ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

<   2017年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

熊本ぶどう 社方園 色づき始め果実の肥大と充実の時期です!匠の徹底管理と熊本農業大学の実習生の話

FLC日記 2017年5月31日(水) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、平成29年度もぶどうの匠「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』をネット独占販売いたします。
a0254656_18221111.jpg


a0254656_18242281.jpgここは、熊本県山鹿市にある、熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』生産農家の、「社方園」さんの栽培ハウスです。
こちらは、最初に収穫を迎えるハウスです。
「社方園」さんでは、ボイラーを焚くハウス、加温しないハウス、そして屋根のためのハウスなどで、収穫時期をずらしながらぶどうを栽培しています。

a0254656_18270888.jpg今年も、最初に収穫を迎えるハウスのぶどうたちは、こうして順調に色づき始めました。
「社方園」さんでは、毎年決まって、7月7日に、その年のぶどうを初出荷します。

a0254656_18292533.jpgこちらは、昨年もダントツの1番人気だった、5房の3色詰め合わせです。
ありがたいことに、すでに初回出荷分でたくさんのご予約を頂戴しています。
夏が始まったばかりの7月7日に、黒、白、赤の3色のぶどうをそろえて出荷できるぶどう農家さんは、全国的にも少ないと思います。

a0254656_18323213.jpgしかも、そのいずれもが、“本物”と呼べる至高の美味さなんです!
口に含むと、みずみずしく甘い果汁が口の中で爆発する!
と言った表現がぴったりだと思われる美味さです!

a0254656_18491015.jpgこちらは、冬の剪定作業の様子です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。
もちろん、「社方園」さんの熊本産高級種なしぶどう『山鹿のぶどう』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_18525224.jpgそして、昨日も現地取材に伺うと、「社方園」さんの直売所の前には、見事なバラが咲いていました。
「社方園」園主の社方武路さんが、手入れを行っていました。
「おはようございます!今年もめちゃくちゃきれいですね!」と声をかけると、

a0254656_18570866.jpg「笠さんにいただいたダリアが、今年もきれいに咲いていますよ!そうそう!今日は熊本農業大学から実習生が来てるので、声かけてみてください!」とのこと。
さっそく行ってみました。

a0254656_18591725.jpg武路さんのお父さんで、「社方園」初代園主の社方義武さんです。
ぶどう栽培の高い技術力は、多くのぶどう生産者が学びに来るほどのまさにぶどうの匠です。
その奥に、実習生がいました。

a0254656_19021989.jpg熊本県立農業大学2年生の庄村慎之介君です。
ご覧のとてもさわやかな笑顔が印象的な好青年です!
「実家が農家で、みかんを中心に栽培していますが、いずれは私がぶどうを育てたくて、こちらでお世話になりながら勉強させていただいています。」

a0254656_19074906.jpgはっきりとした言葉使いで、将来のビジョンを話してくれました。
この日は“ジベレリン処理”を行っていました。
ジベレリンとは、植物に内生する“植物ホルモン”の1種で、もちろん、人体には全く影響のない安全なものです。
ジベレリンは、種なしぶどうを作る他に、植物の成長促進作用、種子や芽の休眠打破、熟期促進などの作用があります。

a0254656_19142594.jpg多くの農作物栽培にも利用されていて、実用面では、種なしブドウの生産、トマトの果実肥大・熟成促進、野菜・花弁の発芽・開花・成育促進などに広く使用されています。
何度も言いますが、全く害のない安全なもので、その証拠に庄村くんも素手でその作業を行っています。

a0254656_19272599.jpg休憩中の義武さんにお話をうかがいました。
「この大房に仕上げるぶどうたちも含めて、今年はどの時期の収穫のぶどうたちもとても良かばい!最初の収穫のハウスは見たね?今、潅水しよるばってん、笠さんなら毎年見てきとるけん、その良さのすぐわかるばい!」
義武さんは笑顔でそう話しました。

a0254656_19291445.jpg頭上にはぶどう棚があり、ぶどうの果実たちが成長しています。
これらは、8月には目を疑うほどの大きさに成長します。
以前撮影したその様子をご覧いただきましょう!

a0254656_19350129.jpg8月中旬の様子です。
これ本物のぶどうなんですよ。
もちろん食べることもできます。
1房でなんと、最大15kgにもなるぶどうなんです!
大房のぶどうについては、また後日ゆっくりお話しするとして、現在の成長の様子を紹介しましょう!

a0254656_19382768.jpg義武さんと共に、最初に収穫を迎えるハウスに伺いました。
「これは、白ぶどうの『シャインマスカット』たいね。この時期は果実が肥大しながらその中身ば充実させていく時期たい。ほら!果実にあるくぼみがわかるね?これが良かとたい!」

a0254656_19405937.jpg指さしていただいた先には、確かにくぼみがありました。
「こうしてくぼんだようになっとるとは、これからとても大きく成長するとたい。だけんこの時期は、潅水も含めしっかり管理してやらにゃんとたいね。」

a0254656_19463513.jpgこのあたりで栽培しているのは、白ぶどうの『シャインマスカット』なので、色づきはわかりませんが、黒ぶどうや赤ぶどうが色づくこの時期は、日に日に成長していきます。
『シャインマスカット』は、数あるフルーツをおさえて、なんと6年連続売れ筋ランキングで1位のフルーツなんです。(日本農業新聞トレンド調査より)

a0254656_19483401.jpg『シャインマスカット』は、そのストレートな甘さに加え、種無しで皮ごと食べられるところも人気の秘密です!
芳醇な香りに加え、糖度はなんと、驚きの20度越え!だとか・・・。
ぶどうの匠、社方さんいわく、「おそらく、当分はこれを越えるぶどうは出ないでしょうね!」と言わしめる絶品ぶどうです。

a0254656_19504632.jpg義武さんは、ぶどうの話を始めると止まりません!(笑)
この日もたくさんの興味深い話をうかがいましたが、その内容はまた後日とします。
一方、社方武路さんは、別のハウスで摘粒作業を行っていました。

a0254656_19532984.jpgいつも冗談を言う、とても気さくな武路さんですが、この時ばかりは表情が一変し“匠”となっています。
その匠の技も、しっかり取材していますので、またあらためてゆっくりお話しさせてください!

a0254656_19565289.jpg取材に伺った昨日は、庄村くんが通う大学の先生や、熊本県県北広域本部加持地域振興局の技師の古武城由貴さんが、庄村くんの頑張る様子を見に来ました。
みなさんとは少しご挨拶をさせていただいた程度でしたが、庄村くんはしっかり頑張っていたこと、私が確信をもって証明しますよ!(笑)

a0254656_20014734.jpg取材を終え帰ろうとする頃、庄村くんは別の栽培地で、種を抜くためのジベレリン処理を行っていました。
「金曜日までだろ?最後までしっかり頑張ってね!」と声をかけると、

a0254656_20040565.jpg「ありがとうございます。頑張ります。」とこの笑顔!
いつか、「社方園」さんにも負けないようなぶどうを育てると信じてますので、その時はぜひ取材に伺わせてください!

a0254656_20055053.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「社方園」さんの『熊本産高級種なしぶどう』をネット独占販売いたします。
7月7日の初出荷まで、これからも成長の様子や、惜しまぬ手間ひま、匠の技を取材しご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-31 20:12 | 熊本 ぶどう | Trackback | Comments(0)

無農薬、無化学肥料栽培の『菊池水源産えごま』 堀内製油さんのこだわり搾油作業!見学会の様子(後編)

FLC日記 2017年5月30日(火) 晴れ

a0254656_17141377.jpg「太らない油」として、テレビや雑誌、各メディアでも紹介されているのが、『えごま油』です。
『えごま油』の主成分、“α-リノレン酸”は、脳や血管に良いと言われ、テレビでも「血管の救世主」、「パーキンソン病やアルツハイマーなどの脳疾患の予防にも良い」と紹介されています。
a0254656_17191205.png

熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、完全無農薬・完全無化学肥料で育てた、熊本県菊池市、菊池水源産のエゴマの実を使用した『えごま油』と白えごま油『ピュアホワイト』及び『焙煎えごま粒(実)白・黒』を大好評販売中です!
a0254656_17165967.jpg


a0254656_17253576.jpg『えごま油』や『焙煎えごま粒』は、シソ科に属するエゴマという植物の種から作り出されます。
種から抽出される油を集めたものが『えごま油』、生の種を焙煎したものが『焙煎えごま粒』です。
「FLCパートナーズストア」で販売している熊本県菊池市の菊池水源産『エゴマ油』、『焙煎えごま粒』の生産者は、NPO法人『きらり水源村』の「エゴマ部会」のみなさんと共に育てています。

a0254656_17350043.jpg国産で完全無農薬・無化学肥料栽培のエゴマの種から作った、菊池水源産『えごま油』、白えごま油『ピュアホワイト』や『焙煎えごま粒(実)白・黒』は、数量限定での販売です。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますので、ご注文はお急ぎください!

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓



a0254656_17402940.jpg本日は、昨日のブログに続き、NPO法人『きらり水源村』の「エゴマ部会」のみなさんと一緒に私たちが育てたエゴマを搾油していただいている、有限会社堀内製油さんに、昨日、見学会に伺った様子をご紹介いたします。

↓ 昨日のブログはコチラ! ↓



a0254656_17414208.jpg有限会社堀内製油さんは、昭和20年に会長堀内義信さんが、菜種の搾油業に道を見いだし、裸一貫で少しづつ附帯設備を整え、八代地方の農家の菜種を搾油することからスタートし、2代目の堀内克也代表、3代目の堀内貫志さんへとその技術を伝承しつつ、現在は様々な油の搾油、油の販売を行っている会社です。

↓ 有限会社堀内製油さんのホームページ ↓


a0254656_17485630.jpg営業部長の堀内貴志さんにご挨拶いただき、搾油工場へと移動するまでを昨日紹介しました。
この日も、山口良和工場長を中心に、搾油作業が行われていました。

a0254656_17530341.jpg工場内には、とても香ばしい良い香りが漂っています。
金ゴマの焙煎作業が行われているようです。
良い香りに誘われるように集まった私たちは、堀内営業部長の説明を聞きます。

a0254656_18514556.jpg「原料から油ができるまでの工程は、大きくは4つあります。まずは、原料の焙煎、搾油、温水水洗い、そしてろ過です。そして最後に充填します。もちろん、その工程を全てここで行っているんです。」

a0254656_18534868.jpg「焙煎は、原料によって温度を変えています。特に、みなさんが大切に作っていただいた「エゴマ」は、微妙な温度調整が必要なんです。加温しすぎると、主成分の“α-リノレン酸”を損なうので、かなり慎重に行います。これは搾油機です。うちでは、古式圧搾製法で一番搾りの油のみを商品にしています。手前味噌ですが、そのこだわりが高品質につながっているのだと自負しています。」

a0254656_19015707.jpg堀内営業部長はとても丁寧な説明に、説明頂きました。気さくな人柄に、参加者は次々に質問をしています。「どれくらいの時間(日数)がかかるのですか?」「搾油するのにベストな時期はありますか?」「私たちが育てたエゴマはどうでしょうか?」などなど・・・。
堀内営業部長はそれらの質問に、一つ一つ丁寧に答えてくれました。

a0254656_19105647.jpg実は、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、有限会社堀内製油さんに伺ったのは2回目です。
私は、この「えごま部会」の生産者の一人です。
「えごま部会」では、主に“黒えごま”を栽培していますが、私と有志の方によって“白えごま”も栽培しています。
その白えごまを原料として「えごま油」を作っていただきたく、以前、依頼に来て工場見学もさせていただきました。

↓ その時のブログはコチラ! ↓



a0254656_19195299.jpgそうして出来上がった油が、こちらの白えごま油『ピュアホワイト』です。
一切の不純物を手選別で抜き出した、完全に白えごまのみで搾油した純度の高い白えごま油で、エグミやクセがなく、白えごまならではの美味しさが大好評です。

a0254656_19242768.jpg良いのは味だけではありませんでした!!
熊本県産業技術センターにて検査し、出していただいた、成分検査の試験成績書です。
ご覧ください!
α-リノレン酸が、なんと、65.3%も含まれる『白えごま油』となりました。
その旨を、山口工場長に伝えました。

a0254656_19264485.jpg「原材料がほんと良かったので、「これは良い油になるぞ!」と確信していましたが、検査結果として証明していただけると私もほんと嬉しいですね!」
山口工場長も、思わず笑みがこぼれました。

a0254656_19335582.jpg工場内を出てからも、生産者からは次々に質問が飛び出し、堀内営業部長と山口工場長はこれまた丁寧に答えていただきました。
見学を終え、きらり水源村の岩崎理事長がお礼の言葉を述べ、工場を後にしました。

a0254656_19363138.jpg山口工場長は、最後までこうして笑顔で見送っていただきました。
100%の信頼を持てる搾油の技術を目の当たりにした私たちは、本社の販売所へと直行しました。

a0254656_19413294.jpgその目的は、もちろん堀内製油さんの油の購入です!
対応いただいた女性スタッフの皆さん、山口工場長、そして堀内営業部長を、大好きになった私たちは、自分たちが大事に育てたエゴマをこれからもずっと有限会社堀内製油さんで「えごま油」にしてほしいと思い、見学会を終えました。

a0254656_19450426.jpg「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市、菊池水源産の無農薬・無化学肥料で育てたエゴマを、有限会社堀内製油さんのこだわりの古式圧搾製法で一番搾りの油として商品化していただいた、菊池水源産『エゴマ油』、白えごま油『ピュアホワイト』として販売しています。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-30 19:50 | エゴマ | Trackback | Comments(0)

無農薬、無化学肥料栽培の『菊池水源産えごま』 堀内製油さんのこだわり搾油作業!見学会の様子(前編)

FLC日記 2017年5月29日(月) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、完全無農薬・完全無化学肥料で育てた、熊本県菊池市、菊池水源産のエゴマの実を使用した『えごま油』及び『焙煎えごま粒(実)白・黒』を大好評販売中です!
a0254656_19044975.jpg
そして、今期より、同じく完全無農薬・完全無化学肥料で育てた、熊本県菊池市、菊池水源産の、“白”エゴマの種子から搾油した『白エゴマ油』の販売をスタートしました!

a0254656_19105320.jpg一切の不純物を手選別で抜き出した、完全に白えごまのみで搾油した純度の高い白えごま油『ピュアホワイト』です。
エグミやクセがなく、白えごまならではの美味しさが大好評です。
『えごま油』、白えごま油『ピュアホワイト』や『焙煎えごま粒(実)白・黒』は、数量限定での販売です。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますので、ご注文はお急ぎください!

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓


a0254656_19191605.jpg「FLCパートナーズストア」で販売している、『えごま油』、『焙煎エゴマ粒(実)(白・黒)』は、熊本県菊池市、菊池水源地区で、NPO法人『きらり水源村』の「えごま部会」の皆さんと共に、無農薬・無化学肥料で栽培したエゴマから作ったものです。

a0254656_19294452.jpgネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)も、一昨年より「エゴマ部会」に加わり、生産者の一人となっています。こちらは、収穫の様子です。

a0254656_19222210.jpg5月15日、平成29年度の第1回エゴマ部会会議を開催し、私たちが大切に育てたエゴマを、商品(えごま油)にしていただいている、有限会社堀内製油さんに見学会に行くことを決め、本日、伺いました。

a0254656_19333371.jpg有限会社堀内製油さんは、昭和20年に会長堀内義信さんが、菜種の搾油業に道を見いだし、裸一貫で少しづつ附帯設備を整え、八代地方の農家の菜種を搾油することからスタートし、2代目の堀内克也代表、3代目の堀内貫志さんへとその技術を伝承しつつ、現在は様々な油の搾油、油の販売を行っている会社です。

↓ 有限会社堀内製油さんのホームページ ↓


a0254656_19374732.jpg熊本県八代郡氷川町にある有限会社堀内製油さんに伺うと、営業部長の堀内貴志さんが、出迎えてくれました。
「本当に遠いところよくお越しいただきました。」

a0254656_19453218.jpg「今年で創業70年を迎えました。その間、全くぶれることなく、古式圧搾製法で一番搾りの油のみを作り続けてきました。なんでも見ていただいてかまいません。なんでも聞いていただいてかまいません。ぜひしっかりと見て、聞いていただき、これからも末永いお付き合いをよろしくお願いします。」
堀内営業部長からそうご挨拶いただきました。

a0254656_20005476.jpg店内の直売コーナーには、様々な油がきれいに陳列され販売されていました。
原料にもこだわる堀内製油さんは、「堀内農場」を立ち上げ、なのはな、ごま、つばき、えごまの油の原料の生産も行っています。

a0254656_20064840.jpgそれらを、創業以来「古式圧搾制法」と「一番搾り」にこだわり高品質の油を作り販売しています。
ちなみに、写真中央の「金ごまオイル」文字は、創業者の堀内義信さんが書かれたものとのことでした。

a0254656_20124829.jpg「購入する時間は後でしっかりとりますから、まずは工場を見学させていただきましょう!」と言うことで、みんなで歩いて移動です。
その間も、堀内営業部長はみなさんの質問に笑顔で答えています。

a0254656_20165640.jpgこちらが、搾油を行う工場です。
工場は本社から歩いてほんの数分のところにあります。
「今日は“金ごま”を搾油しています。」とのことで、とても香ばしい香りが漂っていました。

a0254656_20235783.jpg「中の方にどうぞ!搾油の工程を見ながら説明しますので、皆さんご一緒にどうぞ!」
堀内営業部長にそう言っていただき、工場見学のスタートです!

a0254656_20265772.jpg原料から油ができるまでの工程は、大きく分けると、原料の焙煎、搾油、温水水洗い、そしてろ過の4つです。
こちらは、その中の搾油を行う「圧搾機」です。
こだわりの、「古式圧搾制法」と「一番搾り」を行う機械です。
さてさて、ここからが本当の見学会の核心部分ですが、本日のブログは少々長くなりましたので、この続きはまた明日のブログで詳しく紹介することとします。

a0254656_20362049.jpg『きらり水源村』の「エゴマ部会」のみなさんと共に育て、有限会社堀内製油さんで搾油いただいた『えごま油』や、『焙煎えごま粒』の主成分は、主成分は“α-リノレン酸”です。
a0254656_20450534.jpg


a0254656_20461179.jpg「FLCパートナーズストア」では、熊本県菊池市、菊池水源産の無農薬・無化学肥料で育てた『エゴマ油』と白えごま油『ピュアホワイト』、『焙煎エゴマ粒(白・黒)』を大好評販売中です!
ぜひ、健康維持にお役立てください!
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページにお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-29 20:49 | エゴマ | Trackback | Comments(0)

株式会社旬援隊の敷地内の様子(2017年5月編)

FLC日記2017年5月28日(日) 晴れ

a0254656_18420020.pngネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊は、匠の農家さんたちが育てる“本物”と呼べる食材を、インターネットを通じ、全国のお客様にご紹介する会社です。
また、弊社の敷地内も、無農薬・無化学肥料で育てる農作物や、烏骨鶏のタマゴも同じく販売しています。
a0254656_18422628.jpg


a0254656_18443918.jpg株式会社旬援隊は、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にその本社所在地があります。
これが本社社屋です。
この山奥で私(株式会社旬援隊代表取締役 笠泰紀)は、自然と共に生き、自ら畑を耕し、13種類の果樹と原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。

a0254656_18465494.jpgここは、九州の熊本と言えども標高550mほどの高冷地で、菊池市内ではすっかり咲き終えたジャーマンアイリスの花が、ここでは今きれいに咲き誇っています。
しかし、今年は例年に比べてすべての花の開花時期が随分遅れました。

a0254656_18494061.jpgここで栽培し、弊社のオリジナルブランド商品として販売している『水源キウイ』の花も、毎年ゴールデンウイーク期間中に開花しますが、今年は5月10日の開花でした。

a0254656_18531907.jpg先に咲く「ゴールドキウイ」は、着果が済んで現在、摘果作業の真っ只中です。
グリーンキウイはつぼみは膨らんでいますがまだ開花していません。
収穫は11月下旬か12月上旬です。

a0254656_18554393.jpg無農薬、無化学肥料で育てる『水源キウイ』は弊社の大人気商品です。
毎年楽しみにしていただいているお客様も多いので、今年もしっかり手をかけ育てていきます。

a0254656_18593558.jpg育てると言えば、今年もエゴマの栽培がスタートしました。昨日、まずは白えごまの播種を行いました。今年は、昨年より作付面積を増やして栽培します。
エゴマの種子から作った、『えごま油』『焙煎えごま粒』は、今、最も売れ筋の商品です。

a0254656_19034837.jpg昨日種まきをした中生品種の白えごまは、6月中旬にはこのように成長していると思います。
株丈が、15cmほどになったら、畑に定植します。
約1ヶ月遅れて、晩生品種の黒えごまも種まきをします。

a0254656_19071733.jpg『えごま油』『焙煎えごま粒(白・黒)』に加え、今年から白エゴマ粒から搾油した、白えごま油『ピュアホワイト』も、オリジナルブランド商品として、今年より販売を始めました。えごまについてはまた後日詳しく紹介するとしますが、興味のある方、注文をご希望の方は、下記をクリックしてお進みください!

a0254656_19165773.jpgここの敷地は、1500坪ほどあります。これは、上の段の畑と栗林です。
さらに近隣農家さんに畑を借りて作物を育てています。
全部で、約3,000坪と言ったところでしょうか!
上の段の畑では、奥はエゴマを栽培し、手前では自家用の野菜を栽培しています。ちなみにこの時期は、茄子、トマト、ピーマン、唐辛子、里芋を育てていて、さらに、手前のネットの中には、大根、白菜、キャベツも栽培中です。

a0254656_19250474.jpgまもなく収穫を迎えるのが、こちらの「そら豆」です。
昨年冬に、ビールのつまみになるのではと思い立って栽培してみたのですが、こうして元気に育ちました。

a0254656_19272220.jpgそら豆は、本当にこのように空に向かって実をつけるのですね!
成長と共に、豆の重みで垂れ下がり背の筋が黒褐色になったら収穫です。
いやはや楽しみでなりません。
きっと、ビールをたらふく飲むことでしょう!(笑)
a0254656_19372830.jpg

a0254656_19341663.jpgさて、本日は株式会社旬援隊の5月の敷地内のお話を中心に、ブログで紹介しましたが、弊社のネットショップ「FLCパートナーズストア」では、「食卓にいつも熊本の旬!わが家の専用農家さん」をコンセプトに、この敷地内で育つキウイや利平栗、春の山菜や烏骨鶏のタマゴに加え、熊本の匠の農家さんが育てる“本物”と呼べる野菜、フルーツ、お米などなどの食材を販売しています。
こちらは、現在大好評販売中の柑橘王こと『デコポン(肥後ポン)』です。

a0254656_19394907.jpgここでしか買えない商品ばかりで、3人のこだわりの匠が育てる、大人気の、安心・安全な熊本の美味しいお米は、すでに残りわずかとなった商品も出てきています。
朝採り即日発送の新鮮なお野菜も見逃せませんよ!

a0254656_19421018.jpg現在の最旬フルーツは、先ほど紹介した『デコポン(肥後ポン)』に加え、熊本産朝採り『スイカ』が、大好評販売中です。
さらに、黒小玉スイカ『ひとりじめbonbon』、高級マスクメロン『肥後グリーン』もまもなく出荷します。
現在、ご予約承り中の『山あいの南高梅』など、旬の食材が目白押しです。
ぜひ、下記「FLCパートナーズストア」のホームページもご覧くさい!
ご来店、お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-28 19:44 | FLC | Trackback | Comments(0)

七城米 長尾農園 美しすぎる苗床を作り、よーいドン!でスタートです!

FLC日記 2017年5月27日(土) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、「長尾農園」さんの、『七城米 長尾さんこだわりのお米(ひのひかり)』をネット独占販売しています。
a0254656_17415949.jpg
“美しすぎる田んぼ”と称している田んぼで育つ、惜しまぬ手間ひまをかけられたお米は、店長一押しのお米です!
美しすぎるのは、田んぼだけではありません。
苗床だって美しすぎるんです!!
a0254656_17472571.jpg

a0254656_17485621.jpg熊本県菊池市七城町にある、「長尾農園」さんの平成29年度のお米作りが本格的にスタートしました。
今年は、5月23日(火)に苗床を作りました。
“苗床”とは、トレーにお米の種(籾)を発芽させ、田植えまでの期間成長させる田んぼのことです。
見事に一直線に並んだトレーが、実に美しいですよね!

a0254656_17583585.jpgまっすぐに並んでいることもさることながら、大事なのはそのトレーが全て水平に整っていることなんです。
「長尾農園」の長尾千行さんはいつもこう話します。

a0254656_18014316.jpg「お米は、俺たちが他にも育てよる、ダイコンやニンジン、ほうれん草などとは違うとたいね。それらは成長の様子ば見ながら、1本1本収穫できるばってん、お米は一斉に収穫(稲刈り)するでしょ?だけん、種を撒いたら、同じように発芽して、同じように育って、ピシャッとそろった苗ば植えてんと、その後の成長にばらつきができるとたい。」
その為の惜しまぬ手間ひまが、この水の中にありました。

a0254656_18061352.jpg「長尾農園」さんでは、苗床に苗箱を並べる前に、こうしてひと手間かけています。
長尾千行さん、とも子さんの仲良しご夫婦で息を合わせ、この様に地面をペタペタと叩きながら、平らにならします。
そうすることで、苗箱も水平に並べることができ、田植えまで苗を育てのに、徹底した水管理ができ、苗を同じように育てることができるのです。

a0254656_18092696.jpg水平にならし、苗箱を置くことで、一斉に発芽し、同じように育ちます。
「よーいドン!」で同じようにスタートを切り、その後も水管理が徹底できることで成長もそろうのです。

a0254656_18154589.jpgその様子がコチラ!
これは昨年6月上旬の苗床の様子です。
本当に見事に同じように育っていますよね!
「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_18241355.jpgもちろん「長尾農園」さんの“美しすぎる田んぼ”での米作りも、稲刈りの時のみならず、種まきから苗床、田植え、稲の成長の様子や開花、そして稲穂が実り頭を垂れるまで、さらには冬の土つくりなど、その全てをもう何年も年間を通して取材してきました。
私が言う、“美しすぎる田んぼ”とは、このようにまっすぐに植えられた稲もさることながら、稲たちが同じようにそろって育つさまを指しています。

a0254656_18325884.jpg先ほどの写真とこちらは7月中旬のもの!
これなんて、苗が風になびく様はまるでコピーして貼ったかのようですよね!
こうして、同じように育つお米は、ばらつきのない美味しいお米になるんです。

a0254656_18365348.jpg稲刈りを迎えても、大地にしっかりと根を張り、全く倒れることなく同じよう実ります。
私は「長尾農園」さんの農業に取り組む姿勢と、そのお米の美味さに惚れ込み、販売までに2年がかり取材し頼み込んで、『七城米 長尾さんのこだわりのお米(ひのひかり)』をネット独占販売しています。

a0254656_18524628.jpg苗箱を並べ終えると、保温と防鳥のためのシートをかけ発芽と成長を待ちます。
田植えまでの間、長尾さんは1日に5回も6回も苗床を見に来て、徹底して水の管理を行います。
田植えの様子は、今年も、もちろん現地取材して、このブログで紹介したいと思っています。

a0254656_18552143.jpg「FLCパートナーズストア」では、「長尾農園」さんの『七城米 長尾さんこだわりのお米(ひのひかり)』をネット独占販売しています。
おかげさまで、大好評いただき、平成28年度の出荷予定数も、定期のお客様の保有米をのぞくと残りわずかです。
定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。
ご注文は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-27 18:58 | 七城米(長尾さんちのお米) | Trackback | Comments(0)

太秋柿 古川果樹園 今年も元気な花が咲きました!花の様子を現地取材!

FLC日記 2017年5月26日(金) 晴れ
熊本の旬の食材を販売する、「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も「古川果樹園」さんの『太秋柿プレミアム』をネット独占販売いたします。
a0254656_17102250.jpg


a0254656_17113646.jpg『太秋柿』は、「梨のような食感、ぶどうのような甘さ」と言われるフルーツで、熊本県が生産量の約半分を占める一大産地です。
その中でも、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木の「古川果樹園」さんの『太秋柿』は、糖度がなんと、驚きの18~20度!!最高級です!!
スイーツのような甘さと、シャリシャリの食感がたまりません!!

a0254656_17140575.jpg「古川果樹園」さんは、『太秋柿』を作り続けて、20年以上のまさに“匠”の農家さんです。
「FLCパートナーズストア」では、「古川果樹園」さんの『太秋柿』の中から、さらに選び抜かれた『太秋柿プレミアム』を、今年もネット独占販売いたします。
今年も10月10日前後からの発送予定です!

a0254656_17161037.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野の柏ノ木にある「古川果樹園」さんの『太秋柿』の柿園(下の段)です。
ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、もう何年も「古川果樹園」さんの『太秋柿』の栽培の様子を、年間を通して現地取材してきました。
今年もまた、『太秋柿』の花咲く様子を取材してきました。
まずは、『太秋柿』の花をご覧ください!
a0254656_17193863.jpg
この黄色い花が『太秋柿』の花です。
毎年、5月の上旬から下旬にかけて咲きます。

a0254656_17210715.jpg私が伺ったのは、ちょうど10日前の5月16日です。
真ん中にサイコロをはめ込むことができるような四角いところが成長し、秋の果実の王様と呼ばれる『太秋柿』になるのです。

a0254656_17232625.jpgこのように、まとまって咲いている枝もありました。
「古川果樹園」さんでは、有機肥料をふんだんに与えた元気な土と、『太秋柿』栽培し続け、20年以上の経験に基づく高度な剪定技術で、毎年このようにたくさんの花を咲かせます。

a0254656_17323729.jpgしかし、足元にはすでにたくさんの花が落ちていました。
『太秋柿』の花の大半は、着果することなく落ちてしまいます。
だからこそ、たくさんの元気な花を咲かせる必要性があるのです。

a0254656_17420361.jpg『太秋柿』は、雄花と雌花がありますが、そのほとんどは雌花です。
その間をミツバチなどが飛び回り受粉します。
※写真はマルハナバチです!
受精しなくても結実する性質(単為結果性)があるのであまり問題はないのですが、受粉用の別品種の柿も混植してありました。

a0254656_17473870.jpg「古川果樹園」の古川孝人さん、アイ子さん夫妻です。
こちらは以前、10月上旬の収穫の際に撮影した写真です。
笑顔の絶えない仲良しご夫婦の二人三脚で、惜しまぬ手間ひまをかけ、様々な“本物”と呼べる農作物を育てる匠です。
写真の上の方の、収穫を待つ『太秋柿』をご覧ください!
それらの枝の1本1本をひもで吊るしてあるのがわかりますか?

a0254656_18154465.jpg「古川果樹園」さんでは、着果した太秋柿のなんと6割以上も摘果で落とし、残りのたった4割だけを大事に大事に育て上げます。
柿園全体をネットで覆い、野生動物や野鳥から守り、さらに、太秋柿が実る1本1本の枝をこうしてひもで吊るしながら、至高の太秋柿を育てるのです。

a0254656_18233719.jpgそれは、真夏の7月、8月に行われる、気の遠くなるような過酷な手作業です。
何度も何度も脚立を上り下りしながら、『太秋柿』が実る枝1本1本を吊るしていくのです。
たったの4割だけしか残さないので、『太秋柿』の果実の成長の過程での枝折れや、風で揺れて果実が傷つくのを防ぐため、毎年こうしてひもで吊るして育てています。

a0254656_18340104.jpg「本当に良かもんば作ろうと思ったら、手間ひまば惜しんじゃいかんとたい。作物は手ばかけると、必ずかけた分だけ答えてくれるし、手ばかけきらんなら、それだけのものしかできんとたい。」

a0254656_18421638.jpg「それに、笠さんと取引するようになって、全国のお客様が俺たちが育てる『太秋柿』ば毎年楽しみにしてくれてるでしょ?それもかなり励みになっとるたいね。毎年変わらぬ品質で届けたいけん一切の妥協はせんばい。」
以前取材時に、古川さんがそんな話をしてくれたのを思い出しました。

a0254656_18461304.jpgまもなく、着果が確認できる頃になると思います。
収穫までは4ヶ月以上もありますが、その間に「古川果樹園」さんでは、たくさんの手間ひまをかけ育てていきます。
これからも、成長の様子や、匠の技、惜しまぬ手間ひまを、現地取材にてご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-26 18:51 | 太秋柿 | Trackback | Comments(0)

熊本産ステビアにんにく 芽カギ(摘蕾作業)の様子とこだわりの無農薬栽培

FLC日記 2017年5月25日(木) くもりのち晴れ
「にんにく(球根)に栄養が行くように、この時期に“芽カギ”ばせにゃんとたい。つまり、花が咲く前の蕾の段階で、その芽を全部摘むわけたいね。」
「本藤果樹園」の本藤猪一郎さんが、そう話しながら手際よく芽カギ作業を行っていました。
a0254656_17124968.jpg
「FLCパートナーズストア」では、今年(平成29年度)も「本藤果樹園」さんの、熊本産『ステビアにんにく』をネット独占販売いたします。

a0254656_17155473.jpg『ステビアにんにく』は、作物品質向上効果に優れる“ステビア”を土作りに利用し、育てられたニンニクです。
“ステビア”とは、南米パラグアイ原産のハーブです。
作物の品質向上効果に優れる“ステビア”を土作りに利用すると、土が微生物豊かで健全な状態へと戻っていきます。その結果、 農薬や化学肥料の使用量が減り、土が持つ本来の力を呼び戻すことで野菜や果物も本来の 自然の味にしていきます。

a0254656_17180470.jpgその最大の特徴は、ひと粒が大きいこと!
さらにとてもみずみずしく、辛さがマイルドで、嫌な香りが少ないと、 にんにくのうまみ成分はそのままに、臭いが少ないにんにくなのです。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』をネット独占販売いたします。
※7月下旬より販売予定です。

a0254656_17210228.jpgここは、熊本県菊池市戸豊水(とりうず)にある、「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』の畑です。
10日ほど前の、5月16日に芽カギ作業の様子を現地取材に伺いました。

a0254656_17271726.jpgこれが、本藤さんが摘み取っているにんにくの花芽です。
丸く膨らんでいるところがこれから花になるところのようです。
「本藤さん!私もこうして毎年取材に来ていますが、にんにくの花を見たことないのですがどういう花なんですか?」と尋ねると、

a0254656_17333084.jpg「確か、紫色の小さな花が丸くたくさん咲くって聞いたことはあるばってん、俺も見たことなかけん知らんばい。
なにせ、こうして全部摘んでしまうけんねぇ~。帰ってからインターネットで調べてみなっせ!」と本藤さん。

a0254656_17401909.jpg調べてみました。
本藤さんがお話しされたように、紫色の丸い花です。
小さな花の集合体のようですね!
ただし、品種によって異なるようで、白っぽい色をした花も見受けられました。
「本藤果樹園」さんと言えば、このブログ(FLC日記)をご覧いただく方や、「FLCパートナーズストア」のお客様であるなら、ご存知の方も多いはず!

a0254656_17480578.jpgこだわりの『樹上完熟梨』の生産農家さんです。
こちらは、梨のシーズンの到来を告げる、7月下旬より出荷する『幸水(こうすい)』です。
この時期は、梨の“摘果作業”の真っ只中です。
この日も、摘果作業の手を止め、私の『ステビアにんにく』の取材にお付き合いいただきました。

a0254656_17570809.jpgこちらは、5月1日に取材した、梨の摘果作業の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の、その栽培の様子農家さんの惜しまぬ手間ひまや匠の技を、年間を通して現地取材しこのブログで紹介しています。

a0254656_17595041.jpgもちろん、「本藤果樹園」さんの『樹上完熟梨』や『ステビアにんにく』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。
「本藤果樹園」さんでは、本藤賢一さんと奥様、息子さんで園主の本藤猪一郎さんの、親子2代、3人の匠によって、“本物”と呼べる農作物を育てています。
梨の摘果作業の様子は先日のブログで詳しく紹介していますので、興味のある方はご覧ください!

a0254656_18215257.jpgさて、『ステビアにんにく』に話を戻しましょう!
「笠くんは「にんにくの芽」は好きね?良かなら、目の前にあるとばかたっぱしに摘んで、好きなだけ持って帰って良かよ!」と本藤さん!

a0254656_18242330.jpg「ありがとうございます!」私もお手伝いをさせていただきながら、たくさんの“にんにくの芽”をいただいて帰りました。
ザクザクと切って、豚肉と塩コショウで炒めていただきました。
おかげさまで、その日はビールをかなり飲みすぎちゃいました!(笑)

a0254656_18275898.jpg「今年も収穫は6月に入ってからですか?」と尋ねると、
「そうね!でも、今の状況も知りたかろ?1つ掘ってみようか?」
本藤さんはそう言うと、1本のにんにくを掘り上げました。

a0254656_18300235.jpg「どうね?まだまだ小さいやろ?収穫前になると、もっともっと根が張って、簡単には引き抜けんようになるけんね。やっぱり、今年も6月に入ってから収穫やね!」
今年も予定通り、6月上旬の収穫で、それから1ヶ月ちょっとの乾燥を経て、7月下旬よりの出荷のようです。

a0254656_18341072.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「本藤果樹園」さんの『ステビアにんにく』をネット販売いたします。
初回出荷分はすでに、たくさんのご予約を頂戴しているほどの人気で、おそらく今年も完売間違いなしの大人気商品です。
受注受付は、7月中旬頃からの予定です。
『ステビアにんにく』の収穫や、その後の乾燥の様子など、現地取材でまたご紹介いたします。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-25 18:36 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

山あいの南高梅(青梅・完熟梅) 平成29年度の出荷予定日決定!本日より先行予約受付スタートしました!

FLC日記 2017年5月24日(水) くもりのち雨
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』を、今年(平成29年度)もネット独占販売いたします!
自然派栽培で育てた、熊本産『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』は、今年も完売間違いなしの大人気商品です。
本日より、ホームページでの先行予約受付をスタートしました。
a0254656_17114143.jpg
今シーズンは、『山あいの南高梅(青梅)』は、6月6日(火)と6月9日(金)の出荷予定です。

a0254656_17131191.jpg『山あいの南高梅(完熟梅)』(写真)は、青梅の出荷から約2週間ほど遅れての出荷予定です。
その2週間で、完熟する共に、さらに一回り大きさをましていきます。
もちろん、手選別で選び抜いた“極選”の南高梅のみを朝摘み即日発送でのお届けです。
また、あまりにも大きすぎるため、「小さめの南高梅がほしい!」と言う、たくさんのお客様のご要望で商品化し、昨年大好評いただいた中粒(Lサイズ)も販売いたします。
a0254656_17254689.jpg

<平成29年度出荷予定>
○熊本産 自然派栽培で育てた!『山あいの南高梅』
青梅→6月6日(火)、6月9日(金)の2回のみ!
完熟梅→6月20日(火)、6月23日(金)、6月27日(火)の3回のみ!
※上記はあくまで予定です。
ベストなタイミングでの収穫にこだわる「小春農園」さんの匠の判断で、前後数る場合もございますので予めご了承ください!

a0254656_17291042.jpg青梅、完熟梅ともに、出荷当日の朝、収穫のベストタイミングを1つ1つ見極め、丁寧に手作業で収穫し、その中から、大きさ、キズの有無などを、さらに手選別で選び抜いた“極選”の『南高梅』をお届けいたします。
ですから、数量限定の完全予約制での販売です!
本日より、先行予約の受付をスタートしました。

↓ 今すぐ注文(予約)したい方は、詳細を知りたい方はこちら! ↓
「FLCパートナーズストア」
『山あいの南高梅』


a0254656_17410616.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
ここは、熊本県山鹿市鹿北町にある「小春農園」さんの梅園です。
「小春農園」さんでは、豊かな森に囲まれた、澄んだ空気と清らかな水の自然豊かな鹿北町の、陽のあたる山の斜面を利用して、自然派農業で「山あいの南高梅(青梅・完熟)」を育てています。

a0254656_17443856.jpg先ほどの写真にある道をさらに登り、大きく右へ曲がると、上の段の梅園があります。
到底1枚の写真では収まりきれないほどとても広い梅園です。
ちなみに、中央の建物は、「小春農園」さんの『デコポン(肥後ポン)』の栽培ハウスです。

a0254656_17523394.jpg『南高梅』の果実たちは、澄んだ空気の中を降り注ぐ太陽のの光を浴び、有機肥料をふんだんに与えた大地の恵みを受け、匠の技と多くの手間ひまとで元気に成長しています。

a0254656_17532862.jpgこちらは2月下旬の咲き誇る『南高梅』の花の様子です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。
もちろん、「小春農園」さんの山あいの『南高梅』の栽培の様子も、もう何年も年間を通して現地取材してきました。

a0254656_17570795.jpg咲き誇る花、着果後の成長、収穫、お礼肥え、夏の剪定、冬の剪定などなどその全てです。
「小春農園」さんでは、“草生栽培”と言って、果樹の下草を生やしながら育てています。

a0254656_18102708.jpg4月下旬の様子です。
下草は、時期を見てすべて手作業で刈り、そのまま有機肥料とします。
また、下草を伸ばすことで、害虫がその草にとどまり果樹に影響を少なくし、さらには害虫を退治してくれる大事な虫も住みつくことができるのです。
ですから、除草剤なんて一切使用しません!

a0254656_18133546.jpg夏の剪定作業をする「小春農園」代表の小原正宏さんです。
「小春農園」さんは、長年の経験に基づく卓越した技術を持つ、代表の小原さんと、大学で専門的な知識を学んだ息子さんで専務の小原将輝さんの2人の匠が中心となり、様々な“本物”と呼べる作物を育てています。

a0254656_18192242.jpg収穫直前、『南高梅』の成長の度合いをチェックする将輝さんです。
その時、「収穫のタイミングは、南高梅たちが教えてくれる」と話していました。
『南高梅』の果実には、短い産毛のようなものが生えています。

a0254656_18220529.jpgその産毛のようなものは、実るにつれ上の方からなくなってきます。
そして、指さしていただいている『南高梅』の肩口くらいまで、産毛がなくなった頃が青梅の収穫時期です。

a0254656_18250558.jpgですから収穫は、出荷日の朝からその一つ一つを判断しながら手摘みで収穫します。
この日は小原さんの奥様の美子さんと将輝さんとで収穫作業をしていました。

a0254656_18271877.jpg収穫後はさらに惜しまぬ手間ひまをかけ出荷します。
傷の有無や大きさなどを手選別で分けていくのです。
この写真の矢印の『南高梅』は、小さな黒い点があるので、商品から外されます。
この手選別の徹底作業も、「小春農園」さんの『山あいの南高梅』の人気の秘密です。

a0254656_18312196.jpgそうして選び抜かれた“極選”の『南高梅』だけが、「FLCパートナーズストア」の箱に入れられ出荷されるのです。
ちなみにこれは全て青梅で、赤く色づいているのは、直射日光が当たっていた部分で『南高梅』の特徴の一つです。

a0254656_18364083.jpg完熟梅となっても、その赤く色づいたところは変わりません。
それにしても、本当にきれいですよね!
『南高梅』は、その大きさこそ最大の魅力です。
しかし、お客様からこんな声を多数いただきました。

a0254656_18403033.jpg「「小春農園」さんの『山あいの南高梅』は、とってもきれいで毎年楽しみにして買ってますが、できれば少し小さなものがほしいのですが・・・」
その旨を「小春農園」さんに伝え、昨年より小粒の商品をご用意いただきました。

a0254656_18455669.jpgそれがこちら!『山あいの南高梅(完熟梅)中粒(Lサイズ)』です。
ただし、数量限定での販売です。
昨年も、販売とほぼ同時に完売しましたので、ぜひご注文はお急ぎください!

a0254656_18513502.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「小春農園」さんの『山あいの南高梅(青梅・完熟梅)』をネット独占販売いたします。
自然豊かな大地で、惜しまぬ手間ひまと匠の技で愛情たっぷりに育てられた『南高梅』たちです。
今年も、完売間違いなしの大人気商品で、まさに“本物”と呼べる逸品ですよ!
ご注文(ご予約)は、お早めに!!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-24 18:56 | 山あいの南高梅 | Trackback | Comments(0)

種なしかぼす 今年も無農薬・無化学肥料で育てる『種無しかぼす』の花の様子を現地取材!

FLC日記 2017年5月23日(火) 晴れのちくもり
熊本の旬の食材を販売する、ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの、無農薬、無化学肥料で育てた『熊本産高級種なしかぼす』を今年もネット独占販売いたします!
a0254656_16542720.jpg


a0254656_17300035.jpgかぼすは、さわやかな香りと酸味で、お肉や魚料理、もちろんお鍋、さらに様々なお酒にも大変良く合う調味料です。
ただし、一般的なカボスには、たくさんの種が入っています。
ですから、お料理やお酒に絞ってもこの種が厄介なんです。
食べるにしても、飲むにしても、まずは種を取り除くことから始めなければなりません。

a0254656_17323237.jpgしかし、「FLCパートナーズストア」で販売押している「かぼす」は、『種なしかぼす』です。
種がない分、果汁も多く、もちろん種を取り除くわずらわしさからも解放されます。

a0254656_17350508.jpg「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』は、県内外の有名料亭やレストランからもご注文を頂戴している大人気商品です。
“種なし”と言う、使い勝手の良さと、さらには、完全無農薬、無化学肥料で栽培された安全性が高く評価されていて、弊社のお客様からはすでに今年の初回発送分の予約を頂戴しているほどです。
※小さな種が入っている場合もございます。

a0254656_17380505.jpgそして今年も、8月上旬からの収穫に向け、元気な花が咲いていました。
こちらは、ちょうど10日前の5月13日の写真です。
この白くてかわいい花が、『種なしかぼす』の花です。
同じ柑橘類なので、みかんや柚子、デコポンの花とそっくりです。

a0254656_17420412.jpgここは、熊本県山鹿市鹿北町岩野柏ノ木にある、「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』の栽培場です。
ご覧の通り、とてものどかな大自然に囲まれた“山あい”です。
熊本の“旬”を販売するネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営する株式会社旬援隊の代表取締役の私(笠泰紀)は、弊社で販売するすべての作物の栽培地に伺い年間を通して取材しています。

a0254656_17440102.jpgもちろん、「古川果樹園」さんの『種なしかぼす』の栽培の様子も、もう何年もこうして現地取材してきました。
こうして花咲く様子も毎年見てきました。
そんな私がちょっと気になることがありました。
今年は花が遅いというか、少ないというか、いつものこの時期ほど咲き誇っていなかったのです。

a0254656_17532734.jpg気になると、いてもたってもいられません。
この時期のこの時間であれば、おそらく古川さん夫妻は『なごみの里の朝採りグリーンアスパラ』の栽培ハウスにいるのではと思い行ってみました。
ここは、かぼすの栽培地から、車で3分ほどの、熊本県玉名郡和水(なごみ)町三加和(みかわ)にある「古川果樹園」さんのアスパラの栽培ハウスです。

a0254656_17571093.jpg私の予想は的中!お2人は、アスパラの芽カギ作業を行っていました。
「おはようございます!最近カボスの栽培地には行きました?今、花の様子を取材してきたのですが、なんだか例年より少ないような気がして・・・。」そういう私に、

a0254656_18001707.jpg「そろそろ草刈りに行こうとは思いよったばってん、最近は行っとらんばい。花が少なかてね?笠さんも毎年見よるけん、そらぁ間違いなかろうばってん、俺も見てみとこうたい。」

a0254656_18034061.jpg「古川果樹園」さんは、山鹿市鹿北町と玉名郡和泉町にある栽培地で、仲良しご夫婦の二人三脚で、様々な“本物”と呼べる作物を育てる匠の農家さんです。
この時期は、アスパラの収穫を抑えて、アスパラの親を立てる“立茎”の時期で、立てた親の芯(生長点)を止める(摘む)作業を行っています。

a0254656_18131806.jpgまた、現在は、『山竹たけのこ』を大好評販売中です。
『山竹たけのこ』は、知る人ぞ知る“究極のたけのこ”なんです!!
一般的には、“コサンチク”と呼ばれています。

a0254656_18172706.jpg『山竹たけのこ』は、“究極のたけのこ”、 “やみつきたけのこ”、“たけのこの王様”などとも呼ばれています。
とにかく、柔らかな食感と、たけのこから出るうま味がたまりません。
しかも、全くアクがなく、下茹での必要がありません。
「古川果樹園」さんの、無農薬・無化学肥料で育てた、『山竹たけのこ』は、時期だけの期間限定、数量限定の最旬食材です!

↓ 今すぐ注文したい方、詳しい情報を知りたい方はこちら! ↓

「FLCパートナーズストア」
「山竹たけのこ」



a0254656_18213069.jpg古川さんご夫妻は、私が取材に行くと、いつも満面の笑みで迎えてくれます。
しかしこの日は、私が「かぼすの花が少ない!」と駆け込んできたので、神妙な面持ちです。
「今年は桜もずいぶん遅かったけん、かぼすの花も遅れとるだけじゃなかろうかね・・・。」とお話しいただきました。

a0254656_18302547.jpgそして昨日お電話をいただき、
「早か花は着果の始まりよるし、今も花の咲きよるけん、心配せんでもう良かよ!」とのことでした。
本日、さっそくその様子を現地取材してきました。
匠の言葉に、ホッと一安心です。

a0254656_18332576.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「古川果樹園」さんの『高級種なしかぼす』をネット独占販売いたします。
11月上旬までは、青い果実で、11月中旬以降は色付いた『種なしかぼす』です。
どちらも、香り高く、溢れ出すほどの果汁が大人気の商品です。
これからも、成長の様子や惜しまぬ手間ひまなど、現地取材してこのブログでご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-23 18:35 | Trackback | Comments(0)

白えごま油『ピュアホワイト』販売開始!熊本県菊池市菊池水源で無農薬、無化学肥料で育てた白えごま油です!

FLC日記 2017年5月22日(月) 晴れ
ネットショップ「FLCパートナーズストア」では、完全無農薬・完全無化学肥料で育てた、熊本県菊池市、菊池水源産の白えごまの実を使用した、白えごま油『ピュアホワイト』の販売をスタートしました。
まずは、初回の搾油分の数量限定での販売です!
a0254656_16510925.jpg


a0254656_16514988.jpgえごまと言えば、『えごま油』がテレビや各種メディアで取り上げられ、現在大ブームとなっています。
健康に良い「太らない油」と呼ばれています。
エゴマ油の主成分は“α-リノレン酸”です。

a0254656_17220317.jpg今回、販売をスタートしたのは、一般的な「黒えごま」の種子(粒)から搾油した『えごま油』ではなく、白えごまの種子(粒)から搾油した白えごま油『ピュアホワイト』です。

a0254656_17261879.jpg収穫したえごまの種子を、しっかり洗浄し、不純物(枝や葉、種子が入っていたがく、虫などなど)を手選別で取り除いた、完全に白えごまの種子のみを使って搾油しました。
搾油は、こだわりの古式圧搾製法で一番搾りの油のみを商品化し、とても純度の高い『白えごま油』です。

a0254656_17332750.png熊本県産業技術センターにて検査し、出していただいた、成分検査の試験成績書です。
ご覧ください!
α-リノレン酸が、なんと、65.3%も含まれる『白えごま油』となりました。
これは、国民生活センターさんが、過去に品質テストをしたえごま油20品目の中の、対象銘柄3番の、某えごま油の65.4%に次ぐ2番目の数値です!
いきなり、トップクラスのα-リノレン酸含有量のえごま油となったのです!

a0254656_17374460.jpg「FLCパートナーズストア」では、完全無農薬・完全無化学肥料で育てた、熊本県菊池市、菊池水源産のえごまの実を使用した白えごま油『ピュアホワイト』に加え、『えごま油』及び『焙煎えごま粒(実)白・黒』を大好評販売中です!

↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
菊池水源産『えごま』


a0254656_17502279.jpg生産地と生産者の紹介をしましょう!
「FLCパートナーズストア」で販売している、『ピュアホワイト』、『えごま油』、『焙煎えごま粒(実)(白・黒)』は、熊本県菊池市、菊池水源地区で、完全無農薬・無化学肥料で栽培したえごまから作ったものです。
こちらは、収穫直前の白えごまの様子です。
エゴマは、シソ科に属する植物で、その葉っぱも食用とされますが、弊社では収穫したその種子を『えごま油』、『焙煎エゴマ粒(実)』として販売しています。

a0254656_17561128.jpg菊池水源は、その名の通り“水の源(みなもと)”に位置する地区で、1級河川「菊池川」の支流に位置しています。
清らかな水と澄んだ空気、豊かな土壌で、農薬や化学肥料を一切使用せずに育てられました。

a0254656_17592966.jpgこちらが生産者の皆さんです。
熊本県菊池市、菊池水源地区で、NPO法人『きらり水源村』の「エゴマ部会」の皆さんと共に毎年栽培しています。
奥には阿蘇5岳の1つ、“鞍岳”の雄大な姿を望むことができます。

a0254656_18103354.jpgちょうど1週間前の5月15日、平成29年度の第1回エゴマ部会会議が開催されました。
今年度の作付面積の確認や、無農薬・無化学肥料栽培の取り決めなどを行いました。

a0254656_18132714.jpg「FLCパートナーズストア」を運営する、株式会社旬援隊代表取締役の私(笠泰紀)も「えごま部会」の一員で、菊池水源産『えごま油』や『焙煎えごま粒(実)白・黒』の生産者の一人です。
「えごま部会」では、ほとんど黒えごまを生産しています。

a0254656_18384689.jpgえごまの生産は、収穫後がかなりの手間ひまを要します。
しっかりと乾燥させ、脱穀し、唐箕にかけて、洗浄し、さらに乾燥させ、選別作業を行い出荷です。
私が生産している白えごまは、中世の品種のため、その作業がちょうど稲刈りと重なります。

a0254656_18420595.jpgそのため、えごま部会の皆さんは白えごまではなく、晩生の品種の黒えごまを生産しているのです。
私と、一部の有志の方とで、白えごまは育て、出荷しています。
昨年までは、黒えごまを『えごま油』と『焙煎えごま粒』に加工し、白えごまは『焙煎えごま粒』にのみ加工してい販売していました。

a0254656_18472630.jpgそんな中、白えごまで『えごま油』を作ったらいいのでは?と思い、平成28年度産のものを搾油しました。
それは、私が個人的に白えごまの方が美味しいと感じたからです。

a0254656_18545077.jpg『焙煎えごま粒』として販売するからには、絶対に異物混入があってはいけないため、とことん選別作業を行っています。
あるえごま油生産者の方は、搾油の前に選別はおろか、唐箕がけも洗浄もせずにそのまま搾油しているという話も聞きました。

a0254656_19005318.jpg一切の不純物を手選別で抜き出した、完全に白えごまのみで搾油した純度の高い『白エゴマ油』は、とても透き通った琥珀色をしています。
さらに、その味たるや全くエグミがなく、えごま油特有の生臭さのようなものも感じません。むしろ、とても美味しいピュアオイルとなったのです。
※気温低下や冷蔵庫での保管をすると濁る恐れがありますが、常温に戻すとまた透明なオイルに戻ります。

a0254656_19090879.jpg菊池水源産の完全無農薬、完全無化学肥料で栽培した、不純物が一切ない白えごまのみを使用し搾油したこの白えごま油を、『ピュアホワイト』と命名し販売することにしました。

a0254656_19200645.jpgとことん品質にこだわり生産した『ピュアホワイト』は、α-リノレン酸を豊富に含む白えごま油です。
これから、新たに搾油し商品生産予定ですが、次回の入荷日は未定のため現在は、初回の搾油分のみを数量限定での販売しています。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページの『菊池水源産えごま』のページにお進みください!
ご来店お待ちしてます!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2017-05-22 19:21 | エゴマ | Trackback | Comments(0)