ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:大山ファーム ( 80 ) タグの人気記事

夢スイカ 大玉スイカ『春のだんらん』大好評販売中!日本一のスイカの産地熊本のスイカの旬は4~6月です!!

FLC日記 2017年4月25日(火) 晴れのちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も匠の農家さん「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売しています。
a0254656_16573647.jpg
現在は、大玉スイカ『春のだんらん』を大好評販売中です!
日本一のスイカの産地、熊本県のスイカの旬は4月~6月!
「FLCパートナーズストア」では、全国のお客様に、極甘の朝採りのスイカをお届けしています!!

a0254656_17001229.jpgスイカは、一般的には、糖度が11度を超えると美味しいスイカ!
12度を超えるととても美味しいスイカ!!と言われています。
「大山ファーム」さんの『春のだんらん』は、スイカ本来の、あのシャリシャリッとした食感で、糖度13度前後とバツグンの甘さです!
1玉入りまたは2玉入りでの大玉スイカ『春のだんらん』を、毎回の出荷数量限定、完全予約制での販売です。

a0254656_17044366.jpg「自分が納得できないスイカは、絶対に出さん!」と頑固なまでにこだわりぬく匠が育てたスイカならではの、数量限定、完全予約制販売です。
特に、母の日ギフトや誕生日など、お届け日の指定がある場合はお早めにご注文下さい!

今すぐ注文(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!



a0254656_17141212.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「大山ファーム」さんの大玉スイカ『春のだんらん』の栽培ハウスです。
この様な広い広い連棟建ての数ヵ所のハウスで、出荷時期を長くするため、定植時期をずらしながら『春のだんらん』は育てられています。
ここは、今まさに収穫を迎えている栽培ハウスです。

a0254656_17172612.jpg「大山ファーム」さんでは、土壌微生物活性材『夢』を使って、天然微生物の力で、元気で土壌バランスの良い土を作り、さらに、天然ミネラル海藻エキス『海』で、不足するミネラルを補いながら、様々な作物を育てています。

a0254656_17241887.jpg本日紹介しているスイカの他には、『夢キュウリ』、『夢白菜』などがあり、いずれも“本物”と呼べる美味しさと安全性で、高い評価を得ています。
その中でも、スイカが最も高い評価がつけられています。

a0254656_17275065.jpgその美味しさは、有名フルーツショップ「千疋屋」さんで最高級スイカとして販売された実績を持つことでも証明されています。
写真は千疋屋さんでも販売された「大山ファーム」さんの小玉スイカ『ひとりじめEX』です。
※平成29年度の小玉スイカ『ひとりじめEX』の販売は終了しました。

a0254656_17330620.jpgこちらは、大玉スイカ『春のだんらん』の定植の様子を現地取材に行った際の写真です。
「大山ファーム」さんは、毎年12月下旬か1月上旬に最初に収穫するハウスの定植を行います。

a0254656_17372126.jpg「大山ファーム」代表の大山陽一さんです。
「この寒か時期に定植して、寒さに耐えながらじっくりと育つスイカが糖度が上がるとたい。だけん、一般的にスイカの旬と言われる7~8月に収穫を迎えるスイカは俺は作りよらんとたい。」

a0254656_17420170.jpg一切の妥協を許さず、惜しまぬ手間ひまをかけスイカを育てます。
2月中旬のスイカの交配(受粉)作業の様子です。
熊本の旬を販売する「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「大山ファーム」さんのスイカ栽培の様子を、もう何年も年間を通して現地に伺い取材してきました。

a0254656_17480084.jpgスイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
自然界では、昆虫たちが雄花と雌花の間を飛び回り受粉が行われますが、ハウスの中ではそうはいきません。
雄花を摘み取り雌花に花粉をつける交配作業を1つ1つ行うのです。

a0254656_17493583.jpg「大山ファーム」さんでは、小玉スイカなら、18節目の雌花に、大玉スイカならば20節目の雌花に交配を行います。
それらが、スイカが最もおいしく育つ花だからです。
交配作業を終えると、そのしるしに毛糸を置いていきます。

a0254656_17520385.jpgこちらは、すでに交配作業が終わり、花がしぼみ小さなスイカが成長しています。
毛糸の色は、2日ごとに変えています。
交配をした日をめどに出荷しますが、3日もそれが違えば出荷の時期や果実の味が大きく異なるからです。

a0254656_17585206.jpgスイカの果実がきちんと着果し成長し始めたことを確認すると、交配作業の時の毛糸と同じ色の棒をたて、目印にします。それが着果棒です。
「大山ファーム」さんでは、小玉スイカは3本に仕立て2玉を育て、大玉スイカは2本に仕立て1玉育て、スイカを収穫します。

a0254656_18065201.jpgこちらは、大玉スイカの先端(生長点)の様子です。
20節目の雌花に交配した後も、スイカのつるを伸ばしています。
そこまではスイカを大きく育てるため、そこから先はスイカを甘く育てるための葉っぱです。

a0254656_18112427.jpg着果棒を立てるころ、ハウスの通路には小さなスイカがゴロゴロしています。
それは、摘果と呼ばれる作業で、大玉スイカの場合、2本に仕立てたツルのより良い方だけを残し、もう1本のツルのスイカはこうして摘んでいくのです。

a0254656_18160359.jpg選ばれたスイカたちは、中央の通路と端の間のハウスの中で最も日が当たるベストポジションに1列に並んで育てられます。
そしてその間に、果皮が全体的に色付き、果肉もどこを食べても美味しいように、5回もの玉返し作業を行い、満遍なく日を当てていきます。
「俺は、自分が納得できないスイカは絶対に出さん!だけん、『あの時もう少し手をかけてあげればよかった・・・』なんてことは、許されん!それは、俺もうちのスタッフも同じ!しっかり手をかけてきたからこそ、自信をもっておすすめできるスイカになるとたい!」
大山さんが以前そんな話をしたことを思い出しました。

a0254656_18235316.jpg昨日、最新の様子を取材に行った帰りに、大山さんのご自宅に伺うと、大山さんがこう話しました。
「今年も確認ばってんたい!明日が出荷日でしょ?明日、出荷したスイカは、笠くんとこでは、翌日か翌々日には、お客様のとこに届くとよね?」

a0254656_18341759.jpg「はい!もちろんです!!今年も大山さんとの約束通り、そのスケジュールで届くよう手配しています。」と答えると、
「それならよかった!ベストなタイミングで、朝採りで収穫してよるとだけん、一番美味か時に食べてもらいたかけんね!!」
大山さんは、頑固なまでのスイカにこだわりを持った“匠”です。
ですから、大山さんと販売契約を結ぶとき、「翌日か遅くとも翌々日までには、必ずお客様に届けるよう出荷すること!」と言う約束をしています。

a0254656_18302450.jpg「特に大玉スイカは、シャリっとしたスイカならではの食感があってこそ、美味いわけたい。もちろん、糖度は12度はなかといかんね!スイカは、切って食べてみらんことにはわからんとばってん、俺が判断して、美味い!と思えるのだけしか出さんし、ベストな状態のものを出荷するとたい。食べてもらって、もし、「美味しくないね!」なんて思われたら、その信頼を取り返すことはできんけん、今年も念のため配達スケジュールば確認したとたい。」

a0254656_18374723.jpg大山さんは、普段はとっても気さくで楽しい方ですが、ことスイカに関しては、この話でも分かるように、頑固なまでのこだわりを持っています。
だからこそ、私は100%の信頼で、大山さんが育てたスイカを「FLCパートナーズストア」で販売しているのです。

a0254656_18392390.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売しています。
匠のこだわりゆえの、数量限定、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
ぜひ“本物”と呼べる美味さを、ご堪能ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-04-25 18:44 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

夢スイカ 匠が育てた熊本産大玉スイカ『春のだんらん』先行予約受付スタート!!

FLC日記 2017年4月14日(金) 晴れ
本日より、匠が育てた「夢スイカ」の第2段!
熊本産、大玉スイカ『春のだんらん』の先行予約受付をスタートしました!!
平成29年度の、大玉スイカ『春のだんらん』の初回発送は、4月21日(金)の予定です!
a0254656_16443758.jpg
毎年楽しみにして、待ちきれないお客様からは、ホームページにアップする前に、すでにお電話でたくさんのご予約を頂戴している大人気商品です!
「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)もスイカの匠「大山ファーム」さんが育てた、大玉スイカ『春のだんらん』をネット独占販売いたします。

a0254656_16480326.jpg「大山ファーム」さんの『春のだんらん』は、スイカ本来の、あのシャリシャリッとした食感で、糖度13度前後とバツグンの甘さ!
「4月にスイカ?」とお思いの方も多いはず!
でも、日本一のスイカの産地、熊本県のスイカの旬は、4月~6月なんです!
寒さに耐えてゆっくりと育ったスイカは、しっかりと糖度がのった最高級のスイカになるんです!
朝採りの新鮮でみずみずしいスイカを即日発送、翌日もしくは翌々日にお届け致します。
ぜひご賞味ください!!
※数量限定、完全予約制での販売です。

a0254656_18561250.jpg
また、同じくスイカの匠「大山ファーム」さんが育てた、小玉スイカ『ひとりじめEX』も大好評販売中です!
毎回の出荷予定数は常に完売する大人気商品です!

a0254656_16563763.jpg初回発送分は、今年も糖度がなんと14.5度もあったんです!
「大山ファーム」さんが育て上げたスイカの美味しさは、有名フルーツショップ「千疋屋」さんで最高級スイカとして販売された実績を持つことでも証明されています。

a0254656_17034546.jpgスイカ本来のシャリッとした食感の大玉スイカ『春のだんらん』、高い糖度の小玉スイカ『ひとりじめEX』今なら、お好みで選べますよ!
数量限定早い者勝ちの商品です!
今すぐ注文(予約)したい方はコチラ!



a0254656_17092382.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県合志市(こうしし)にある、スイカの匠「大山ファーム」さんの、大玉スイカ『春のだんらん』の栽培ハウスです。
「大山ファーム」さんでは、このような広い広い連棟建てのハウスで、作付時期をずらし収穫を4月~6月にできるよう大玉スイカ『春のだんらん』を栽培しています。

a0254656_17264523.jpgスイカの匠「大山ファーム」代表の大山陽一さんです。
普段はとっても気さくで楽しい方ですが、ことスイカとなると、一切の妥協を許さぬ“匠”となるのです。
「俺が納得できんスイカは、絶対に出さん!」
大山さんの口ぐせです。

a0254656_17411333.jpgその証拠がコチラ!
収穫を終えた大玉スイカ『春のだんらん』のハウスです。
収穫を終えたと言っても、見事なスイカがゴロゴロとしていますよね!
でも、これらは大山さんが「納得がいかないから!」と、出荷しないスイカたちです。
収穫をしないという証拠に、“着果棒”が取り外されています。

a0254656_17550353.jpgこちらは、3月上旬の写真です。
着果棒とは、スイカの収穫時期を管理するために立てられる色付きの棒で、同じ交配日(受粉日)ごとに色分けされています。

a0254656_18005948.jpgわかりやすく説明しましょう!
これは、交配(受粉)作業の様子です。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
自然界ではミツバチなどが雄花と雌花の間を飛び回り、交配(受粉)が行われますが、ここはハウスの中のでこうして手作業で交配を行います。
交配作業は、毎日、朝の10~11時の最も花が元気な時間帯に行います。

a0254656_18055939.jpg摘み取った雄花の花粉を、1つ1つ手作業で雌花に着けていきます。
「大山ファーム」さんでは、小玉スイカは18節目の雌花に、大玉スイカは20節目の雌花に着けることを徹底しています。
そのスイカの苗が、最も美味しいスイカを育てることができるのがその場所だからです。

a0254656_18103138.jpg交配作業を終えると、毛糸を置いてその目印とします。
黄色い花の下に、ちっちゃなスイカがあるのがわかりますか?
これが雌花です。
同じように育てても、スイカの苗の成長のスピードはまちまちです。

a0254656_18153907.jpgですから、「大山ファーム」さんでは、毎日交配作業を行い、2日ごとに目印の毛糸の色を変えていきます。
交配日が3日も違えば、スイカの味が全く変わってくるからです。
交配後、スイカが一定の大きさまで成長したのを確認して、毛糸と同じ色の着果棒を立てるのです。

a0254656_18272375.jpg「大山ファーム」さんでは、10色以上の毛糸の色と同じ着果棒を使って、徹底管理しています。
徹底管理と言えば、こちらもそうです!
大玉スイカの成長過程の様子ですが、大玉スイカは1本の苗から2本のツルを伸ばし、1玉のスイカを実らせます。
小玉スイカは3本のツルを伸ばし、2玉のスイカを実らせます。

a0254656_18342750.jpg大玉スイカの場合、2本のツルにそれぞれベストな花に交配し、成長を見ながら、より良いスイカだけを残し育てるのです。
至高のスイカを育てるために、徹底した摘果作業も行ってきました。

a0254656_18412302.jpgさらに、玉返しと呼ばれる作業で、スイカに満遍なく太陽の光を当て、外皮がどこも同じ色、果肉がどこも同じ味になるよう手をかけていきます。
こちらは、小玉スイカの玉返し作業の様子ですが、1玉で5回ほどは玉返しをして味を均一化していくのです。

a0254656_18473358.jpg「大山ファーム」さんは、一切の妥協を許さぬ徹底管理で、今年も変わらぬ“本物”と呼べるスイカを育て上げました。
ハウスの中の、最も日当たりの良い場所にこうして1列に並び、収穫の時を待っています。
本日より、「FLCパートナーズストア」では、「大山ファーム」さんの夢スイカ第2段、大玉スイカ『春のだんらん』の先行予約の受付をスタートしました。
1玉入り、もしくはお買い得な2玉入りでの販売です。

a0254656_18553805.jpg「大山ファーム」さんのスイカ栽培の様子を、もう何年も年間を通して現地に伺い取材してきました。
収穫の時期のみならず、苗床から定植、成長の様子の間の様々な作業の全てです。
だからこそ、自信を持ってお勧めできます。
「大山ファーム」さんの夢スイカは、小玉スイカ『ひとりじめEX』に続き、まもなく大玉スイカ『春のだんらん』も出荷いたします。
数量限定の完全予約制での販売で、毎回の出荷予定数の定数になり次第、予告なしで締め切らせて頂きます。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、お進みください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-04-14 19:00 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

夢スイカ 小玉スイカ『ひとりじめEX』平成29年度の初収穫及び初回出荷延期のお知らせ

FLC日記 2017年4月6日(木) 雨時々くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も匠の農家さん「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売いたします。
小玉スイカ『ひとりじめEX』を、明日(4月7日(金))より、収穫及び出荷する予定でしたが、最終仕上げのこの時期に、天候不順(気温低下)が重なり、初収穫及び初回出荷を延期することとなりましたこと、ここにご報告いたします。
a0254656_19413753.jpg

a0254656_16523456.jpgなお、出荷の時期に関しましては、「大山ファーム」代表の大山陽一の匠の判断に一任しています。
大山さんは一切の妥協を許さず、惜しまぬ手間ひまと匠の技で、夢ブランドの『夢スイカ』を生産する匠の農家さんです。

a0254656_16560718.jpg「大山ファーム」さんが育て上げたスイカの美味しさは、有名フルーツショップ「千疋屋」さんで最高級スイカとして販売された実績を持つことでも証明されています。
ただし「俺は、自分が納得できんスイカは絶対に出さん!」が口ぐせの大山さん!

a0254656_17051503.jpg出荷するスイカは、1玉1玉全てチェックします。
昨日、「予定よりちょっと遅れてる!これじゃ俺のスイカじゃなかけん、申し訳なかばってん初出荷場ちょっと待ってもらえんどか?」とのお電話をいただきました。

a0254656_17153088.jpgこちらは、以前取材した大玉スイカ『春のだんらん』の収穫後の様子です。収穫を終えても、「大山ファーム」さんの栽培地には、このように見た目は見事なスイカがゴロゴロしています。しかし、これらは出荷をしないものです。その証拠に、本来スイカのすぐ横に立ててあるはずの、収穫の目印とする“着果棒”がありません。
a0254656_17181789.jpg大山さんは、ことスイカとなると、頑固なまでのこだわりを持った“匠”です。
ですから、「この収穫しないスイカを1ついただいても良いですか?」と尋ねた私を一括!
「絶対ダメ!持って帰りたかなら、出荷場に並んでるのから1つもって帰れ!」と言うほどなのです(笑)。

a0254656_17213389.jpg普段は、この笑顔からも読み取れるように、いつも冗談ばかりを言うとても気さくな方です。
でも、スイカに関しては肥後もっこすの頑固者です。
だからこそ、私は大山陽一さんに、全幅の信頼をよせてます。
大山さんの“匠の判断”は絶対なのです。

a0254656_17252709.jpgこちらは、12月上旬の苗床で、スイカの苗たちの成長の様子をチェックする大山さんです。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。

a0254656_17453069.jpg一切の妥協を許さず、徹底的に手をかけてスイカを育てる“匠”の姿を見てきました。
その徹底作業の1つを紹介しましょう!
これは“交配”と言って、受粉を行う作業です。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
虫たちが受粉を行えないこのハウスの中の環境では、こうして手作業で受粉を行います。
その作業は、その時期毎日朝の10~11時の最も花が元気な時間帯に行われます。

a0254656_17470175.jpg「大山ファーム」さんでは、小玉スイカなら、18節目の雌花に、大玉スイカならば20節目の雌花に交配します。
交配を終えると、目印にこうして毛糸を置いていくのです。
その毛糸の色の種類はなんと10種類もありました。

a0254656_17511017.jpg交配を終え着果すると、毛糸の色と同じ色の“着果棒”と言う目印を立て、収穫時期を管理していきます。
スイカの匠が知る最もおいしいタイミングで収穫するためで、仮に交配時期が3日も異なれば、スイカの味が全く変わるからと、その判断を間違わない様、10色も使っているのです。

a0254656_17573833.jpg「大山ファーム」さんでは、作物を育てるのを、“足し算”ではなく“掛け算”の考えで行っています。
ですから、10点満点中の9点の作業をしても、それが足し算であるならその時は、たったの1点しか変わりません。
しかし、それが掛け算となると、最終的には大きく異なってくるというのです。

a0254656_18045188.jpgですから、交配作業1つにしても、全力で満点を取りに行って育てられたスイカが、「大山ファーム」さんの、小玉スイカ『ひとりじめEX』であり、大玉スイカ『春のだんらん』なのです。

a0254656_18075022.jpgそんな「大山ファーム」さんから、「初出荷を遅らせてほしい!」との連絡をいただき、私はすぐに了承しました。
惜しまぬ手間ひまをかけ、満点を取り続け育て上げた匠の判断です。
すでにご注文いただいているお客様には、その旨ご連絡しました。
初出荷日は、匠の判断が決定次第、あらためてご連絡させていただきます。

a0254656_18262480.jpg今年(平成29年)の熊本県の、桜(ソメイヨシノ)の開花日は、4月1日でした。
今年は、春らしい気温の上昇がなく、例年なら3月20日前後に開花するので、10日以上も遅かったのです。

a0254656_18364393.jpg美味しいスイカにこだわりぬく、スイカの匠「大山ファーム」さんは、今日も徹底的に手をかけスイカを育てています。
本日お話しした理由で、小玉スイカ『ひとりじめEX』の初出荷はもう少々お待ちください。
匠の判断ゆえと、なにとぞご理解ください。
そして、必ず最高級のスイカをお届けすることをここにお約束します。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-04-06 18:43 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

夢スイカ 小玉スイカ「ひとりじめEX」 初出荷に向け試し割り!匠のスイカは今年もやっぱり美味い!

FLC日記 2017年4月3日(月) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も匠の農家さん「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売いたします。
まずは、小玉スイカ『ひとりじめEX』を、4月7日(金)から、そして、大玉スイカ『春のだんらん』は、4月中旬よりの出荷です。
a0254656_18134117.jpg
本日、小玉スイカ『ひとりじめEX』の試し割りとのことで、現地取材に行ってきました。

a0254656_19560017.jpgスイカは、一般的には、糖度が10度を超えると美味しいスイカ。
糖度が11度を超えると、とても美味しいスイカと言われています。
ご覧ください!
収穫4日前と言うのに、すでに糖度は12.8度もありましたよ!
スイカの匠「大山ファーム」さんが育て上げた、小玉スイカ『ひとりじめEX』は、出荷を迎えるころには、糖度が13度を優に上回っています。

a0254656_19582750.jpg昨年の初物の『ひとりじめ』は、糖度がなんと14.5度もあったんです。
試し割りで糖度を測定した後は、本当は収穫4日前ですが、今年の初物をいただいちゃいました!
1人で、3分の2ほどは食べちゃったんじゃないでしょうか!
それほどに甘くてうまいんです!

a0254656_18291522.jpgですから、糖度が14度を超えるとなると、むちゃくちゃ、チョ~、すっげぇ美味しいスイカ!!!と言わざる負えません(笑)。
「大山ファーム」さんが育て上げたスイカの美味しさは、有名フルーツショップ「千疋屋」さんで最高級スイカとして販売された実績を持つことでも証明されています。
a0254656_18171631.jpg

↓ 今すぐ注文(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓



a0254656_18242616.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「大山ファーム」さんの小玉スイカ『ひとりじめEX』の栽培ハウスです。
今年、最初に出荷を迎えるのは、赤い着果棒を立ててあるスイカたちです。

a0254656_18303994.jpg“着果棒”とは、収穫時期の目安とするための目印に立てられるもので、交配(受粉)をした日によって、色分けをしています。
スイカの果実の手前に、赤い毛糸があるのがわかりますか?

a0254656_18344270.jpgこれは、2月中旬に交配作業の現地取材に伺った際に撮った写真です。
交配作業を終えると、目印とする毛糸を置いていきます。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。

a0254656_18381023.jpgこれは、交配(受粉)作業の様子です。
「大山ファーム」代表の大山陽一さんと、スタッフのひとみさんが、元気に咲く、スイカの雌花に雄花の花粉をつける、交配作業をしています。
全て手作業で行われていて、交配の時期は、毎日朝の10~11時の最も花が元気な時間帯に行われます。

a0254656_18460883.jpg「まずは、雄花ば摘み取るでしょ?そして、その花粉を雌花に着けるわけたいね。ばってん、どれでも良かとじゃなかとたい。小玉スイカは18節目の雌花に、大玉スイカは20節目の雌花に着けるとたいね。」

a0254656_18492580.jpgこのように交配を終えたら、目印に毛糸を置きます。
その後、その雌花がきちんと着果したのを確認して、毛糸と同じ色の着果棒を立てるのです。
でも、どの花がどうして18節目だとわかるか不思議でしょ?

a0254656_18565585.jpgそのために、“つる引き”と呼ばれる作業を施してありました。
これがその様子で、大山さんのお母さんが作業を行っています。
ハウスの真ん中の通路から両サイドに向け育てるスイカの苗を、一度、通路側に引き戻すのです。
そうすることで、18節目の花が、通路とハウスの端の間の最も日の当たるベストポジションに咲きます。
そのベストポジションで育てることで、甘いスイカになるのです。

a0254656_19033868.jpgこちらが引き戻された状態です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_19081154.jpgもちろん、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
収穫を迎えるころには、ハウスの端まで3本のツルが元気に伸びています。
しかし、その3本に全てスイカを実らせるわけではありません。

a0254656_19134188.jpg小玉すいかの場合、この時点では3本のつるにいずれも着果したとしても、2玉だけ残します。
摘果作業を行うのです。
ちなみに、大玉スイカの場合は、2本のツルを伸ばし、1玉のスイカを実らせます。

a0254656_19220904.jpg理想はこのように1本の苗から3本伸ばし、2本のツルに実らせるスイカが、同じ着果棒になることです。
「3日も交配の日が違うなら、出荷の際の糖度、食味がぜんぜん違うとたいね!だけん、交配させた日によって色分けした、10種類以上もの目印の毛糸ば使いよるとたい。それと、大事なのは摘果と芽カギたいね!」大山さんが話したことを思い出しました。

a0254656_19310167.jpg「いつまでも摘果すべき玉を残しといても、そっちに養分を取られるでしょ?とにかく、小玉スイカの場合、1つの苗の3本のつるで、2玉だけの至高のスイカに育てるように、集中させにゃんとたい!!それと、スイカは、放っておくならどんどん脇芽を伸ばしてくるとたい。でもそれらは、至高の2玉を育てるためには一切不要だけん、徹底的に芽カギするとたいね。」

a0254656_19343177.jpgそして最後に、“玉返し”を5~6回行い、スイカ全体に満遍なく陽が当たり、果皮全体を同じ色にそろえることで、もちろん果実全体が甘く育ちます。
「あの時もう少し手ばかけてやればよかった・・・」なんて後悔だけは、絶対にしたくなかけんね!!どこを食べても美味しいスイカを育てるためには、俺は絶対に妥協せんよ!!」大山さんはいもそう話します。

a0254656_19383934.jpg「大山ファーム」代表の大山陽一さんは、普段はとっても気さくで楽しい方ですが、ことスイカとなると、一切の妥協を許さぬ“匠”となるのです。
「FLCパートナーズストア」では、今年も匠の農家さん「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売しています。

a0254656_19413753.jpg現在は、小玉スイカ『ひとりじめEX』を、完全予約制、数量限定で販売中です。
毎回の出荷予定数は、常に完売する大人気商品です。
ご注文はお急ぎください!

a0254656_19434561.jpg4月中旬からは、大玉スイカ『春のだんらん』の販売をスタートいたします。
大玉スイカならではのシャキシャキの食感をお楽しみ頂けます!
もちろんいずれも、朝採りのスイカを即日発送致します。
「大山ファーム」代表の大山陽一さんは、スイカの匠です。
匠が育てた「夢ブランド」の“本物”と呼べるスイカをぜひご賞味ください。v
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-04-03 20:02 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

夢スイカ 小玉スイカ「ひとりじめEX」本日より先行予約の受付スタート!初回出荷は4月7日(金)の予定です!

FLC日記 2017年3月27日(月) くもり時々雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」の大人気商品、スイカの匠「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の第一弾!小玉スイカ『ひとりじめHM』の先行予約の受付を、本日よりスタートしました!!
a0254656_17162262.jpg
初回出荷は、4月7日(金)の予定で、以降、毎週火曜日と金曜日に、数量限定、完全予約制で販売いたします!

a0254656_17203444.jpg通常、スイカは、糖度が10度を超えると美味しいスイカ。
糖度が11度を超えると、とても美味しいスイカと言われています。
「大山ファーム」さんの、昨年の初出荷の小玉スイカ『ひとりじめEX』は、なんと、糖度が14.5度もありました!!
スイカでは、驚異的な糖度の高さです。
ですから、いうならば、“めちゃくちゃ美味しいスイカ”なのです。

a0254656_17244618.jpgそんな、驚異的な糖度の、めちゃくちゃ美味しいスイカですから、有名フルーツショップの「千疋屋」さんで、最高級スイカとして販売された実績を持っています。
当然、その際はビックリするくらいのお値段で販売されていたらしいです!

a0254656_17271044.jpg「FLCパートナーズストア」が自信を持っておすすめする、熊本産スイカの第一弾が、スイカの匠「大山ファーム」さんの、小玉スイカ『ひとりじめEX』です!!
今年も、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売いたします。
本日より、先行予約の受付をスタートしました!!

↓ 今すぐ注文(予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓



a0254656_17372375.jpg熊本県合志市(こうしし)にある、「大山ファーム」さんのスイカの栽培場(ハウス)に、現在の様子を取材に行ってきました。
「大山ファーム」さんでは、土壌微生物活性材『夢』を使って、元気で土壌バランスの良い土を作り、『夢』ブランドの「熊本スイカ」、「熊本キュウリ」をハウス栽培で育てています。

a0254656_17432697.jpgスイカの横に、様々な色の棒が立てられているのが分かりますか?それらは、収穫時期の目安とするための“着果棒”と言うものです。スイカの果実がきちんと着果し成長し始めたことを確認すると、この“着果棒”をたてます。
交配(受粉)をした日をめどに出荷しますが、3日も交配日が違えば、スイカの美味しさが大きく変わってくるため、その種類はなんと10色もあるんです。

a0254656_17515664.jpgちなみに、こちらは2月16日に行われた、交配作業初日の様子です。
スイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
「大山ファーム」代表の大山陽一さんが、最も花が元気な午前中の時間帯に、雄花を摘み取り、1つ1つ雌花に受粉していく交配作業を行っています。
ミツバチを使って交配をさせる農家さんも多いようですが、「大山ファーム」さんは、出荷のタイミングを徹底するため、こうして手作業で交配を行うのです。

a0254656_18011225.jpgこちらが、交配の様子です。
摘み取った雄花の花粉を、雌花の柱頭につけるのです。
付け終わると、交配を終えた目印に、毛糸を置いていきます。
毛糸の色は、もちろん着果棒の色と同じ10種類です。

a0254656_18031690.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18110733.jpgもちろん、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
こちらは、『ひとりじめEX』の収穫直前の取材日に、収穫時期をずらすために、別のハウスで栽培している大玉スイカ『春のだんらん』の交配作業の様子です。

a0254656_18155898.jpg「大山ファーム」さんでは、小玉スイカは18節目の雌花に、大玉スイカは20節目の雌花に交配させます。
その徹底ぶりが、美味しいスイカを育てるのです。そして、果実が成長し、着果を確認すると、こうして着果棒を立てます。

a0254656_18261083.jpgこちらは、まもなく収穫を迎える、小玉スイカ『ひとりじめEX』の栽培ハウスの現在の様子です。
ハウスの中で、中央の通路とハウスの端との間の、最も日が当たる場所に並んで元気に育てられていました。

a0254656_18281774.jpg最初に収穫を迎える、赤い着果棒の『ひとりじめEX』です。
すでに、スイカ全体にきちんと色がついていますね。
「大山ファーム」さんでは、満遍なくスイカの果皮に色を付け、スイカ全体が美味しくなるように、1つにつき5回または6回の玉返しを行います。

a0254656_18304015.jpg玉返しとは、スイカの果実にまんべんなく日が当たり、黒と緑のストライプがきれいに入り、果肉の糖度も全体的に広がるようにする作業です。
大山さんは、いつもこう話します。

a0254656_18465297.jpg「出荷する時に、「あの時もう少し手ばかけてやればよかった・・・」なんて後悔だけは、絶対にしたくなかけんね!!美味しいスイカを育てるためには、俺は絶対に妥協せんよ!!」
いつも、明るく冗談ばかりを言う大山さんが、その時ばかりは匠の表情で話すのです。

a0254656_18542516.jpg「笠くん!4月3日にまた取材にきなっせ!その日は、小玉スイカ『ひとりじめEX』の試し割りばして、糖度ば測るけん、それで、4月7日に出すかどうかば決めようかね!どうしても、納得できんスイカは出したくなかけん、それ次第じゃ出荷日ばずらしてもらうかもしれんばい!!」
私は、もちろん全てを了解しました。
スイカの匠「大山ファーム」代表の大山陽一さんを私は100%信頼しているので、大山さんの言葉は絶対なのです!

a0254656_19013385.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年)も「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売いたします。
まずは、4月7日初回発送予定の小玉スイカ『ひとりじめEX』からスタートで、本日より先行予約の受付をスタートしました。

a0254656_19031761.jpg4月中旬からは、同じく「大山ファーム」さんの、大玉スイカ『春のだんらん』も出荷予定です。スイカの匠は、今年も一切の妥協を許さず、“本物”と呼べるスイカを育てています。いずれも、数量限定の完全予約制での販売です!ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!“本物”と呼べる美味さをぜひご賞味ください!
FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-03-27 19:06 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

夢スイカ 温度管理、つる引き、交配!今年もとことん手をかけ“本物”と呼べるスイカを育てます!後編

FLC日記 2017年2月18日(土) くもり時々晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成29年度も、スイカの匠「大山ファーム」さんが育てる、3月下旬(予定)からの小玉スイカ『ひとりじめHM』、4月中旬(予定)からの大玉スイカ『春のだんらん』をネット独占販売いたします。
a0254656_16361816.jpg

a0254656_16393911.jpg本日は、昨日に続き、匠の農家さん「大山ファーム」さんの、一昨日現地取材した様子をご紹介いたします。
現在、スイカたちは順調に成長し、いよいよ“交配作業”が始まりました。

a0254656_16432341.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)の、「大山ファーム」さんのスイカの栽培ハウスです。
「大山ファーム」さんでは、収穫時期をずらすため、数ヵ所の連棟や単棟の栽培ハウスで、小玉スイカ『ひとりじめHM』、大玉スイカ『春のだんらん』を育てています。

a0254656_16461135.jpgハウスは現在ビニールを4重にはって、徹底した温度管理が行われています。
ハウスの開閉で、スイカたちに最も適した温度を保っていくのです。
「大山ファーム」さんは、徹底管理と惜しまぬ手間ひまで“本物”と呼べるスイカを育てる匠の農家さんです。

a0254656_16523680.jpgスイカは、糖度が11度を超えると美味しいスイカ!12度を超えるととても美味しいスイカ!!と言われています。
「大山ファーム」さんの大玉スイカ『春のだんらん』は、スイカ本来の、あのシャリシャリッとした食感で、糖度13度前後とバツグンの甘さです!

a0254656_16533488.jpgさらに、昨年の小玉スイカ『ひとりじめHM』は、糖度がなんと14.5度もありました。
スイカとしては驚異的です!
その美味しさは、有名フルーツショップ「千疋屋」さんで最高級スイカとして販売された実績を持つことでも証明されています。

a0254656_16591721.jpgスイカは、雄花と雌花が別々に咲く雄雌異花の植物です。
この黄色い花がスイカの花で、こちらは雌花です。
花の下に小さなスイカがあるのが分かりますか?

a0254656_1722379.jpgこれが雄花です。
自然界では、昆虫たちが雄花と雌花の間を飛び回り受粉が行われますが、ハウスの中ではそうもいかず、手作業で交配(受粉)を行います。
雄花を摘み取り雌花にその花粉をつけていくのです。

a0254656_17133778.jpg「大山ファーム」代表の大山陽一さんです。
「うちでは、小玉スイカなら、18節目の雌花に、大玉スイカならば20節目の雌花に交配ばするとたいね。」
「それは、根元から数えて行うんですか?」と尋ねると、

a0254656_17173665.jpg「さっき、うちのおふくろがつる引き作業ばしよるとば見てきたろ?そうすることで、潅水チューブの先に、その花が来るように仕立てるとたいね。だけん、潅水チューブよりも先に咲いた花に交配すると、ぴしゃりその節の花になるとたい。」

a0254656_17202919.jpg潅水チューブとはスイカの苗に水を与えるために用意している設備です。
この写真の左手前の、ビニールの下の黒い帯のようなものがそれです。
スイカの苗は、一度中央の通路側につるを引き戻し、両サイドに向けて育ててあります。
つる引き作業の様子は、昨日のブルグで詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください!

FLC日記 2017年2月17日(金)
夢スイカ 温度管理、つる引き、交配!今年もとことん手をかけ“本物”と呼べるスイカを育てます!前編


a0254656_1728686.jpg交配作業の前に、大山さんが摘んできた雄花をパートスタッフのひとみさんに渡しています。
また、本日の色の赤入りの毛糸を受け取っています。
この毛糸は、交配を終えた目印として使用します。

a0254656_17312669.jpg準備を終えると、さっそく交配作業のスタートです。
「一番花の元気の良か、午前中の時間帯にするとたいね。まぁ、だいたい10時~11時の間たいね。」
大山さんはそう言いながら、潅水チューブの先に咲いた雌花に丁寧に交配を行っていました。

a0254656_1734457.jpg交配は、雄花の花びらを反り返して握り、その花粉を雌花につける作業です。
これを、1つ1つ手作業で行ていくのです。
交配作業を終えると、そのしるしに毛糸のひも置いていきます。

a0254656_17361359.jpg毛糸のひもの色は、2日ごとに変えています。
交配をした日をめどに出荷しますが、3日もそれが違えば出荷の時期や果実の味が大きく異なるからです。

a0254656_17395227.jpgこちらは、収穫前の様子です。
スイカの果実がきちんと着果し成長し始めたことを確認すると、交配作業の時の毛糸と同じ色の棒をたて、目印にします。
それが着果棒です。
「大山ファーム」さんでは、2日ごとに色を変えるので、毛糸も着果棒も10色以上ありました。

a0254656_1744677.jpgとても手際よく、とても丁寧に、交配作業は進められていきました。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17505381.jpgもちろん、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材してきました。
こちらは、収穫を終えた後のハウスの様子です。
「収穫を終えたって、そこにスイカがあるじゃない?」とお思いになったことでしょう!
本来、スイカのすぐ横にさしてある着果棒がありません。
このスイカは、大山さんが納得いかないので、出荷しないスイカなのです。

a0254656_17565324.jpg大山さんは、スイカに頑固なまでのこだわりを持った“匠”です。
自分が納得したスイカでなければ、絶対に出しません。
ですから、収穫を終えても、先ほどの写真のような、見た目は見事なスイカがゴロゴロとしています。

a0254656_17595397.jpg大山さんは、普段はとっても気さくで楽しい方ですが、ことスイカに関しては、頑固なまでのこだわりを持っています。
だからこそ、私は100%の信頼で、大山さんが育て、選び抜いたスイカを「FLCパートナーズストア」で販売しているのです。

a0254656_1871068.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「大山ファーム」さんの「夢スイカ」、小玉スイカ『ひとりじめHM』と、大玉スイカ『春のだんらん』をネット独占販売いたします。

a0254656_188765.jpgスイカの匠、大山陽一さんが、今年もとことん手間ひまをかけて育て上げます。
現在は、毎日の交配作業が行われていますが、これからも、成長の様子や惜しまぬ手間ひま、そして匠の技を現地取材にてご紹介していきます。
平成29年度も『夢スイカ』にご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-02-18 18:09 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

夢スイカ 温度管理、つる引き、交配!今年もとことん手をかけ“本物”と呼べるスイカを育てます!前編

FLC日記 2017年2月17日(金) 雨のちくもり
「いよいよ交配(受粉)ば始めるけん、取材においで!」
スイカの匠「大山ファーム」代表の大山陽一さんに、一昨日連絡をいただき、昨日さっそく取材に伺いました。
a0254656_1744739.jpg
こちらが交配を終えた大玉スイカの赤ちゃんです。
交配作業を終えると、目印とする毛糸を置いていきます。
この日は、赤の毛糸です。

a0254656_1792967.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成29年度も、スイカの匠「大山ファーム」さんが育てる、3月下旬からの小玉スイカ『ひとりじめHM』、4月中旬からの大玉スイカ『春のだんらん』をネット独占販売いたします。
※出荷日はあくまで予定です。

a0254656_17144955.jpg熊本県合志市(こうしし)の、「大山ファーム」さんは、一切の妥協を許さず、とことん手をかけスイカを育てる匠の農家さんです。
「自分が納得できんスイカは絶対に出さん!」と言う、強い信念でスイカを育てています。
「大山ファーム」さんが育て上げた『夢スイカ』の美味さは、有名フルーツショップ「千疋屋」さんでも販売された実績を持つ、まさに“最高級スイカ”です。

a0254656_17302291.jpg「大山ファーム」さんでは、収穫時期をずらすため、数ヵ所の連棟や単棟の栽培ハウスで、小玉スイカ『ひとりじめHM』、大玉スイカ『春のだんらん』を育てています。
私は昨日、交配作業が始まる前の9時半に現地に伺いました。

a0254656_17335574.jpg私が伺うと、
「ごめん!ちょっと待って!今日はやたらと気温が上がりよるけん、ハウスば開けよるとたい。もうちょっとかかるけん、その間につる引き作業ば見てきなっせ!」とのこと。
「大山ファーム」代表の大山陽一さんと、パートさんがあわただしく作業をしていました。
大山さんはこうして、毎日の気温を感じながら、ハウスの開閉をして温度管理をしています。

a0254656_17392632.jpg私は、「了解しました!」と大山さんに告げ、別のハウスに移動しました。
このハウスでは、つる引き作業が行われています。
ハウスに入った瞬間に、カメラのレンズが曇るほど、外気との温度差があります。

a0254656_17423413.jpgこちらは、12月に伺った際に撮影した、苗床の様子です。
スイカの苗たちが、こうして集中管理のもと元気に育てられていました。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17472454.jpgこちらは定植直後の様子です。
「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培の様子も、収穫時期のみならず、苗床から全て、もう何年も年間を通してこうして現地取材してきました。

a0254656_1874126.jpgそしてこちらが、現在のつる引き作業をしている様子です。
大山さんのお母さんが、つる引きと芽カギ作業を行っています。
スイカの苗は、ハウスの中央の通路から、両サイドに向けて伸ばし育てます。

a0254656_18114352.jpg成長の過程で、一度伸びたツルを真ん中の通路の方へ、このように引き寄せます。
それが“つる引き作業”です。
これには、もちろんきちんとした理由があるのです。

a0254656_1817056.jpgこちらは、収穫直前の小玉スイカ『ひとりじめHM』の様子です。
定植直後は4重張りのビニールも、気温が上がるこの頃は2重となっています。
スイカが、真ん中にずらりと並んで育っているのが分かりますか?
通路と隣のハウスの中央のベストポジションにスイカを実らせているのです。

a0254656_18212940.jpg「大山ファーム」さんでは、小玉スイカは18節、大玉スイカは20節に咲く花に交配して、スイカの果実を実らせます。
そのスイカたちが育つ環境が、最も日が当たり、温度も安定するハウスの通路と端の間の部分になるように配置するために、いったんツルを引き寄せるのです。

a0254656_18291340.jpg大山さんのお母さんに、作業の様子をうかがいました。
「こうして、スイカのつるを手前に丸く引き寄せながら、芯(生長点)はハウスの外側にきれいに向けてあげるとたいね!その時、脇芽も一緒に摘んでいくとたい。」

a0254656_18325828.jpg「このつるが集中してスイカの果実を実らせることができるように、不要な脇芽を伸ばさんことが大事たいね。」
「手前に咲いた花も摘むんですか?」と尋ねると、
「花は摘まない農家さんが多いけど、私は摘んであげるかな。不要な花に使うエネルギーを、苗の成長や果実に注がせるためにね。」

a0254656_18434646.jpg「陽一も同じように話すかもしれんばってん、しっかり手をかけんと良か作物はできんとたい。それも、一番いい時に一番いい方法で作業せにゃんたいね。ほら!そろそろ交配が始まるとじゃない?移動せんで良かとね?」とのこと。
そう話していいただいている時に、携帯電話が鳴りました。
大山さんからです。
「交配を始めるばい!」と連絡をいただいたのです。

a0254656_18495089.jpgお母さんにお礼を言って、急いで交配を行うハウスに移動すると、
「急がせてごめんね。この元気な花じゃなかといかんもんだけん!」と大山さん。
交配作業は、元気な雄花を摘み取るところからスタートします。

a0254656_18521525.jpgスイカの花が最も元気に咲くのは、10時から11時くらいのほんの1時間ほどです。
その元気な花の花粉を雌花に受粉していくのです。
匠の交配作業の様子をご紹介したいのですが、本日は少々長くなりましたので、この続きは明日のブログで紹介することとします。

a0254656_18574830.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「大山ファーム」さんの『夢スイカ』をネット独占販売いたします。
3月下旬より小玉スイカ『ひとりじめHM』、4月中旬からは大玉スイカ『春のだんらん』、の出荷予定です。

a0254656_190668.jpgスイカは糖度が10度を超えると美味しいスイカ、11度を超えるととても美味しいスイカと言われます。
しかし、「大山ファーム」さんの、昨年の初物の『ひとりじめEX』は、なんと糖度が14.5度もあり、その甘さは驚異的でした!!
今年も間違いなく「大山ファーム」さんは、そんなスイカを育ててくれます。
「大山ファーム」さんの『夢スイカ』に今年もご期待ください!

追伸。
現在、ホームページでは注文を受けていませんが、待ちきれないお客様からは、すでにお電話で今年のご予約を多数頂戴しています。
最も甘いと言われる、“初物”をご希望の際には、お早めにご予約下さい。
お電話またはメール、FAXにて承っております。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-02-17 19:07 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

夢スイカ 小玉スイカ『ひとりじめHM』、大玉スイカ『春のだんらん』の定植後の様子

FLC日記 2016年12月30日(金) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成29年度も、スイカの匠「大山ファーム」さんが育てる、3月下旬からの小玉スイカ『ひとりじめHM』、4月中旬からの大玉スイカ『春のだんらん』をネット独占販売いたします。
a0254656_16215748.jpg

a0254656_1637644.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「大山ファーム」さんのスイカの栽培ハウスです。
「大山ファーム」さんでは、このような連棟建ての広い広い数ヵ所のハウスで、定植の時期をずらしながら『夢スイカ』を生産しています。

a0254656_16433949.jpg熊本県は、日本一のスイカの産地です!
その熊本県のスイカの中でも、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の美味さは、有名フルーツショップ「千疋屋」さんで“最高級スイカ”として販売された実績を持つことでも証明されています。
「大山ファーム」さんでは、土壌微生物活性材『夢』を使って、元気で土壌バランスの良い土を作り育て上げる「夢ブランド」の農作物を育てています。

a0254656_1650285.jpg夏のイメージのスイカですが、熊本産のスイカの旬は、3月から6月なんですよ!
夏の熱い時期にどんどんと育つスイカより、冬の寒さを乗り越えながらじっくりと育つスイカの方が、糖度が高いため、熊本では7月以降はあまりスイカを出荷しません。

a0254656_1655587.jpg「大山ファーム」さんは、スイカの美味さ(とりわけ糖度)にこだわり、自分が納得できないスイカは絶対に出荷しないという“肥後もっこす(頑固者)”の農家さんです。
今年も、3月下旬の小玉スイカ、4月中旬の大玉スイカの収穫に向け、定植が行われました。

a0254656_1658854.jpg定植とは、栽培地に苗を植える作業のことです。
こちらがスイカの苗です。
この苗を、栽培地のハウスに植えて、ここでスイカを育てていきます。

a0254656_1704745.jpgハウスの外観を、本日のブログの最初の方で紹介しましたが、その中には、さらに小さなビニールハウスがあり、この時期はなんと4重のビニールハウスの構造になっています。

a0254656_175516.jpgさらにハウスの中に進むと、一瞬にしてカメラのレンズが曇るほど、外気との温度差がありました。
取材に伺ったこの日も、晴れているとはいえ、12月下旬の寒さです。

a0254656_177525.jpgカメラの温度が上がり、レンズが曇らなくなるのを待ち、取材を続けました。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_1711262.jpgもちろん、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
ですから、定植後のこの様子は、もう毎年見ている、ある意味見慣れた景色です。

a0254656_17143528.jpg定植を終えたスイカの苗には、“キャップ”と呼ばれる白いピラミッド状の紙の農業器材をかぶせて育てます。
苗の一つ一つにかぶせることで、苗のまわりの温度や湿度が一定に保たれ、苗にとって好環境を保てるのです。

a0254656_1725497.jpg取材に来ている旨を電話で伝えると、「大山ファーム」代表の大山陽一さんが、取材しているハウスに来てくれました。
「次の定植するハウスで作業ばしよったとばってん、せっかくだけん、来てみたよ!」と大山さん。

a0254656_17293796.jpg「ありがとうございます。実は、先日お客様から電話があって、「毎年クリスマス頃にスイカの定植をされて、ブログで紹介いただいていますが、今年はまだですか?」って言われたんです。」

a0254656_17311841.jpg「それから「今年も初回出荷分で購入したいので、よろしくお願いします。」ってことでしたよ。」と言うと、
「うわぁ!それは嬉しかね!しっかり良かスイカば育てにゃんね!」と大山さん。

a0254656_17343138.jpg「大山ファーム」さんの『夢スイカ』は、小玉スイカの『ひとりじめHM』も、大玉スイカの『春のだんらん』も、全国にたくさんのファンがいて、もうすでに来年のご予約も多数頂戴している大人気商品なんです。

a0254656_17365738.jpg「苗床には、次に定植する大玉スイカの苗も来とるけん、それも撮っとくと良かよ!」
大山さんにそう言っていただき、取材したハウスのすぐ隣にある、苗床の様子も見せて頂きました。
実は、このスイカの苗の根っこは、別の植物なんです。
小玉スイカは冬瓜、大玉スイカはかんぴょうの苗に、スイカを接木して育てています。

a0254656_17423213.jpgどの苗にも、発芽後最初に芽吹く「双葉」が4枚あるのが分かりますか?
これは、大玉スイカの苗なので、茎から出ている大きめの双葉がかんぴょうの双葉で、その上の少し小さめのがスイカの双葉なんです。

a0254656_17441838.jpg根を張る力が強い、冬瓜やかんぴょうの苗にスイカを接木して栽培することで、スイカは元気に成長し、しっかりと育つのです。
棚からぼたもち、ならぬ、「かんぴょうからスイカ」ってとこですかね!(笑)

a0254656_17484870.jpgさぁ!
平成29年度の「大山ファーム」さんの『夢スイカ』の栽培がスタートしました。
これから、一切の妥協を許さず、惜しまぬ手間ひまをかけ、至高のスイカを育てていきます。

a0254656_17523656.jpg小玉スイカ『ひとりじめHM』は、3月下旬ごろから、大玉スイカ『春のだんらん』は、4月中旬ごろからの発送予定です。
これからも、その成長の様子や、惜しまぬ手間ひま、匠の技を現地取材にてご紹介していきます。
平成29年度の、「大山ファーム」さんの『夢スイカ』にも、ぜひご期待ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-12-30 17:55 | 夢スイカ | Trackback | Comments(0)

夢キュウリ 大好評発売中!美味しさの秘密とこだわりに密着取材!

FLC日記 2016年12月1日(水) くもり

a0254656_1728144.jpgキュウリの美味しさは、なんと言ってもみずみずしくパリッとはじける食感ですよね!
サラダとしても、食卓にはかかせない食材です。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「大山ファーム」さんの朝採り新鮮そのものの『夢キュウリ』を、今年もネット独占販売しています。
a0254656_17291592.jpg
熊本県合志市(こうしし)にある、「大山ファーム」さんは、夢ブランドの最高級のキュウリ、『夢キュウリ』を育てる匠です。

a0254656_1734327.jpg「大山ファーム」さんの『夢キュウリ』は、今シーズンもなんとこの5kg箱が、市場で5,000円の値が付きました!
市場でその価格なら、店頭販売される際は、すごい値段になっているはずです。
でも、ご安心ください!

a0254656_17371094.jpg「FLCパートナーズストア」では、『夢キュウリ』5kg入り(40~47本入り)を、今年も変わらぬ大特価の、¥3,780(税込み)で大好評販売中です。
お求めやすい、10本入り¥1,080(税込み)での販売も行っています。
毎週金曜日と火曜日の出荷で、数量限定の完全予約制販売です。

↓ 今すぐ購入(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ!! ↓

FLCパートナーズストア
『夢キュウリ』



a0254656_17441059.jpgここは、熊本県合志市(こうしし)にある、「大山ファーム」さんの『夢キュウリ』の栽培ハウスです。
「大山ファーム」さんは、ハイパワー土壌活性材『夢』と、天然ミネラル海草エキス『海』を使って作物を育てています。

a0254656_1750176.jpg天然微生物の力で、土壌バランスの良い元気な土を作り、『夢』ブランドの「熊本スイカ」、「熊本キュウリ」をハウス栽培で育てています。
3月下旬より出荷予定の夢スイカ、小玉スイカ『ひとりじめHM』は、すでにたくさんのご予約を頂戴しているほどの大人気商品です。

a0254656_17561171.jpgスイカの話はまた後日あらためてするとして、本日は『夢キュウリ』についてご紹介いたします。
それにしても、いつ伺ってもしっかり手入れが行き届いていることが一目でわかる見事な栽培ハウスです。

a0254656_186825.jpg収穫を待つキュウリたちが元気に成長していました。
苗の足元をご覧ください。
キュウリたちの足元は、葉っぱを3枚ほど切り落としすごくすっきりしています。
これは、風通しを良くして病気からキュウリたちを守るためです。

a0254656_1893741.jpgまた、ハウス内にところどころ設置してある、この黄色いお札のようなものは、虫たちを捕獲するためのものです。
ハウス内に入り込んだ虫たちが、様々な病気の媒体となるので、それを防いでいます。

a0254656_18114390.jpg「キュウリはどうしても生で食べることが多かでしょ?だけん、極力、農薬は使いたくなかとたいね。美味しいものを育てることはもちろんだし、安全な食を提供することは、俺たちの使命たいね。そのためには、手間ひまば惜しんだらいかんとたい。」
「大山ファーム」代表の大山陽一さんがそう話してくれました。

a0254656_18171098.jpg「一生懸命写真撮りよるばってん、今このハウスで収穫しよるとは、『夢キュウリ』じゃなかけんね!」と大山さん。
「え?どうしてですか?」と尋ねると、
「このキュウリたちは、まだ本木から実りよるキュウリたい。笠くんとこに出すキュウリは、最初の脇芽から実ったキュウリだけで、それば『夢キュウリ』としよるとたい。」

a0254656_18212774.jpg大山さんの言葉を、以前撮影した写真も交えながら、わかりやすく説明しましょう!
現在、このハウスでは、こうしてキュウリの苗の主幹となる本木から咲いた花からキュウリが実っています。

a0254656_18243773.jpg一方こちらが、現在『夢キュウリ』として収穫している栽培ハウスです。
ここでは、本木から実るキュウリの収穫が終わり、脇芽から伸びたキュウリの収穫が行われています。

a0254656_18273155.jpgこれが、『夢キュウリ』として出荷する、最初の脇芽から育ったキュウリです。
本木で実るキュウリを“親”と例えるなら、このキュウリは“子”といったところでしょうか?

a0254656_18301699.jpg本木で育った親キュウリよりも、少し細身ですが味は間違いなく最高に美味しいのです。
最もキュウリの苗が成熟している時に実るキュウリは、全くエグミがなく、しかもみずみずしさをギュッと閉じ込めているため、パリッとした食感も異なり、まるで美味しさが違うのです。

a0254656_18382877.jpgこちらは、毎年8月20日前後に行われる、定植(栽培地に苗を植え替えること)の際に撮った写真です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_1840377.jpgもちろん、「大山ファーム」さんの『夢キュウリ』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。
こちらは、11月下旬の収穫の様子です。
最初に定植した3週間ほど後に、別のハウスに新たに定植しています。
それはもちろん、収穫時期を長く保つためです。

a0254656_18475081.jpg定植時期を3週間ほどずらしている2棟のハウスでは、その日のうちにハウスに入る際、必ず遅い方のハウスから様々な作業も収穫も行います。
どんなに元気な土壌で育つキュウリでも、定植が早いハウスには、病気や害虫が入っている恐れがあります。
だから、その病気や害虫を新しい苗にうつさないためにも、絶対に早く定植したハウスから後で定植したハウスへは移動しないのだそうです。

a0254656_18521316.jpgどうしても早いハウスから、遅いハウスへ移動をせざるおえない時には、衣類を全て着替えて入るのだそうです。
そこまでこだわり徹底しているからこそ、安全で美味しい、見事なキュウリが育つのですね!

a0254656_1856172.jpg私は、私が惚れ込んだこの『夢キュウリ』を販売させていただくために、本当に何度も何度も「大山ファーム」さんに足を運びました。
しかし、当初は「俺のキュウリは出荷数が足らんくらいだけん、ネット販売せんでも良かばい!」と断られ続けました。
しかし、どうしても大山さんのキュウリを販売させていただきたく、何度も足を運ぶうちに、やっとお許しが出て、「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。

a0254656_1903925.jpg「せっかく出すなら、それ専用に収穫して、その中から選び出したキュウリにしよう!最初の脇芽から育った“一番うまかキュウリ”ばい。ただし、毎回の出荷量は限定ということにはなるばってんね。」

a0254656_1933764.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「大山ファーム」さんの『夢キュウリ』を、ネット独占販売しています。
全国的にお野菜の価格が高騰している昨今ですが、今年も変わらぬ価格で販売しています。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより、「熊本新鮮野菜」のページへお進みください!
ご来店、お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。

スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-12-01 19:07 | 夢キュウリ | Trackback | Comments(0)

夢キュウリ 平成28年度は10月4日(火)から出荷開始!朝採りの“一番美味かキュウリ”をぜひ!

FLC日記 2016年9月26日(月) 晴れ
「大山ファーム」さんの『夢キュウリ』の初回出荷日が決定しました!
平成28年度は、10月4日(火)より、朝採り新鮮な『夢キュウリ』をお届けいたします!
a0254656_1742737.jpg
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「大山ファーム」さんの『夢キュウリ』を、今年もネット独占販売いたします。

a0254656_1756611.jpg「大山ファーム」さんでは、土壌微生物活性材『夢』と、天然ミネラル海草エキス『海』を使って育て、様々な“夢ブランド”の作物を育てています。
『夢キュウリ』は、もちろんそれらを使って育てるキュウリですが、「大山ファーム」さんが育て上げたキュウリの中から選びに選び抜いた、“極選”のキュウリです。

a0254656_1803072.jpgしかも、それらは、収穫の時から選ばれたキュウリです。
ご覧ください!
見事なキュウリでしょ?
でもこれは、『夢キュウリ』ではありません。
これは、キュウリの本木から育つキュウリです。

a0254656_183502.jpg「大山ファーム」さんの『夢キュウリ』は、苗の本木から育つキュウリではなく、最初の脇芽から育ったものだけを厳選していただいています。
キュウリが持つエグミが少なく、みずみずしくもパリッとする最高級のキュウリです。

a0254656_18113051.jpgだからこそ、毎年多くのリピート購入をいただく大人気商品で、10本入りも販売していますが、こちらの5kg箱入り(40~47本)の方が多くを購入され、シェアしたり、お漬物などに加工してご利用いただいています。
10月4日(火)からの出荷です!
以降は、毎週金曜日と火曜日に出荷いたします。
先行予約の受付をスタートしました。

↓ 今すぐ購入(予約)したい方はコチラ!! ↓
FLCパートナーズストア
『夢キュウリ』



a0254656_18271875.jpg熊本県合志市(こうしし)にある、「大山ファーム」さんの『夢キュウリ』の栽培ハウスです。
この様な連棟建ての広い広いハウスで、『夢キュウリ』は育てられています。

a0254656_18292170.jpg本木から育つキュウリは、もう収穫の時期を迎えています。
そして、最初の脇芽から育つ『夢キュウリ』たちも、ご覧の通り元気に成長中です!
収穫の時期は、「大山ファーム」代表の大山陽一さんの匠の目で判断されます。

a0254656_18361251.jpgキュウリは、S~2Lまでの4段階に大きさによって選別され出荷されるため、収穫したばかりのキュウリの大きさはそれぞれです。
収穫後は、すぐにビニールの口を閉じて、乾燥を防ぎながら出荷場に運び手選別されます。
以前、大山さんにキュウリはどこまで大きくなるのですか?と尋ねました。

a0254656_18392442.jpgすると大山さんは、あえて収穫をせず1本とっといてくれました。
「笠くんがあぎゃん言いよったけん、とったいたばい!もう一回り大きくなるばってん、色が変わってくるけん、キュウリと呼べる大きさはこれくらいじゃなかろうかね!」と、大山さん。

a0254656_18451843.jpg「『夢キュウリ』とは別に、“ジャンボキュウリ”として販売しましょうか?」という私に、
「それは絶対にダメ!そこまで大きくなったら、美味くなかもん!」
大山さんは、絶対に自分が納得できるものでなければ、出荷しないこだわりの農家さんなのです。

a0254656_1852445.jpg「大山ファーム」さんは、本日紹介している『夢キュウリ』の他にも、『夢スイカ』、『夢白菜』などを育てる匠の農家さんです。
とりわけ『夢スイカ』は、すでに来年のご予約を多数頂戴しているほどの大人気商品です。

a0254656_18553177.jpg3月下旬より出荷予定の小玉スイカ『ひとりじめHM』、4月下旬より出荷予定の大玉スイカ『春のだんらん』は、スイカの匠が育て上げ、選び抜いたスイカで、「納得できるものでなければ出さん!」が大山さんの口ぐせなんです。

a0254656_190332.jpgですから、収穫を終えた「大山ファーム」さんのスイカの栽培ハウスには、こうしてスイカがゴロゴロとしています。
これらは、大山さんの判断で収穫をしなかったもので、このまま土に鋤き込んでしまいます。

a0254656_1934560.jpg『夢キュウリ』も、当初は、
「俺のキュウリは出荷数が足らんくらいだけん、ネット販売せんでも良かばい!」
と断られ続けました。
しかし、私が惚れ込んだキュウリをどうしても販売させていただきたく、何度も足を運ぶうちに、やっとお許しが出て、「FLCパートナーズストア」で、ネット独占販売しています。

a0254656_197460.jpgことらは、毎年8月20日前後の、キュウリの苗の定植直後の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん、「大山ファーム」さんの『夢キュウリ』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_19105151.jpg販売のお許しをいただいた際に、大山さんはこう話しました。
「せっかくだけん゛一番美味かきゅうり”ば出すごつするばい!!最初の脇芽から育ったキュウリば厳選するよ。ただし、数量は限定になるたいね。それで良かなら、ぜひ俺が作ったキュウリを全国の方に食べてほしかねぇ~!」

a0254656_19145454.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「大山ファーム」さんの『夢キュウリ』を、ネット独占販売いたします。
大山さんが育て、選んで収穫し、さらにしっかりと選別された゛一番美味かキュウリ”だけを出荷いたします。
先行予約の受付をスタートしました。
ぜひ一度、゛一番美味かキュウリ”をご賞味ください!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2016-09-26 19:18 | 夢キュウリ | Trackback | Comments(0)