ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:菊池高校 ( 5 ) タグの人気記事

熊本県立菊池高等学校の生徒さんたちが研修にやってきました!(後編 その2 2年5組、2年4組編)

FLC日記 2017年11月13日(月) くもり
本日も、一昨日、昨日に続き、熊本県立菊池高等学校の生徒さんたちが、弊社(株式会社旬援隊)に研修に来てくれた様子をご紹介いたします。
a0254656_15212093.jpg


a0254656_15260810.jpgここは、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある、熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の本社社屋です。

a0254656_15272451.jpg今、このブログを読んでいただいている皆さんも、ある程度の田舎(山奥)を想像されていることでしょうが、ここは、本当に山奥で、この道がここへ登ってくるための唯一の舗装道路です。
その道は、さらに山の奥へと続きますが、いずれは行き止まりになり、弊社があるとこより先には、誰も住んでいません。
ですから、敷地内に立っている電柱には電線がここまでしか来ていません。

a0254656_15293559.jpg夏は、30℃を超えることが3回ほどしかなく、とても過ごしやすいのですが、冬は寒さがかなり厳しいんです。
今までに経験した最低気温は-16℃!最も多い積雪量は、45cmにもなったことがあります。
そこで、本日よりエントランスにある薪ストーブに火を入れました。
a0254656_19010012.jpg


a0254656_17033262.png「FLCパートナーズストア」では、インターネットを通じ全国のお客様に、熊本の旬のフルーツや新鮮野菜、お米、タマゴ、乾物など、他では購入することのできないものばかりを販売しています!
ぜひ、熊本の旬の食材をホームページでご覧ください!

ホームページはこちら!↓ ココををクリック!! ↓



a0254656_15351450.jpg今回の研修や、菊池高校で行った2回の講演の依頼をしてくれたのは、私の20年来の友人の吉田真一先生です。
共通の友人を介し知り合った、学校こそ違えど同級生です。
現在は、菊池高校の商業科で教鞭をとっています。
そのいきさつなどは、昨日のブログで詳しく紹介していますので、そちらもご覧ください!

a0254656_15370670.jpg菊池高等学校は、熊本県菊池市隈府にある熊本県立の高等学校です。
1908年(明治41年)に開校した隈府町外十一カ村組合立菊池女学校(後に高等女学校)を前身とし、現在の熊本県立菊池高等学校となっています。

a0254656_15375389.jpg2008年(平成20年)には、創立100周年を迎えた伝統ある学校です。
全日制課程の普通科・商業科の2学科があり、多くの若人が学んでいます。


研修は、1年生と2年生が各クラスごとに、4日間にわたり行われました。
10/24(火) 1年6組35名
10/27(金) 1年5組34名
11/1(水) 2年5組31名
11/9(木) 2年4組31名

a0254656_15441517.jpg5時間目と6時間目、3時間目と4時間目を使っての研修ですが、菊池高校からここまで来るのに、片道30分ほどはかかるので、作業を行ってもらったのは、約1時間ほどでした。
本日は、2年生2クラスの頑張りの様子を、ダイジェストで紹介します。

11/1(水) 2年5組

a0254656_16275858.jpg2年5組の皆さんには、白えごまのゴミ(脱穀した後の葉っぱや枝)の分別作業と、黒えごまの刈り取り作業を、お手伝いいただきました。
こちらは、白えごまのゴミ取り作業の様子です。

a0254656_16321342.jpg
↑ブルーシートを広げ、その上で、葉っぱや枝などと一緒になっている白えごまをコンテナに入れ、ふるいにかけるようにして大きなごみを分別します。

a0254656_16340365.jpgコンテナに残ったそれらのゴミは、そのまま焼却処分をしていきます。
なんだかとてもチームワークよく、自分たちで作業の効率を考え、上手く流れ作業で行っていました。

a0254656_16382615.jpg
↑そうして荒ゴミをとった後は、次に網目のふるいにかけ小さなごみと白えごま粒を分別します。

a0254656_16414129.jpgこちらの作業は、吉田先生と一部の生徒たちとに任せるとして、残りの生徒の皆さんと私は、黒えごまの収穫(刈入れ)作業をすることにしました。
ここでは、白えごまは中世の品種、黒えごまは晩生の品種を栽培しているので、ちょうど黒えごまの収穫の時期と重なっっていたのです。
吉田先生の後ろの畑に生えているのが黒えごまです。

a0254656_16454810.jpg台風でかなりのエゴマが倒れ弱ったことで、花の時期が早まり、さらには皆さんとその作業を一緒に行おうと収穫のタイミングをずらしたので、エゴマの葉っぱはほとんどなくなっています。
ちょっと幹に触れるとえごまの粒が飛び出すので、収穫は剪定ハサミを用いて、1本1本行いました。

a0254656_16481645.jpgそうして刈り取ったえごまは、ブルーシートの上に運び、8~10本ほどをひもでくくり束ねます。
束ねる作業をしている間も、黒えごまの粒がたくさん落ちるので、きちんとブルーシートの上で作業をしてくれました。

a0254656_16513912.jpg
↑束ねた黒えごまは、乾燥させる小屋へと運びます。

a0254656_16552511.jpg小屋の中には、1人スタンバってくれて、運ばれた黒えごまの束を、立ててきれいに並べてくれていました。
本当に、かなりスムーズな流れ作業を自分たちで行って、効率のいい仕事ぶりでした。

a0254656_17125327.jpgこの日は、3時間目と4時間目を使っての研修と言うこともあり、作業後はここで昼食(お弁当)をとっていただきました。
座敷や囲炉裏の周り、エントランスなどを開放して、各自好きな場所での食事です。

a0254656_17145689.jpgまた、3日前に「水源よかばい祭」で使用したわたあめ機があったので、食後にみんなにわたあめをプレゼントしました。
吉田先生がまず作ったのですが、あまり出来ばえは良くないようですね!(笑)

a0254656_17182017.jpg食事を終えた生徒さんたちが、次々とやってきて、自分たちでわたあめを作って食べています。
研修に来ていただいた皆さんには、毎回フルーツをごちそうしました。
この日は、太秋柿を食べていただきました。

a0254656_17224006.jpgこの日はたまたまわたあめ機があったので、2年5組の皆さんはラッキーでしたね!
わたあめや太秋柿を持って、最後に集合写真!
皆さん本当によく頑張ってくれました。
心より感謝です!

11/1(水) 2年4組

a0254656_17253874.jpg2年4組の皆さんは、11月9日に来てくれました。
天気も良く、最高の研修日和です。
この日は主に、白えごまの唐箕がけや、黒えごまの脱穀作業をお手伝いいただきました。

a0254656_17292122.jpgここにあるキウイ棚を通り、作業現場へ向かいます。
「これって本物ですよね?もう食べられるのですか?」との質問に、
「収穫してから追熟させんと食べられんよ!しっかり頑張ったら、キウイをごちそうするのでよろしく!」と言うと、
「やったぁ!」の歓声が上がりました!

a0254656_17342234.jpg
↑初めて唐箕を見たようです。
上からエゴマを入れ、風車で風を起こし、細かなゴミを飛ばしながら、良いえごまの実を分別するのです。

a0254656_17363462.jpg最初は、要領がつかめず戸惑っていたようでした。
使い方をさらに説明し、自分たちで何度か使ってみるうちに、かなりうまく唐箕がけができていたようです。

a0254656_17395950.jpg
↑こちらは、黒えごまの脱穀作業の様子です。

a0254656_17410621.jpg「できるだけシートの中央でしないと、かなりえごまが飛んでるよ!」
自分たちでそう声を掛け合いながら、一生懸命頑張ってくれています。

a0254656_17450767.jpg脱穀を終えたえごまの、焼却処分もしていただきました。
乾燥しているとはいえ、なかなかうまく火がつかなく悪戦苦闘中です!(笑)
唐箕がけや脱穀作業、焼却処分は皆さんに任せ、男子生徒5名と他の作業も行いました。

a0254656_17504884.jpg
↑それがコチラ!原木しいたけのボタ起こしです。
右側には、今年伏せ、来年ボタ起こしをする原木が、シバの下にあります。

a0254656_17530370.jpg原木しいたけの栽培は、秋に伐採したクヌギに春先にしいたけ菌のコマを打ち、次の年の秋まで直射日光を避けながら伏せこみます。
この時期、雨風や直射日光を避けるためのシバ(竹の枝やクヌギの枝など)をはぐと、こうして原木からはたくさんのしいたけができています。
その原木を、栽培地に運びて立てる作業が「ボタ起こし」です。

a0254656_17564175.jpgこの時点でできているしいたけも、もちろん食べられますので、良いものはこうして収穫しました。
この時収穫したしいたけは、スライスして全て乾燥しいたけにしました。

a0254656_17591604.jpg
↑しいたけをとり終えたら、原木を栽培地に運びます。

a0254656_18005341.jpg栽培地では、原木を立てて並べます。
そうすることで、管理や収穫がしやすくなるのです。
原木からしいたけが芽吹き、成長するためのスペースを配慮しながら、上手く並べなければなりません。

a0254656_18032094.jpg最初にはぎ取ったシバは、処分場に全て運んでくれました。
わからないことはきちんと私に尋ねながら、見事にボタ起こしをしてくれました。
5人とも良い笑顔です!

a0254656_18124787.jpg3年4組の皆さんも、本当によく頑張ってくれました。
白えごまの唐箕がけも、黒エゴマの脱穀作業も、原木しいたけのボタ起こしも、きちんと切りのいいところまでこなしてくれ、実に助かりました。

a0254656_18155547.jpg
↑3年4組の皆さん!

a0254656_18172166.jpgギリギリまで頑張ってくれたので、お礼のキウイはバスの中で食べてもらいました。
「めちゃくちゃ美味しいです!笠さんありがとう!」の声に、私も思わず笑みがこぼれました。

a0254656_18240035.jpg菊池高校の皆さんが頑張ってくれたここの敷地の上の段の畑と栗林です。株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、ここで暮らし、様々な作物を育てながら、弊社を立ち上げました。
弊社では、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で、契約している農家さんが育てる農作物や、私が育てた作物を販売しています。
今回の菊池高校の研修で、私のような田舎暮らしをしてほしいとは思いませんが、作物を作り販売する喜びや苦労を体感し、これからの人生において、少しでも糧になればと思っています。

a0254656_18333803.jpg今回の縁を頂いた吉田先生、そして何より、ほとんどが初めての経験を一生懸命頑張ってくれた生徒さんたちに、心より感謝です。
今度はぜひ遊びに来てください!
大人になった君たちが遊びに来てくれたら、ぜひ囲炉裏を囲んで飲みたいと思っています。
また会える日を楽しみにしています。


a0254656_18505985.jpg追伸!!
1年5組の皆さんが来てくれた初日、吉田先生は「次回来た時、薪割りもすることがあるかもしれんけん、きちんとお手本を見せれるように!」と、こっそりと居残り練習をしていました(笑)

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2017-11-13 18:43 | FLC | Trackback | Comments(0)

熊本県立菊池高等学校の生徒さんたちが研修にやってきました!(後編 その1 1年6組、1年5組編)

FLC日記 2017年11月12日(日) 晴れ
本日は、昨日に続き、熊本県立菊池高等学校の生徒さんたちが、弊社(株式会社旬援隊)に研修に来てくれた様子をご紹介いたします。
a0254656_11212482.jpg


a0254656_18484863.jpg菊池高等学校は、熊本県菊池市隈府にある熊本県立の高等学校です。
1908年(明治41年)に開校した隈府町外十一カ村組合立菊池女学校(後に高等女学校)を前身とし、現在の熊本県立菊池高等学校となっています。

a0254656_18493697.jpg2008年(平成20年)には、創立100周年を迎えた伝統ある学校です。
全日制課程の普通科・商業科の2学科があり、多くの若人が学んでいます。

a0254656_18514860.jpgこちらは、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある、熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の本社社屋です。
a0254656_19010012.jpg


a0254656_19021173.jpg「FLCパートナーズストア」では、インターネットを通じ全国のお客様に、熊本の旬のフルーツや新鮮野菜、お米、タマゴ、乾物など、他では購入することのできないものばかりを販売しています!
ぜひ、熊本の旬の食材をホームページでご覧ください!

ホームページはこちら!↓ ココををクリック!! ↓



a0254656_19053046.jpg今回の研修や、菊池高校で行った2回の講演の依頼をしてくれたのは、私の20年来の友人の吉田真一先生です。
共通の友人を介し知り合った、学校こそ違えど同級生です。
現在は、菊池高校の商業科で教鞭をとっています。
そのいきさつなどは、昨日のブログで詳しく紹介していますので、そちらもご覧ください!
研修は、1年生と2年生が各クラスごとに、4日間にわたり行われました。
10/24(火) 1年6組35名
10/27(金) 1年5組34名
11/1(水) 2年5組31名
11/9(木) 2年4組31名

a0254656_19184080.jpg5時間目と6時間目、3時間目と4時間目を使っての研修ですが、菊池高校からここまで来るのに、片道30分ほどはかかるので、作業を行ってもらったのは、約1時間ほどでした。
本日は、1年生2クラスの頑張りの様子を、ダイジェストで紹介します。

10/24(火) 1年6組

a0254656_19235068.jpg唐辛子の収穫、栗のイガ集め&焼却処分、エゴマの脱穀作業、薪割りと4班に分け作業のお手伝いをしていただきました。
初日と言うこともあり、実は私もまだ要領がつかめずにいました。
しかし、挨拶を終え、作業の手順を説明すると、みんな一生懸命頑張ってくれました。

a0254656_19293341.jpg
↑唐辛子の収穫を頑張っている様子。

a0254656_19350713.jpgこの子たちには、作業後にみんなに食べてもらう『太秋柿』と『ジャンボ梨新高』を切ってもらうのを、うちのキッチンでお手伝いいただきました。
きちんと靴をそろえて上がってきました!
素晴らしい心がけです!!

a0254656_19392644.jpg
↑栗のイガを集める作業の班も頑張っています。

a0254656_19405408.jpg
↑ここで飼っている烏骨鶏たちも、突然現れたたくさんの人に興味津々の様子!

a0254656_19424114.jpg広い栗林で、短時間での作業なので、予定通りにはいかないだろうと思っていましたが、きちんと作業を終え、集めたイガを焼却処分してくれました。

a0254656_19465920.jpgこちらの班には、収穫後、乾燥させたえごまの脱穀作業をしていただきました。
マスクをつけて準備完了です!

a0254656_19485627.jpg
↑えごま特有の匂いと、埃にまみれながら頑張ってくれました!

a0254656_19521963.jpg
↑薪割りの班の皆さんです!

a0254656_19535429.jpg薪割にはなぜだか、男性1名、女性が9名で頑張ってくれました。
初めての体験で、最初は悪戦苦闘でしたが、慣れてくると、こうして見事に薪割をしています。
a0254656_09570148.jpg
↑1年6組の皆さん!

10/27(金) 1年5組
この日は、4時限目が終わったらまずは着替えて、スクールバスで移動してからの、この山奥で昼食(お弁当)にしました。
「ケガさえしなければ、このあたり一帯のどこで食べても構わない!」と言ったので、みんな思い思いの場所で昼食をとっています。
a0254656_10161325.jpg
↑男の子たちは、河原での昼食です。

a0254656_10190969.jpg「泳いでも良いですか?」と聞かれたので、
「良いけど、多分冷たすぎて5分も入ってられないと思うよ!」と言うと、
「この水飲めるんですか?」と尋ねられました。
「ここの上には誰も住んでないし、森しかないから水はめちゃくちゃきれいで、うちの飲料水も川の横の井戸から取ってるけん大丈夫!」

a0254656_10231154.jpg「川に入ろうが、水を飲もうが構わんけど、河原では移動するとき、絶対に石に飛び移らないこと!その石が絶対に動かないとは限らんけん、それが一番の事故やケガのもとだから、十分注意するように!」と言うと、
「わかりました!!」と、とても素直な返事が返ってきました。

a0254656_10254499.jpg
↑女の子たちは、室内で昼食をとっています。

a0254656_10273470.jpgここの、囲炉裏や座敷、エントランスなども全て解放したので、思い思いの場所で楽しい食事です。
「私、ここに住みた~い。」なんて声も聞かれたので、
「ここでは、『働かざるもの食うべからず!』だけん、しっかり働いてもらわんといかんけどそれでも良い?」と言うと、
「え~!」と言う声や、
「私、働きます!」などと、それぞれ思い思いの言葉が返ってきました。

a0254656_10393770.jpgこの男の子たちは、茶畑を見下ろす丘で昼食をとったようです。
「学生服の2人は今から着替えると?」と尋ねると、
手前の子が「忘れました!このままします!」と言うので、
「それは絶対にダメ!!!」

a0254656_10425304.jpg「ここにはスズメバチもおるとだけん、黒くて動くものは襲われる!俺の服を貸すけん、それでするように!」と言うと、
「ありがとうございます!」と言っています。

a0254656_10451559.jpgまるで自分のシャツのように着こなしています(笑)。
その時、話しててわかったのですが、この子(稲田くん)は、私の中学の同級生で、弊社の契約農家さんで、スナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』を栽培している「稲田農園」さんの息子さんでした(笑)。

a0254656_10544594.jpg
↑この日は、みんなでえごまの脱穀作業をしていただきました。

a0254656_11055698.jpgブルーシートを広げ、その上で乾燥したえごまをたたいたり振ったりしながら、エゴマの粒を落とします。
できるだけ飛び散らないようにそれぞれ工夫しながら、本当に一生懸命頑張ってくれました。

a0254656_10592293.jpg大変だったのは、先ほどの稲田くんです。
はっきりと顔と名前が一致した上に、私のシャツを着て作業しているので、
ことあるごとに、「稲田くん!○○をとってきて!」「稲田くん!これ手伝って!」と、私に次々に指名され支持を受け動いています。
良い返事と共に、しっかりと頑張ってくれました。

a0254656_10561287.jpgこの日も、全体の集合写真を撮ったのですが、ごめんなさい!そのデータが消えてしまいました。
吉田先生が撮った写真を送ってもらったら、再度アップしますので、1年5組の皆さん!今日のところはお許しください。
※写真きました!!アップします!(下記4枚)

a0254656_21232401.jpg


a0254656_21233633.jpg


a0254656_21240373.jpg


a0254656_21240982.jpg
↑1年5組の皆さんの集合写真もアップすることができました!

a0254656_11135763.jpgスクールバスの後ろには「汗と夢」と書かれていました。
元気な若いパワーをたくさんもらった気がします。
菊池高校の1年生の皆さん、様々な作業をお手伝いいただき、本当にありがとうございました。
明日は、2年生2クラスの頑張りの様子を紹介いたします。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2017-11-12 18:34 | FLC | Trackback | Comments(0)

熊本県立菊池高等学校の生徒さんたちが研修にやってきました!(前編)

FLC日記 2017年11月11日(土) 晴れ
ここは、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある、株式会社旬援隊の本社社屋です。
a0254656_16360121.jpg


a0254656_16372433.png株式会社旬援隊では、ここで育てる様々な農作物、そして契約農家の「わが家の専用農家さん」が育て上げた熊本の旬の食材を、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で販売しています。


↓ ホームページはこちら ↓


a0254656_16412366.jpg今、このブログを読んでいただいている皆さんも、ある程度の田舎(山奥)を想像されていることでしょうが、ここは、本当に山奥で、この道がここへ登ってくるための唯一の舗装道路です。
その道は、さらに山の奥へと続きますが、弊社があるとこより先には、誰も住んでいません。
ですから、敷地内に立っている電柱には電線がここまでしか来ていません。

a0254656_16422471.jpgここの敷地は1500坪ほどあり、さらに近隣の畑を借りて、私(株式会社旬援隊代表取締役笠泰紀)は、この山奥で様々な作物を育て、自給自足の生活を目指しながら、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営しています。
こちらは、上の段の畑と栗林です。

a0254656_16451455.jpgここでは、全ての作物を完全無農薬、完全無化学肥料で栽培しています。
こちらは、まもなく収穫を迎えるキウイフルーツです。
ここで育てたキウイフルーツは、『水源キウイ』と言う商品名で、「FLCパートナーズストア」で販売しています。

a0254656_16463282.jpg『水源キウイ』は、昨日より弊社ホームページにて、先行予約の受付をスタートしました!
大変ありがたいことに、その安全性と美味しさから、すでにたくさんのご予約を頂いている人気商品です。
今年もゴールド種とグリーン種の2種を販売しています。

a0254656_16483504.jpgそんな山奥にある弊社に、熊本県立菊池高等学校の商業科の生徒さんたちが、研修に来ました。
左に立っているのは、私の20年来の友人で、現在は、菊池高校の商業科で教鞭をとっている吉田真一先生です。

a0254656_17021196.jpgその吉田先生との縁があり、菊池高校に伺い、2回ほど外部講師として講演をしました。
こちらは、1回目の講演の際の様子です。
1回目は、昨年(2016年)の12月14日にまもなく卒業を迎える生徒さんたちに対し、経営者として夢と社会人としての心構えの話をしました。

a0254656_16534290.jpgそして、2回目(写真)は、今年の10月16日に1年生から3年生に向けて、「働き方」と言うテーマで講演をしました。
また、インターネットビジネスについても話したので、私がこの山奥で行っていることを体験するために、今回、現場研修と言うことになったのです。

2回の講演の様子は以前のブログで紹介しています。
ぜひそちらもご覧ください!



a0254656_17214810.jpg今回の研修の目的は、商品(私の場合農作物)を作り、商品として販売するまでの苦労と喜びをしり、この山奥での暮らしぶりを実体験することです。
この時期は、エゴマの収穫(写真は昨年の私の収穫の様子)及び、乾燥後の脱穀など作業は目白押しです。

a0254656_17325909.jpg研修には、10/24、10/27、11/1、11/9の計4回にわたり、1年生と2年生が各クラスごとに、スクールバスにてやってきました。
2時間の事業時間を使っての研修とはいえ、移動の時間があるので、あまり時間はないため、効率よく行わなければいけません。

a0254656_17364100.jpg1回目の、1年6組(34名)の生徒さんたちです。
あらかじめ体操着に着替えてきていましたが、このクラスはなぜだか中学時代の体操服でした。
「川の音がする!俺、泳ぎてぇ~!」
「空気がきれい!!」
「めっちゃ寒くねぇ?」
などなど、この山奥の率直な感想を話しています。

a0254656_17480991.jpgこの日は、唐辛子の収穫、栗のイガ集め&焼却処分、エゴマの脱穀作業、薪割りと4班に分け作業のお手伝いをしていただきました。
私は高校時代あまり素行の良い生徒ではなかったので、高校生がまじめに作業をしてくれるか本当は心配でしたが、かなり一生懸命頑張ってくれました。

a0254656_17521686.jpgその奮闘ぶりをたくさん紹介したいのですが、本日は少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで、写真と共に詳しく紹介したいと思います。
それぞれのクラス、短い研修時間でしたが、頑張る姿と皆さんのたくさんの笑顔で、なんだかすごくパワーをもらった気がしています。
それでは、明日のブログもお見逃しなく!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2017-11-11 18:09 | FLC | Trackback | Comments(0)

菊池高校に外部講師として講演会をしてきました! (Vol.2)

FLC日記 2017年10月17日(火) 雨のちくもり
昨日(10月16日)、熊本県立菊池高等学校に外部講師として講演に行ってきました。
昨年(2016年)の12月14日に次ぐ、2回目の講演です。
a0254656_16231811.jpg


a0254656_16242554.jpg菊池高等学校は、熊本県菊池市隈府にある熊本県立の高等学校です。
1908年(明治41年)に開校した隈府町外十一カ村組合立菊池女学校(後に高等女学校)を前身とし、現在の熊本県立菊池高等学校となっています。

a0254656_16251996.jpg2008年(平成20年)には、創立100周年を迎えた伝統ある学校です。
全日制課程の普通科・商業科の2学科があり、多くの若人が学んでいます。

a0254656_16324406.jpg校舎はもちろん鉄筋コンクリート造りですが、内装に木材を使用していて、とても温かみのある雰囲気です。
今回の講演の依頼をしてくれたのは、私の20年来の友人の吉田真一先生です。

a0254656_16354509.jpg共通の友人を介し知り合った、学校こそ違えど同級生です。
現在は、菊池高校の商業科で教鞭をとっています。
今回の講演のテーマは、「平成29年度 職業人講座 ネット販売」となっています。

a0254656_16384908.jpg現在、私(笠泰紀)はネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役をしています。
こちらは、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある本社社屋です。

a0254656_16425493.png「FLCパートナーズストア」では、インターネットを通じ全国のお客様に、熊本の旬の食材を紹介し販売しています。
旬のフルーツや新鮮野菜、お米、タマゴ、乾物など)は、他では購入することのできないものばかり!
ぜひ、熊本の旬の食材をホームページでご覧ください!

ホームページはこちら!↓ ココををクリック!! ↓



a0254656_16490175.jpg定刻に菊池高校に伺い、吉田先生と落ち合うとなんと、まずは校長室に案内されました。
前回の後援会の時もそうだったのですが、校長室はやはり緊張します。
なにせ、学生時代はあまり素行の良い生徒ではなかったので、どうしても怒られる気がするのです。

a0254656_16511070.jpgそこに現れたのは、笑顔がとても素敵な松永健身校長先生でした。
とても気さくにお話しいただき、「今日はよろしくお願いします」とエールをいただきました。
こんな校長先生なら、私も学生時代をまじめに過ごしたかもしれませんね(笑)。

a0254656_16550011.jpgさて、今回の講演会の会場は、体育館です。
商業科の1年生、2年生の各2クラス、そして3年生の1クラスの生徒に対して講演を行うのです。
高校の体育館なんて、めちゃくちゃ久しぶりです!

a0254656_17024661.jpg私は山鹿市にある熊本県立鹿本高等学校で、学生時代はバレーボールをしていたので、菊池高校にはよく練習試合に来ていました。
「こんな体育館だったかな?」と言う私に、
「多分、笠が来てた頃は立て直す前の体育館じゃないと!」と吉田が答えます。

a0254656_17054696.jpgそうこうしていると、生徒たちが体育館に集まってきました。
今回の講演会の時間は1限だけです。
短い時間ではありますが、しっかりといろんな話をしたいと思いました。

a0254656_17101793.jpg私は大学を出て、サラリーマンを経て自分で会社を立ち上げました。
そこで、「働き方」と言うテーマで講演をすることになったのです。
写真は、吉田先生が生徒用にとあらかじめ用意していたレジメです。
私にも事前に送ってもらっていたので、一通り目を通して話す内容は考えていました。

a0254656_17104765.jpgでも、この内容を本気で話そうと思うなら、私の山奥の家にある「囲炉裏」を囲んで飲みながら、食べながら3日3晩くらいはかかりそうなので、かなり話を端折りながら、要点だけをできるだけわかりやすく話そうと思いました。
メインのテーマは、雇われる働き方と雇う側の違いと、ネットビジネスについてです。
いずれも、最も得意とする話ではありますが、生徒たちを退屈させないように、より具体的な話をしました。

a0254656_17222288.jpg生徒たちは、私語をすることもなくきちんと話を聞いてくれました。
体育館がちょっと寒かったからかもしれませんが、もちろん居眠りをする生徒なんていません(笑)。

a0254656_17245483.jpgただ話すだけではつまらないと思い、あらかじめ写真を用意していましたので、山奥での私の生活なども紹介しました。
私は、自らも農業をしています。
この写真は、まもなく収穫を迎える『えごま』の様子です。

a0254656_17280893.jpg実はこの講演会には続きがあり、来週とその翌週にわたり1年生と2年生の生徒たちが、私のところに授業の一環として研修に来るのです。
エゴマの脱穀や、原木しいたけのボタ起こし、キウイの収穫などをお手伝いいただく予定です。

a0254656_17313601.jpg講演会では、吉田先生が時折時間をとり、生徒たちにレジメへの記入の時間を設けます。
なんだかみんな真剣モードです。
今回の講演会は1限だけと言う時間の制限もあり、生徒たちと直接話をすることはあまりできませんでしたが、来社いただいた際はもっといろんな話ができればと思っています。

a0254656_17362449.jpg「ブログに花を添えるために写真撮らせてよ!」と言うと、この4人が立ち止まってピースサインで答えてくれました。
「絶対かわいく映ってる写真にしてよ!」と、女子生徒にさんざん言われたのですが、みんなとても良い顔している写真だと思うけどいかがですか?

a0254656_17431912.jpg今回の講演会で、自らやってきたことや、これからのことなど見直す機会もできましたし、高校生の元気なパワーももらった気がして、このような縁を頂いた吉田先生には心より感謝です!
1年生と2年生は、次回は私が暮らし私の会社があり、農業を営む山奥に農作業のお手伝いに来てくれることになっているので、よろしくお願います。
もちろん、その様子はまた後日、このブログで紹介する予定ですのでお楽しみに!
本日は、菊池高等学校に講演会に伺った様子をご紹介しました。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2017-10-17 17:55 | FLC | Trackback | Comments(0)

菊池高校に外部講師として講演会をしてきました!

FLC日記 2016年12月14日(水) 雨
菊池高等学校は、、熊本県菊池市隈府にある県立の高等学校です。
1908年(明治41年)に開校した隈府町外十一カ村組合立菊池女学校(後に高等女学校)を前身とし、現在の熊本県立菊池高等学校となっています。
a0254656_15344903.jpg
2008年(平成20年)には、創立100周年を迎えた伝統ある学校です。
全日制課程の普通科・商業科の2学科があり、多くの若人が学んでいます。

a0254656_17224356.jpg本日(12月14日)、商業課の3年生に、「課題研究における外部講師」として、講演会に行ってきました。
まもなく卒業を迎える生徒たちに、経営者として話をしてほしいとの依頼をいただいたのです。

a0254656_17425695.jpg会場は、菊池高校内の簿記室、3年4組22名、3年5組21名、合計43名の生徒さんに向け話をします。
今回の講演の依頼をしてくれたのは、私の20年来の友人の吉田真一先生です。

a0254656_18185490.jpg共通の友人を介し、知り合った学校こそ違えど同級生です。
現在は、菊池高校の商業科で教鞭をとっています。
ちなみに、これは2年前の7月、菊池高校生たちがギネスに挑戦した際、久しぶりに再会した時の写真です。

a0254656_18234313.jpg世界一長い流しソーメンに挑戦する「菊池世界一プロジェクト」を、高校生の生徒と共に挑戦し、見事世界記録を達成しました!
その様子は、以前のブログで紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください!

FLC日記 2014年7月27日(日)
菊池の高校生が世界一達成!!世界一長いそうめん流し「3328.38m」がギネスブックに登録されます!


a0254656_18301412.jpg定刻になり、菊池高校に伺うと、吉田先生が迎えてくれ、まずは校長室にご挨拶に伺いました。
私の高校時代は、あまり素行が良くなく、校長室と言えば呼び出され直立不動状態でしたので、こうしてソファーに座り校長先生と話すのなんて初めてのことでした。

a0254656_1832587.jpg竹下昇志校長先生は、なんと私と同じ山鹿市にある熊本県立鹿本高等学校の出身ということです。
大先輩を前に緊張する私に、気さくに話しかけていただき、最後はよろしくお願いしますと固い握手を交わしました。

a0254656_1836575.jpg吉田先生と共に、会場の教室に向かいます。
本来は、校舎の外観なども撮りたかったのですが、あいにくの雨で、中庭と校舎を紹介します。
この頃は、お昼休み後の掃除の時間とのこと。

a0254656_18422218.jpg掃除を終えた生徒たちは、5時間目のチャイムが鳴る前には、きちんと教室に集まっていました。
お昼ご飯を食べた後の、5時間目、6時間目は、私の高校生時代を考えると地獄です。
ほとんど寝ていたような記憶しか残っていません。

a0254656_18445718.jpgそんなことを思い出しながら、生徒たちが少しでも興味を持って聞いてくれるよう、あらかじめ写真を用意していて、プロジェクターで投影しながら話をすることにしました。
今回の講演の意義と、私の紹介をいただき、さっそく話を始めます。

a0254656_18471890.jpgまずは自己紹介です。
熊本県菊池市、菊池水源の山奥に、脱サラ後、株式会社旬援隊を立ち上げ、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営していることを伝えました。

a0254656_1852353.jpg菊池水源の山奥で、自然と共に生き、自ら畑を耕し、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指している話をして、この敷地内の紹介をしました。

a0254656_18545618.jpg敷地内の川沿いには、バーベキューができる「東屋」があり、川遊びのためのダムを造る話や、ドクターフィッシュのような魚がいる話などで、まずは生徒たちの興味を引きます。

a0254656_18573225.jpgもちろん、自らも農業を営んでるわけですから、この時期は「キウイフルーツ」が旬だと話しました。
そして、話は本題の会社の立ち上げや、ショップのコンセプトなどに進みます。

a0254656_1859436.pngネットショップ「FLCパートナーズストア」では、自らの農業体験を活かしながら、匠の農家さんが育てる“本物”と呼べる作物を消費者と生産者目線で紹介し販売しています。
例えば、現在大好評発売中の『熊本のお米』もそれができるまでは、たくさんの苦労や手間ひまがあることを、現地取材で紹介していると話しました。

a0254656_192983.jpg田植え前の苗床つくりから、田植え、稲の成長の様子、稲穂が黄金色に輝くさま、そして稲刈りと、年間を通して現地取材をしています。
農業は、手をかければかけるだけ、必ず形(美味しさ)になって帰ってくる!それをきちんと伝えて購入いただくことが、弊社のコンセプトです。

a0254656_1944376.jpg時には、自らの農業経験を活かして、契約農家さんの農作業のお手伝いもします。
これは、イチゴ(熊本産高級イチゴ『さがほのか』)の定植作業をお手伝いしている様子です。
それからは、サラリーマン時代の経験、支店長としての部下へのアドバイスなど、高校を卒業する前の生徒たちにできるだけわかりやすく話をしました。

a0254656_1911273.jpgその内容は、その場にいた方々との秘密としましょう!
5時間目が終わり、休み時間をとることになったので、私が育てた『キウイフルーツ』を、みなさんに食べていただくことにしました。

a0254656_1914464.jpg「めっちゃ甘い!すごく美味しい!」
最初に食べた生徒の声を皮切りに、美味しいの声が響きます!

a0254656_1915572.jpg生産者としては、この瞬間こそがまさにたまらない至福の時です。
たくさんの美味しいの笑顔を見ることができ、本当にうれしかったです。

a0254656_1922374.jpg男子生徒もたくさん食べてくれたようで、生産者冥利に尽きます。
吉田先生と、打ち合わせで一旦教室を離れ、戻った時には、用意していた『キウイフルーツ』は、見事に完食いただいていました。
こんなに喜んでくれるのなら、もっとたくさん用意しとけばよかったですね!(笑)

a0254656_19252642.jpg6時間目は、『キウイフルーツ』効果なのか、随分と生徒たちの質問も増え、私もそれにこたえようと、かなり熱く話してしまいました。

a0254656_19275114.jpg「何事も“思う”ことからスタートする!ぜひ皆さんも、それぞれの“思い”をもって、これからの人生を生きてほしい!そしてその“思い”を形にしてほしい!」ということを、少しは感じていただけたのではないかと思います。

a0254656_19303675.jpg2時間の講演を終えると、生徒たちがお礼を言ってくれました。
代表生徒のことばが、『キウイフルーツがすごく美味しかった!』ということから始まったのには、少し笑っちゃいましたが、生産者としては本当にうれしい言葉だし、高校生らしい素直な感想がとても心に響きました。

a0254656_1934232.jpg教室を出て振り返ると、生徒たちがピースサインで見送ってくれました。
みなさんと会えたことで、なんだかすごくパワーをいただき、私がお礼を言いたいくらいでした。
いつか、うちの囲炉裏や東屋で、バーベキューでもしたいものです。
ぜひ、遠慮なく遊びに来てください。
最後に、こんな機会を作ってくれた友人の吉田先生!本当にありがとう!!
そして、生徒の皆さん、またいつか会える日まで!
アディオス!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2016-12-14 19:45 | FLC | Trackback | Comments(0)