ブログトップ

FLCパートナーズストア

flcps.exblog.jp

<   2015年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

有機栽培の水田ごぼう ごぼうの種まきに向けて耕運作業

FLC日記 2015年11月30日(月) くもり時々晴れ

a0254656_1717532.jpg「FLCパートナーズストア」では、「牛島農園」さんの、完全無農薬・完全無化学肥料の有機栽培で育てた『水田ごぼう』を、ネット独占販売しています。
こちらは、その中の『カットごぼう』です。
販売期間は、5月中旬から6月下旬まで!
平成28年度の収穫へ向け、ゴボウの種まきの準備(耕運作業)を現地取材してきました。
a0254656_1718051.jpg
ここは、熊本県菊池市にある、「牛島農園」さんの無農薬・無化学肥料で育てた有機栽培の『水田ごぼう』の栽培場です。

a0254656_1720356.jpgあえて、お米を育てる“水田(田んぼ)”や、野菜を育てる“畑”と表記しなかったのは、ここが水田でもあり畑でもあるからなんですよ。
『水田ごぼう』は、お米を育てる水田で育てられるごぼうです。

a0254656_1724587.jpgこちらは、5月上旬に行われた、収穫(ごぼう掘り)の様子です。
熊本県菊池市は、『水田ごぼう』栽培の発祥の地で、現在もその生産量は日本一です!!
種まきの前の現在の作業で、田んぼを深く掘り返し育てることで、まっすぐで、香りがきわだち、味も良いごぼうが育ちます。
しかも、有機栽培(完全無農薬・無化学肥料)の「牛島農園」さんの『水田ごぼう』は、その安全面からも大変人気の高い商品です。

a0254656_1732545.jpg「牛島農園」さんは、代表の牛島武文さん、息子さんの牛島修さんの親子の匠で、様々なこだわりの農作物を育てています。
本日紹介する『水田ごぼう』の他にも、同じく有機栽培で育てた『キャベツ』や『白菜』、さらには減農薬栽培で育てたいちご『完熟紅ほっぺ』などなどです。

a0254656_1751241.jpg「イチゴは“減農薬栽培”、キャベツやゴボウや白菜は“有機栽培”と、きちんとわかるようにお客様に伝えにゃんばい!!」
牛島さんは、いつもそうお話しされます。

a0254656_17524472.jpgイチゴは、次の世代を育てる夏の時期に、どうしても病気や害虫対策として、最小限の農薬を使わねばならず、あくまでも“減農薬栽培”なので、その違いを分かるようにしてほしい!と、安全・安心にこだわりぬいているのです。

a0254656_17334569.jpg『紅ほっぺ』は、その名の通り“紅色の”美しい果皮と、果肉の中も赤く色づいているのが特徴です。
朝摘みのみずみずしさと、甘い果汁をぜひご堪能ください。
こちらも「FLCパートナーズストア」で、大好評販売中です!!

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産新鮮いちご』


a0254656_17594432.jpg「牛島農園」の牛島武文さんです。
「おはようございます!今年も『水田ごぼう』の栽培がいよいよスタートしましたね!」というと、
「そうね!昨年も取材に来たろ?なんね、こぎゃんして毎年来るとね?」と牛島さん。

a0254656_1824583.jpg「基本的に私は毎年、年間を通して現地取材をして惜しまぬ手間ひまや作物の育つ様子を紹介したいんです!!こうしてその様子を見るのも面白いから!だから、来るなと言われても来ますよ!(笑)」と言うと、
「ハハハッ!俺たちにとっては、当たり前のことばってん、そぎゃん面白かね?(笑)」と牛島さんも笑っています。

a0254656_18124692.jpgしかし、この耕運作業こそが『水田ごぼう』をまっすぐで、香りがきわだち、味も良く育てるための大事な作業なのです。
畝(うね)も含めると約70cmほど掘り返し、ふかふかの土でごぼうを育てるのです。

a0254656_18165250.jpg通常の耕運機とは全く異なる仕組みの機材で深く深く掘り返します。
三角になっているベルトの部分が回転し、深く柔らかく掘り返すのです。

a0254656_18202359.jpg一方修さんは、肥料の散布を行っていました。
左の白い粉のようなものは、貝殻を細かく砕いたものです。
現在散布しているのは、リン酸でいずれも自然界から作ったもので、化学肥料ではありません。

a0254656_18225875.jpg「笠さんは、収穫もみとるけん知っとるでしょうけど、根の部分だけを収穫して、ゴボウの葉や茎は全て土に戻してるでしょ?でもごぼうとして収穫した部分だけは、田んぼから栄養分を奪ってるわけだけん、その分をこうして補ってるんですよ。」と修さん。

a0254656_18322197.jpg「隣の田んぼはもうごぼうの種まきも終わったとたい。ここも雨の降る前に畝だけは立てとかんといかんけん、今朝も早くからしよったとたい。」
私がうかがったこの日は、お昼から雨の予報で、雨が降るとぬかるんで作業ができないのです。

a0254656_18343361.jpgこちらが種まきを終えた田んぼです。
どこにどう植えてあるのかわかりませんよね!
昨年の取材で、その様子を詳しくご紹介していますので、興味のある方はご覧ください!

↓ FLC日記 2014年11月24日(月) ↓
有機栽培の水田ごぼう
ごぼうの種まき その2


a0254656_1843669.jpg来年5月の収穫に向け、「牛島農園」さんの有機栽培の『水田ごぼう』の本格栽培がスタートしました。
親子の匠により、惜しまぬ手間ひまをかけ、大切に育て上げられる“本物”と呼べるごぼうです。

a0254656_18461748.jpg「FLCパートナーズストア」では、「牛島農園」さんの、完全無農薬・完全無化学肥料の有機栽培で育てた『水田ごぼう』を、平成28年度もネット独占販売いたします。
これからも、『水田ごぼう』の成長の様子や惜しまぬ手間ひまなど、現地取材にてご紹介していきます。
お楽しみに!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-11-30 18:49 | 有機栽培の水田ごぼう | Trackback | Comments(0)

家庭料理大集合!『水源食の文化祭』2015 くまモンも来たよ!!

FLC日記 2015年11月29日(日) くもりのち雨
本日、2015年11月29日(日)待ちに待った、『水源食の文化祭』が開催されました。
今年も、家庭料理大集合!「水源 食の文化祭」に行ってきました!!
a0254656_19495252.jpg

a0254656_19504635.jpgご覧ください!
今年は、過去最高の約350名の方々が、菊池市はもちろん、熊本県内や県外からも来場いただき、この賑わいです!
会場は、熊本県菊池市、菊池水源にある「きくちふるさと水源交流館」の体育館です。

a0254656_19531378.jpg「水源 食の文化祭」とは、熊本県菊池市菊池水源の各地域や団体が、自慢の家庭料理を毎年秋に年1回行う振舞うイベントで、毎年たくさんの来場者が訪れます。

a0254656_1955744.jpg「きくちふるさと水源交流館」は、廃校となった「菊池東中学校」跡地を利用した菊池水源地域の活性を目的とした施設です。
その「きくちふるさと水源交流館」は、NPO法人「きらり水源村」が、指定管理者として事業企画し、管理運営しています。

a0254656_19583136.jpg当時の校舎をそのまま活かしたノスタルジックな雰囲気も良いですよね。
「きらり水源村」は、『地域活性化(=まちづくり)』、『都市山村交流(=グリーンツーリズム)』、『子どもの生活圏づくり(=スローライフ)』の3つのキーワードを軸に、校区民を中心に構成されたNPO法人です。
「きらり水源村」は、「平成24年度地域づくり総務大臣賞」を受賞し、全国的にも注目されています。


a0254656_2011512.jpg「きらり水源村」では昨年から、菊池水源を流れる用水路「原井出(はるいで)」を利用し、カヤックで井出を下る、九州で唯一の井出を使ったアトラクション『イデベンチャー』も行いました。

a0254656_2031494.jpg橋をくぐり、トンネルを抜け、時には急流にカヤックを任せて進みます。
大人も子供も楽しめ、今年は1,000名を超える参加者がありましたよ。
私も今年だけで2回も参加し、スリル満点の『イデベンチャー』を体験しました。
詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

きくちふるさと水源交流館ホームページ
http://www.suigen.org/



a0254656_2064341.jpg開催時刻の12:30の前にはすでに、たくさんお方が来ています。
受付では、本日のしおりと、お箸、それから手作りの“入場パス”を受け取ります。
“入場パス”を首から下げておけば、会場を自由に出入りできるのです。
ちなみに、入場料は大人1,000円、小学生:300円、未就学児:無料
自慢の郷土料理を食べ放題ですから、人気なはずですよね!

a0254656_2081637.jpg会場の体育館に入るとすぐに、各地域から出品された自慢の家庭料理がディスプレーされています。
懐かしいおばあちゃんの田舎料理がどれもすごく美味しそうです!

a0254656_2095015.jpgちょと自慢していいですか?
私が暮らし、株式会社旬援隊がある「伊牟田地区」からは、毎年恒例の『栗万十』です。
この「栗万十」は、私のおば(氏森由井子)が考案し、この伊牟田地区で広めたものです。
今では、すっかりおなじみの大人気商品となり、これだけを目当てに来る方も多いとのことでした。
あまり甘いものを食べない私も、この「栗万十」だけは大好物です!栗とあんこ、それを包む外の皮がしっとりとしていて、本当に美味しいんですよ!!

a0254656_20114582.jpg「きらり水源村」理事長の岩崎良美さんの挨拶の後、ご来賓の方の挨拶、諸注意、各出品料理の紹介があり、いよいよ試食会のスタートです。
美味しい料理を前に、みなさんは話半分くらいしか聞いていなかったのではないでしょうか!(笑)

a0254656_20132667.jpgみんなで「いただきます!」と唱和し、会場に用意されたお皿やおわんを手に一斉にお目当ての料理へと向かいます。
今年から、お料理の提供をスタート時と遅れてこられた方用に、13:30の2回に分けたのですが、早く来た方は、そんなの待ちきれませんよね!(笑)

a0254656_20145498.jpg今日はとても寒く、あったかい汁物やカレーも人気のようでした。
ご飯もの、おかず、それにデザート!
皆さんとってもおいしそうに食事を楽しんでいます。

a0254656_2017624.jpgちなみに、私が毎年楽しみにしているのが、熊本の郷土料理『のっぺ汁』です。
今年も、塚原地区のみなさんが出品されていました。
ダイコン、ニンジン、サトイモ、こんにゃく、鶏肉などをさいの目に切って、お醤油ベースで煮込んだ料理です。
とろみの付いたスープを、全部飲み干すほどに美味いんです!!

a0254656_2023975.jpg今年は、初めての試みとして、菊池養生園から食事を考える企画を開催されました。
お好みの料理(サンプル)をトレーに乗せ計測すると、そのカロリーや栄養バランスを瞬時にデータ化してくれます。

a0254656_20233733.jpg「これでは、カロリーが多いようで、野菜不足になっちゃいます。できれば、ご飯を少なめにして、この野菜料理をも1品増やしてみてはいかがですか?」
「なるほど!さっそく、今日の夕食に取り入れてみます!」
そんなとても、体に良いためになるやり取りが行われていました。

a0254656_2025495.jpgお子さんが楽しめる企画も用意してありました。
人形劇です。
「シローおじさんの箱回し」で、2話のお話が子供たちをひきつけていました。
出演:伊東史郎さん(人形劇団ひとみ座)

a0254656_20281456.jpg菊池水源で採れた、朝採りの新鮮野菜やフルーツの販売も行われていました。
私も、収穫したばかりの『水源キウイ』を出品しましたよ。
無農薬・無化学肥料で育てたキウイです。
現在、「FLCパートナーズストア」のホームページで大好評販売中です!


↓ 今すぐ購入したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
FLCパートナーズストア
『水源キウイ』



a0254656_20294031.jpgさぁ、そうこうしていると、なんだか会場がざわめきだし、なんと「くまモン」が来てくれたのです!!
子供たちは大興奮!
まずは会場内を走り回り、皆さんにご挨拶です。
大人の方は、写真を撮りまくりです。
私もその中の一人ですが・・・(笑)

a0254656_20371077.jpg一緒に「くまモン体操」を踊って、「餅まき」もして、気軽に握手や写真撮影にも応じてくれました。
でも、くまモンはかなりいたずらっ子のようでした。
最後の締めの挨拶をしている、平山館長に後ろからちょっかいを出してます(笑)。

a0254656_20391469.jpgそうそう!
忘れてならないのが、今回の「水源 食の文化祭」の総合司会をしていただいた風戸直子さんです。
テレビ熊本の元アナウンサーで、現在はフリーでラジオのパーソナリティーやイベントの司会などで活躍中です。
趣味は、ジョギングと農作業とのこと。
とても楽しい司会進行をしていただき、本当にありがとうございました。

a0254656_20404887.jpg家庭料理大集合!「水源 食の文化祭」は、今年も大盛況でした。
たくさんの美味しい家庭料理をおなかいっぱい食べて、たくさんの笑顔に出会うことができました。
a0254656_20434196.jpgどれもこれも本当に懐かしい、手作りのあたたかい家庭料理です。
今年も、とても素敵なイベントに参加できました。
毎年1回だけ、この時期に開催される「水源 食の文化祭」は、おススメのグルメスポットですよ。
「水源 食の文化祭」来年もまたぜひ参加したいと思います。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2015-11-29 20:44 | FLC | Trackback | Comments(0)

マスクメロン「アールスメロン」 次回は12月8日頃出荷予定!今年の最終発送です!!

FLC日記 2015年11月28日(土) くもり
「FLCパートナーズストア」では、「島村温室」さんの高級マスクメロン『アールスメロン』をネット販売しています。
次回は、12月8日(火)頃の発送予定で、今年の最終発送です!
現在、先行予約受付中です。
数量限定の販売のため、ご注文はお急ぎください!!
a0254656_16202815.jpg

a0254656_16242114.jpg「嶋村温室」代表の嶋村紀彦さんは、マスクメロンで農林水産大臣賞を受賞した経歴の持ち主です。
メロンの匠ともいえる嶋村さんが育てたマスクメロンの『アールスメロン』は、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。

a0254656_16322799.jpg11月の発送予定分は、大好評に付き早々に完売いたしました。
フルーツの王様とも称されるマスクメロンの最大の特徴は、やはりこのきれいなマスク(ネット)にありますよね!
a0254656_16344825.jpg
豊富な知識と経験に基づく、高い技術と惜しまぬ手間ひまが、糖度15度を超える最高品質のマスクメロンを育てるのです。

<発送予定>
11月3日(火)発送分→完売しました!
11月6日(金)発送分→完売しました!
11月25日(水)発送分→完売しました!

12月8日(火)頃発送分→予約受付中!※残りわずかです!!
(12月8日頃発送分が今年の最終発送となります)
※定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきます。

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
熊本産高級マスクメロン
『アールスメロン』



a0254656_16463469.jpg熊本市北区植木町荻迫にある、「嶋村村温室」さんの高級マスクメロン『アールスメロン』の栽培ハウスに伺いました。
私は、弊社で販売するすべての商品の作付地に伺い、現地でその成長の様子や農家さんたちの惜しまぬ手間ひまなど、年間を通して取材し、このブログで紹介しています。

a0254656_16495734.jpg苗床の様子から、定植、メロンの成長の過程、そしてこちらは、11月の出荷分を収穫する様子です。
「嶋村温室」代表の嶋村紀彦さんが、真剣な表情でメロンを収穫しています。

a0254656_16532163.jpgいつも笑顔の嶋村さんが、なんだか硬い表情だったので、「メロンはいかがですか?」と恐る恐る尋ねると、次の瞬間!
「きれいなメロンができたばい!しっかり追熟して食べると最高じゃなかろうかね!!」と、納得のこの笑顔!

a0254656_16581357.jpg形、大きさ、ネットの入り具合、美しさ、どれをとっても“本物”と呼べるマスクメロンです。
「嶋村温室」さんでは、1本のマスクメロンの株から、たった1玉のマスクメロンを育て上げ収穫します。

a0254656_176085.jpg「嶋村温室」さんのマスクメロンは『木になるメロン』として販売しています。
こちらは、9月上旬のハウスの様子です。
通常地面を這うようにして伸びるメロンの苗を、縦に伸ばして育てているのです。

a0254656_178247.jpgハウス内に立てた支柱にワイヤーをはり、それから降ろしたひもにメロンの枝を巻き付けながら育て、上に成長させているのです。
そうすることで、メロンを徹底管理することができます。

a0254656_17122933.jpgこれは、メロンの花です。
メロンには、雄花と雌花があり、自然界ではミツバチなどの昆虫が媒体となって受粉をします。
しかし、ここはハウスの中で虫たちがいません。

a0254656_17132638.jpg「嶋村温室」さんでは、雄花の花粉を筆につけ、雌花に移し1つ1つ手作業で交配(受粉)作業を行っています。
しかも、12~13節目に咲く雌花と決まっているのです。

a0254656_17193990.jpg「根元から果実までの葉っぱで、メロンの果実は大きく成長し、そこから上の葉っぱで甘く育つとたいね。そのバランスはとても重要で、下すぎると縦に長いメロンになるし、植えすぎると少し平べったいようなメロンになるとたい。だけん、12~13節あたりに3つ着果させて、最終的に1つにしてそれを大切に育てるとたいね。」
その取材の際に嶋村さんはそう話しました。

a0254656_17234134.jpgこちらは、後日行われた摘果作業の際の写真です。
同じように育てても、メロンの1株1株はやはり異なります。
そこで、その1株1株と向き合い、匠の判断で残す1玉の果実を選ぶのです。

a0254656_17295796.jpg選ばれたメロンは、こうして傷つけないように吊るして大切に育てられます。
ここからがさらに匠の技が活きてきます。
ベストな温度管と水管理で至高の1玉に仕上げていくのです。

a0254656_17325068.jpg最後の仕上げに、収穫までの最後の1週間ほどは、メロン1玉1玉を新聞紙で包み育てます。
そうすることで、収穫後もメロンにキズが付くのも防いでいるのです。

a0254656_17351814.jpg出荷場で新聞紙をとり、並べられたメロンたちは、なんだか輝いて見えました。
惜しまぬ手間ひまと、高い技術力で育てられた至高のマスクメロンたちです。

a0254656_17375642.jpg「朝採りのメロンを即日発送するので、届いたら追熟させてください。
この元気なアンテナ(ツル)がしなびれて少し色が変わり、メロンのお尻のところを指でそっと押して柔らかくなったら食べごろですよ!」
メロンの匠が、自信をもっておススメするマスクメロンたちです。
a0254656_1741481.jpg

a0254656_17423785.jpg「FLCパートナーズストア」では、「嶋村温室」さんの、熊本産高級マスクメロン『アールスメロン』を、数量限定、完全予約制で販売中です。
お歳暮やクリスマスプレゼントのギフト発送も承っております。
定数になり師立ち締め切らせていただきますので、ご注文(ご予約)はとにかくお急ぎください!
下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、『熊本産メロン』のページへお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-11-28 17:44 | 熊本メロン | Trackback | Comments(0)

スナップエンドウ「シャキ甘“菊光”」 人気のスナップエンドウ!大好評発売中!!

FLC日記 2015年11月27日(金) 雪(初雪&積雪)のちくもり時々晴れ
シャキッとした食感と共に、スナップエンドウ本来の甘さが口いっぱいに広がる、「稲田農園」さんが育てたスナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』の収穫がスタートしました!!
スナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』は、「FLCパートナーズストア」のネット独占販売商品です!!
a0254656_16555811.jpg

a0254656_172198.jpg有機肥料をふんだんに与えた元気な土と、「稲田農園」さんの惜しまぬ手間ひまで育てられたスナップエンドウは、その名の通りシャキシャキの食感とスナップエンドウ本来の甘さで大人気!
朝採り、即日出荷で全国のお客様へ大好評販売中です。

a0254656_17203247.jpg収穫したスナップエンドウから、大きさ、形、キズの有り無しをしっかり選別した“極選”のスナップエンドウをお届けします。
写真は1kg箱入り。
500gでの販売は、野菜袋に入れて出荷いたします。

熊本産 スナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』
生産者:熊本県菊池市赤星「稲田農園」さん
●スナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』1kg 2,160円(内税)
●スナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』500g 1,296円(内税)

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ!! ↓
「FLCパートナーズストア」
スナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』


a0254656_17273466.jpgここはh、熊本県菊池市赤星にある、「稲田農園」さんのスナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』の栽培ハウスです。
「稲田農園」の稲田光児さんが朝早くから収穫作業を行っています。

a0254656_173437.jpgこのあたりは、すでにこの時期の収穫を終えたとこのようです。
次の収穫へ向け、上の方にはたくさんの花が咲いていました。
「しっかり手をかけて育ててあるので、スナップエンドウたちはすごく元気ですね!」と言うと、
「今日はちょっと寒かばってん、秋らしくない暑さだったけん、大変ばい。」とのこと。

a0254656_17442779.jpg「ん?暑いといけないんですか?」と尋ねると、
「こうして順番に収穫するとばってん、収穫のベストの時期があるたい。しっかり実っとるけん作業が追い付かんとたい。」

a0254656_1815071.jpg「後で見てくると良かばってん、隣のハウスには次の種まきもして芽の出とるけん、支柱立ててネットをはってという作業もせにゃんだったけん、ここ最近は同級生に手伝いに来てもらいよるとたい。」

a0254656_1844193.jpg「このハウスは収穫しながら、次に実りよるスナップエンドウに、ピシャッと手ばかけてやりたかたい!」と稲田さん。
「それって、花びらを取る作業のことですよね!」というと、
「おぉ!さすがにわかったね!その通り!」と稲田さんが笑顔で話しました。

a0254656_18112178.jpgスナップエンドウは、このような白くてかわいらしい花を咲かせます。
通常は、着果後その花びらは自然と落ちるのですが、湿度が高いときなどはそのままスナップエンドウに残るのです。

a0254656_18155218.jpg花びらが残ったままだと、そこの水分がたまり、収穫するスナップエンドウが美しく育ちません。
それどころか、病気になる恐れもあるのです。

a0254656_18181436.jpg稲田さんは、その残った花びらを1枚1枚すべて取り除き、見た目にも美しい、きれいなスナップエンドウを育て上げるのです。
その惜しまぬ手間ひまが、人気の秘密とお客様のリピート率の高さになっているのです。

a0254656_18262481.jpg私も、少しお手伝いをさせていただきました。
この花びらを、きちんと取っておくことが、あのきれいなスナップエンドウに育つ秘訣なのです。
稲田さんは、続けてこう話されました。

a0254656_18284131.jpg「前にも話したことのあるかもしれんばってん、「何もそこまでせんでも、きれいにできたとだけば出荷すると良かろたい!」って言うもんもおるとたい。それも一つの方法たいね。」

a0254656_18313269.jpg「他のもんがせんこつばするけん、自信をもってすすめられるスナップエンドウのできるとたい。」
収穫されたスナップエンドウは、稲田さんの言葉通りにきれいなものばかりでした。

a0254656_18382446.jpg隣のハウスには、種まきの時期をずらしたスナップエンドウたちが、こうして元気に芽吹いていました。
稲田さんのスナップエンドウは市場でも高い評価を受け、できる限り長期にわたって出荷してほしいとの要望に応えてのこのハウスなのです。

a0254656_18413652.jpg「忙しすぎて、ひげ剃る暇もなかけん、今日はもう写真は取らんで良かばい(笑)。ひげは剃らんでもなんとかなるばってん、スナップエンドウはしっかり手をかけんと良かとには育たんけんね。手ばかけるとちゃんと答えてくれるけん、やりがいはあるよね!」
取材の最後に、稲田さんは、そんなことを言いながらスナップエンドウをとても優しいまなざしで見つめていました。

a0254656_1850171.jpg
「FLCパートナーズストア」では、「稲田農園」さんのスナップエンドウ『シャキ甘“菊光”』をネット独占販売中です。
『シャキ甘“菊光”』をネット独占販売中です。

a0254656_18484219.jpg有機肥料をふんだんに使った元気な土と、稲田さんの熱い情熱で手間ひまかけて育てられた美しいスナップエンドウですよ。
ご注文(ご予約)は下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-11-27 18:52 | 旬の食材 | Trackback | Comments(0)

熊本産高級イチゴ 平成27年度の予約発売スタート!!(さがほのか編)

FLC日記 2015年11月26日(木) くもり時々雨
昨日に続き、「FLCパートナーズストア」がお届けする、『熊本産高級いちご』のご紹介です。
大きくて、甘くて、香り高く、真っ赤な新鮮イチゴ・・・
数あるフルーツの中でも、常に人気が高いのがイチゴですよね!
「FLCパートナーズストア」では、今年度も匠の農家さんが育て上げた、熊本産の新鮮イチゴをネット独占販売いたします。
a0254656_17123157.jpg
本日は、こだわりの栽培と美味しさの秘密を紹介する第2弾!
高級イチゴ!
「杉本農園」さんの『さがほのか』編です!

a0254656_17175352.jpg高級イチゴ『さがほのか』は、鮮紅色のあざやかな色合いと、芳醇な香り、美しい円錐形の形状でとても人気の高いイチゴです。
とりわけ、他のいちごとは比較できないほどの、イチゴの香りの強さは驚きですよ!!

a0254656_17215257.jpg果肉は白く、食味は割としっかりしています。
果肉がギュッとしまっているので、他のイチゴの果肉によくある、果肉の空洞はほとんどありません。
とてもさわやかな酸味に加え、甘みが前面に出てくるようなみずみずしい果肉は、お子様からお年寄りの方まで多くの方に大変好まれる高級イチゴです!!

a0254656_17242434.jpg「FLCパートナーズストア」では、いちごの匠「杉本農園」さんの、熊本いちご『さがほのか』を今年もネット独占販売いたします!
初回出荷は、12月1日(火)です!

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産新鮮いちご』


生産者の「杉本農園」さんのこだわりの栽培法と、生産地の様子をご紹介しましょう!!

a0254656_17283735.jpgここは、熊本県山鹿市にある「杉本農園」さんの連棟建ての広い広いイチゴの栽培ハウスです。
とても、1枚の写真ではおさまりきれないほどの広大なハウスなのです。

a0254656_17324612.jpg「杉本農園」さんは、年間を通してイチゴだけを栽培する“イチゴ専用農家さん”です。
お父さんの杉本憲治さんとお母さんの洋子さんが、長年培ってきた経験と技術を、息子の一博さんがさらに進化させ、最高級のイチゴを育てています。
現在は、収穫へ向けイチゴの葉っぱと果実を分ける“玉出し”と呼ばれる作業を終えたところです。

a0254656_17464951.jpgしっかりと色づき、収穫を待つばかりの『さがほのか』もありました。
やはり『さがほのか』は、このいちごらしい円錐形の形状が魅力的です。
さらには、他のいちごを圧倒する芳醇な香りも人気の秘密です。

a0254656_17521278.jpg「杉本農園」さんでは、一昨年までは数種類のいちごを育てていました。
その頃は、“玉出し”を、このように竹串とひもを使って行っていました。
しかし、昨年より『さがほのか』1本に絞り込み栽培しています。

a0254656_17564190.jpg「杉本農園」の杉本一博さんです。
「品種を1つに集中することで、さらに徹底管理ができ、最高の『さがほのか』を育てたいと思うんですよ。昨年まで栽培していた、『紅ほっぺ』や『太陽ベリー』も良いイチゴでしたが、『さがほのか』の方が日持ちが良いんです。それに、やはりこの香りが最高なんです!!」

a0254656_1814154.jpg「栽培方法も変えたんです。今までの竹串とひもを使っての“玉出し”から、しっかりと花や果実を葉っぱと分けれる、この柵を使ってるんです。それと畝(うね)の中央に実らせるように変えました。」

a0254656_1863763.jpg「『さがほのか』は、他のいちごよりもさらに果実にしっかりと日が当てないと美味しく甘くならないんです。そのためには、しっかりと柵で葉っぱと果実を分ける必要があったんです。そうすることで、果実が実るこの中央部にクッションになるネットも配置することができ、高品質の『さがほのか』を実らせることができます。」

a0254656_1812021.jpg「父と母と私とで話し合い、『さがほのか』1本で行くと決めた時は、若干の不安もありましたが、むしろワクワクしましたね!1種類の絞ることで、徹底的に手をかけてあげることができると思ったので、本当に高品質ないちごができました。」

a0254656_18144622.jpg「そうですよね!昨年は同じお客様がシーズン中に3回もリピート購入いただきましたもんね!あっ!そのお客様は今年の初回発送分ですでのご予約いただいていますよ!」と私が言うと、
「いやぁ~、うれしいですね!!今年もいいものをお届けしないといけませんね!」一博さんは思わず笑みがこぼれました。

a0254656_1823713.jpg「今年も農薬散布をせずに、例のアレで元気な苗を育ててるんですよね!」と尋ねると、
「えぇ!“チリカブリダニ”のことですよね!」と一博さん。
イチゴ栽培で最も怖いのは、“ハダニ”と呼ばれる害虫ですが、「杉本農園」さんでは、安心・安全な方法でそれらを駆除しています。

a0254656_1827058.jpgチリカブリダニは、カブリダニの1種で、イチゴの生育に悪影響を及ぼすハダニを食べる生物です。
以前は、農薬を散布することで害虫駆除をしていましたが、今は安全・安心なイチゴを育てる為に、“チリカブリダニ”を使用しています。

a0254656_18294562.jpgチリカブリダニは、カブリダニの1種で、イチゴの生育に悪影響を及ぼすダニを食べる生物です。
ハダニもチリカブリダニも口に入っても全く問題ないものですが、ハダニはイチゴに害を及ぼし、その害を及ぼすハダニを食べてくれるのがチリカブリダニと言うわけです。

a0254656_1832063.jpgさらに、昨年からは、チリカブリダニに加えて、同じ働きのミヤコカブリダニも散布しました。
それぞれの活動時期が異なるため、長期にわたって農薬を使用せずに元気なイチゴを育てるためです。
農薬や防虫剤を使うことなく、いちごに害を及ぼす“ハダニ”をエサとしするため、安全で安心ないちごを育てることができます。
「杉本農園」さんの、安心・安全ないちごへのこだわりです。

a0254656_18394819.jpg「杉本農園」さんは、安全で美味しいこだわりのイチゴ『さがほのか』を栽培しています。
果肉は、全体的に白く、中心部の空洞ができにくく詰まっています。
『さがほのか』は、鮮紅色のあざやかな色合いと、芳醇な香り、美しい円錐形の形状、さらにはさわやかな酸味に加え、甘さが前面に出ることでも、とても人気の高いイチゴです。

a0254656_18404871.jpg「FLCパートナーズストア」では、「杉本農園」さんが、安全にこだわり、美味しいにこだわった『さがほのか』をネット独占販売いたします。
12月1日(火)よりの発送をスタートいたします。
完全予約制の数量限定での販売です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-11-26 18:44 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

熊本産高級イチゴ 平成27年度の予約発売スタート!!(完熟紅ほっぺ編)

FLC日記 2015年11月25日(水) くもり
大きくて、甘くて、香り高く、真っ赤な新鮮イチゴ・・・
数あるフルーツの中でも、常に人気が高いのがイチゴですよね!
「FLCパートナーズストア」では、今年度も匠の農家さんが育て上げた、熊本産の新鮮イチゴをネット独占販売いたします。
a0254656_16534135.jpg
本日は、こだわりの栽培と美味しさの秘密を紹介する第一弾!
高級イチゴ!
「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』編です!

a0254656_16575194.jpg『紅ほっぺ』は、なんといってもこの紅色の鮮やかな果肉が特徴のイチゴです。
美しい色合い、甘そうな果肉。
普通のイチゴと、一線を画すと言われる高級イチゴなんです。

a0254656_1725435.jpgその1粒1粒の大きさと、紅色の果実の美しさ、イチゴ本来の酸味と糖度13度の甘さで、全国的にも大変人気の高い品種です。
「FLCパートナーズストア」では、今年も「牛島農園」さんの朝採り『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売いたします。
初回出荷は、12月1日(火)です!

↓ 今すぐご注文(ご予約)したい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
『熊本産新鮮いちご』

それでは、生産者の「牛島農園」さんの生産地とこだわりをご紹介しましょう!!

a0254656_1754397.jpgここは熊本県菊池市にある、「牛島農園」さんの『紅ほっぺ』の栽培ハウスです。
左は、「牛島農園」さんの、有機栽培(無農薬・無化学肥料栽培)のキャベツの畑です。

a0254656_1775729.jpg「牛島農園」代表の牛島武文さんです。
牛島さんは息子さんの修さんと二人で、様々な“本物”と呼べる食材を育てています。
「俺が育てるキャベツや白菜、水田ゴボウは、無農薬・無化学肥料の“有機栽培”。ばってん、あくまでイチゴは“減農薬栽培”たいね。そこは、お客様に必ずわかるように伝えにゃんばい!!」」
牛島さんは常々そう話します。

a0254656_17182110.jpgハウスの中では、まもなく収穫を迎える『紅ほっぺ』が元気に育っていました。
この時期には、もちろん一切消毒はしません。
それどころか「牛島農園」さんでは、ボイラーを炊き加温することもせず、無加温栽培なのです。

a0254656_1721599.jpg今摘み取ったイチゴをその場で試食させていただきました。
当然、洗うなんてしてませんよ!
糖度13度にもなる甘さと、イチゴらしい酸味のバランスがバツグンなんです!!

a0254656_17264062.jpg栽培ハウスのすぐ隣にある、イチゴの苗床の夏の様子です。
イチゴは、多年生植物で、親株からランナーで新しい株を増やし、それをハウスに定植し育てるのです。
どうしても夏の苗床の時期だけに、害虫や病気が出る恐れがあるので、最小限(慣行栽培の半分だけ)の農薬を使用します。
しかし、農薬を使用することは間違いないので、“減農薬栽培”としているのです。

a0254656_17372799.jpg「牛島農園」さんでは、様々なこだわりの食材を育てています。
最もこだわっているのは、安全性!
すでに、40年も前から、完全無農薬・無化学肥料の有機栽培でキャベツ、白菜、水田ゴボウを育てています。

a0254656_17384971.jpgキャベツ、白菜、水田ごぼうを「有機JASマーク」を取得して出荷しています。
もちろんそれらも、「FLCパートナーズストア」で、キャベツ、白菜は冬に、水田ゴボウは春先から販売いたします。

a0254656_1746613.jpg「牛島農園」さんは、安全性のみならず“美味しさ”にもとことんこだわっています。
ですから、「牛島農園」さんの紅ほっぺは、『完熟紅ほっぺ』です。
しっかりと完熟させると、イチゴ本来の美味さになるからです。

a0254656_1752775.jpg本日私が試食させていただいたこのイチゴは、実はまだ商品とすべきイチゴではないのです。
ヘタに近い部分が、しっかりと完全に色づいていないからです。

a0254656_17571736.jpgこれは、昨年の収穫の取材の際に撮影したものです。
ご覧下さい!
こうして完全に熟したものだけを、出荷日の朝に収穫し、即日発送するのです。
ですから、完全予約制の数量限定販売です。

a0254656_186598.jpgこちらは、お買い得な300g×4パックの『完熟紅ほっぺ』です。
初回販売から、冬の期間だけの限定商品です。
春先からは、暖かくなりチルド便で送っても、完熟のこだわりゆえに、配送途中でどうしてもイチゴが傷む可能性があるからです。

a0254656_18145626.jpgこちらは、平積みの200g×4パックの『完熟紅ほっぺ』です。
初回販売から、収穫を終える4月上旬まで販売しますが、もちろん完全予約制・数量限定販売です。

a0254656_1832241.jpgこちらは、10月中旬に行われた、マルチビニール張り作業の様子です。
私は、弊社で販売する作物の全ての作付地に伺い、年間を通して現地取材を重ね、このブログで紹介しています。
修さんがとても丁寧に、しかもとても手際よく、イチゴを栽培する畝(うね)に、マルチビニールをはっていました。
「修さん!昨年購入いただいた方から、「今年の初回発送分で注文をお願いします!」と予約のお電話をいただきましたよ!」と言うと、

a0254656_1838558.jpg「わぁ~!それは嬉しかですね!ばってん、俺と親父とでピシャッと手ばかけれるだけしか作りよらんけん、その中から選び抜いて出荷するけん、今年もどうしても数量限定になりますよ!」とのこと。

a0254656_18394715.jpg「牛島農園」さんの『完熟紅ほっぺ』は、こだわりの完熟イチゴを朝採りで収穫し、さらに選びに選び抜いた“極選”のイチゴなのです。
安全に作り、美味しく育てあげてるからこそ、毎年多くのリピート購入をいただく大人気商品です。

a0254656_18433924.jpg「FLCパートナーズストア」では、こだわり農家の「牛島農園」さんが、減農薬で育て上げた『完熟紅ほっぺ』をネット独占販売いたします。
12月1日(火)寄りの発送予定です。
ただし、“完熟”、“朝摘み”にこだわる、「牛島農園」さんゆえの、完全予約制の数量限定販売とさせて頂いております。
お届けは、遅くとも出荷の翌々日です。
朝摘みの新鮮さ、完熟の美味さを存分にご堪能いただけると思います。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてホームページへお進みください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-11-25 18:46 | イチゴ | Trackback | Comments(0)

株式会社旬援隊 自ら育てる経験を活かし本物を販売するこだわりと、かわいい来訪者たち

FLC日記 2015年11月24日(火) くもり時々晴れ

a0254656_17291425.jpgここは、熊本県菊池市、菊池水源の“山奥”にある株式会社旬援隊の本社所在地です。
株式会社旬援隊では、ネットショップ「FLCパートナーズストア」を運営しています。
「FLCパートナーズストア」は、インターネットを通じ、全国のお客様に、熊本の“最旬”食材をご紹介し販売しています。
a0254656_17364235.jpg
現在は、『香り高きゆず』や『山あいの種なしかぼす』、『熊本の美味しいお米』、『水源キウイ』など、秋の食材が目白押しです。
a0254656_17305246.jpg

a0254656_1732121.jpgとりわけ、12月22日の『冬至用のゆず』は、先行予約で大好評発売中です。
『冬至用ゆず』は、数量限定での販売です。
定数になり次第締め切らせていただきますので、ご注文(ご予約)はお急ぎください。
いずれも、ここでしか買えないものばかり!
ホームページものぞいてみてください!!

ホームページはこちら



a0254656_17425854.jpg「FLCパートナーズストア」で販売する商品は、全て私(株式会社旬援隊代表取締役笠泰紀)が、栽培地に伺い、現地取材をしています。
これは、まもなく今シーズンの販売をスタートする、熊本産イチゴ『紅ほっぺ』の現地取材の様子です。
現地取材は、収穫時のみならず、年間を通して行っています。

a0254656_1749491.jpg例えば、そのイチゴなら、夏の苗床の様子(写真)や、定植、マルチビニール張り、花咲く様子などなど、私が現地にて見て、聞いて、感じたものを毎日更新するこのブログで紹介しているのです。
a0254656_1751491.jpg
また、販売契約をしている匠の農家さんたちの“本物”と呼べる食材に加え、弊社で生産している作物も販売しています。

a0254656_181432.jpgこちらは、現在大好評発売中の『水源キウイ』の収穫の様子です。
私は、様々な食材を販売するにあたり、
1.必ず現地取材をすること!
2.自らも生産者となりその苦労や喜びを知ること!
3.消費者と生産者の両方の立場で商品を紹介すること!
この3つの理念を持ち、「FLCパートナーズストア」を運営しています。

a0254656_18182639.jpgこれは夏の写真ですが、株式会社旬援隊があるこの“山奥”は、1500坪の敷地面積があり、自ら鍬を持ち野菜を育て、13種類の果樹や様々な野菜、原木しいたけを完全無農薬で育て、烏骨鶏を飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。

a0254656_182783.jpgここがどれくらい山奥かと言うと・・・。
この道は、弊社に上ってくるための唯一の舗装道路です。
ここより山奥には誰も住んでいないので、電線はここまでしか来ていないんですよ!(笑)

a0254656_18374729.jpgその唯一の舗装道路を、かわいらしい女の子が走ってきています。
私のサラリーマン時代の後輩の娘、百々楓ちゃんです。
菊池渓谷の紅葉を見に来て、この山奥まで家族で遊びに来てくれたのです。

a0254656_18403946.jpg石崎潤、かおり夫妻と、伶くん、百々楓ちゃんです。
昨年のゴールデンウイーク以来の再会でした。
伶くんはなんだかすごく男らしくなっているように見えました。

a0254656_18514335.jpg前回来た時には、道の向こうの川沿いにある「東屋」でバーベキューをしました。
それを覚えていて、川を見に行ってそれからこの道を走って登ってきたのです。
その川は、1級河川「菊池川」の支流ですが、この時期から冬の間は、ほとんど水がない“水無し川”になっちゃいます。
それほど、山奥だということですね!

a0254656_18554011.jpg「川遊びはできないけど、その代わりキウイを取りに行こうか!」
そう言って、裏の敷地のキウイ棚に案内しました。
百々楓ちゃんは届かないのでパパに抱っこしてもらっての収穫です。
後で伶くんは必死に手を伸ばしています(笑)。

a0254656_193664.jpg「伶くん!これなら取れるんじゃない?」と私が言って、『原木しいたけ』の初めての収穫です。
「えぇ~、オレしいたけ嫌いなんだけど!でも採ってみる!!」
こうして自分で採ったしいたけなら食べてくれるかもですね!

a0254656_19121151.jpg一方、百々楓ちゃんはずいぶん大きいのを見つけたようです。
「キャハハ!ちぎれちゃった!!」
それでもこの笑顔!
子供たちの笑顔を見るのは、本当に良いものです!

a0254656_19173443.jpg「私たちはこうしてたまに遊びに来てすごく楽しいですけど、ここで作物を育てながら暮らすの大変じゃないですか?」と尋ねるので、
「そうねぇ~、そう思えば大変だけど、自分でいろいろ作ってみないと、農家さんたちの苦労はわからんけんね!」

a0254656_19285852.jpg「ここで栽培しているのは、ほとんど自家用たいね!このしいたけなんて、俺が契約している農家さんからすると、生産量も品質も足元にも及ばんよ!さっきのキウイや利平栗、烏骨鶏のたまご、春の山菜はここのオリジナルブランドとして、自信をもってお勧めしてるけどね!」と言うと、
「でも、その自分でも作るっていうこだわりが、他のネット販売の会社とは違うんだと思いますよ!」
「おぉ!そこをわかってくれる!!(笑)」

a0254656_19425866.jpg今回は、とても短い時間でしたが、昔の仕事仲間ととてもかわいいい子供たちの笑顔に、たくさんの元気と自信ををもらいました。
次回は、泊まりできてゆっくり飲もうぜ!!

a0254656_1952281.jpg自分で育てると、その作物の安心感は違いますよね。
でも、私のような生活をしていない皆さんは、なかなかそうはいきません。
ですから、私が皆さんの代わりとなり、弊社で販売している商品は全て、その作付地に年間を通して現地取材に行き、作物が育つ様子や惜しまぬ手間ひまなどご紹介しています。

a0254656_19543588.jpg私が選び抜き契約する“本物”と呼べる匠の農家さんたちの食材です。
現在、12月発送予定の高級マスクメロン『アールスメロン』の予約も受け付け中です。
11月分は早々に完売となった大人気商品です。

a0254656_2003023.jpgお米、果物、野菜、乾物、タマゴ・・・
“本物”の食材を、全国の方々にきちんとご紹介するために、農業の苦労、喜びを自ら体験しています。
そんな私だからこそ、「FLCパートナーズストア」の商品を、本当に自信をもってお勧めできるのです。
ぜひ、ホームページをご覧ください。
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-11-24 20:03 | FLC | Trackback | Comments(0)

菊池市の穴場スポット!その名も『Suigen蔵Cafe』

FLC日記 2015年11月23日(月) 晴れのちくもり
菊池水源の美味しい水で入れた有機栽培コーヒー&月替わりの手作りスイーツで、なんと300円!
本日は、熊本県菊池市で、月1回開店する、超~穴場スポット『Suigen蔵Cafe』の紹介です!!
a0254656_1785152.jpg

a0254656_19383076.jpg『Suigen蔵Cafe』が開催されるのは、「きくちふるさと水源交流館」にある、昔ながらのこの“蔵”です。
「きくちふるさと水源交流館」とは、廃校となった「菊池東中学校」を利用した菊池水源地域の活性を目的とした施設です。

a0254656_17143017.jpg菊池東中学校跡地は、当時の面影そのままで、「きくちふるさと水源交流館」と名称を変え、現在は、NPO法人「きらり水源村」が、指定管理者として事業企画し、管理運営しています。

a0254656_19484978.jpgレストランや宿泊施設もあり、菊池地域のみならず、全国より多くの方が利用している施設です。
校舎の面影の残る、温かい木のぬくもりを感じれる、ゆっくりと落ち着ける館内の雰囲気も人気です。

a0254656_19502257.jpg当時の学校の校舎をそのまま生かしているので、なんだかとても懐かしく、ノスタルジックな気分を味わえます。
この教室なんて、まるでタイムスリップしたみたいでしょ?

a0254656_19335874.jpg「きらり水源村」は、『地域活性化(=まちづくり)』、『都市山村交流(=グリーンツーリズム)』、『子どもの生活圏づくり(=スローライフ)』の3つのキーワードを軸に、校区民を中心に構成されたNPO法人です。
「きらり水源村」は、「平成24年度地域づくり総務大臣賞」を受賞し、全国的にも注目されています。

a0254656_19523884.jpgさて、本日ご紹介する『Suigen蔵Cafe』ですが、実は今回は蔵の中での開催ではありませんでした。
8月25日に熊本県に上陸した台風15号によって、蔵の壁面が崩れ、まだ修復できずにいるんです。

a0254656_1956553.jpgそこで、今回はピザ窯の前で開催されました。
月1回の『Suigen蔵Cafe』を待っていたお客様がすでにお待ちです!!
「今月のスイーツは何だろう?」なんて話されてるんですかね!

a0254656_2035859.jpgそのスイーツを準備しているのは、『きらり水源村』の茂藤さおりさんです。
特別に、準備している様子も取材させていただきました。
「今月のスイーツは何ですか?」と尋ねると
「菊池水源産のニンジンを使った、『ニンジンパウンドケーキ』ですよ!」と、茂藤さん!
とても手際よく調理をしています。

a0254656_2095721.jpg「毎回新たなスイーツも大変でしょ?」と尋ねると、
「そうですね。でも、これを毎月楽しみにしていただいているお客様がいらっしゃるので、こうして準備するのも楽しいひと時ですよ!」

a0254656_20122334.jpgこちらは、6月のスイーツ!
先月は、メレンゲの焼き菓子と、味噌バーガーだったとのこと!
『きらり水源村』で作ったお味噌を使った、ここでしか味わうことのできない「味噌バーガー」だったのです。

a0254656_20155438.jpg月替わりのスイーツも楽しみですが、やはり、なんといっても“菊池水源”の水を使ったいれたてのコーヒーも美味しいんです。
水の源(みなもと)“菊池水源”の水と、有機栽培のコーヒーなんですよ。

a0254656_20191290.jpg菊池水源は、その名の通り「菊池川」の水の源(みなもと)に位置する地区です。
阿蘇の外輪山を水源とする川の一つが1級河川の「菊池川」です。

a0254656_20235342.jpg「心配された雨も降らないし、この窯の前でお茶するのもいいね!」
そんな会話が飛び交いながらの、ゆっくりとしたティータイム!
なんだか、私もここに来ると、ゆっくりと時間が流れるような気がします。

a0254656_20351439.jpg本日紹介した『Suigen蔵Cafe』は、月1回、いずれかの日曜日に開催されます。
14~16時の開催ですが、スイーツがなくなり次第の終了です。
おこしの際は、早めにご来店ください。
次回は、12月27日(日)の開催予定です。
詳しくは、「きくちふるさと水源交流館」のホームページをご覧ください!

きくちふるさと水源交流館ホームページ
http://www.suigen.org/


FLCパートナーズストア 笠 泰紀

「FLCパートナーズストア」のホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 菊池情報へ

by flcps | 2015-11-23 20:44 | FLC | Trackback | Comments(0)

無農薬・無化学肥料の『水源キウイ』好評発売中! 収穫の様子紹介します(2015)

FLC日記 2015年11月22日(日) くもり
「FLCパートナーズストア」では、今年も完全無農薬・無化学肥料で育てた熊本県産『水源キウイ』を好評発売中です!
本日は、その収穫の様子をご紹介いたします!!
a0254656_17422218.jpg

a0254656_17465647.jpgキウイは冬のフルーツです!
夏のイメージを持つ方が多いと思いますが、夏に販売されているキウイは、南半球で育てられた輸入されたキウイです。
国産のキウイは、これからが旬なんですよ!!

a0254656_17525048.jpgここは、熊本県菊池市、菊池水源の山奥にある株式会社旬援隊の敷地内にあるキウイ棚です。
ここの他にも、2ヵ所(計3ヵ所)のキウイ棚があり、そこで『水源キウイ』を栽培しています。

a0254656_17565892.jpg『水源キウイ』は、弊社(株式会社旬援隊)のオリジナルブランド商品です。
私(株式会社旬援隊代表取締役笠泰紀)は、この地で、自然と共に生き、自ら畑を耕し、さまざまな果樹や原木しいたけを育て、烏骨鶏たちを飼育しながら、自給自足の生活を目指しています。
自らの農業体験を活かしながら、匠の農家さんが育てる“本物”と呼べる作物を消費者と生産者目線で紹介して、ネットショップ「FLCパートナーズストア」で販売しています。

a0254656_181359.jpgキウイの収穫は、1つ1つ手で行います。
大きさや形などを見極め、コンテナに丁寧に並べて保管します。
キウイは、収穫してすぐはかたくて食べられません。
追熟が必要です。

a0254656_1863063.jpg今年のような軽装でキウイの収穫をするのは初めてです。
これは、2年前の収穫の様子!
防寒対策万全でのぞんでいますね。
今年は、暖秋とでも言うのでしょうか?
この時期になってもまだ連日20℃を超えるような温かさです。

a0254656_18161926.jpgここでは、全ての作物を完全無農薬、無化学肥料で育てています。
これは、敷地内の上の段にある畑と、栗林の9月中旬の様子です。
その栗林で育った『自然栽培で育てた利平栗』は、すでに来年のご予約を多数頂戴しているほどの、弊社の大人気商品です。
では、どうして農薬や化学肥料を一切使用せずにすべての作物を育てているかと言うと・・・。

a0254656_1829325.jpg弊社の敷地は、有機抹茶の茶畑と隣接しています。
これは、5月下旬か6月上旬に行われる、有機抹茶の原料となる碾茶の茶摘みの様子です。
ここで摘まれたお茶をもとに、熊本県菊池水源の有機抹茶『雲上の白』が製造されます。
有機栽培をするには、農薬・化学肥料の厳しい基準があり、もしそのようなものが検出されると、その茶畑は3年間は有機栽培として認められません。

a0254656_18321830.jpg私がすぐ隣にある、畑や栗林、もちろんキウイ棚で、農薬や化学肥料を使用して、お茶に影響が出たら大変なので、有機栽培に協力して、私も一切の農薬・化学肥料を使用せずに作物を育てているということなのです。

a0254656_18355774.jpgさて、話は戻り、今年のキウイの出来ばえは、かなり良い感じです!!
今年は、とにかく摘果を徹底的に行い、果実を大きく育てました。
収穫後の追熟を待てば、甘さも十分に楽しんでいただけると思います。

a0254656_184398.jpgここでは、2種類のキウイを栽培しています。
果肉が黄色のゴールド種は糖度が高く、緑の果肉のグリーン種は、キウイ本来の酸味を持つキウイらしいキウイです。
どちらのキウイも甲乙つけがたく美味しいキウイですよ!

a0254656_18512596.jpgキウイの収穫はちょっとしたコツが必要です。
収穫自体はハサミなどを使う必要はなく、こうして果実が実る枝に指を添えてキウイを傾けると簡単にできるのですが、その枝を残しておいた方が良いのです。

a0254656_1853263.jpgこれはグリーン種のキウイです。
グリーン種もゴールド種も同じですが、キウイは結果枝に花芽が来て開花後受粉して果実が実りますが、来年はこの実った先の枝に花芽が来ます。

a0254656_1931398.jpg収穫を終えた1月~2月にかけて、キウイは剪定作業をします。
古い枝やツル状に伸びた不要な枝を切り落とします。
その際に、今年果実を実らせた枝があると、剪定の目安となるのです。

a0254656_1984433.jpg剪定の話はまた後日にして、収穫したキウイは、大きさ、形、キズの有無などを判断し、コンテナに分けて入れていきます。
今年は、8月25日に熊本県に上陸した台風15号の影響で、どうしてもキズがあるキウイが多いようです。

a0254656_19104489.jpg完全無農薬・完全無化学肥料で育てたキウイを1つ1つ丁寧に収穫し、大きさ・形・キズの有無などを厳選し、お客様にお届けしています。
もちろん、除草剤なども一切使用しないで育てた安全なキウイです。

a0254656_19132797.jpgキウイフルーツは、ビタミンCや食物繊維が豊富な食物です。
ビタミンCが多いので風邪予防に効果的です。
日本国内で収穫し販売される、国産キウイは全体のキウイ流通量のわずかに30%ほどしかありません。
さらに、完全無農薬・完全無化学肥料で育てた『水源キウイ』の存在は、大変貴重なものだと言えるでしょう。
ご注文は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックして、ホームページより『菊池水源キウイ』のページにお進みください。
数量限定販売で、定数になり次第予告なしで締め切らせていただきます。
ご注文はお早めに!!
ご来店お待ちしてます。

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-11-22 19:22 | 水源キウイ | Trackback | Comments(0)

香り高きゆず 収穫の最盛期!後編(収穫から選別保管、保存方法!!)

FLC日記 2015年11月21日(土) くもり時々晴れ
「FLCパートナーズストア」では、今年度も「鬼塚農園」さんの、香り高き柚子(ゆず)『あっぱれ』をネット独占販売しています。
a0254656_171455100.jpg

a0254656_17171657.jpg「鬼塚農園」さんでは、熊本県山鹿市鹿北町多久にある、日の当たる広大な山の斜面を利用して、『香り高きゆず』を栽培しています。
本日は、昨日に続き今年の収穫の様子をご紹介いたします。

a0254656_17223632.jpg「鬼塚農園」代表の鬼塚敬治さんです。
私が取材に行くといつもこの笑顔で迎えてくれますが、柚子栽培に関しては一切の妥協を許さず、20年以上も柚子を作り続ける、まさに“柚子の匠”です。

a0254656_17251473.jpg「少し青くてもこの時期に柚子は一気に収穫するとたい。それから、ぴしゃっと選別して保管して、2月末くらいまでは出荷できると思うばい。ただ、今年はかなりハイペースで出しよるけん、冬至用の柚子の予約を確保したら、そんなにないかもしれんけん、注文(予約)は、早めにもらった方が良かごたるね。」

a0254656_17263914.jpg「鬼塚農園」さんの『香り高きゆず』は、「FLCパートナーズストア」の大人気商品です。
とりわけ、収穫した柚子から選びに選び抜かれた“極選”の香り高きゆず『あっぱれ』は、大変希少で、大玉となると3週間待ちは当たり前の商品です。

a0254656_1731623.jpgご覧ください!
この美しさ!!
例年だと、収穫した中からわずか1割程度がこの『あっぱれ』になりますが、今年は台風15号の影響でキズが多く、1割もあっぱれは無いようです。
大玉、中玉、小玉のラインナップで、数量限定の完全予約制販売です。

a0254656_17373125.jpgまた、「FLCパートナーズストア」では、通常の柚子を、あえて『キズあり柚子』として販売しています。
上記のキズがほとんどない『あっぱれ』との差別化を図るためです。
12月22日の冬至の柚子風呂用の柚子の予約も受け付け中です。

↓ 今すぐ購入(ご予約)したい方、詳しい情報を知りたい方はコチラ ↓
「FLCパートナーズストア」
香り高き柚子『あっぱれ』


a0254656_17425396.jpg柚子の収穫は、とにかく一気に行っていきます。
1つ1つを選びながら収穫するのではなく、多少青くても全て収穫していくのです。
柚子は、色づいた後、果樹に実らせたままだとすぐに傷んでしまいます。
また、多少青くともきちんと保管をし追熟させれば全く問題ありません。
「鬼塚農園」さんの『香り高きゆず』は、その香りも果汁も“本物”と呼べる逸品です。

a0254656_17495227.jpg収穫作業中の、鬼塚さんの奥さま(紀美代さん)にお話をうかがいました。
「こうしてまとまって実っていたのも、きちんと一つ一つにするのよ。収穫は2度切りよね。枝からは無し、果実のギリギリでもう一度枝を切っておかないといけないの。」

a0254656_18144758.jpg「これが、その専用のハサミよ。柑橘類を栽培する農家さんたちの多くは、このハサミを使ってるんじゃないかしらね。こうしてハサミの先が反っているでしょ?これで、しっかりと果実のギリギリで枝を切るのよ。」

a0254656_17564275.jpg「果実へ伸びた枝をきちんと切りそろえておくことで、長期保管してても、他の果実を傷つけないようにするためよ。」
紀美代さんがそう説明してくれました。
「鬼塚さんとこは、あの抜群の貯蔵庫があるからいいですよね!」私が言うと、

a0254656_17594838.jpg「そうよね!あの貯蔵庫がなければ、2月までなんか新鮮なままで柚子を出すことはできないと思うわ!」と紀美代さん。
これがその貯蔵庫です。
とても広くて、涼しい場所です。
この中では、気温が氷点下になっても、柚子が凍ることはありません。
また、乾燥を防ぐためにあえて風通しを良くはしていないのです。

a0254656_1855922.jpg収穫後、貯蔵庫ヘ集められた柚子たちは、まず厳しい選別を受けます。
果皮にある、こすったようなキズはかまいませんが、傷むようなキズがあるものはすべて廃棄します。
特に、鋭いトゲが刺さった後は要注意です!
見逃すと、そこから必ず傷んできます。

a0254656_18104275.jpg「鬼塚農園」さんの『香り高きゆず』は、極選の『あっぱれ』も、『キズあり柚子』も、『冬至用ゆず』もすぐすぐに傷むようなものはありません。
でも、長期保管ずるためにはどうすればよいのか?
紀美代さんにうかがいました。

1.直射日光、高温・氷点下を避けること!
2.乾燥させないこと(風通しのよいところも避ける)!
3.呼吸をさせるため、ビニールに入れない!
4.冷蔵庫に入れる場合は、必ず野菜室に!
(冷蔵庫の場合のみ、乾燥を防ぐためにビニールに入れる)
そうすることで、長く新鮮なままのゆずをご利用いただけます。
ただし、長くなると、どうしても果汁が少なくなるとのことでした。
a0254656_18163940.jpg

a0254656_18175064.jpg「FLCパートナーズストア」では、今年も「鬼塚農園」さんの香り高き柚子『あっぱれ』、『キズあり柚子』、『冬至用ゆず』をネット独占販売しています。
大変ありがたいことに、今年は昨年をはるかに上回るハイペースでの出荷を行っています。

a0254656_18201711.jpg特に、キズがほとんどない選び抜かれた『あっぱれ』は、収穫後の厳しい選別を受けての出荷のため、商品がそろい次第の出荷と言うことで、予約販売とさせていただいています。
冬至用の柚子の予約も今のところまだ大丈夫です。
ただし、定数になり次第、予告なしで締め切らせていただきますので、ご注文(ご予約)はお早めにお願いいたします。

a0254656_18254191.jpg「鬼塚農園」さんの『香り高きゆず』は、鬼塚敬治さん、紀美代さんの笑顔の絶えない仲良しご夫婦の惜しまぬ手間ひまと愛情で育てられ、匠の手により手選別された“本物”と呼べる逸品です。
ご注文(ご予約)は、下記「FLCパートナーズストア」のロゴをクリックしてお進みください。
ご来店お待ちしてます!!

FLCパートナーズストア 笠 泰紀

ホームページはこちら

『FLC日記』は「にほんブログ村」のランキングサイトに参加してます。
下のバナーをクリックして、ランキングアップにぜひご協力下さい。
よろしくお願いします。
スーパー・青果店情報をチェック!
にほんブログ村 料理ブログ スーパー・青果店へ

by flcps | 2015-11-21 18:28 | 香り高き柚子(ゆず)「あっぱれ」 | Trackback | Comments(0)