(火)です!!
→ご予約承り中(7月19日17時締め切り)今期最終発送!
※残りわずか!お急ぎください!!


a0254656_17391483.jpgスイカのシマしま模様がわからないほどの黒い果皮で、果肉は赤と黄色の2色をそろえています。
糖度は、12度以上とスイカとしては大変甘く、さらにはシャリッとした食感が人気です。

生産者:おかやま農園さん
生産地:熊本県山鹿市鹿央町
商品名:熊本産 黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』
1玉 2.5~3kg×2個入り  糖度12度以上
4,800円(税込)~
※数量限定!完全予約制での販売です!!

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はこちら! ↓
「FLCパートナーズストア」
『黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』



a0254656_1755814.jpg梅雨の晴れ間の先日、「おかやま農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の栽培ハウスに伺いました。
私は、苗床から収穫まで、毎年こうして現地取材を重ねてきました。

a0254656_181321.jpgこれは、2月上旬の黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』の苗床の様子です。
ハウスに定植するまでは、この小さな苗を苗床で集中管理して育てます。
この時、スイカの苗はすでにケンタウロス状態になって育っています。

a0254656_18101164.jpgケンタウロスとは、ギリシャ神話に出てくる馬の首から上の部分が人間の半人半獣の種族で、ギリシャ神話に出てくる想像上の動物?です。
このスイカの苗、実は根っこと双葉までは「かんぴょう」なんです。

a0254656_18154172.jpg根をはる力が強い「かんぴょう」に、スイカの苗を、1つ1つ手作業で接ぎ木して育てているのです。
ですから、ケンタウロスの様に2種の生き物からできているんです。

a0254656_1821254.jpg3月上旬の定植直後の様子です。
双葉までのかんぴょうも、それから上のスイカも元気いっぱいです。
例えるなら、「棚からぼたもち」ならぬ、「かんぴょうからスイカ」ってとこですね!(笑)
「おかやま農園」さんでは、至高のスイカを作り上げるために、おしまぬてまひまをかけて育てます。

a0254656_18331928.jpg4月上旬、“つる引き”と呼ばれる作業をします。
スイカの果実が、中央の通路とハウスの端の真ん中のベストポジションに実るように、成長した苗を引き戻してあげるのです。

a0254656_18383587.jpgその際には、不要な脇芽や、つるを徹底的に取り除き、スイカの苗が元気な花を咲かせ、果実を甘く育てるために全精力を注げる体制を作り上げていくのです。

a0254656_18464589.jpgその後、スイカの苗は成長し、このような黄色い花を咲かせます。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
自然界では、昆虫たちが雄花と雌花の間を飛び回り、受粉するのですが、美味しいスイカを育てるためには、手作業で受粉させる必要があります。
しかも、最も良い花を咲かせ、その後、果実として成長させるにもベストなのが20節目あたりです。

a0254656_1851411.jpg至高の1玉を作り上げるために、こうして1つ1つの花を手作業で交配(受精)させていくのです。
交配作業は、午前中(10~11時)の花が最も元気な時間帯に集中して行います。

a0254656_1904236.jpg5月中旬、元気な花に着果したスイカたちは、さらなる惜しまぬ手間ひまと、匠の温度、水管理で、大きく成長しました。
さらに、美しい黒小玉スイカとして出荷するために、もうひと手間をかけていきます。

a0254656_1954262.jpg「おかやま農園」さんでは、こうして幾度となくまめに玉返しをして、全体に万遍なく日が当たるようにして大事に大事に育ててきました。
色ムラがなく美しく、果肉が均等に甘いスイカを育て上げるのです。

a0254656_19144143.jpg「おかやま農園」さんでは、交配(受精)をさせた時期をはっきりわかるように、5種類の着果棒を使って徹底管理しています。
交配日から数えて、ベストな収穫日で美味しいスイカを出荷するためです。

a0254656_1921131.jpg朝採りの新鮮なスイカを、きれいにふきあげて、ツルを付けたまま箱詰めします。
スーパーなどの店頭に並ぶスイカは、ツルがほとんどありませんよね。
それは、ツルをつけておくと新鮮でなければ一目でばれちゃうからです。
ですから「おかやま農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、ツルを見て頂くと、その新鮮さが一目でお解りいただけると思いますよ!!

a0254656_19294848.jpg「岡山農園」さんは、岡山和功さん、祐大さんのご兄弟と、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)で、春から夏にかけては、熊本スイカ『黒小玉ひとりじめbonbon』と、高級メロン『肥後グリーン』を生産する匠の農家さんです。
お父様、お母様の豊富な経験と、若いお二人の研究心が大きな力となり、最高級のスイカ・メロンを育てています。

a0254656_19315791.jpg接ぎ木作業を私がお手伝いしている写真です。
成長の様子や惜しまぬ手間ひまを、時にはこうしてお手伝いもしながら、全て現地にて取材してきました。
だからこそ、今年も自信を持っておすすめしています。
a0254656_1936010.jpg
「FLCパートナーズストア」では、たくさんの愛情で、大切に育てられた、「おかやま農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』を、今年もネット独占販売しています。

a0254656_19402886.jpg赤果肉2玉、黄色果肉2玉、そして写真の赤と黄色の1玉ずつと、3パターンの商品ラインナップです。
さぁ、今期の出荷も残すところあと1回のみ!!
7月19日(日)の17時が最終締め切りです。
ただし、定数になり次第、予告なしで締め切らせて頂く場合がございます。
ご注文(ご予約)は、お急ぎください!!
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-07-17 19:44 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)

お中元に「FLCパートナーズストア」の朝採りフルーツギフトはいかが?(2015年 その1)

FLC日記 2015年7月10日(金) 晴れ
お中元に、「FLCパートナーズストア」の、フルーツギフトはいかがですか?
農家直送の朝採り、“最旬”の新鮮フルーツをお送りいたします。
「食卓にいつも熊本の旬」をテーマに、「わが家の専用農家さん」と称する契約農家さんが育てた、“本物”と呼べるフルーツです。
いずれも、「FLCパートナーズストア」のネット独占販売商品です。
a0254656_17305712.jpg
本日は、夏の最旬フルーツ「第1弾」。
1.高級マスクメロン『肥後グリーン』
2.黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』
をご紹介します。

明日は夏の最旬フルーツ「第2弾」
3.高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』
4.樹上完熟アップルマンゴー『煌(きらめき)』
のご紹介予定です。

1.高級マスクメロン『肥後グリーン』
a0254656_17321089.jpg
生産者:おかやま農園さん
生産地:熊本県山鹿市鹿央町
商品名:特選!熊本メロン『肥後グリーン』
1玉 2.5~2.8kg×2個入り 糖度17度前後 
¥4,800円(税込)~
※只今、2週間待ちの大人気商品です!!

a0254656_1734281.jpg「肥後グリーン」は、熊本限定栽培品種の高級マスクメロンです!
高い糖度(17度前後)とシャキッとした食感が大人気!!
糖度17度を超える甘さを、シャキシャキの食感で味わえる新感覚のマスクメロンです。

a0254656_17404826.jpg「マスクメロンがシャキシャキの食感!」と言われてもなんだかピンときませんよね!!
まず最初の食べごろが、収穫後1週間ほどで、そのころはシャキッとした食感のまま甘い果肉を味わうことができるんです。
もちろん、トロトロの食感で味わいたいなら、さらに5日ほど追熟させてください。
両方の食感をご賞味いただきたく、「FLCパートナーズストア」では、2つ入りで販売しています。

a0254656_17555468.jpgこちらは、「おかやま農園」さんの『肥後グリーン』の栽培ハウスです。
まるでジャングルの様でしょ?
しかし、「おかやま農園」さんでは、あえてこのようにつるをたくさん伸ばして栽培しているのです。

a0254656_1833656.jpg「おかやま農園」さんでは、『肥後グリーン』を、1玉1玉ひもで吊るして大切に育てあげます。
1株から、たった1玉だけの至高の『肥後グリーン』を育て上げるのです。

a0254656_1841192.jpg「同じように栽培しても、1本1本特徴があるので、果実をこうして見ながら、その株の遊びツルで最終調整をして仕上げます。天気や気温を考慮して、遊びツルを切ったりそのまま伸ばしたり、収穫前の1週間ほどで調整しながら一気に糖度を上げるんですよ。」

a0254656_1851552.jpg「収穫した中から、さらに選びに選び抜いた“極選”の『肥後グリーン』を「FLCパートナーズストア」さんには、提供しますよ。」
「おかやま農園」の岡山祐大さんがそう笑顔でお話しいただきました。
今年も絶対の自信をもっておススメできる『肥後グリーン』ができました。

a0254656_1892883.jpgフルーツギフトの定番の「マスクメロン」の中でも、シャキシャキの食感で糖度17度を超えるメロンは、『肥後グリーン』だけです。
翡翠(ひすい)色の美しい果肉と厚い肉質、香り高く豊富な果汁、上品な甘さが特徴の高級メロンです。
“極選”ゆえの、数量限定・完全予約制での販売です!!

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はこちら! ↓
「FLCパートナーズストア 熊本メロン『肥後グリーン』」


2.黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』
a0254656_18114772.jpg
生産者:おかやま農園さん
生産地:熊本県山鹿市鹿央町
商品名:熊本産 黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』
1玉 2.5~3kg×2個入り  糖度12度以上
4,800円(税込)~
※残りわずか!お急ぎください!!

a0254656_18153767.jpg黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、人気はなまる急上昇中のスイカです。
小玉スイカならではの甘さと、大玉スイカの様なシャリッとした食感が楽しめます。

a0254656_18265346.jpgさらに今年は、黄色い果肉の『黒小玉スイカひとりじめbonbon』も、ご用意いただきました!!
黒い西瓜の果皮だけでもかなりのインパクトですが、さらに果肉が黄色のダブルインパクトで、お中元やギフトにも大変喜ばれています。

a0254656_18305919.jpg「おかやま農園」さんの黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、赤果肉、黄色果肉とも糖度が12度前後と、スイカとしては最高レベルです。
スイカは、糖度が11度あれば「美味ししスイカ」と言われていますので、十分な甘さをお楽しみいただけますよ。
私個人的には、赤果肉の方が食感も良く甘く感じました。

a0254656_18385443.jpgそこで、赤果肉1玉、黄色果肉1玉の2色セットをご用意しました!!
両方の果肉の色をお楽しみいただけるので、2色セットがやはり一番人気ですね!
ぜひお中元に、いかがですか?

a0254656_1852713.jpg『ひとりじめbonbon』は、“フルーツパット”と呼ばれるいわば座布団のようなものに乗せて育てられます。
成長の過程で満遍なく太陽の光を当てるため、「玉返し」と言って、何度もスイカの果実の向きを変えて育てるのです。

a0254656_18523758.jpg黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』は、この黒い果皮が最大の特徴です。
通常のスイカの栽培時より、より均等に日を当てるため、何度も何度も「玉返し」の作業をくり返し、果皮の色を濃く、果実の甘さも高く仕上げられたスイカです。
見た目のインパクトと、美味しさのインパクト!
数量限定、完全予約制での販売です。

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はこちら! ↓
「FLCパートナーズストア 黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』」



a0254656_1905795.jpg「おかやま農園」さんは、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)の豊富な経験と、兄の岡山和功さん、弟の祐大さんの「美味しいを育てたい!」と言う更なる向上心、そして4人の惜しまぬ手間ひまと匠の技で、至高のメロンやスイカ、野菜を育てています。
これは、2月末のスイカの定植時の写真です。

a0254656_19122864.jpg「FLCパートナーズストア」では、「おかやま農園」さんのスイカやメロンの苗床の様子や、定植、交配(受粉)、成長、そして収穫まで、全てを取材してきました。
こちらは、『肥後グリーン』の開花と、芯(成長点)を止めた様子を取材した時の写真です。

a0254656_191746.jpg「FLCパートナーズストア」では、弊社で販売する全ての商品の作付地に伺い、成長の様子や各農家さんの惜しまぬ手間ひま、匠の技など、年間を通して取材し販売しています。
“本物”と呼べるお中元やギフトを贈りたい方、本当に“美味い”と思える旬の食材を食べたい方に、絶対の自信をもっておススメします。
詳細は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページをご覧ください。
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-07-10 19:19 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

熊本スイカ『黒小玉(ひとりじめbonbon)』 5月22日今季初出荷!現地取材!収穫サインが出てました!

FLC日記 2015年5月18日(月) くもりのち雨
「熊本スイカ『黒小玉ひとりじめbonbon』が収穫の時期を教えてくれる、果実の葉っぱが黄色くなる“収穫のサイン”が出ましたよ!いよいよ、5月22日(金)今季初出荷です!!」
「おかやま農園」の岡山祐大さんが、笑顔でそう話しました。
a0254656_16451171.jpg

a0254656_16461263.jpgここは、熊本県山鹿市鹿央町にある「おかやま農園」さんの、熊本スイカ『黒小玉ひとりじめbonbon』の今期最初に出荷する栽培地(ハウス)です。
今期の初出荷直前の様子を見に、本日、現地取材に行ってきました。
しっかりと手をかけて育てられているのが、一目でわかります。
熊本スイカ『黒小玉ひとりじめbonbon』が、ベストポジションにきれいに並んで育っています。

a0254656_16503185.jpg「岡山農園」さんは、岡山和功さん、祐大さんのご兄弟と、お父様(忠和さん)、お母様(文代さん)の親子2代の匠で、本日ご紹介する熊本スイカ『黒小玉ひとりじめbonbon』や、現在大好評発売中の大玉スイカ『祭ばやし』、6月中旬より発送予定の高級メロン『肥後グリーン』、さらには熊本産高級マスクメロン『アールスメロン』、無農薬で育てた『チンゲン菜』などを生産している匠の農家さんです。

a0254656_16525456.jpgさぁ!
今年もこの季節がやって来ました!!
いよいよ、熊本スイカ『黒小玉ひとりじめbonbon』の今季初出荷です!!
「FLCパートナーズストア」では、今年も「おかやま農園」さんのスイカ、メロンをネット独占販売しています。

↓ 今すぐ注文(予約)したい方はコチラ! ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産スイカ』


a0254656_17111321.jpg「笠さんおこれわかりますか?果実のすぐ上の葉っぱが黄色くなってるでしょ?これが収穫のサインです。」
祐大さんによると、収穫のタイミングが来ると、スイカはマグネシウム欠乏により、果実のすぐ上の葉っぱがこのように黄色く色付いてくるのだそうです。

a0254656_17163711.jpg「おかやま農園」さんでは、交配(受精)をさせた時期をはっきりわかるように、5種類の着果棒を使って徹底管理しています。
今年最初の着果棒の色は“グリーン”で、その棒が立っているスイカだけが、葉っぱに収穫のサインが出ています。

a0254656_1721490.jpg「今年は、思いもよらぬ春の長雨で、交配が上手くできるか心配でした。おかげさまで、うちではこうしてきちんと交配でき収穫まで出来そうですが、熊本でも多くの農家さんが交配後の着果(果実が成長しはじめること)ができずに、泣く泣く栽培中の苗を処分して、新たに植えなおしたりしたんですよ。」と祐大さん。

a0254656_17255730.jpgこれは、4月中旬に行われた交配(受粉)作業の様子です。
「おかやま農園」さんでは、こうして手作業で1つ1つ雌花に雄花の花粉をつけ交配をしていきます。
今年は、特に丁寧に手をかけて交配をしたのだとお話しいただきました。
その様子は、以前のブログでご紹介していますので、そちらもぜひもぞいてみて下さい。

「FLCパートナーズストア」オフィシャルブログ
↓ FLC日記 2015年4月17日(金)  ↓
「熊本スイカ『黒小玉(ひとりじめbonbon)』
5月中旬の出荷に向け順調に成長中! 」


a0254656_17321988.jpg『黒小玉(ひとりじめbonbon)』 は、スイカの黒い果皮も魅力の1つです。
「おかやま農園」さんでは、こうして幾度となくまめに玉返しをして、全体に万遍なく日が当たるようにして大事に大事に育ててきました。

a0254656_17393856.jpg「おかやま農園」さんでは、『黒小玉(ひとりじめbonbon)』を、フルーツパットと言って、スイカの座布団の様なものに乗せ栽培しています。
玉返しそする際に果皮にキズをつけないためにです。

a0254656_174044100.jpgまた、スイカの果皮には“ブルーム”と言って、白い粉のようなものが付いています。
ブルーム(bloom、果粉)とはぶどうやブルーベリーなどにもみられる、果実の水分蒸発を防ぎ、病気などから果実を保護するために、果実から自然に分泌されている天然物質で、人体には全く無害なものです。

a0254656_1750289.jpg人体には害のないものですが、見た目をよくするために、出荷の際に、『黒小玉(ひとりじめbonbon)』の果皮のブルームは、きれいにふきあげて出荷します。
ツルを付けたまま箱詰めしますので、朝採り即日出荷のその新鮮さはすぐにお分かり頂けると思いますよ。
今年は、3パターンの『黒小玉スイカ(ひとりじめbonbon』をご用意いただきました。
a0254656_1801864.jpg
まずは、スイカの定番の赤い果肉の2玉セット!
「スイカは赤!」との声も多く、やはり根強い人気の商品です。
a0254656_1813178.jpg
次に、黄色い果肉の2玉セット!
昨年、数量限定で黄色の果肉の『黒小玉スイカ(ひとりじめbonbon』を販売したところ、大好評で、今年は出荷数を増やしての販売です。
黒い果皮に黄色の果肉のダブルインパクトが人気です。
a0254656_183279.jpg
そして最後は、赤果肉1玉、黄色果肉1玉の2色セット!!
両方の果肉の色をお楽しみいただけるので、2色セットがやはり一番人気ですね!
ご贈答やギフトとしても大変喜ばれる商品です。

a0254656_1891893.jpg『黒小玉スイカ(ひとりじめbonbon)』は、小玉スイカにありがちなソフトな食感ではなく、大玉スイカの様なシャリッとした食感も人気です。
また、皮が薄いので、色の着いたギリギリのところまで美味しくいただけます。

a0254656_18143717.jpgまた、赤い果肉も黄色い果肉も、糖度は12度以上と、スイカとしては最高レベルの糖度です。
みずみずしいい果汁の甘さを十分にお楽しみいただけると思います。

a0254656_18195719.jpg「今年もすでに、昨年ご購入頂いたお客様からたくさんのご予約を頂戴ていますよ!」と言うと、
「それは嬉しいですね!!今年も「美味しい!!」と言っていただける、最高のスイカを出しますよ!!」
祐大さんは本日の取材の最後にそう笑顔でお話しいただきました。

a0254656_18232098.jpg「FLCパートナーズストア」では、「おかやま農園」さんの大玉スイカ『祭ばやし』もネット独占販売中です!!
『祭ばやし』は、果肉赤色もとてもあざやかで、「ザ・スイカ」と言われる人気商品です。

a0254656_18271174.jpg「FLCパートナーズストア」では、今最旬を迎えている「熊本産スイカ」を4種類そろえ大好評販売中です。
この時期ならではで、お好みのスイカをお選びいただくことができますよ!!
ぜひ一度、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-05-18 18:32 | 熊本スイカ | Trackback | Comments(0)