ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

<   2017年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

甘熟イチジク 今年も8月中旬からの出荷に向け、順調にそして元気に成長中!

FLC日記 2017年6月30日(金) 雨(豪雨)のちくもり時々雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年)も、匠の農家さん「小春農園」さんの『山あいの甘熟イチジク』をネット独占販売いたします。
完熟ならぬ、“甘熟”にこだわった『山あいの甘熟イチジク』は、弊社の大人気商品です!
a0254656_16391235.jpg


a0254656_16400601.jpg1箱からの販売で、1箱に4パック入っています。1パックに3~4玉入っていますので、1箱で12~16玉入りです。
8月中旬からの出荷予定です。
実は今年も、初回出荷分のご予約を多数頂戴しています。

a0254656_16455423.jpgそれは、初回発送から4回ほどは、1パックに2玉しか入らない大玉サイズも出荷するので、「今年もどうしても、あの大玉のいちじくを食べたい!」と、すでにお電話でご予約をいただいているのです。

a0254656_16482011.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある、「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』の栽培ハウスです。
ハウスといえども、加温をして育てるのではなく、あくまで雨風からいちじくの果樹や果実を守るための〝屋根”と言ったところでしょうか。

a0254656_16555941.jpgですから、ご覧んと通り両サイドや入り口付近は大きく開いています。
また、「小春農園」さんでは、“草生栽培”と言って、下草をあえて生やしながら様々な果樹を育てています。

a0254656_17031977.jpgこちらは、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』の栽培場です。
「小春農園」さんでは、本日紹介している『甘熟いちじく』の他にも、『ザ・みかん』(写真)、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』、無農薬栽培の『原木しいたけ(乾燥・生)』、究極の柑橘『せとか』、幻の白い『長生たけのこ』、『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』、『干したけのこ』、などを育てていて、それらは全て、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

a0254656_17063781.jpgそのいずれもが、超1級品!まさに“本物”と呼べる農作物です。
『山あいの南高梅(完熟)』です。
青梅、完熟梅とも毎年決まって完売する大人気商品です。

a0254656_17095453.jpg先ほどの南高梅の栽培地の写真は収穫の頃ですが、これは4月下旬の写真です。
雑草は時期を見てすべて手作業で刈り、そのまま有機肥料とします。
あえて雑草を伸ばすことで、害虫や病気がそこに留まり、果樹への影響も少なく、また、害虫を食べる良い虫もそこに住み着くのです。

a0254656_17160462.jpgいちじくの栽培においても、その基本スタイルは変わりません。
ただし、いちじくの栽培ハウスの通路にはマルチビニールをはっています。
これからしっかりと手をかけるため、私が取材に伺ったこの日は、そのマルチビニールを張り替える作業が行われていました。

a0254656_17222214.jpg「小春農園」代表の小原正宏さんです。
ちょうど作業の合間で、順調に元気に育ついちじくたちを、とても優しいまなざしで見つめていました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、「小春農園」さんの様々な作物を育てる様子を、もう何年も年間を通して現地取材しています。

a0254656_17370871.jpgこちらは、冬の剪定の様子です。
「小春農園」さんは、代表の小原正宏さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、そして息子さんで専務の将輝さんの大学で柑橘類を専門に学んだ技術を持つ将輝さんの3人の“匠”が中心となり、まさに“本物”と呼べる様々な作物を育てています。

a0254656_17393276.jpg「マルチの張替えをしてたんですね。やはり、収穫時期になると毎日通るとこだから、マルチをはってた方が良いですもんね!」と言うと、
「それもあるばってん、このマルチにはもう一つ狙いがあるとたい。白いマルチをはることで、太陽光の反射光がいちじくにあたるわけたいね。それで、果実の色づきも良くなって、味も美味しくなるとたい。いろいろ手をかける際に通路を通る時の便宜上の部分と、反射光の効果もあって、この時期に新しいマルチに張り替えるとたいね。」と小原さんが教えてくれました。

a0254656_17440815.jpg「すでに初回分の予約の入っとるとだろ?まかせなっせ!今年もピシャッと1節目から着果しとるし、この子たちは8月中旬にはかなり大きくなるばい。」と小原さん。
今はまだ、ゴルフボール位の大きさですが、8月中旬には・・・

a0254656_17473451.jpgこんなに大きないちじくが実るんです。
対照として手を添えてるのは、将輝さんです。
将輝さんは、かなり手が大きな方ですが、その手に収まりきれないほどの大きさですね!
このサイズのものをどうしても食べたいからと、今年も早々にご予約を頂戴しているのです。

a0254656_17585284.jpg小原さんは、水稲のお茶を飲むのをやめ、急にいちじくの中に手を伸ばしました。
「どうしたんですか?」と尋ねると、
「不要な脇芽が出てるのが気になったけん、脇芽ばかいだとたい。」とのこと。

a0254656_18030815.jpg「今年もすでに予約ば頂いてるって聞いて、毎年楽しみにしてもらっれると思うと、やっぱり張り合いが出るたいね。昨年も、たくさんお礼のメールを読ませてもらったし、今年も絶対に良かいちじくば育てるけんね!そして、“甘熟”にこだわって、樹上で完熟させた朝採りのいちじくば出荷するばい。」
小原さんは、そう力強くお話しいただきました。

a0254656_18090216.jpgこちらは、以前、初出荷前に私が試食に伺った際の写真です。
最高の味わいをあまりにも勢いよく美味しそうに食べる私を見て、小原さんが笑っています。
今年も、8月中旬の収穫時には、小原さんのこの笑顔が見れること間違いなしです。
あの美味しさを私も楽しみでなりません!

a0254656_18144215.jpg人気の秘密は、こだわりの“甘熟”ににこそあるのです。
「いちじくは、絶対に樹上で完熟させんと本当の美味しさにならんとたい。だけん、朝採り、即日発送するけん、遅くとも中1日ではお客様に届けるように!」
これが、弊社と小春農園さんとのいちじくを販売するにあたっての約束です。

a0254656_18164878.jpg一般的に、スーパーなどの店頭に並ぶいちじくは、ここまで樹上で完熟したものではありません。
収穫から店頭に並ぶまで1週間ほどかかるので、完熟前に収穫し出荷されるものばかりのようです。

a0254656_18180412.jpg“甘熟”にこだわった、朝採りのいちじくを収穫したその日に即日発送し、翌日、もしくは翌々日には全国のお客様へお届けします。
今年も、いちじくの本当の美味しさをご堪能ください!
「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの『山あいの甘熟いちじく』をネット独占販売いたします。
8月上旬から、10月いっぱいまでの出荷を予定しています。
これからも、さらに大きく成長し、色付いてくる様子もまた現地取材してご紹介いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-30 18:21 | 甘熟イチジク | Trackback | Comments(0)

熊本ぶどう 高級種なしぶどう「山鹿のぶどう」 平成29年度先行予約受付スタート!今年も7月7日より出荷です!

FLC日記 2017年6月29日(木) くもり
今年も、待ちに待ったこの日がやってきます。
7月7日は、私や弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」にとって、毎年特別な“約束の日”です。
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年)も、ぶどうの匠「社方園」さんの、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたします。
a0254656_16293125.jpg
本日より、先行予約の受付をスタートしました!!

a0254656_16330299.jpg熊本県山鹿市のぶどうの匠、「社方園」さんは、毎年決まって、7月7日に、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』を“初出荷”します!!
今年は、新しいラインナップを加えた、15商品での販売スタートです!

a0254656_16381891.jpgしかも、7月7日には、濃厚な味わいの「黒ぶどう」、甘みが強い「赤ぶどう」、さらには、皮ごと食べられる「白ぶどう」の、3色のぶどうをそろえての販売スタートです!!

a0254656_16395177.jpg「社方園」さんのぶどうは、宝石箱を開けたかのような輝きを放つ、美しさも人気の秘密です!
さらには、大粒のぶどうをほおばると、口の中で甘さが爆発します!!
1粒1粒の大きさ、その甘さとコク、朝採り新鮮なみずみずしさ、これぞ“本物”と呼べる味わいの最高級の種なしぶどうが、「社方園」さんの『山鹿のぶどう』なんです!!

a0254656_16534544.jpgそして今年はなんと、あの『シャインマスカット』も7月7日から出荷いたします。
『シャインマスカット』とは、数ある果物をおさえて、今年も売れ筋ランキングで1位(7年連続)となった、大人気フルーツなんです!!(日本農業新聞トレンド調査より)

a0254656_16574737.jpg白ぶどうの『シャインマスカット』は、皮ごと食べることができるぶどうで、皮がはじける爽快感と共に、マスカットならではのさわやかな風味が広がります。
そして糖度20度を超える至高の甘さの果汁をぜひお楽しみください!

美味しいぶどうを食べたい方・・・
最高級のぶどうを贈りたい方・・・
自信をもっておススメします!!


本日より、「FLCパートナーズストア」では、『山鹿のぶどう』の先行予約の受付をスタートしました!!

今すぐご注文(ご予約)したい方、詳細を知りたい方はこちら!

↓ ここをクリック!! ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産ぶどう』
種なしぶどう



a0254656_17070231.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!ここは、熊本県山鹿市久原にあるぶどうの匠「社方園」さんの、『山鹿のぶどう』の栽培ハウスの1週間前の様子です。
ご覧ください!赤ぶどうの『クイーンニーナ』も、こんなにも見事に色づいています。

a0254656_17124113.jpg「社方園」さんは、広い広い連棟建ての栽培ハウスで、温度や水管理を匠の技で行い、出荷時期をずらして、20種類以上の種なしブドウを栽培しています。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17141605.jpgもちろん「社方園」さんの『山鹿のぶどう』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
収穫前の様子を取材に行くと、「社方園」園主の社方武路さんが、ホースをもってハウスの奥へと進んでいました。

a0254656_17173777.jpg「おはようございます。いよいよ洗浄をして袋かけの作業なんですね!」と声をかけると、
「そうですね!きれいに洗って埃を落として、最後の仕上げです。」と社方さん。

a0254656_17253819.jpgこれらの1房1房を育て上げるために、たくさんの惜しまぬ手間ひまの作業が施されてきました。
摘蕾、花穂の整形、ジベレリン処理(2回)、摘粒、洗浄、そして袋かけ。
それらのいずれもを、ベストなタイミングで、匠の技を持って行わなければ“本物”と呼べるぶどうはできません。

a0254656_17315223.jpgもちろん、芽吹いて収穫までがぶどう栽培ではありません。
収穫後のお礼肥えや、冬の剪定(写真)、芽キズをつける作業、温度管理や潅水などなど、それらの全てを私は現地で見て、聞いて取材してきました。

a0254656_17530556.jpg再び最新の様子です。
「毎年思うんですが、そんなに勢いよく水をかけて大丈夫なんですか?」と尋ねると、
「ハハハッ!うちのぶどうは全く問題ないですよ!」

a0254656_17563739.jpg「ちょうど、笠さんが今撮影しているくらいの房なら、どの1粒をもって持ち上げても、そのまま上がるんじゃないですかね!まぁ、それはあくまでも例えで、それくらいしっかりしているってことです。だから、これくらい勢いよく水をかけて洗っても全く問題ないですね!」
社方さんはとてもわかりやすく説明してくれました。

a0254656_18050776.jpg「それに、今年は笠さん!多分、7月7日にうちのぶどうを食べたら、たまがる(熊本弁:ビックリする)と思いますよ。黒ぶどうも赤ぶどうも白ぶどうも、ホント良い仕上がりです。親父も言ってたと思いますが、近年まれにみる良さじゃないですかね!」
「それはめちゃくちゃ楽しみですね!でも「社方園」さんの『山鹿のぶどう』は、毎年ずっと最高の美味さでしたよ。」と言うと、

a0254656_18025756.jpg「もちろん、毎年コンスタントに高品質のものを育てるよう、絶対に手を抜かずにやってきましたが、今年は特に良いんです。ここまでハードルあげても大丈夫だと思えるくらい自信がありますね!」
社方さんの、力強い言葉をいただきました。

a0254656_18130807.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたします!!
本日より、先行予約の受付をスタートしました。
7月7日からの出荷で、9月上旬まで(品種によっては8月末まで)、“本物”と呼べる最高級のぶどうをお届けいたします。

a0254656_18152993.jpgぶどうの匠が育て、ぶどうの匠が選び抜いた“極選ぶどう”のラインナップで、まずは15商品をご案内しています。
きっとご満足いただける商品をお選びいただけると思います。
お中元やご贈答にも大変喜ばれている商品です!!
7月7日以降は、毎週火曜日と金曜日の出荷です。
ただし、毎回の出荷数は数量限定で、完全予約制での販売です!!
美味しいぶどうを食べたい方、最高級のぶどうを贈りたい方、ぜひ下記「FLCパートナーズストア」のホームページよりお選び下さい。
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-29 18:19 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)

七城米 長尾農園 平成29年度の田植えを現地取材

FLC日記 2017年6月28日(水) くもり時々雨
熊本県菊池市七城町は、日本を代表するお米の産地です!!
この地で育つ、『七城米』は、「七城のこめ」と言う名前で、“おいしいお米日本一”に輝いた実績を持っています。
その七城町で、『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』を育てる、「長尾農園」さんの平成29年度の田植えの様子を現地取材してきました。
a0254656_17153432.jpg


a0254656_17162450.jpg「長尾農園」さんが育てた『長尾さんこだわりのお米(ひのひかり)』は、店長一押しのお米として、ネット独占販売する「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
ばらつきがなく、ふっくらとして甘く、お米の香りも際立つ最高のお米です。

a0254656_17232573.jpg平成28年度の「七城のこめ」は、日本穀物検査協定が行う、食品ランキングで『特A』を獲得しました。なんと、8年連続10回目です。日本一の米どころと言えるでしょう・・・。
こちらは、昨年の稲刈りの様子です。

a0254656_17332793.jpg「長尾農園」さんでは、徹底的に手をかけたこだわりの田んぼで、稲をこうも見事にそろえて育てます。『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』は、ばらつきがないことが、多くの方に最も高く評価されている点です。

a0254656_17460127.jpg長尾さんの田んぼを弊社では、“美しすぎる田んぼ”と称しています。
こちらは、7月中旬の稲が育つ様子ですが、本当に同じように育つさまを見てそう称しているのです。

a0254656_17535779.jpg「長尾農園」さんは、『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』の他にも、『ダイコン』『ニンジン』『ほうれん草』『ジャガイモ』『無農薬栽培にんにく』などを生産する“匠の農家さん”です。
長尾さんは、「きれいに育ててこそ、美味しい作物ができる」と言うこだわりをもって、農作物を育てています。

a0254656_17553047.jpg「長尾農園」さんが育てる野菜たちは、道の駅などの直売所で大人気で、“長尾ブランド”と言われ、「長尾農園」さんが野菜を持ち込むのを待ってお客様が買っていくほどです。
現在弊社では「切り干し大根」を大好評販売中です。

a0254656_18001698.jpgさて、平成29年度の田植えの様子に話を戻しましょう!
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「長尾農園」さんの『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_18080170.jpg田植えや稲刈りのみならず、お米の種を苗箱に蒔く様子や、苗床、田植え後の稲の成長や花咲く姿、稲刈り後の田んぼの土つくりなど、それらを全て現地取材しています。ご覧ください!
「長尾農園」さんでは、苗床だって美しすぎるのです。
今年も同じようにそろって成長した良い苗ができました。

a0254656_18160213.jpg根っこも苗箱一杯にぎっしり伸びています。
それを、長尾さんの惜しまぬ手間ひまで、こだわりの代かきで均一にならした田んぼに植えると、ほとんど欠株は出ません。

a0254656_18195509.jpg写真の右側に注目下さい!きれいにならされているでしょ?同じ村の方々は、きれいな仕事ができた時、「まるで千行さんがしたみたいだね!」と例えるのだそうです。

a0254656_18254036.jpg長尾さんの奥様のとも子さんにお話をうかがいました。
「笠さんは毎年見よるけん知ってるだろうけど、田植え機ば新しかとにするまでは、この手前の轍の跡ば手作業でならしよったたいね。」

a0254656_18320679.jpgその様子がコチラです。
これは、4年前の田植えの取材をした時の一コマです。
千行さんが田植え機で行って戻ってくる間に、とも子さんは田んぼに下りトンボを使って土をならしていました。

a0254656_18284812.jpg「千行さんがどぎゃんきれいに代かきでならしても、どうしても田植えの時にUターンせにゃんけん、こっちとむこうには跡がつくでしょ?でも、この新しか田植え機は、田植えしながら行って戻ってくる時間も早かし、轍の跡ばならさんで良かとたい。」と、とも子さん。

a0254656_18373430.jpgそうこう話していると、縦の田植えが右端を残して終わり、手前を植えていくようです。
2人は息の合った作業で、苗を田植え機に手際よく積んでいました。
長尾さんの田植えは、どこの田んぼでもほぼ同じ手順で進められます。

a0254656_18415829.jpg苗を摘み終えた長尾さんは、田んぼに対し横向きの一番手前に詰めて田植え機を配置しました。
そこで、田植え機に付いている田んぼをならすための機材をオンにしました。
あの轍の跡が本当にならされていくのか、私は興味津々です。

a0254656_18453720.jpg長尾さんは、畔近くを3列だけ植えながら奥へと進みました。
その後は、本当にきれいにならされていきました。
そして、田んぼの端でUターンをして、あらかじめ空けて置いていたところを、植えながら戻ります。

a0254656_18501115.jpgあれだけ、デコボコだった土が、田植えをしながらきれいにならされていきました。
確かに、とも子さんが言うように、トンボを使ってならす必要はないですね!
この作業を、今度は田んぼの向こう側で行います。

a0254656_18531274.jpg向こう側も同じように終えると、田植え機やトラクターの田んぼへの出入り口に向けて田植えをしながら戻ってきました。
この田んぼの田植えはこれで終了です。
なんだか、ウイニングランのようです。

a0254656_18565851.jpg「今日のうちに、あと何枚か田植えば終わらせとこうと思いよるとたい。」と、とも子さん。
お2人は、次の田んぼの田植えの準備にかかりました。
「その前にツーショットを撮らせてください!」
そう言うと、並んで笑顔で答えてくれました。

a0254656_19000528.jpg「長尾農園」の長尾千行さんとも子さんご夫妻は、笑顔の絶えない仲良しご夫婦の二人三脚で、今年も惜しまぬ手間ひまをかけ『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』を育てます。
もちろん、その様子は今年も現地取材でご紹介していきます。

a0254656_19020771.jpg「FLCパートナーズストア」では、平成29年度も「長尾農園」さんの『長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』をネット独占販売いたします。
平成28年度の『長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』は、定期のお客様の分を除くと、白米、玄米ともいよいよ残りわずかです!
ご注文はお急ぎください!!
食べればわかる納得の美味さのお米を、ぜひご賞味ください!
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、「熊本の美味しい米」のページへとお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-28 19:07 | 七城米(長尾さんちのお米) | Trackback | Comments(0)

七城米 長尾農園 田植え前までの様子 美しすぎる苗床の苗の成長と惜しまぬ手間ひまの代かき作業

FLC日記 2017年6月27日(火) くもり時々雨(豪雨)
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市の、こだわりの3人の匠が育てた『くまもとの美味しいお米』を大好評販売中です!
a0254656_17024316.jpg


a0254656_17244316.jpgその中で、「長尾農園」さんが惜しまぬ手間ひまをかけ、“美しすぎる田んぼ”で育てた、『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』は店長一押しのお米として、大好評販売中です。
定期のお客様の分を除くと、いよいよ残りわずか!
食べればわかる納得の美味さのお米を、ぜひご賞味ください!
白米。玄米とも定数になり次第、締め切らせていただきます。
ご注文はお急ぎください!!

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓


a0254656_17094923.jpgここ、熊本県菊池市七城町は、、日本有数の米どころです。
肥沃な大地と、日本の名水100選にも選ばれた『菊池渓谷』を支流に持つ菊池川の清らかな水が美味しいお米を育てる大穀倉地帯です。

a0254656_17311752.jpgこの地で育つ「七城のこめ」は、“おいしいお米日本一”に輝いた実績があります。
平成28年度の「七城のこめ」は、日本穀物検査協定が行う、食品ランキングで『特A』を獲得しました。
なんと、8年連続10回目の受賞です。

a0254656_17553941.jpgしかし、同じ七城町で育つお米でも、各農家さんによって、お米の作り方は様々です。
私は「長尾農園」さんのお米作り、そのお米(ご飯)に惚れ込み、2年の歳月をかけお願いして、弊社でネット独占販売しています。
「長尾農園」さんの田んぼを、弊社では“美しすぎる田んぼ”と称しています。
こちらは、7月中旬ころの「長尾農園」さんの田んぼの1つです。

a0254656_17503674.jpg私が言う“美しすぎる田んぼ”とは、まっすぐに並んで育つさまもさることながら、苗がビックリするほど一様に育つ美しさのことです。
本日は、「長尾農園」さんの平成29年度の米作りの、苗床から田植え前の代かきの様子までを紹介します。

a0254656_18024370.jpg今年の6月13日の苗床の様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん「長尾農園」さんの『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_18083790.jpg苗床とは、田植えまでの期間、種を撒いたトレーで発芽させ、こうして集中管理しながら育てる場所です。
見事にそろった苗たちがとても美しいでしょ?
長尾さんは、「きれいに育ててこそ、美味しい作物ができる」と言うこだわりをもって、様々な農作物を育てています。

a0254656_18191271.jpgこちらは、5月23日に行われた苗床作りの様子です。
「長尾農園」代表の長尾千行さんはいつもこう話します。
「ダイコンでもニンジンでも、野菜ならその1本1本ば確認して収穫できるたい。ばってん、米はそう言うわけにはいかんでしょ?同じように育てて、同じように実らせんと、いっぺんに収穫(稲刈り)するとだけん!!」

a0254656_18211873.jpgそのために長尾さんは、苗床を徹底的にならし水平にして苗箱を置いています。
そうすることで、水の管理が徹底でき、お米の種(籾)が一様に芽吹き、一様に成長するのです。
ここには惜しまぬ手間ひまの1つ“地ならしペタペタ”が施されています。
苗床作りの様子は、以前のブログで詳しく紹介していますので、ぜひそちらをご覧ください!

↓ 七城米 長尾農園
美しすぎる苗床で今年も最高のお米を育てます!! ↓




a0254656_18310651.jpgそうして一様に育てた苗を植える田んぼは、田植え前に代かきで徹底的にならしていきます。
まずは、田んぼを横に往復しながら水平に整えます。
私は、長尾さんの代かき作業を見るのが大好きです。

a0254656_18344765.jpg特に好きなのがこちらです!
この、畔のギリギリまでを匠の技でならしていく様は圧巻です!
もちろんこんなギリギリに苗を植えることはありませんが、この徹底した作業があの“美しすぎる田んぼ”になるのです。

a0254656_18372135.jpg長尾さんの代かきは、横に何回行って、縦に何回行ったという回数ではありません。
とにかく長尾さん自身が納得するまで行うのです。
そうして作り上げた田んぼに、本日、田植えが行われました。
その様子もきちんと取材していますので、また後日紹介いたします。

a0254656_18434363.jpg「長尾農園」の長尾千行さんとも子さんご夫妻は、笑顔の絶えない仲良しご夫婦の二人三脚で、長尾ブランドと呼ばれる様々な野菜やお米を育てる匠の農家さんです。
それらの“本物”と呼べる農作物は、「FLCパートナーズストア」でネット独占販売しています。

a0254656_18471522.jpgその中でも、“美しすぎる田んぼ”で育てられた、『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』は、大人気の看板商品です!
「FLCパートナーズストア」では、平成29年度も「長尾農園」さんの『長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』をネット独占販売いたします。
今年も、これからの成長の様子や、惜しまぬ手間ひまなどなど、すべて取材してご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-27 18:50 | 七城米(長尾さんちのお米) | Trackback | Comments(0)

無農薬・無化学肥料で育てる「菊池水源産エゴマ」 『白えごま油』再入荷!白えごまの成長と黒エゴマの播種!

FLC日記 2017年6月26日(月) くもりのち雨
お待たせしました!
熊本県菊池市、菊池水源産の無農薬・無化学肥料で栽培した「白エゴマ」を使用した、白えごま油『ピュアホワイト』が再入荷しました!
a0254656_17362606.jpg

白えごま油『ピュアホワイト』は、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊のオリジナルブランド商品です。

a0254656_17432725.jpg白えごま油『ピュアホワイト』は、一切の不純物を手選別で抜き出した、完全に白えごまの粒のみを搾油した純度の高い『えごま油』です!
しかもα-リノレン酸が、なんと、65.3%も含まれています。(熊本県産業技術センター調べ)
ただし、平成28年度の「白エゴマ」より搾油した白えごま油『ピュアホワイト』は、今回の再入荷分で終了となるため、数量限定の販売です!
売り切れ必至の大人気商品!
早い者勝ちですよ!

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓



a0254656_17571741.jpg「FLCパートナーズストア」では、白えごま油『ピュアホワイト』の他にも、黒エゴマ粒より搾油した菊池水源産『えごま油』も販売しています。
もちろん、完全無農薬・完全無化学肥料で育てたエゴマから作ったものです。

a0254656_18051576.jpgそして、はなまる人気急上昇中の、『焙煎えごま粒(実)白・黒』も販売しています。
熱に弱いα-リノレン酸を損なわない様、ギリギリの温度と時間で焙煎していますので、開封後は一般的な胡麻(ゴマ)と同じように、そのままお召し上がりいただけます。

a0254656_18114586.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している『えごま油』、『焙煎えごま粒』の原料となるエゴマの種子(実)は、NPO法人「きらり水源村」のエゴマ部会の皆さんと共に育てたものです。
「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)も生産者の一人です(左端)。

a0254656_18132489.jpg今年(平成29年度)も、エゴマの栽培に向け、昨日「黒エゴマ」の播種(種まき)を行いました。
私たちが育ててる黒エゴマは、晩生の品種です。
また、白エゴマは中世の品種のため、1ヶ月ほど早く播種を行いました。

a0254656_18153069.jpg白エゴマは、現在背丈が10cmほどとなりました。
15cmほどまで成長したら、畑に定植します。
農薬や化学肥料を使用せず、消毒も一切行わないので、ご覧の通り葉っぱを虫がかじっています。

a0254656_18203612.jpgこちらは、9月下旬の晩生品種の黒エゴマの花の様子です。
エゴマは、シソ科に属する植物で、その葉っぱも食用とされますが、弊社では収穫したその種子を『えごま油』、『焙煎エゴマ粒(実)』として販売しています。

a0254656_18244262.jpg花が咲き終わり、エゴマ粒が入っているがくが少し色付き始めたら収穫です。
播種から収穫までは約4ヶ月ほどです。
エゴマは、収穫から出荷するまでに多くの手間ひまを要します。

a0254656_18321029.jpg収穫後はしっかりと乾燥させ、脱穀(写真)を行います。
なにせ、とても小さなエゴマ粒なので、私はブルーシートの上に、ひたすらたたきながら粒を落としていきました。
脱穀後は、とうみがけをして、ふるいにかけて、しっかりと洗浄し、エゴマ粒の乾燥を経て、選別作業を行って、商品へと加工します。

a0254656_18414944.jpg最も時間がかかり、多くの手間ひまを要するのが、この選別作業です。
エゴマ粒は、そのほとんどが油のため、洗浄すると浮くので小石なども分けれますが、エゴマのがく、小さな枝葉、虫のフンなどはこうしてピンセットを使って抜き出します。

a0254656_18460541.jpg弊社では、『焙煎えごま粒(黒・白)』としての販売も行っているため、異物が混入していたら大変です。
しかし、そこまで徹底して選別したものだけを搾油するので、とてもクリアで味の良いえごま油になるのです。

a0254656_18512834.jpgこちらは、ラベルを張る前の白えごま油『ピュアホワイト』です。
とても透き通った琥珀色をしていて、油越しにむこうの木目や節も見えるほどなんです。
※冷蔵庫での保管や気温の低下により湯成分が固まり濁る場合もございます。
この中には、私たちの身体に欠かすことのできない“α-リノレン酸”を多く含んでいるのです。
a0254656_19013012.jpg


エゴマ油やエゴマ粒の主成分、α-リノレン酸の主な身体への働きは・・・
●血管を強く、しなやかにし若返らせる
●心臓のリズムを整える助けをする
●動脈硬化を遅らせる
●LDLコレステロール値と中性脂肪値を下げる
●血液の粘度を下げる
●血圧を下げる
●免疫システムを強化する
●皮膚炎など様々な炎症を抑える
●関節炎の痛みを緩和する
●腎臓病を防ぐ
●美肌効果
●脳を活性化させ認知症の予防効果
●うつ病の改善効果
●視力回復
などがあげられ、脳・神経の正常な機能に必要不可欠なものなのです。

a0254656_19030910.jpgこちらは、5月15日に開催した、平成29年度の第1回「えごま部会」の様子です。
ここに集う皆さんは、「自分たちが安全で美味しいえごま油、エゴマ粒を食べたいから!」と、生産頂いてる有志の方々です。

a0254656_19103251.jpgまずは、農薬や化学肥料を一切使用せずに育てることの再確認をしました。
今までの栽培での苦労や改善点などたくさんの意見を交わし、今年もみんなでエゴマの栽培をスタートしました。

a0254656_19173057.jpg中生品種の白エゴマはまもなく定植を行います。
苗床でも、定植後もどうしても虫に食べられ育たたい場合もあるので、苗は各自多めに作っています。
そして、白エゴマ、黒エゴマとも収穫量を伸ばすようみんなで頑張っていきます。

a0254656_19214655.jpg国産で完全無農薬・無化学肥料栽培のエゴマの種から作った、菊池水源産『えごま油』、白えごま油『ピュアホワイト』や『焙煎えごま粒(実)白・黒』は、数量限定での販売です。
その安全性や美味しさから、多くのリピート購入をいただく大人気商品で、今年も間違いなく完売となると思われます。

a0254656_19235863.jpg平成29年度のエゴマでの『焙煎えごま粒』は早くても12月、『えごま油』は同じく早くても年明けの1月の入荷となります。
現在の在庫分がなくなり次第、それれの入荷までは完売となります。
ですから、本当に早い者勝ちなんです!
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページの『菊池水源産えごま』のページにお進みください!
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-26 19:32 | エゴマ | Trackback | Comments(0)

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』田植え取材(2017)後編 土にこだわる匠の田植え!

FLC日記 2017年6月25日(日) 雨のちくもり
ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、日本有数の米どころ、熊本県菊池市七城町の砂田地区で、土にこだわる匠の野中逸雄さんの『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売しています。
野中さんは、“れんげ”と“稲ワラ”のみを有機肥料とした元気な土で、安全で美味しい『砂田のこだわりれんげ米』を育てています!
a0254656_17001347.jpg


a0254656_18051162.jpg『れんげ米』とは、れんげを有機肥料として鋤き込んだ田んぼで育てられるお米のことです。
こちらは、4月下旬の野中さんの田んぼの様子です。
この一面に咲き誇るれんげは、花が咲き終わる5月上旬ごろに、その花も葉も茎も根も全て田んぼに鋤き込み、緑肥(有機肥料)とするために育てられたものです。

a0254656_18111154.jpg生産農家の野中逸雄さんです。
昨年の10月上旬、稲刈りの取材時に撮影しました。
野中さんは、基本的に自分や家族、親せきや知人のためだけにお米を作っています。
ですから、安全で美味しいお米にこだわるのです。

a0254656_18135704.jpg「FLCパートナーズストア」では、その貴重な『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』を、特別に分けていただきネット独占販売しています。
定期購入のお客様の分を確保し、販売できる分は残りわずかとなってきました!
ご注文はお急ぎください!

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓



a0254656_18224284.jpgそんな野中さんのこだわりの米作りを、私はも何年も年間を通して現地取材してきました。
こちらは、6月中旬の苗床の様子です。
ご覧の通り、今年もとても元気な苗が育っています。

a0254656_18270318.jpgこの苗床でも、その後はお米の苗を植えて田んぼとします。
そこで、苗床用の田んぼにも、れんげの種を撒き、4月の中旬にはれんげが咲き誇っていました。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_18321259.jpgもちろん、野中さんのお米作りもその全てを現地取材していきました。
こちらは今年の5月25日に行われた苗床作りの一コマです。
苗床や田植え、稲刈りはもちろんのこと、稲刈り後の田んぼの冬の様子やれんげの種まき、れんげの鋤き込み(耕運)などその全てです。

a0254656_18381265.jpgそして今年も、野中さんの田植えを現地取材してきました。
毎年6月20日過ぎに行われます。
今年は、6月23日(金)より田植えが始まりました。
トンボを持ちあぜ道を歩いてきているのは、野中さんの息子さんの野中健吾さんです。

a0254656_18430104.jpg「ご連絡が遅くなったので、1枚目の田んぼはもうすぐ田植えが終わりそうになっちゃいました。」ご健吾さん。「いえいえ、何とか間に合ったので大丈夫です。それより、その帽子どうしたんですか?」と尋ねると、

a0254656_18452151.jpg「ハハハッ!良いでしょ?先日四国(高知県)に行ったので、その時に買ったんです。お遍路さんの帽子なんですが、お土産で売ってあって、『これは田植えの時にいいぞ!』って思ってですね!(笑)」と健吾さん。

a0254656_18483307.jpgそうこうしていると、野中さんが田植え機で田植えをしながらこちらに戻ってきました。
「おはようございます!今年もいよいよ始まりましたね!」と言うと、
「そうね!毎年変わらんこつばしよるとばってん、今年も取材に来たとたい!」と野中さん

a0254656_18510434.jpg「もちろんですよ!」と言う私に、「もう、ず~っと田植えも取材して、いっぱい写真も撮っとるだろうけん、前んとば使っても良かとじゃなか?」「ダメですよ!こうして毎年取材することに意味があるんですから!」と言うと、

a0254656_18533517.jpg「ハハハッ!冗談たい!!今年も俺は変わらんやり方で米ば作るとばってん、何でも見て、何でも聞いて、良かばい。しっかり取材しなっせ!」
野中さんや健吾さんとはこうして冗談が言えるような、長いお付き合いをさせていただいています。

a0254656_19014668.jpg野中さんは、田植え機に苗を積み込むと、Uターンしてまた田植えを始めました。
今年も見事にそろって苗が育っていますので、田植え機で田植えをしても、ほとんど欠株は出ません。

a0254656_19042318.jpg往復を繰り返しながら田植えをしていきます。
そして、最後にあらかじめ空けておいた周りを2週してこの田んぼの田植えは終わりです。
むこうやこちらでUターンを繰り返すため、どうしても車輪の跡がつくので、健吾さんがトンボを使ってならしていきます。

a0254656_19100890.jpgれんげを使って土を作りお米を育てるには、多くの手間ひまとコストがかかります。
その為、この近隣の農家さんたちも、冬の間の田んぼを活用し、裏作として麦や野菜などを育てています。

a0254656_19131712.jpgしかし、野中さんはお米だけを育てています。
むしろ、美味しいお米を育てるために、あえて手間ひまやコストをかけれんげを栽培し、土つくりをしているのです。

a0254656_19151382.jpg私は毎年、同じ質問を野中さんに繰り返してきました。
「どうして、野中さんは“れんげ”にこだわるのですか?」
「自分や家族、親せきや友人が食べるのに、安全でうまか米ば食べたかけんたい!ただそれだけたい!」野中さんはいつもそう答えます。

a0254656_19191235.jpg
野中さんのお米は、以前は「砂田のれんげ米」として、デパートに卸していました。
しかし今は、自分や家族、親せきや知人のためだけにお米を育てています。
私は、野中さんのお米の美味しさとその栽培方法に惚れ込み、何とかお願いして「FLCパートナーズストア」で、数量限定で販売しています。

a0254656_16453275.jpg
平成28年度の野中さんの『砂田のこだわりれんげ米』は、定期購入のお客様分を除くと、残りわずかとなりました。
白米と玄米で、それぞれ10kg~30kgで販売しています。
ただし、定数になり次第、予告なしで完売とさせて頂きますので、ご注文はお早めにお願いいたします。
さて、平成29年度の田植えが終わりました。今年もまた、これからの成長の様子は、現地取材で紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-25 19:23 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

砂田米 『砂田のこだわりれんげ米』田植え取材(2017)前編 ココでしか買うことのできない貴重なお米です!

FLC日記 2017年6月24日(土) 雨

a0254656_16453275.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市七城町砂田地区で、土にこだわる匠の野中逸雄さんが、“れんげ”と稲刈り時の“稲ワラ”の有機肥料で作り上げた元気な土育てる『砂田のこだわりれんげ米』をネット独占販売しています。
a0254656_17001347.jpg


a0254656_17040186.jpg熊本県菊池市七城町にある、砂田地区は、菊池川と迫間(はざま)川の間に位置してます。
七城町は、日本有数の米どころで、砂の混ざった独特な土壌を持つこの砂田地区の田んぼで育つ『砂田米』は、江戸時代から、美味いお米の代名詞と称賛されているお米です。
a0254656_17043913.jpg


a0254656_17113691.jpg『砂田米』は、“天下第一の米”とされ、将軍家や皇室への献上米としての歴史がある大変おいしいお米です。
その七城町砂田で、野中逸雄さんは、れんげを有機肥料として育てた、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』を生産しています。

a0254656_17062702.jpg「FLCパートナーズストア」では、その『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』をネット独占販売しています。
以前は、百貨店へも卸していましたが、現在は、野中さんの『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』は、基本、自分や家族、親せきや友人のために育てているお米です。
ですから、一般流通はなく、大変貴重なお米で、特別に分けていただき販売しています。
定期購入のお客様の分を確保し、販売できる分は残りわずかとなってきました!
ご注文はお急ぎください!

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『熊本の美味しいお米』


a0254656_17244298.jpg昨日より、平成29年度の田植えがスタートしました。
こちらは、その田植えの様子です。
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。
本日は、『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』の美味しさの秘密を、土にこだわる匠の田植えの様子と共にご紹介いたします。

a0254656_17281299.jpg田植えを終えたところを見てみました。
砂田地区は、その名の通り、砂交じりの独特な土壌の田んぼです。
砂交じりの田んぼでは、肥料が効きすぎず美味しいお米を育てると言われています。

a0254656_17310947.jpg同じ「砂田地区」でも、お米の育て方は、農家さんによって10人10色です。
野中さんは、この砂田地区に数枚の田んぼを持っています。
ちなみに、右の田植えを終えた田んぼや左奥の田植え前の田んぼは、他の農家さんの田んぼです。

a0254656_17451421.jpg同じようなアングルの、4月下旬ころの写真です。
その頃、野中さんの田んぼでは、れんげの花が咲き誇っています。
野中さんは、稲刈りを終えた後、次の年の土つくりのためにれんげを栽培します。

a0254656_17505029.jpg同じころの、近隣の田んぼの写真です。
秋に収穫を終えると、お米の裏作として様々な作物を育てる農家さんも多いようです。
代表的なのは、麦で、その他にも水田ごぼうやたばこや野菜を栽培したり、牧草を育てたりしています。

a0254656_17551081.jpgしかし、野中さんの田んぼでは、裏作を作りません。
冬から春にかけては、美味しいお米を育てるための土つくりを行うのです。
こちらは、稲刈りの際に撮影した写真です。
野中さんは、稲刈り時に稲ワラをこうして細かく裁断して田んぼにまいています。
時期を見て鋤き込み、そのまま有機肥料とするのです。

a0254656_17571251.jpgこだわりの、土つくりはさらに続きます。
こちらは、11月上旬のれんげの種まきの様子です。
稲ワラを鋤き込み整地した田んぼに、れんげの種を撒くのです。

a0254656_18022942.jpgれんげの種を購入するコスト、種を撒き、転圧をかける労力がかかるうえ、その間にその田んぼで収益をあげることはできません。
れんげは、年が明けたころ発芽し成長していきます。

a0254656_18123131.jpg4月下旬から5月上旬にかけて、野中さんの田んぼは「れんげ」の花が満開です。
その光景だけを見た方は、けっして、ここでお米が育てられるとは思えません。

a0254656_18134309.jpgれんげは、収穫を目的として育てるのではなく、美味しいお米を育てる大事な土を作るためだけに育てられる、“緑肥”です。
花が咲き終わる、5月中旬、れんげは全て田んぼに鋤き込んでしまいます。

a0254656_18202802.jpg野中さんは、稲刈りを終えた田んぼを今年の田植えに向け土つくりをしてきました。
他の田んぼと何も変わらないように見える、田植え前の野中さんの田んぼですが、今年も“稲ワラ”と“れんげ”で、しっかりと元気な土を作り上げた田んぼなのです。

a0254656_18252355.jpg本日は、平成29年度の田植えの様子を紹介する予定でしたが、野中さんのこだわりの土つくりを詳しく紹介して、少々長くなりましたので、その様子、この続きは明日のブログで紹介することとしましょう。

a0254656_18282918.jpg野中さんの『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』は、基本、自分や家族、親せきや友人のために育てているお米です。
ですから、一般流通はなく、大変貴重なお米で、私が無理を言って分けていただき販売しています。
平成28年度の『砂田のれんげ米(野中さんこだわりのお米)』も残りわずかとなってきました。
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、『熊本の美味しいお米』のページにお進みください。
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-24 18:30 | 砂田米(熊本県七城町) | Trackback | Comments(0)

熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』 本日全国のお客様へ初出荷!至高の1玉を作り上げる匠の技!

2017年6月23日(金) 晴れ時々くもり
熊本の旬を販売する、「FLCパートナーズストア」では、匠の農家さん「岡山農園」さんの、熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』を、今年もネット独占販売しています。
本日(6月23日)、今期の初出荷をしました!
a0254656_17025025.jpg


a0254656_17035678.jpg熊本産の高級マスクメロン『肥後グリーン』は、高い糖度(17度前後)とシャキッとした食感が人気の高級マスクメロンです。
もちろん、さらに追熟させると、マスクメロンらしいトロトロの食感で味わうこともできます。
「FLCパートナーズストア」では、1箱2玉入りで販売しています。
まずは、1玉目を発送日から4~6日後のシャキッとした食感で楽しんでいただき、もう1玉はさらに1週間ほど追熟させ、トロトロの食感で食べるのも良いですよね!
お中元やご贈答用ギフトとしても大変喜ばれる商品です!

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はこちら! ↓



a0254656_17225195.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿央町の「岡山農園」さんの、高級マスクメロン『肥後グリーン』の栽培ハウスです。
こちらは、3日ほど前の収穫目前の様子です。

a0254656_17252734.jpg「笠さん見て下さい!メロンが収穫の時期を教えてくれています。収穫のサインの1つ、実らせたすぐ上の葉っぱがこうして変色しているのがわかりますか?」
そう教えてくれたのは、「岡山農園」の岡山和功さんです。

a0254656_17404776.jpg「これは、果実が実につれ、果樹自体はマグネシウムが欠乏して起こる現象です。メロンやスイカは、こうして収穫の時期を教えてくれるんです。ただ、この頃の温度や水管理はとても難しく、メロンは特にそこを間違うと、果実が割れてしまうんです。」と、和功さん。

a0254656_17475944.jpgこちらは、5月中旬の様子です。
「岡山農園」さんでは、熊本産高級マスクメロン『肥後グリーン』を、こうして縦に伸ばしながら栽培しています。
ハウス内には支柱とワイヤーが張られ、そこから垂らすひもに巻き付けながら上に伸ばし育てるのです。
1本の『肥後グリーン』の株から、たった1玉の至高の果実を作り上げます。

a0254656_17520411.jpgそして、一定の高さまで成長させると、芯(生長点)を止めます。
ここからさらに、「岡山農園」さんの匠の技で、収穫までの約4週間を徹底管理していくのです。

a0254656_17563890.jpg5月下旬、芯を止めたことで、その下の葉っぱは大きく成長します。
この葉っぱを“天葉”と言います。
こうして大きく成長することで、たくさんの光を浴び、果実に栄養を送り込むのです。

a0254656_17595118.jpgその頃にはすでに、『肥後グリーン』の果実はこんなにも成長していました。
先ほど紹介したワイヤーから下したひもで、1玉1玉吊り下げられ、大事に大事に育られています。
「岡山農園」さんでは、『肥後グリーン』の苗の、下から8枚、上にも8枚の葉っぱがある、ベストな果実を残し、1株からたった1玉だけの『肥後グリーン』を育てます。

a0254656_18240121.jpg同じハウスの中で、同じように育てても、『肥後グリーン』の果樹の成長はそれぞれ異なります。
もちろん、果実の着果のタイミングも違うので、それを見極め青と赤のひもで区別し、収穫の時期を定めています。

a0254656_18281966.jpgさらに、芯を止めた後の脇芽を残しそれぞれの果樹の調整を行います。
その脇芽を“遊びつる”と言い、樹勢と果実の肥大などのバランスを見ながら、1本1本を見極め遊びつるを切ったり残したりして最後の調整を行うのです。

a0254656_18370720.jpgこちらは以前の取材で撮影したもので、「岡山農園」の岡山佑大さんが、1本1本の果樹とその果実の成長を見極めながら、遊びつるの調整をしています。
その調整次第では、収穫前に『肥後グリーン』の果実が割れてしまうこともあるのです。

a0254656_18414719.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
こちらは、今年の3月下旬の『肥後グリーン』の定植作業の様子です。

a0254656_18444248.jpgもちろん、「岡山農園」さんの『肥後グリーン』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。
「岡山農園」さんでは、お父さん(忠和さん)、お母さん(文代さん)の豊富な経験と卓越した技術で、まさに“本物”と呼べる様々な農作物を育ててきました。

a0254656_18471579.jpgそれらの技術や経験は、2人の息子さんに継承され、和功さん、佑大さんが惜しまぬ手間ひまと徹底管理、さらなる研究心で進化させて最高級のマスクメロンを育てています。

a0254656_18533460.jpgそしてもちろん、今年も至高の『肥後グリーン』を育て上げました。
本日のブログの冒頭で紹介した収穫のサインの葉っぱの変色と同じく、収穫直前の取材時には、果実につながる茎の周りの黄色いリングが出ていました。
『肥後グリーン』は収穫の時期を迎えると、茎の根元の果実の部分が黄色く色づき教えてくれるそうです。

a0254656_18582279.jpgそして本日、大切に大切に育て上げ、収穫した中から選びに選び抜いた“極選”の『肥後グリーン』のみを、「FLCパートナーズストア」のお客様に初出荷しました。
熊本限定栽培品種の高級マスクメロン『肥後グリーン』は、果実の外観の美しさもさることながら、果肉の翡翠(ひすい)色の鮮やかさも人気の秘密です。

a0254656_19015984.jpg最大の特徴はやはり、シャキシャキっとした食感でありながら、糖度17度の甘さを味わえることでしょう!
「岡山農園」さんの高級マスクメロン『肥後グリーン』は、数量限定の完全予約制での販売です!!
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして「熊本産メロン」のページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-23 19:05 | 熊本メロン | Trackback | Comments(0)

熊本ぶどう 社方園 平成29年も7月7日の初出荷!待望の赤ぶどう『クイーンニーナ』新登場!

FLC日記 2017年6月22日(木) くもり
匠の農家さん「社方園」さんは、平成29年度も、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』を7月7日の初出荷に向け、いよいよ最終段階です。
今年度からは、待望の赤ぶどう『クイーンニーナ』の販売も決定しました!
ご覧ください!
これが『クイーンニーナ』です!
a0254656_18241824.jpg


a0254656_18292430.jpg熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成29年度もぶどうの匠「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたします。

a0254656_18352552.jpg「社方園」さんでは、毎年決まって夏が始まる7月7日にその年のぶどうを初出荷します。
7月7日には、黒、赤、白の3色のぶどうがそろうんです!!
こちらは、1番人気の3色の詰め合わせセットです!!
濃厚な味わいの黒ぶどう、甘みが強い赤ぶどう、さらには皮ごと食べられる白ぶどうの3種類で、早くも今年のご予約をいただいている大人気商品です。

a0254656_18374693.jpgそして、平成29年度からは、さらにグレードアップした商品になりました。
弊社にご提供いただく白ぶどうを、なんと全て『シャインマスカット』にしました!!
「シャインマスカット」とは、皮ごと食べられる夢のような白ブドウです。

a0254656_18403268.jpgマスカットらしいとても芳醇な香りに加え、バツグンの甘さ!
「シャインマスカット」とは、数ある果物をおさえて、なんと今年も売れ筋ランキングで1位(7年連続)となった、大人気フルーツなんです!!
(日本農業新聞トレンド調査より)

a0254656_18480626.jpg「社方園」さんは、広い広い連棟建ての栽培ハウスで、温度や水管理を匠の技で行い、出荷時期をずらして、20種類以上の種なしブドウを栽培しています。
この『シャインマスカット』は、現在(本日)の様子です。
ここは、最も成長が早く、7月7日に出荷する予定の栽培ハウスです。
「社方園」園主の社方武路さんに、現在の様子をうかがいました。

a0254656_18513699.jpg「毎年、7月7日には黒ぶどう、赤ぶどう、白ぶどうの3色をしっかりと仕上げます。笠さんはご存知の通り、『シャインマスカット』は、もうずいぶん前からこうして増やしてきましたからね!この子たちは今年から収穫する“初成り”の子たちですが、良い房ができてますよ!」

a0254656_19052173.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
この写真は、3月上旬の新芽が芽吹いたばかりのハウスの様子です。

a0254656_19394162.jpg「社方園」さんの『山鹿のぶどう』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して取材しています。
こちらは、先ほど紹介したシャインマスカットの選定作業(1月下旬)の様子です。

a0254656_19525195.jpg「社方園」さんでは、現在の大人気になるずいぶん前から、「シャインマスカット」の栽培に取り組んできて、苗を植えたり、接木で増やしたりして、栽培数を増やしてきました。これは、2年前の夏の様子で、その前の年に新しく定植した苗たちです。

a0254656_19532583.jpgその子たちも、今年から収穫を迎えます。
「社方園」さんでは、20種類以上の『種なしぶどう』を育てています。
収穫するその時期に、「社方園」さんの匠の判断で、最も美味しいぶどうを選んでいただき出荷していました。

a0254656_19471905.jpgですから、ぶどうの品種はお任せで、選ぶことはできなかったのですが、この『シャインマスカット』だけは、その品種で商品化しました。
こちらは、「シャインマスカット」の2kg入りです。
「FLCパートナーズストア」で販売する「社方園」さんの、熊本産高級種なしブドウ『山鹿のぶどう』の中では最も高額な商品ですが、それでも大人気品で、昨年は「3週間待ちは当たり前」となったほどの売れ行きでした。
実は、今年もすでに多数のご予約を頂戴してます。

a0254656_20043273.jpgそしてもう1つ、私がどうしても単品種での販売を切望していたのが、赤ぶどう『クイーンニーナ』です。
1粒が500円玉を優に上回るほど大きく、なんと言っても、その抜群の甘さは信じられないほどなのです。
その1粒をほおばると、22度の糖度の、酸味の少ない至高の甘さが、口の中で爆発します。

a0254656_20103426.jpg「笠さん!今年からいよいよ『クイーンニーナ』の単体販売ですね!最初に収穫を迎えるハウスも、こうしてしっかり色づいてきたし、この他にも育ててますので、数量限定にはなりますが、今年から出荷していきましょう!」
本日の取材時に、社方さんがそう笑顔で話してくれました。

a0254656_20132873.jpg私が社方さんとの最初の出会いで、惚れ込んだ黒ぶどうの『ピオーネ』は、「社方園」さんの代名詞ともいえる、“本物”と呼べる美味さです。その黒ぶどうの『ピオーネ』、白ぶどうの『シャインマスカット』、そして赤ぶどうの『クイーンニーナ』が、これからの「社方園」さんの大看板商品になること間違いなしです!

a0254656_20173319.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたします。
本日、「社方園」さんと今期からの商品ラインナップの最終打ち合わせをしてきました。
来週には、新商品を含めた今期のラインナップをホームページにアップいたします。
そして、いよいよ今期の先行予約の受付のスタートです!
これからも、このブログ(FLC日記)及び「FLCパートナーズストア」のホームページは要チェックです!
お見逃しなく!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-22 20:22 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)

山あいの南高梅 平成29年度完熟梅、昨日初出荷しました!手摘み、手選別で全国へ!!

FLC日記 2017年6月21日(水) 雨後くもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、昨日(6月20日(火))より、平成29年度の匠の農家さん「小春農園」さんの、熊本産『山あいの南高梅(完熟梅)』の出荷をスタートしました!
大変ありがたいことに、今期の『山あいの南高梅(完熟梅)』は、すでに大粒、中粒サイズとも出荷予定分を完売いたしました!
a0254656_16521029.jpg


a0254656_16544387.jpg『山あいの南高梅』は、匠の農家さん「小春農園」さんが惜しまぬ手間ひまをかけ、熊本県山鹿市鹿北町の雄大な大自然の日の当たる山の斜面を利用して育てられました。

a0254656_16564847.jpg1つ1つ丁寧に手摘みされた『山あいの南高梅(完熟梅)』を、手選別で選び抜き、“極選”のものだけを出荷します。
毎年楽しみにしていただいているお客様も多く、すでに来年のご予約を頂戴しているほどの大人気商品です。

a0254656_17050931.jpg大粒で、キズ一つない選び抜かれた『山あいの南高梅』は本当に美しく、梅干し、梅酒、梅シロップ、梅ジャムなどなどにご利用いただいているようです。
南高梅ならではの、赤く色づいた梅もあり、とにかくこの完熟梅の香りのいいこと!
本日、お届けしたお客様からお電話を頂戴し、「こんなにきれいな完熟梅は初めて見ました!写真より数段良いので、もっと写真を勉強してこの梅の良さをきちんと伝えた方が良いんじゃないですか?」といった内容の、誉め言葉をいただいたほどなんです(笑)。

a0254656_17133950.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子、農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_17155270.jpgもちろん「小春農園」さんの『山あいの南高梅』も、もう何年も収穫の様子はもとより、その後のお礼肥え、夏の剪定、冬の剪定、花咲く様子から着果の頃、成長の過程など、その全てを現地取材してきました。

a0254656_17190382.jpg今年も収穫の様子を取材に伺ったのですが・・・。
「小春農園」専務の小原将輝さんです。
「おはようございます!もしかして、今年はすでに収穫を終えちゃいました?」と尋ねると、

a0254656_17214932.jpg「そうなんですよ!朝早くから収穫して、もう終わっちゃいました。」
「あちゃぁ~。今年は早かったですね!」と言うと、
「まぁ、毎年見てる同じ様子ですから、今年くらいはいいんじゃないですか?でも、早かったと言えば・・・」

a0254656_17245879.jpg「今年のご注文は本当に早くて、青梅も完熟梅も早々に定数になっちゃいましたよね!」と将輝さん。
「ホントありがたいかぎりです。それもこれも、「小春農園」さんが本当に良いものを出していただいてるので、リピート購入のお客様がそのほとんどでしたよ。」と言うと、

a0254656_17573455.jpg「嬉しいですねぇ~。でも、笠さんが毎年きちんと現地取材に来られて、ブログで紹介していることも、良いんじゃないですかね!お客さんとしては安心感が違うと思いますよ。」
と将輝さん。
こちらは、今年1月の冬の剪定作業の様子です。

a0254656_18055040.jpg「確かにそれはあるかもしれませんね!今年も、花咲く様子をブログで紹介したら、すぐにご予約ね電話を頂戴しましたもんね!「絶対に「小春農園」さんの『山あいの南高梅』でないといやなので、かなり早いですが、今年も予約させてください!」って!」と言うと、

a0254656_18113567.jpg「いつも父や母とも話してるんですが、笠さんがメールやお電話できた、お客様の声をたくさん届けて頂くので、すごく励みになってます。『南高梅』も、もちろん来年へ向けて今年に負けないものを育てていきますよ。」
将輝さんはそう笑顔で話してくれました。

a0254656_18193165.jpg「小春農園」さんでは、本日ご紹介している『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』の他にも、様々な作物を育てています。
「小春農園」さんの柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』は、その見た目の美しさと糖度と酸味のベストバランスの味わいで、ネット独占販売する弊社のリピート率ナンバー1の大人気商品で、今年も出荷予定分はもちろん完売しました。

a0254656_18190169.jpgデコポンの収穫の際に撮影した親子の匠の3ショットです。
「小春農園」さんでは、代表の小原正弘さんの長年の経験と卓越した技術、奥様の美子さんの惜しまぬ手間ひま、さらに大学で果樹栽培を専門的に学んだ、息子さんで専務の小原将輝さん(写真)の3人の匠が中心となり、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

a0254656_18275921.jpg本日紹介している『山あいの南高梅(青梅、完熟梅)』の他にも、完熟ならぬ“甘熟”にこだわった、『甘熟いちじく』(8月中旬より発送/写真)、『原木しいたけ(生、乾燥)』、『ザ・みかん』、柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』、究極の柑橘『せとか』、幻の白い『長生たけのこ』などなどを栽培しています。

a0254656_18305776.jpg今年は全国的にみると、梅が不作だと言われているようです。
しかし、「小春農園」さんでは今年もしっかりと手をかけ育て上げ、順調に出荷をしていただいています。
平成29年度の『山あいの南高梅(青梅、完熟梅)』はすでに完売とさせていただいています。
今年もたくさんのご注文、誠にありがとうございました。
平成30年度の「小春農園」さんの『山あいの南高梅』の栽培の様子は、また現地取材にてご紹介していきます。
お楽しみに!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-06-21 18:37 | 山あいの南高梅 | Trackback | Comments(0)