ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

タグ:古川果樹園 ( 127 ) タグの人気記事

種なしかぼす 無農薬栽培の『種なしかぼす』 明日(8/18)より出荷!初回出荷分は早々に完売御礼!

FLC日記 2017年8月17日(木) 晴れ時々雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』をネット独占販売いたします。
明日(8月18日(金))が、今期(平成29年度)の初出荷です!
まずはご覧ください!
これが、『種なしかぼす』ですよ!!
a0254656_16323517.jpg

よ~く見ると、左のかぼすには小さな種が入っています!
花の時期に、虫たち(とりわけミツバチ)が、飛び回るので、近所の庭先にある、柚子やミカンの花粉を運び、まれに小さな種が入っている場合もあります。
でも、通常のカボスに比べると、その違いは一目瞭然ですよ!

a0254656_16345443.jpgかぼすは本来、1つの果実の中に10個ほどの種が入っている果実です。
この様に通常のカボスには、たくさんの種があるかぼすですが、「古川果樹園」さんのかぼすは『種なしかぼす』なんです。
果汁を全てギューッと絞り切れるのが人気の秘密!!
リピーターがとても多い大人気商品です。
今期も、ホームページでの販売スタート前から、たくさんのご予約を頂いたほどなんです。

a0254656_16372205.jpgこのように種がないことに加え、農薬や化学肥料は一切使用せずに栽培された『種なしかぼす』ですから、毎年、高級料亭や有名レストラン、老舗旅館からの注文も多数頂戴している超売れ筋人気商品です。

a0254656_16394413.jpg初回出荷から10月下旬までは、青々とした『種なしかぼす』をお届けします。
11月上旬になると、お待ちかねの色付いた『種なしかぼす』になります。
黄色く色付いた『種なしかぼす』も、「香りが際立つから!」と既にご予約を頂いているほどの人気ぶりなんです。

a0254656_16445468.jpgただし、毎週火曜日と金曜日発送で、毎回、出荷数限定、完全予約制販売のため、ご注文はお急ぎください!
初回(8/18)出荷分は、早々に完売しました。
次回(8/22)の出荷分には、まだ若干の余裕がります。
『熊本産高級種なしかぼす』のご注文(ご予約)は、「FLCパートナーズストア」のホームページより受付中です!

↓ 今すぐ注文(予約)したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本産高級種なしかぼす』


a0254656_16591776.jpg『かぼす』は、「すだち」と同じく柑橘系の調味料として使用されることが多い果実です。
同じ柑橘類のミカンやデコポンなどは、色づきと共に甘くなりますが、かぼすは完熟させても、甘くなりません。
この様に青いまま収穫されその果汁を使用します。
「すだち」は1玉約30~40g程度と言うのに比べ、『かぼす』は約100~150gと大きいので、用途の幅はかなり広く使用されています。

a0254656_17005070.jpgお盆過ぎのこの時期になり、一定の大きさまで成長したら収穫です。
この頃には、あのさわやかな果汁があふれんばかりになっています。
生産地と生産者を紹介しましょう!

a0254656_17051696.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの、山あいの『熊本産高級種なしかぼす』の栽培場です。
のどかな自然豊かな山あいで、無農薬で『種なしかぼす』を栽培しています。

a0254656_17080063.jpg生産農家の「古川果樹園」さんの古川孝人さんです。
「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』の栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、もう何年も年間を通して現地取材し、毎日更新するこのブログにて紹介してきました。

a0254656_17210119.jpg「笠さんこれば見てみなっせ!こっぎゃんしてどうしてもかひにきずがつくとのあるとたいね。これは、着果の頃にこまか(小さい)虫が、花の頃に子房に入り込んでできた傷たいね。農薬ば使って駆除することもできるとばってん、うちではそれはしよらんとたい。」
と、古川さん。

a0254656_17275996.jpg古川さんのお話を分かりやすく説明しましょう!
こちらは、4月下旬から5月上旬にかけて咲く、かぼすの花です。
柑橘類らしい白くてとてもかわいらしい花を咲かせます。
この頃、柱頭に花粉が付き受粉し、その後、着果します。

a0254656_17312329.jpg花咲く頃には、たくさんの虫たちが、その香りに誘われやってきます。
写真のカナブンやミツバチ、マルハナバチなどは大きいのでそのような傷をつけることはありませんが、もっと小さな虫は花の奥へと入り込み子房を傷つけるのです。

a0254656_17342735.jpg花が咲き終わる頃、受粉した果実は着果し成長していきます。
この時点で、その傷はあまりわかりませんが、成長と共に次第に現れてくるのです。
もちろん、その後の成長の過程で、枝や葉に触れ傷つく場合もあります。

a0254656_17364909.jpg「果皮はこぎゃんして傷のあっても、その中身の果汁はいっちょん変わらんばい。まぁ、見た目だけの問題ばってん、それらはお買い得な4kg入りの方に入れよるたいね。」と古川さん。
「ご家庭でご利用いただくお客様は、ほとんど傷が多少ある4kg入りをお求めになりますよ!」と言うと、

a0254656_17430079.jpg「この辺には、他に柑橘類ば栽培しよるとこがなかけん、あまり病気の心配もいらんとたい。だけん、どうせなら農薬も化学肥料も使わんで育てようと思ってな。果皮に傷のついてもそれがむしろ無農薬の証ってとこかな。」

a0254656_17463997.jpgこちらは、以前取材した、出荷日の朝の様子です。
古川さんの奥様の古川アツ子さんが、かぼすの大きさを1つ1つ確認しながら収穫しています。
「古川果樹園」さんは、古川孝人さんと奥様のアツ子さんの仲良しご夫婦で、様々な“本物”と呼べる作物を育てる匠の農家さんです。

a0254656_17493708.jpgこちらは、現在大好評販売中のなごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』の栽培ハウスに取材に伺った際に撮った写真です。
お2人は私が取材に行くと、いつもこの笑顔で迎えてくれます。

a0254656_17515964.jpg「出荷日の朝に収穫したとば、その日のうちに出すとだけん“朝採り”って商品名に入れときなっせ!」
古川さんにそう言っていただき、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』として販売しています。

a0254656_17550036.jpg「古川果樹園」さんは、山あいの『種なしかぼす』、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』の他にも、『太秋柿プレミアム』、『山竹たけのこ』などを育て、弊社よりネット独占販売しています。

a0254656_17564109.jpg中でも、今年も10月10日から発送予定の、匠が育てた『太秋柿プレミアム』は、梨のようなサクサクした食感と、糖度18度以上の驚きの甘さで、昨年購入頂いたお客様に、今年もすでにご予約を頂いている、弊社の看板商品ともいえる大人気です。
本日ご紹介した『種なしかぼす』と同じく、朝採り即日発送でお届けいたします。
詳しくは、「FLCパートナーズストア」のホームページをご覧ください。

a0254656_18001588.jpgさて、話が随分と脱線しましたが、「古川果樹園」さんの、山あいの『種なしかぼす』は、今年も順調に育ち、今期もいよいよ明日から出荷のスタートです。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの山あいの『種なしかぼす』をネット独占販売いたします。
無農薬、無化学肥料の安全性と、種なしの使い勝手の良さは、「もう、このカボスしか使えない!」と、たくさんのリピート購入を頂戴しています。
お買い求めは、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、『種なしかぼす』のページにお進みください!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-08-17 18:07 | 種なしかぼす | Trackback | Comments(0)

太秋柿 古川果樹園 元気に成長中!今年も摘果作業と枝つり作業で至高の太秋柿を育てます!

FLC日記 2017年8月13日(日) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
a0254656_17140656.jpg


a0254656_17162408.jpg『太秋柿』は、「梨のような食感、ぶどうのような甘さ」と言われるフルーツで、熊本県が生産量の約半分を占める一大産地です。
その中でも、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木の「古川果樹園」さんの『太秋柿』は、糖度がなんと、驚きの18~20度!!最高級です!!スイーツのような甘さと、シャリシャリの食感がたまりません!!

a0254656_17202415.jpg写真は、『太秋柿プレミアム化粧箱入り』です。
今年も、10月10日前後からの収穫及び出荷予定です。
本日は、元気に育つ『太秋柿』たちを現地取材してきた様子をご紹介いたします。

a0254656_17233544.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木の「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園です。
いつ伺っても、本当にきれいに整備された柿園です。
今年も、秋の果実の王様『太秋柿』が順調に成長しています。

a0254656_17244902.jpg「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園は、山あいののどかな田園風景の中にあります。
「古川果樹園」さんでは、柿園全体をネットで覆い、大切に大切に至高の『太秋柿』を育て上げています。

a0254656_17255060.jpg先ほどの写真は、「下の段」と呼んでいる柿園で、こちらは「上の段」と呼んでいる柿園です。
いずれも、『太秋柿』を栽培していますが、受粉用に他の品種の柿も混植して栽培しています。

a0254656_17275202.jpgもちろん、いずれの柿園も、全体をネットで覆っています。
柿園をネットで覆うのには、大きく2つの理由があります。
果実を野生動物(とりわけ野鳥)から守るため。
もう一つは、台風などの強風から果実や枝を守るためです。

a0254656_17295323.jpg8月中旬の現在、すでにこんなに大きく成長していました。
これからまだまだ果実は肥大しながら成長していきます。
成長する時期は、台風シーズンにあたるので、このネットは大きな役目を果たします。

a0254656_17373821.jpg支柱を立てネットで覆うことで、強い風が吹いてもネットがある分風が和らぎます。
外側の支柱は特に、絶対に倒れないように、こうしてしっかりと補強しています。

a0254656_17393351.jpgさらに、毎年惜しまぬ手間ひまをかけ、太秋柿を育てています。
こちらは以前取材した際の写真ですが、ネットや支柱を利用しながら、こうして太秋柿が実る枝1本1本をひもで吊り下げて栽培するのです。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17441292.jpgもちろん「古川果樹園」さんも、『太秋柿』の収穫はもちろんのこと、冬の剪定、花咲く様子、摘果や枝吊り作業など、年間を通して全て現地取材してきました。
「古川果樹園」の古川孝人さんが、匠の目で判断し、摘果と枝吊り作業を行っています。

a0254656_17482952.jpgこちらは11月上旬の収穫時に撮影した「古川果樹園」の古川孝人さん、アツ子さんご夫婦です。
笑顔の絶えない仲良しご夫婦の二人三脚で、惜しまぬ手間ひまをかけ、様々な“本物”と呼べる農作物を育てる匠です。

a0254656_17534302.jpgその惜しまぬ手間ひまの1つが、この真夏の時期に行われる「摘果作業」です。
脚立を何度も上り下りしながら、匠の判断で摘果を行います。

a0254656_17553000.jpgおそらくこの写真に写っている『太秋柿』はそのほとんどが落とされます。
上向きの果実は、成長の過程で日焼けを起こすため、全て摘果します。
また、実る枝とのバランスを見て、なんと6割も摘果で落としていくんです。

a0254656_17571956.jpg残したたったの4割の『太秋柿』を大きく、美味しく育てます。
選び抜かれた『太秋柿』が収穫まできちんと育て上げるために、柿園全体をネットで覆い、さらには1本1本ひもで吊って大事に育てるのです。

a0254656_18023965.jpg『太秋柿』は5月に開花し、収穫までには5ヶ月ほどを要します。
その間に、果実の重みで枝が折れたり、果実が揺れてぶつかり傷ついたり、強風(とりわけ台風)で、落果したりしないように、「古川果樹園」さんでは、果実が実るすべての枝をこうしてひもで吊るしながら育てるのです。

a0254656_18084265.jpg大きなものは、私の手のひらからこぼれ落ちそうなほどのサイズになります。
もちろん、その美味さは間違いありません!

a0254656_18124152.jpg大玉のものだけを集めた、熊本産『太秋柿プレミアム』極(きわみ)は、1箱約3kg(8玉前後)入りでの10月下旬からの出荷予定です。
数量限定商品のため、すでに今年も多数のご予約を頂戴している大人気商品です。

a0254656_18181023.jpg「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』は、一般サイズ(写真)や、化粧箱入りは、今年も10月10日前後からの出荷予定です。
本格的なホームページでの受け付けスタートは、9月中旬以降を予定しています。
これからも、『太秋柿』の成長の様子や惜しまぬ手間ひまなど現地取材にてご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-08-13 18:23 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

種なしかぼす 本日より平成29年の先行予約の受付スタート!8月18日(金)より発送です!

FLC日記 2017年8月9日(水) 雨のちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』をネット独占販売いたします。
a0254656_16362742.jpg

平成29年度の初出荷は、8月18日(金)です。
※以降、毎週火曜日と金曜日に、数量限定・完全予約制販売にて出荷します。
本日より、先行予約受付をスタートしました!!

a0254656_16393987.jpg『かぼす』は、「すだち」と同じく柑橘系の調味料として使用されることが多い果実です。
青いまま収穫されその果汁を使用します。
「すだち」は1玉約30~40g程度と言うのに比べ、『かぼす』は約100~150gと大きいので、用途の幅はかなり広く使用されています。
しかし、一般的なかぼすは、たくさんの種がある果実です。

a0254656_16413330.jpg一般的なカボスと、『熊本産高級種なしかぼす』と比較してみましょう!
果実を水平に切ってみました。
ご覧のように、一般的なかぼすには、たくさんの種が入っています。
このカボスには、8個の種が入っていました。
多いものは、10個以上もの種が入っていました。
しかし、弊社で販売する『熊本産高級種なしかぼす』には、種が入っていません。

a0254656_16440600.jpg入っていたとしても、小さいものが1つか2つほどです(写真)。
果汁を絞る際に、たくさんの種を気にすることなく思いっきり絞れることが、何よりの人気の秘密なのです。

a0254656_16463934.jpgこちらは、現在(昨日)の様子です。
かぼすは色づいても甘くなりません。
ですから、一定の大きさにまで成長したら収穫です。
毎年、お盆過ぎに初出荷を迎えていて、今年も例年通りの、お盆過ぎのの8月18日(金)より出荷いたします。

a0254656_16514466.jpg大きさ、色合いをそろえた、特選の16~20玉入りと、お買い得な4kg入りの2商品をご用意しております。
ただし、1玉1玉その大きさを確認しながらの収穫のため、数量限定の完全予約制販売とさせていただいています。
すでに、たくさんのご予約を頂戴している大人気商品です。
無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』は、ホームページにて本日より先行予約の受付をスタートしました。

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!
↓ ここをクリック!! ↓



a0254656_16553033.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの、山あいの『熊本産高級種なしかぼす』の栽培場です(撮影は昨日(8月8日))。
この辺りには、かぼす以外に柑橘類の栽培がないため、農薬を一切使用せずに栽培しています。
とてものどかな山あいで、取材に伺うとなんだか時間がゆっくりと過ぎているような気がします。

a0254656_17060997.jpgこちらは、5月中旬の花咲く頃の様子です。
農薬を一切使用せずに育てているので、カナブンやミツバチ、マルハナバチなどの昆虫がさわやかな香りに誘われたくさん集まっていました。

a0254656_17085323.jpgこの辺りには柑橘類の栽培がないと言っても、庭先には柚子やミカンなどは栽培されていて、それらの花粉を『種なしかぼす』にミツバチやマルハナバチ(写真)などが運んでくるので、どうしても小さな種が入る場合もございます。

a0254656_17112991.jpgまた、今年は熊本の桜(ソメイヨシノ)の開花が例年に比べ10日ほど遅かったように、かぼすの花の開花も遅く、成長が心配されましたが、その後の好天にも恵まれ、例年通りの出荷ができそうです。
ちなみに、昨年より1週間ほど遅い初出荷です。

a0254656_17142752.jpgこちらは今年の5月下旬の着果の頃の様子です。
この頃、雨が多く花びらが上手く落ちなかったり、虫たちが着果間もない頃に果実に触れると、果皮にキズやざらつきが出る場合がりますが、果実や果汁は全く変わりません。

a0254656_17174074.jpg11月上旬になると、かぼすはこうして色づいてきます。
色付いても決して甘くはなりませんが、香りが際立ち色づいたかぼすを好まれるお客様も多く、11月中旬には全て収穫し、きちんと管理しながら1月下旬ころまでは毎年出荷しています。

a0254656_17200997.jpg生産者の「古川果樹園」の古川孝人さんです。
ご覧いただけたように、「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』の栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、もう何年も年間を通して現地取材し、毎日更新するこのブログにて紹介してきました。

a0254656_17434199.jpgそんな私がその全てを現地取材し、自信を持ってお勧めする「古川果樹園」さんの熊本産高級『種なしかぼす』は、県内外の有名料亭や老舗旅館、日本料理、ふぐ専門店、有名レストランからもご注文を頂戴している大人気商品です。
“種なし”と言う、使い勝手の良さと、さらには、完全無農薬、無化学肥料で栽培された安全性が高く評価されています。
ログにて紹介してきました。

a0254656_17552387.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの熊本産高級『種なしかぼす』を、ネット独占販売いたします。
本日(8月9日)より先行予約の受付をスタートしました。
初回発送は8月18日(金)で、以降、毎週火曜日と金曜日の出荷です。
もちろん、朝採り、即日発送にてお届けいたします。

a0254656_17574269.jpg無農薬、無化学肥料で栽培した『種なしかぼす』は、他にはありませんよ!
焼き魚、お肉料理、お鍋、そして、焼酎やウイスキー、ビールなど様々なお酒にも試してください!
『熊本産高級種なしかぼす』は、絶対にお勧めです!
種が無いので、果汁を思いっきり搾っちゃってください!!
本日より、下記「FLCパートナーズストア」ホームページにてご予約を受付ています。
数量限定の完全予約販売です!
ぜひ一度、ご賞味下さい!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-08-09 18:01 | 種なしかぼす | Trackback | Comments(0)

太秋柿 古川果樹園 生理落下後の果実の様子といよいよ始まる惜しまぬ手間ひまと匠の技

FLC日記 2017年7月18日(火) くもり時々雨
熊本の旬の食材を販売する、「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
今年度も初出荷は、毎年10月10日前後の予定です。
a0254656_18014118.jpg


a0254656_18044809.jpg今年は例年よりも少し遅れて、5月中旬から6月上旬にかけ、花が咲き、その後着果しました。
生理落下が終わったこの時期の、元気に育つ様子を現地取材してきました。
青々と育つ『太秋柿』たちに、なんだか美しささえおぼえるほどです。

a0254656_18061897.jpg『太秋柿』は、「梨のような食感、ぶどうのような甘さ」と称される、秋の果実の王様です。
生産量は熊本県が日本一で、「古川果樹園」さんは、20年以上も前から『太秋柿』を育てる匠の農家さんです。

a0254656_18080926.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木にある「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園(下の段)です。
とてものどかな自然豊かな山あいに、「古川果樹園」さんの柿園はあり、そのいずれも柿園全体をネットで覆っています。

a0254656_18085140.jpgそれには、大きな理由が3つあります。
野鳥や野生動物の侵入を防ぎ、台風などの強風から果実を守り、『太秋柿』が実る枝1本1本を全てひもで吊るすためのネットなのです。


a0254656_18093640.jpgこの時期、足元には小さな『太秋柿』がたくさん落ちていました。
これらは、“生理落下”と言って、花が終わりた着果した後、果樹の自らの体力以上に果実が実った際に起こる現象です。

a0254656_18112536.jpgですから、この時点で残っている果実たちは、その果樹が育てようと頑張ります。
しかし、それを果樹まかせにしていると、大きくて甘い『太秋柿』は育ちません。
そこで匠は、「摘果作業」を施すのです。

a0254656_18130867.jpgこちらは、以前の取材で収穫時に撮影したものです。
「古川果樹園」さんでは、古川孝仁さんと奥様のアツ子さんの仲良しご夫婦で、様々な“本物”と呼べる農作物を育てています。

a0254656_18142831.jpg本日紹介している『太秋柿』の他には、8月中旬より出荷予定の『熊本産高級種なしかぼす』、5月中旬から下旬にかけて出荷した『山竹たけのこ』などがあります。

a0254656_18145361.jpg現在は、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』を大好評販売中です。
夜の間に成長した柔らかいアスパラガスを、朝採りで収穫し、即日発送にてお届けしています。
その為、発送日を決めての、完全予約制、数量限定販売です。

なごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』の詳しい情報を知りたい方、今すぐ購入(予約)したい方はコチラ!


a0254656_18184160.jpgさて、話を『太秋柿』に戻しましょう!
生理落下を終えると、これから匠がしっかりと手をかけ『太秋柿』を育てます。
それが、これから行う摘果作業と枝吊り作業です。

a0254656_18200966.jpgこの様に、まとまって実ると、それぞれの果実は大きく育ちません。
匠の判断で、その枝に見合った数にまで摘果作業を施していきます。
それは、なんと6割ほどにもなり、残すのはたったの4割なのです。

a0254656_18205659.jpg「古川果樹園」さんでは、その残したたったの4割の『太秋柿』を惜しまぬ手間ひまをかけ大事に大事に育て上げます。
それが、枝吊り作業です。
7月、8月の最も暑い時期に行われる、気の遠くなるような手作業です。

a0254656_18214756.jpg「まぁ、脚立ば何べんも上り下りせにゃんけん、シャツは汗じっくりたい。1日に最低でも3回は着替えるばい(笑)。ばってん、しっかり手ばかけんなら、良か作物はでけんけんなぁ~!」
以前の取材の際に、古川さんがそう笑いながら話されたことを思い出しました。

a0254656_18250712.jpg残したたった4割を収穫まできれいに大きく育てるべく、匠は1枝1枝を全てひもで吊って、風(とりわけ台風)で揺れ、果実に傷がついたり、ましてや落果したりしない様惜しまぬ手間ひまをかけていきます。

a0254656_18263517.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、
弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培の様子も、もう何年も現地取材してきました。
匠の摘果作業も枝吊り作業も毎年見てきているのです。

a0254656_18273103.jpg果樹が自ら生理落下をして、10の体力に見合う果実を実らせ、匠がそれをわずか4割にまで落とします。
そのわずか4割を果樹が10の体力で全力で育てるのですから、大きくて甘い太秋柿になるのです。

a0254656_18283475.jpgこちらは、現在の様子です。これから、匠の摘果作業が行われます。
次回は、摘果作業と枝吊り作業が行われている頃に取材に伺いその様子はまた、今年もきちんとブログで紹介いたします。

a0254656_18341776.jpg「FLCパートナーズストア」で販売する太秋柿は、『太秋柿プレミアム』です。「古川果樹園」さんが大切に育て上げ、丁寧に収穫した中から、選びに選び抜いた“極選”の太秋柿だけを、弊社のお客様用に『太秋柿プレミアム』として出荷いただいているのです。

a0254656_18355415.jpg『太秋柿』の“本場”と言える熊本県で、20年以上の栽培歴を持つ匠の『太秋柿』は、糖度がなんと、驚きの18~20度!!最高級です!!
スイーツのような甘さと、シャリシャリの食感がたまりません!!

a0254656_18413973.jpg今年も『太秋柿プレミアム』と、大玉のものだけをそろえた『太秋柿プレミアム極(きわみ)』、そして『太秋柿プレミアム(化粧箱入り)』()写真の、3商品の出荷予定です。
これからも、その惜しまぬ手間ひまや、成長の様子など現地取材にてご紹介していきます。
今年は、10月10日(火)の初出荷を予定しています。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-07-18 18:43 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

種なしかぼす 平成29年度はお盆過ぎの初出荷予定です。今年も順調に成長中!

FLC日記 2017年7月14日(金) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も「古川果樹園」さんの、無農薬で育てた山あいの『熊本産高級種なしかぼす』をネット独占販売いたします。
a0254656_17550720.jpg


a0254656_18051180.jpg本日、栽培地に現地取材に行ってきました。
今年も順調に育っています。
ただ、花が遅かったことでの初出荷の遅れと、全体の収量は減少する懸念がありそうです。

a0254656_18085302.jpg『かぼす』は、大分県を原産とする柑橘類です。
「すだち」と混同されることが多いのですが、「すだち」の果実は1玉約30~40g程度と言うのに比べ、『かぼす』の果実は約100~150gと大きいので、様々な用途に利用されています。
本来『かぼす』はこの写真の中央のように、タネがぎっしりと入っている果実なんです。

a0254656_18124226.jpgしかし、「古川果樹園」さんの『熊本産高級種なしかぼす』には、種が入っていません。
入っていても、小さいのが1つか2つほどで、種を気にすることなく、果汁を思いっきり絞れるんです!

a0254656_18140778.jpgのどかな山あいで、無農薬、無化学肥料で育てた『種なしかぼす』は、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
お盆過ぎ頃からの出荷で、現在はお電話でのみ先行予約を承っております。
8月上旬には、ホームページでの受付もスタートします。
a0254656_18170672.jpg

「古川果樹園」さんの『熊本産高級種なしかぼす』は、毎年、高級料亭や有名レストランからの注文も多いんです!!
今年もすでに、昨年もご利用いただいたお客様を中心に、初回発送分で、たくさんのご予約を頂戴しているほどの大人気なんです!

a0254656_18191008.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの、山あいの『熊本産高級種なしかぼす』の栽培場です。
自然豊かで、とてものどかな山あいで『熊本産高級種なしかぼす』は育てられています。
この辺りには、かぼす以外に柑橘類の栽培がないため、農薬を一切使用せずに栽培しています。

a0254656_18205135.jpg生産者の、「古川果樹園」の古川孝人さんです。
「古川果樹園」さんは、本日紹介している『熊本産高級種なしかぼす』の他にも、『太秋柿プレミアム』、『山竹たけのこ』などを生産する匠の農家さんです。

a0254656_18215294.jpg今の時期は、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』を出荷しています。
もちろん、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売していて、現在、大好評販売中です!
なごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』の詳しい情報を知りたい方、購入を希望される方はコチラ!

a0254656_18253784.jpgこちらは、5月上旬にアスパラの栽培ハウスで撮影したもの!
「古川果樹園」さんは、古川孝人さん、アツ子さんの笑顔の絶えない仲良しご夫婦の二人三脚で、いずれも“本物”と呼べる作物を育てる匠の農家さんです。

a0254656_18315231.jpgさて、『熊本産高級種なしかぼす』に話を戻しましょう!
こちらは、5月中旬のかぼすの花の様子です。
かぼすは、毎年4月下旬から5月上旬にかけて、柑橘類ならではの白くてとてもかわいらしい花を咲かせます。

a0254656_18340553.jpgしかし、今年(平成29年)は、熊本県のサクラ(ソメイヨシノ)の開花も例年より10日以上遅かったように、かぼすの開花も随分遅れました。
5月中旬だと言うのに、まだこうして蕾のままのものもたくさん見受けられました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_18370371.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの『熊本産高級種なしかぼす』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
こちらは、5月下旬の花が咲き終わり着果が始まった頃の様子です。

a0254656_18384213.jpgそして現在はと言うと、ご覧の通り順調に成長し、大きなものでゴルフボール位にまでなっていました。
かぼすは同じ柑橘類でも、ミカンやデコポン、せとかなどと異なり、色づいて熟しても甘くなりません。
ですから、収穫は青いうちからその大きさを見極めて行います。

a0254656_18413090.jpg毎年見ている私だからわかるのですが、今年は例年より少し成長が遅いような気がしています。
ですから、初出荷も若干遅れるのではないでしょうか。
果皮にキズがあるかぼすがありますよね!
これは、完全無農薬で育てているので、着果間もない頃に、虫たちが果実に潜り込みついたものです。

a0254656_18455439.jpg多少、果皮にキズがあっても、果汁は全く問題なく、それらは大変お買い得な、4kg入り(サイズにばらつきあり、キズあり)48玉前後として販売しています。
ご家庭でご利用いただくには、大変お買い得な商品で、ほとんどキズがない『熊本産高級種なしかぼす(16~20玉入り)』よりも毎年多くのご注文を頂戴しています。

a0254656_18522122.jpg大きさに少しばらつきがあり、果実が葉っぱの陰になった色付きムラや多少のキズもありますが、そこから痛んでいくような傷のあるかぼすは、もちろん絶対に出しません!
2週間ほどは、多少果皮が乾燥してきても、果汁はほとんど変わらないため、今年もすでにご予約いただいているお客様のほとんどがこちらの商品なんです。

a0254656_19030684.jpgただ、今年は花の時期が遅れ、その間に雨が多かったため全体の収量は減少するように思えます。
弊社としましても出荷量及び初出荷のめどがつき次第、ホームページでのご予約を承るようしますが、とにかくご注文(ご予約)はお急ぎください。

a0254656_19064052.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの、無農薬で育てた山あいの『熊本産高級種なしかぼす』をネット独占販売いたします。
11月上旬までは、青い果実で、11月中旬以降は色づいた『種なしかぼす』です。
いずれも、出荷日の朝に収穫したものを、即日発送でお届けするため、数量限定の完全予約制販売です。
これからも、その成長の様子や惜しまぬ手間ひまなど現地取材で紹介していきます。
お楽しみに!
FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-07-14 19:09 | 種なしかぼす | Trackback | Comments(0)

「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』 立茎を終え大好評発売中です!

FLC日記 2017年7月12日(水) 雨のちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「古川果樹園」さんの、なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』を大好評発売中です。
a0254656_16380079.jpg


a0254656_16403715.jpg現在は、立茎の期間を終え、朝採りの新鮮な「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」を、全国のお客様へ大好評販売中です。
2Lサイズ(数量限定)、Lサイズ(写真)、Mサイズとご利用方法に応じた商品をそろえています。
ぜひ、ホームページをのぞいてみてください。

↓ 今すぐご注文したい方、詳細を知りたい方はこちら!! ↓



a0254656_16453570.jpgここは、熊本県玉名郡和水(なごみ)町三加和(みかわ)にある「古川果樹園」さんの、なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』の栽培ハウスです。
とてものどかな里山で、なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』は育てられています。

a0254656_16470465.jpgハウスと言えども、入り口や両サイドは開いています。
ハウスは、言わば屋根替わりで、あくまで雨風から大切なアスパラを守るための設備で、加温をして育てているのではありません。

a0254656_16485147.jpgこれがアスパラ?とお思いになった方も多いはず!
では足元を見てみましょう!
アスパラガスはユリ科の多年生の植物で、春から夏にかけて出てくる新芽を食べる野菜です。

a0254656_17062544.jpgこちらは、3月下旬のアスパラガスが立ち始めたころの様子です。
地面から芽吹いた新芽が、私たちが食すアスパラガスになるのです。
イメージとしては、たけのこのような感じですね!

a0254656_17202005.jpg5月上旬になると、一時収穫はストップです。
「立茎」と言って、芽吹いたアスパラをそのまま成長させ親にするのです。
一定の高さまで成長したら、芯(生長点)を止めます。

a0254656_17395205.jpgこちらが現在の様子。
こうしてしっかりと親が育ち、葉っぱも茂ってきたころからは、また新たに芽吹いたアスパラたちの収穫を再開します。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_17430926.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」も、こうして年間を通して現地取材してきました。
「古川果樹園」の古川孝人さん、アツ子さんご夫妻です。

a0254656_17481618.jpg安心、安全そしてもちろん美味しいにこだわり、とことん手をかけて様々な作物を育てています。
ご覧ください!
日々の収穫と同時に草をとっていくので、ホント草1本生えてません。

a0254656_17543666.jpg本日ご紹介している、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』の他にも、『種なしかぼす』(8月中旬より出荷)、『太秋柿プレミアム』、『山竹たけのこ』と言った、弊社の大人気商品も生産しています。
いずれも、こだわりの栽培方法で作り上げる“本物”と呼べる逸品です。

a0254656_17553772.jpgとりわけ、『太秋柿プレミアム』は、「古川果樹園さんの『太秋柿』を食べたら、もう他のは食べれません!」と、すでに今年の10月の販売分をご予約されているほどの大人気商品です。

a0254656_17565547.jpg「この時期は、朝と夕方の2回アスパラば収穫するとたい!“朝採りアスパラ”の方が、断然うまかけん、笠さんところには、商品名に〝朝採り”てしとるわけたい。必ず朝採りのアスパラば出しよるばい!」

a0254656_18090125.jpg「FLCパートナーズストア」では、「古川果樹園」さんが育て上げた、なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』をネット独占販売しています。
ただし、古川さんのこだわり「朝採り」のアスパラを、その日のうちに即日発送するため、完全予約制での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のホームページより!!
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-07-12 18:09 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

太秋柿 古川果樹園 今年も元気な花が咲きました!花の様子を現地取材!

FLC日記 2017年5月26日(金) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
a0254656_17102250.jpg


a0254656_17113646.jpg『太秋柿』は、「梨のような食感、ぶどうのような甘さ」と言われるフルーツで、熊本県が生産量の約半分を占める一大産地です。
その中でも、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木の「古川果樹園」さんの『太秋柿』は、糖度がなんと、驚きの18~20度!!最高級です!!
スイーツのような甘さと、シャリシャリの食感がたまりません!!

a0254656_17140575.jpg「古川果樹園」さんは、『太秋柿』を作り続けて、20年以上のまさに“匠”の農家さんです。
「FLCパートナーズストア」では、「古川果樹園」さんの『太秋柿』の中から、さらに選び抜かれた『太秋柿プレミアム』を、今年もネット独占販売いたします。
今年も10月10日前後からの発送予定です!

a0254656_17161037.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木にある「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園(下の段)です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、もう何年も「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培の様子を、年間を通して現地取材してきました。
今年もまた、『太秋柿』の花咲く様子を取材してきました。
まずは、『太秋柿』の花をご覧ください!
a0254656_17193863.jpg
この黄色い花が『太秋柿』の花です。
毎年、5月の上旬から下旬にかけて咲きます。

a0254656_17210715.jpg私が伺ったのは、ちょうど10日前の5月16日です。
真ん中にサイコロをはめ込むことができるような四角いところが成長し、秋の果実の王様と呼ばれる『太秋柿』になるのです。

a0254656_17232625.jpgこのように、まとまって咲いている枝もありました。
「古川果樹園」さんでは、有機肥料をふんだんに与えた元気な土と、『太秋柿』栽培し続け、20年以上の経験に基づく高度な剪定技術で、毎年このようにたくさんの花を咲かせます。

a0254656_17323729.jpgしかし、足元にはすでにたくさんの花が落ちていました。
『太秋柿』の花の大半は、着果することなく落ちてしまいます。
だからこそ、たくさんの元気な花を咲かせる必要性があるのです。

a0254656_17420361.jpg『太秋柿』は、雄花と雌花がありますが、そのほとんどは雌花です。
その間をミツバチなどが飛び回り受粉します。
※写真はマルハナバチです!
受精しなくても結実する性質(単為結果性)があるのであまり問題はないのですが、受粉用の別品種の柿も混植してありました。

a0254656_17473870.jpg「古川果樹園」の古川孝人さん、アイ子さん夫妻です。
こちらは以前、10月上旬の収穫の際に撮影した写真です。
笑顔の絶えない仲良しご夫婦の二人三脚で、惜しまぬ手間ひまをかけ、様々な“本物”と呼べる農作物を育てる匠です。
写真の上の方の、収穫を待つ『太秋柿』をご覧ください!
それらの枝の1本1本をひもで吊るしてあるのがわかりますか?

a0254656_18154465.jpg「古川果樹園」さんでは、着果した太秋柿のなんと6割以上も摘果で落とし、残りのたった4割だけを大事に大事に育て上げます。
柿園全体をネットで覆い、野生動物や野鳥から守り、さらに、太秋柿が実る1本1本の枝をこうしてひもで吊るしながら、至高の太秋柿を育てるのです。

a0254656_18233719.jpgそれは、真夏の7月、8月に行われる、気の遠くなるような過酷な手作業です。
何度も何度も脚立を上り下りしながら、『太秋柿』が実る枝1本1本を吊るしていくのです。
たったの4割だけしか残さないので、『太秋柿』の果実の成長の過程での枝折れや、風で揺れて果実が傷つくのを防ぐため、毎年こうしてひもで吊るして育てています。

a0254656_18340104.jpg「本当に良かもんば作ろうと思ったら、手間ひまば惜しんじゃいかんとたい。作物は手ばかけると、必ずかけた分だけ答えてくれるし、手ばかけきらんなら、それだけのものしかできんとたい。」

a0254656_18421638.jpg「それに、笠さんと取引するようになって、全国のお客様が俺たちが育てる『太秋柿』ば毎年楽しみにしてくれてるでしょ?それもかなり励みになっとるたいね。毎年変わらぬ品質で届けたいけん一切の妥協はせんばい。」
以前取材時に、古川さんがそんな話をしてくれたのを思い出しました。

a0254656_18461304.jpgまもなく、着果が確認できる頃になると思います。
収穫までは4ヶ月以上もありますが、その間に「古川果樹園」さんでは、たくさんの手間ひまをかけ育てていきます。
これからも、成長の様子や、匠の技、惜しまぬ手間ひまを、現地取材にてご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-26 18:51 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

大人気!下茹でいらずの簡単皮むき!!たけのこの王様『山竹たけのこ』 平成29年度先行予約受付スタート‼

FLC日記 2017年5月8日(月) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの、無農薬・無化学肥料で育てた、『山竹たけのこ』をネット独占販売いたします。
本日より、先行予約の受付をスタートしました‼
a0254656_17440020.jpg


a0254656_17453783.jpgこちらが『山竹たけのこ』です。
知る人ぞ知る“究極のたけのこ”なんです!!
「寒山竹」、「大名竹」に似ていますが、正確にはホテイチク(布袋竹)という種類で、節が膨れて布袋腹のようになるのが名前の由来なんです。

a0254656_17481205.jpg一般的には、“コサンチク”と呼ばれています。コサンチクは“虎攅竹”または、“鼓山竹”と表記するようです。
こちらは、熊本県山鹿市鹿北町柏ノ木にある、『山竹』の栽培場(竹林)です。

a0254656_17574530.jpg『山竹たけのこ』は、“究極のたけのこ”、 “やみつきたけのこ”、“たけのこの王様”などとも呼ばれています。
とにかく、柔らかな食感と、たけのこから出るうま味がたまりません。

a0254656_18025704.jpgしかも、全くアクがなく、下茹での必要がありません。
それどころか、下茹でしてしまうと、せっかくのうま味と言いますか“ダシ”が逃げちゃいます。
簡単に皮もむけますので、そのままお好きな大きさに切って、知る人ぞ知る“究極のたけのこ”『山竹たけのこ』を、お好きなお料理にご活用ください!

a0254656_18123263.jpgちなみに、こちらは私が大好きな、「山竹三昧定食」です。
「山竹の炊き込みご飯」、「山竹のお吸い物」、「山竹と牛肉のコチジャン炒め」
いかがですか?
美味しそうでしょ!!
本日より、「FLCパートナーズストア」では、「古川果樹園」さんの、無農薬・無化学肥料で育てた、『山竹たけのこ』の先行予約の受付をスタートしました!
今期の初出荷は、5月16日(火)です!
この時期だけの最旬食材をぜひご賞味ください!


↓ 今すぐ注文したい方、詳しい情報を知りたい方はこちら! ↓

「FLCパートナーズストア」
「山竹たけのこ」



a0254656_18265994.jpg『山竹たけのこ』の収穫の様子を取材行った際の写真です。
たけのこの収穫と言えば、トウガ(たけのこ掘り専用の鍬)が必要だと思っていましたが、この日はなんと手ぶらでの収穫です。

a0254656_18293140.jpg「古川果樹園」の古川孝人さんは、この『山竹たけのこ』の美味さに惚れ込み、『山竹』を譲ってもらって自分の山を切り開いて、わざわざ植えて育てています。
「笠さん!この辺が良かばい。どれくらい柔らかいか見よきなっせ!」と古川さん。

a0254656_18320455.jpg熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18335058.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの『山竹たけのこ』の栽培の様子も、もう何年も現地取材してきました。
『山竹たけのこ』は、一般的なたけのこのように掘り上げるのではく、地上に出てきた部分を切り取り収穫します。

a0254656_18360841.jpg「ならいくばい!それ!!」
なんと、古川さんは『山竹たけのこ』を、足先でチョンと蹴ると、簡単に折れてしまいました。
「普段はカマば使って収穫するとばってん、どれくらい柔らかかを見せようと思ってな!この年よりでもこぎゃんして簡単に折れるほど柔らかかとたい。」

a0254656_18452661.jpg「ちょうど良かサイズばい。これはしっかりダシも出てたいぎゃ美味かばい!(笑)」
「古川果樹園」さんは、「FLCパートナーズストア」の大人気商品、『太秋柿プレミアム』、『種なしかぼす』、『なごみの里の朝採りグリーンアスパラ』などを生産する匠の農家さんです。

a0254656_18474404.jpgこちらは先日『なごみの里の朝採りグリーンアスパラ』の収穫の際に撮影した写真です。
古川孝人さんとアツ子さんのとっても仲の良いご夫婦の二人三脚で、様々な“本物”と呼べる農作物を育てています。

a0254656_18495673.jpg『山竹たけのこ』は、少し包丁を使えば、この様に簡単に手で皮がむけ、お好きなサイズにカットすれば、そのまま調理できるんです。
『山竹たけのこ』の皮むきの手順は、以前のブログで詳しくご紹介していますので、ぜひそちらをご覧ください。
「FLCパートナーズストア」オフィシャルブログ『FLC日記』

a0254656_19095428.jpg古川果樹園」さんの、無農薬・無化学肥料で育てた、『山竹たけのこ』は、ホームページでご予約を承り始める前から、お電話でご注文を多数頂戴する大人気商品です。
期間限定、数量限定の完全予約販売で、とっても希少なたけのこです。

a0254656_18585439.jpg古川さんが惚れ込み栽培を始めた、自慢の『山竹たけのこ』を、さらに私が惚れぬいて、今年(平成29年度)も「FLCパートナーズストア」でネット独占販売いたします。

a0254656_19030935.jpgアクがなく下茹でいらずで、しかも『山竹たけのこ』から出るだしが美味いんです!!
『山竹たけのこ炊き込みご飯』は、私にとって、この時期の何よりのごちそうですね!
この時期だけの販売で、もちろん、朝採り新鮮そのものを即日発送致します。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ショップページから『熊本産新鮮野菜』のページへお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-08 19:10 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

アスパラ 「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」大好評販売中!この後は立茎の時期!数量限定の販売となります!

FLC日記 2017年5月4日(木) 晴れ

a0254656_16485005.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんのなごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』をネット独占販売いたします。
朝採り新鮮そのものの『グリーンアスパラガス』を、即日発送いたします!
a0254656_16492873.jpg


a0254656_16512263.jpgここは、熊本県玉名郡和水(なごみ)町三加和(みかわ)にある「古川果樹園」さんのアスパラの栽培ハウスです。
のどかな田園風景の中で、『なごみの里の朝採りグリーンアスパラ』を生産しています。

a0254656_16541294.jpg『アスパラガス』は、古代ギリシャ時代には、薬用植物とされていたほどの、栄養価の高い食材です。
栄養ドリンクにも使われるアスパラギン酸を多く含み、疲労回復や新陳代謝を高める効果があるとされています。
穂先に含まれるルチンは血管を強くして、血圧を下げる働きがあります。
カロチンやビタミンB1、B2、Eなども豊富に含まれています。
また、ガンなどの病気の原因をつくる活性酸素を抑える働きをもつグルタチオン、動脈硬化を防ぐ葉酸も含まれていて、健康に!美容効果に!大変注目されている食材です。

↓ 今すぐご注文したい方、詳細を知りたい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』


a0254656_16572675.jpgなごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』の収穫の様子です。
「古川果樹園」の古川孝人さん、アツ子さんが、夜明けと同時に収穫を始めていました。
慣れた手つきでとても手際よく行っています。

a0254656_17572466.jpgアスパラガスは多年生の植物です。
冬の間は、地中にて冬眠しています。
春先には、地中にため込んだ養分で、こうして芽吹いてくるのです。
私たちが通常食べるアスパラガスは、その新芽の部分です。

a0254656_17115645.jpgちなみに、芽吹いたアスパラを収穫せずにそのまま育てると、こんな感じになるんです!
これは、6月下旬の立茎後の写真です。
立茎とは、親とするアスパラを育てることです。

a0254656_17173838.jpgこちらがその様子です。
5月中旬ころから、親とするアスパラを育てます。
親とするアスパラを残すため、その頃は収量が減ってしまいますが、毎年きちんと育てていくために必要なことなのです。

a0254656_17233182.jpg「こぎゃんして、できるだけ満遍なく親ば立てるようにして残すとたいね。新しく出てきた分は、親にしたととの距離が近すぎるといかんけん、それは収穫するとたいね。春の立ち始めた時は、全部収穫するばってん、この頃はピシャッと考えながら収穫せにゃんたい。」
古川さんがその取材の際にそう話してくれたのを思い出しました。

a0254656_17415447.jpgさてこちらは、先日取材に伺った収穫の様子です。
「笠さんは、ずっと俺たちのアスパラ栽培ば見てきとるけん分かるだろうばってん、今年は立ち始めるののほんと遅かったもんなぁ~。」と古川さん。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17461356.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」の栽培の様子も、もう何年も現地取材してきました。
「毎年4月上旬から笠さんとこにも出荷しよったばってん、今年はずいぶん遅くなったね。でも、これくらい収量があれば良いけど、収穫した中から、良いのだけを笠さんとこのお客さんには出したいからねぇ~。」アツ子さんがそう話しながら手際よく収穫しています。

a0254656_17502315.jpg「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』として笠さんとこに出しよるでしょ?夜の間に成長したとの方が、柔らかくて美味しかとたい。こしこ太くても柔らかくてとてもうまかばい!」
古川さんが、収穫したての自慢のアスパラを見せてくれました。

a0254656_17541875.jpg収穫用のハサミに取り付けた、目印の長さ以上のものだけを収穫します。
そして、下の部分を切りそろえ、大きさ(太さ)に分けて出荷します。
現在は、2L、L、Mと、ご希望のサイズをお届けしています。

a0254656_18090736.jpgまぁ、それにしても、いつ伺ってもしっかりと手をかけてある栽培ハウスです。
古川ご夫妻が、惜しみない手間ひまをかけ、大事に育てているのです。
また、ハウスと言えども加温するのではなく、あくまで雨風からアスパラを守るための、いわば屋根のようなもので、ハウスの両サイドや入り口は開いています。

a0254656_18114505.jpg「笠さんとこのお客さんは、『古川さんとこアスパラを!』って注文もらうわけだけん、しっかり良かとば出しよるばい。それに、全国のお客さんから『美味しい!』のお声をいただくと、やっぱ張り合いもあって、頑張ろうって思えるたい!」
古川さんご夫妻は、そんな話をしながらツーショット写真の撮影に応じてくれました。

a0254656_18155774.jpg「FLCパートナーズストア」では、「古川果樹園」さんの、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラガス』を、今年もネット独占販売しています。
朝採りの新鮮さはもちろんのこと、有機肥料をふんだんに使った元気な畑、古川さんご夫妻の愛樹たっぷりの惜しまぬ手間ひまで育ったアスパラは、味わい深い甘味があり、“本物”と呼べる逸品です。

a0254656_18164493.jpgとりわけ、2Lサイズのアスパラ(写真)は、この時期だけのとても貴重な商品となってます。
「古川果樹園」さんのなごみの里の『朝採りグリーンアスパラガス』のご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-04 18:20 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」 今年は桜も遅かったごつ、アスパラもだいぶ遅れとるばい!

FLC日記 2017年4月10日(月) 雨(強風)

a0254656_17415097.jpg「今年は、熊本の桜の開花も10日くらい遅かごつ、うちのアスパラたちもだいぶ遅れとるばい。まだ、数えるしこしか立たんとたいね。例年なら、この4月の中旬ころは、いっぱい立っとかんといかんとばってんなぁ・・・。」匠の農家さん「古川果樹園」の古川孝人さんが、そう話しました。
a0254656_17440067.jpg
ここは、熊本県玉名郡和水町(なごみまち)三加和(みかわ)にある、「古川果樹園」さんの、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』の栽培ハウスです。

a0254656_17463440.jpg1週間前の、4月4日に現地取材に伺いました。
「古川果樹園」さんの、アスパラのハウスは、言わば屋根替わりで、あくまで雨風から大切なアスパラを守るための設備で、加温をして育てているのではありません。
ハウスと言えども、入り口や両サイドは開いています。

a0254656_17544355.jpgこちらは、例年のこの4月上旬の様子です。
毎年、3月の終わりには立ち始めます。そして、この時期になるとこうして乱立していたのですが、今年はなかなか芽吹いてくれません。

a0254656_17572879.jpgこちらは、同日の出荷場にて撮影したもの!
この時期は、このような2Lサイズの太めのアスパラが収穫でき、きれいに切りそろえ束ねて次々に出荷されていました。

a0254656_18053491.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、、「古川果樹園」さんの、「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」を毎年ネット独占販売しています。

a0254656_18093390.jpgなごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』は、商品名にあえて“朝採り”と入れるこだわりの新鮮さと、柔らかさと美味しさで、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
今年もすでにたくさんのご予約を頂戴していますが、まだ初出荷ができていません。

a0254656_18124894.jpg「古川果樹園」の古川孝人さんです。「もう20年以上もここでアスパラば育てよるばってん、こぎゃん遅かこつは初めてばい!」
「確かのそうですよね!私もずっとその栽培の様子を見てきましたが、今年のようなことはなかったですもんね!」

a0254656_18174742.jpg私は、古川さんの言葉にそう答えながら、写真を撮りました。
ここに1本見事なアスパラが立っているだけで、その向こうには全く見えません。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18214246.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」の栽培の様子も、もう何年も現地取材してきました。
収穫の様子だけではなく、その全てを取材しています。
こちらは、12月~1月に行われる、親株を片付けている様子です。
アスパラガスはユリ科の多年生の植物で、春から夏にかけて出てくる新芽を食べる野菜です。

a0254656_18284363.jpg例えるならば、今が旬の「たけのこ」のような感じですね!
こうして芽吹いたものを一定の長さまで成長させ収穫します。
5月中旬から6月中旬には、“立茎”と言って、収穫せずにそのまま成長させ、親株を立てていきます。

a0254656_18315761.jpg立茎を終えた夏の栽培ハウスは、春の時期とは一変します。
青々と茂っているのが、親として立てたアスパラガスです。
収穫せずに成長させると、このようになるのです。

a0254656_18394631.jpg毎日「古川果樹園」さんでは、収穫する際に雑草を取り除いているので、いつ伺ってもこうしてきれいな栽培地です。
先ほど、たけのこに例えましたが、親として立てたものは、たけのこが成長した竹とは異なり、冬になると枯れてしまいます。

a0254656_18462230.jpgその枯れたものをそのまま放置しておくと、病気の原因になるので、冬にすべて取り除くのです。
夏の間に茂った親が、地下茎にたくさんの養分をため込み、冬の間は冬眠し、春になるとこうして芽吹いてくるのです。

a0254656_19000992.jpgさて、こちらは4月4日現地取材した様子です。
古川孝人さんと奥様のアツ子さんが作業をしています。
「本来なら、朝早くからアスパラの収穫でてんてこ舞いしてるとこだけど、今年はねぇ~。だから、通路のマルチビニールを張り替えていたとこなの。」とアツ子さん。
「古川果樹園」さんは、この仲良しご夫婦で、惜しまぬ手間ひまをかけ、様々な“本物”と呼べる農作物を育てる匠の農家さんです。

a0254656_19042611.jpg本日紹介している、「なごみの里の朝採り『グリーンアスパラ』」をはじめ、匠が育てる『太秋柿』(写真)、熊本産高級『種なしかぼす』、『山竹たけのこ』などを生産しています。
いずれも、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売している大人気商品です。

a0254656_19085872.jpg「まだ、数えるほどしか立ってこんもんだけん、出荷はもうちょっと待って!笠さんとこのお客さんは、毎年楽しみにしてくれとるけん、ある程度収量が増えて、その中からしっかり良かとだけば選んで出したかけんね!」
古川さんが取材の最後のそう話してくれました。

a0254656_19150526.jpg「古川果樹園」さんの、なごみの里の『朝採りグリーンアスパラ』を、楽しみにされているお客様も多いこととは思いますが、初出荷はもう少々お待ちください。
必ず今年も、柔らかく、甘く、みずみずしいまさに“本物”と呼べる味わいのアスパラガスをお届けいたします。
出荷準備ができ次第、ホームページにアップいたしますので、「FLCパートナーズストア」のホームページもお見逃しなく!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-04-10 19:19 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)