ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

FLC日記 カメラ発明記念日

2012年3月19日(月) くもり
3月19日今日が何の日だかご存知ですか?
今朝車の中で、今日がカメラ発明記念日だと言うことを知りました。
1839年のこの日、フランスのルイ・マンデ・ダゲールが写真機を発明したとのこと。
この写真機は「ダゲレオタイプ」と呼ばれ、長時間露光させるため写真機の前で長い間じっとしていなければなりませんでしたが、大変な人気を集めたのだそうです。

実は私、先日カメラを購入しました。
a0254656_10223629.jpg
カメラに詳しい友人に選んでもらって、コンパクトで使いやすい初心者向けのカメラです。
このブログやHP用の取材に使っていこうとがんばって購入しちゃいました。
ただ、本当にカメラにど素人だった私は、SDカードを入れないと使えないことさえわかっていなくて、カメラだけを購入しその後あわててSDカードを買いに行った次第です(笑)。

a0254656_102685.jpg大学時代の友人とフェイスブックで最近連絡を取るようになり、その友人がカメラマンをしていて、簡単なアドバイスもくれたので、『習うより慣れろ!』を基本に撮りまくろうと思います。アドバイスと言っても「理論よりも気持ち!何を撮りたいのかっていう気持ちが大事やと思うよ。」って言う超シンプルな、でも奥の深い言葉ですが・・・。

a0254656_10373173.jpgSDを購入して実家によったので、その時に撮った記念すべき1枚目の写真です。
愛犬の柴犬“なな”ちゃんです。いつもと様子の違う私に、少々変な顔をしていますがむちゃくちゃ人なつっこくかわいいやつです。
本当にしょうもない写真ですが、記念すべき1枚目なのでアップさせていただきました(すみません)。

たまたま今日が“カメラ発明記念日”と言うことでこんなブログになっちゃいました。
ちなみに、“カメラの日”と言うのは11月30日だとのことです。
1977(昭和52)年のこの日、小西六写真工業(後のコニカ)が世界初の自動焦点(オートフォーカス)カメラ「コニカC35AF」を発売したとのこと。
「ジャスピンコニカ」という愛称で呼ばれ、誰でもピンぼけせずに撮れるということで、それまでカメラに縁のなかった女性や中高年層の市場を開拓した日をカメラ記念日と制定されています。

明日以降もまた、たくさんの農家さんにも取材に行くので、必ず同行させ体の一部にしていこうと思います。
もちろん、菊池のこと、熊本のこと、私が見たもの・感じたこと、これからもどんどん紹介していきます。
カメラ・・・、本当に面白いです。

そのほかの菊池の情報が見れるブログです。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

# by flcps | 2012-03-19 10:51 | FLC | Trackback | Comments(0)

FLC日記 あらためて山奥なんですね

2012年3月18日(日) 雨
今朝もすごい雨です。
土砂降りが昨夜から続いています。
明け方は雷もなり、春の嵐ってとこですね。

昨日、雨の切れ間を待って写真を撮りました。
すごい霧でしたが、写真にするとあらためて「ここは本当に山奥だなぁ・・・」と思います。
a0254656_894015.jpg
ここ(㈱旬援隊)を右に出たとこの写真です。
道の左側は川です。右には昨日ご紹介した赤星さんの茶畑があります。
ここを登っていっても舗装道路が無くなり、そのまま進んでも行き止まりで、もちろん誰も住んでません。
このあたりの山林を管理している近所の川口さんの軽トラックか、山林伐採の山のプロの方々の車が登っていくことはありますが、めったに車も通りません。

a0254656_815788.jpgここを左に出たとこの写真です。すごい霧で見えませんがガードレールがありそこには、バーベキューができる『東屋(あずまや)』と呼んでいる場所や、養殖池があります。

a0254656_8203795.jpgガードレールから登ってきた右側、ここの敷地の境の路地です。路地の左側がここの敷地になり約1500坪ほどあります。こうやってみると本当に山奥だとあらためて思いますね。

a0254656_825056.jpg敷地内を散策していたら、やっと梅の花が咲き初めていることに気がつきました。
くもの巣も見えるように写してみましたけど、いらなかったですかね(笑)。
本当にやっと咲き始めました!ようやくここにも春が来ている感じです。

今日の午前中で雨はあがるとの予報ですが、山の天気はわかりません。
自然と仲良く付き合いながら暮らしていくしかないのでのんびりいきます。
自然に囲まれたここの周りは、時間がゆっくり流れている感じがしますが、今の私にとっては1日が短すぎます。土日も無くフル稼働中です!
多くの農家さんたちと会い、さまざまな努力と苦労、匠の技を見てきました。本当に良い物をたくさん作られています。
その思いの詰まった作物をしっかりとご紹介できるよう今日もがんばります!

           FLCパートナーズストア 笠 泰紀

いろいろな田舎暮らしをご紹介したブログ!ぜひクリックしてみてください。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

# by flcps | 2012-03-18 08:45 | FLC | Trackback | Comments(0)

FLC日記 赤星さんちのお茶

2012年3月17日(土) 雨
先日近所の赤星さんが「お願いがある!」と言って訪ねてこられました。
赤星さんはお茶農家さんです。
本当に美味しいお茶を作っていてとても有名です。
赤星さんが育てたお茶は、専属の販売店がまさに首を長くして待っています。「よろしければ、全てを私どもに・・・!」って感じなんです。
a0254656_1095034.jpg
この写真は、ここ(㈱旬援隊)のすぐ隣の赤星さんの茶畑です。
右奥にはここの建物が写ってますし、左側はここの畑と鶏小屋です。
黄色いのは、ここの畑と鶏用の水のタンクです。川の水を引いてきています。

赤星さんのお願いと言うのは、「この茶畑を『無農薬・無化学肥料』で育てているので、それに協力してほしい!」とのことでした。
専属の販売店さんが厳しい基準を設けていて、もちろん毎年農薬や化学肥料の検査をして出荷されます。それに合う方法で育てていて、すぐ隣の私の畑でも協力してほしいとのことです。
うちの畑はあくまで自家用で、農薬や化学肥料は使っていません。
それに、もし、もしもですよ、仮に使ったとしても、畑と茶畑の間も規定で定められている距離がありますので、問題無いのですが、それに協力していると言う書面を書いてほしいとのことでした。
以前ここに住んでいたおじとおばもそれに協力して、書面を残していました。もちろん私も快く引き受けました。

a0254656_1031383.jpg見てください。葉っぱに虫が大きな穴を空けてますよね。農薬を使わないのでこれが当然なんです。お茶は摘み取られた後、製品に加工され出荷されるので問題ないです。

a0254656_1192845.jpgお礼にとお茶をいただきました。ただこれは先ほど紹介したここの隣の茶畑のお茶ではありません。赤星さんはたくさんの茶畑を持っていて、無農薬での栽培とは別の、もちろん規制内の農薬を使った通常の茶畑もあり、その通常栽培のお茶です。でも本当に本当に美味しくて良いお茶です。

『無農薬=良いもの』みたいな思い、誰しも持っていると思います。
でも、全てを無農薬で作ることは難しいです。
赤星さんのお茶も、完全無農薬で育てたお茶と、規制範囲内の農薬を使って育てお茶・・・。どちらがいいもので、どちらが悪いなんて言えません。
必要な農薬を散布することで、害虫や病気にならない元気で美味しい食物を育てることができます。
日本はとても農薬の規制が厳しく、安全性が保障されていると言っても過言じゃないと思います。
私たち人間がインフルエンザの予防接種をするように、農作物も害虫や病気の害になる前に、最低限の農薬散布をすることも必要だと思います。
生産者がきちんと区別をして育て、消費者がきちんと理解して購入することが大切ですよね。
私は、無農薬栽培も、必要な農薬を使って育てた食材もいずれもきちんと消費者にお伝えして販売していこうと思います。

今回いただいたお茶は、ちょっとぬるめのお湯でじっくり入れて美味しくいただこうと思います。
もちろん、必要最低限の農薬を使っていることを理解したうえで・・・。

           FLCパートナーズストア 笠 泰紀

食材についてさまざまなブログのサイトです。
興味のある方はぜひクリックしてみてください。
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

# by flcps | 2012-03-17 12:26 | 菊池水源茶 | Trackback | Comments(0)

FLC日記 スナップエンドウ植えました

2012年3月16日(金) 雨
昨日の快晴がウソみたいに、冷たい雨が降っています。
昨日ご紹介しましたサトイモの畑の横に、スナップエンドウを植えました。
a0254656_12371611.jpg

よく、『スナックエンドウ』と呼ばれたりしますが、正式には『スナップエンドウ』です。これは、1983年(昭和58年)農林水産省により名称が統一され『スナップエンドウ』が正式な名称とされたとのことです。

名称はともかく、ビールに合いますよね!!!
塩茹でにしてそのまま食べてもよし、オリーブオイルとガーリックでさっと炒めてもよし。
てんぷらなんかもいいですよね!!
あぁ~待ち遠しい!


a0254656_12505235.jpg種から植えることもいいのですが、今回は先日の植木市で買ってきた苗を植えました。
笹の枝をめぐらして、そこに自由に成長させます。
連作はできないとのことですが、5~6年は大丈夫とのこと。これから肥料や水やり、雑草なんかもとっていかないといけません。それもまた楽しみの一つ!
いろんな作物を育てている匠の農家さんと私も苦労を共にしながら育てていきたいと思います。
成長の過程はまた随時ご紹介していきます。

ずいぶんと暖かくなったので、ここ(㈱旬援隊)の庭も、華やかになりそうです。
チューリップ、スイセン、貝母ゆり、梅、桃、桜、・・・。
サフランの花はいち早く咲いています。
a0254656_1325620.jpg
この花のめしべを乾燥させ香辛料の『サフラン』になるのだそうです。
そんなものがここにあったなんて驚きです。
以前ここに住んでいたおじとおばが遊びに来て教えてくれました。
ブイヤベースやパエリア、サフランライスには欠かせないあのサフラン!
自家製サフランでブイヤベース・・・う~ん。いいかも!
ここでの生活はいろんな夢が広がります。

           FLCパートナーズストア 笠 泰紀

いろんな田舎暮らしを紹介しているサイトです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

# by flcps | 2012-03-16 13:09 | 田舎暮らし | Trackback | Comments(0)

FLC日記 サトイモ掘り

2012年3月15日(木) 晴れ
昨日以前ここに住んでいたおじとおばが来て、家庭用に育てていたサトイモを掘っていきました。
a0254656_1134919.jpg

ここは、西に山があり、西日が当たらないので本当に良いサトイモができます。冬の間凍らないように土に埋めたまま(生きた状態)で保存?していたものです。

a0254656_11373637.jpgわらを乗せ、ビニールをかぶせて保存していたものを掘り出します。
大きな種芋から、子芋、孫芋と成長したサトイモたちがごろごろと出てきます。

a0254656_11425337.jpg直径30cmくらいのサトイモの塊を大きな種芋から、ばらして子芋、孫芋の食べられるサトイモだけをえり分けます。特に孫芋で育っているサトイモが美味しいのだそうです。

a0254656_11473468.jpg10月にはこんなに青々としてました。サトイモの葉っぱが元気で、まだまだ成長中といったとこでしょうか?
その後、冬になる前に茎から葉っぱの部分を切り落とし、わらとビニールを乗せて保存していました。

「今日は、サトイモをメインにしておでんでもしようかね!」と言って3つもの大きな袋に大収穫のサトイモを持って帰っていきました。
今年は私が種芋を準備して育てたいと思います。
きちんと収穫できるまでは、さまざまな作業と努力が必要でしょうがそれもまた楽しみの一つです。
自ら作物を育て(あくまで自家用ですが・・・)その苦労と喜びを味わいながら、匠の農家さんの旬な食材をご紹介していきたいと思います。
そうすることで、作物ができるまでのリアルな状況をお伝えできると思います。
美味しくて安全で旬の食材を育てるにはたくさんの苦労があるんですよ!!
さぁ、今日もがんばろう!

           FLCパートナーズストア 笠 泰紀

田舎暮らしをもっと知りたい方はこちらをクリック
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 囲炉裏暮らしへ

# by flcps | 2012-03-15 12:02 | 田舎暮らし | Trackback | Comments(0)